インターネット津田おとり店・狩野川ニュース
狩野川の清浄化にご協力下さい
狩野川の鮎解禁を待ちきれない皆様方へ(2017-04-14 00:20)
サクラも咲いて、春がやってきたようです。インターネット津田おとり店、今シーズン最初のレポートになります。早速ですが5/9日、試し釣りが行われる予定です。そして、その結果を見て、狩野川の解禁日が決定される事になっています。静岡県の県条例により、興津川・狩野川は5/20以降に解禁日を設定できるので、私としては5/20解禁を望んでいます。でもまぁ、これは試し釣りの結果次第なのでねぇ。何とも言えません。

狩野川の状態ですが、第1段階の放流は全て終わっていて、後は試し釣りを待つばかりになっています。放流前でも、ナメは十分に確認できていたので、天然遡上は問題ない様子。渓流釣りで32cmのアマゴを釣った方が腹を割いたら、天然鮎が二匹も入っていたという話もあります。

さて、今年も解禁と元気な若鮎が待ち遠しい日々が始まりました。あっ、そうそう、誠に申し訳ありませんが、今年は鮎解禁日のお知らせハガキを送りませんでした。なので、このページを使って、早めに解禁日や川の情報を報告したいと思っております。今シーズンも、津田釣具おとり店をよろしくお願い致します。

今年の鮎は多いよ!(2017-05-15 19:02)
先日、試し釣りが終わって、27日の解禁日も迫ってきました。残念だった試し釣りについては、後で解説するとして、今年の川は、はっきり言ってかなり良い状態だよ。こんな川は、ここ数年、見た事がない感じ。河原の整備等でGW辺りから河原にいることが多いんだけど、傍から見ていても川の流芯が黒く、飛び跳ねているチビ鮎がキラキラしている。ハミ跡も、とても多い。ホント、こんな事はここ数年全く無かった事。渓流をやっているお客さんも「今年は鮎が多い」と言っています。

渓流でもアマゴなんかが多く居る川は、黒く見えるだね。渓魚がいないと、茶色の川になる。同じことが鮎にも言えて、川が黒く見えるという事は、鮎が多くいるのが普通なんだよ。

でもこの良い感触とは裏腹に、試し釣りの結果はイマイチだったよね。その理由の一つは、試し釣りの前日、異常なほど暑かったのに、試し釣りの当日は寒いくらいだった。その温度差が、追わなかった原因なんじゃないかな。更に今年の鮎は、まだ小さいんだと思う。ハミ跡が多い割に、川の中に魚が見えない。それは型がまだ小さいからだと思う。

そんな事を総合すると、今年の遡上は非常に良いと言うことだ。漁協のレポートでは「昨年並み」とあったけど、あれは川を良く見ていない人の感想。恐らく今年の遡上量は、例年の比ではない。長年、狩野川を見ていると分かる。でも、その魚が小さいね。そこだけが心配。という訳で、解禁日辺りは、まだ早くて追わない可能性が高い。でも6月半ば頃になり、鮎が成長すれば、かなり釣れるようになると思うんだよね。まぁ、鮎はお化けなんで、私の予想も外れる事はある。なので断定は出来ないけど、6月半ば頃から、非常に釣れると予想しています。

強風に祟られたけど、やっぱり川は良い状態(2017-05-27 20:21)
天気としては晴天で、本当に良い釣り日よりになった解禁日だけど、余りに風が強過ぎ。10時頃から3時頃まで強風が吹き荒れ、なんとか竿を持つだけで、殆ど釣りはできない感じだったな。強風の中、オトリ操作なんか、全く出来ないんだよ。竿を上げたら、オトリが飛んでいっちゃうみたいな風。竿も折れんばかりだったよ。

しかし、私が睨んだ通りに川の状態は良く、魚も多かったみたい。朝の一時しか釣りが出来なかったにも関わらず、おでこの人も二人くらいだったしね。殆どの人が、若鮎の顔を拝めた解禁日でした。本日、竿頭の高村さんも、「今年の魚は多いね。6月が楽しみ」と言っていました。

まぁ、まだ時期が早いので、型が小さいのは仕方ない。今年は6月頃、きっと楽しめる狩野川になるとい思います。期待できるでしょう!
掲載釣人5人/合計釣果41匹

あまり暑くなかった(2017-05-28 18:29)
今日は朝からいい天気でした。昨日のように風が無かったのが良かった。しかしピーカンではなく、晴れたり曇ったりの繰り返しでした。水温は高めで、少し渇水気味。澄です。

皆さん、朝のスタートが早いので、早めに切り上げるお客さんが多かった。でも「まぁ、今年の魚は多く、時期が来れば期待できそう」って誰しもが言うんだ。釣ってるとまだ型が小さいと感じるんだろうけど、「この数の魚が大きくなった時が楽しみだ」って、言ってくれますよ。
掲載釣人7人/合計釣果36匹

小さいのが沢山いるが、まだ早い(2017-05-29 19:07)
今日も快晴。風はなかった。水は渇水気味で、澄んでいます。釣果レポートの他に、二本の人が一人。二人のお客さんは、渇水と追い気の低さに、早々にギブアップ。

うーん、今年は本当に魚は多いんけど、まだ型が小さくて追い気がない感じだね。追い気があって掛かる鮎は、サイズもまぁまぁで囮になります。でも全体的に数は多いが、成長していない。あと二週間は掛かるかな。そうするれば、かなり遊べるようになると思います。
掲載釣人2人/合計釣果14匹

深い所より浅い所(2017-06-03 17:54)
今日は快晴で風もなく、釣日和でした。でも水が減ってしまって、渇水状態です。そのせいもあって、ノロが出始めちゃったね。

良い所は、渡場からトロ場までで、ここはノロが少なく石が綺麗。上に行けば行くほど、ノロが多くなってしまう。そして釣れる場所は、深くてオトリを入れたくなるような場所ではなく、立ち込むような場所。水が膝くらいのところで、釣れるようです。
掲載釣人2人/合計釣果31匹

本ページではPCを使った自動データ処理を実現しています。 御社でも内容が自動的に変化するWEBページ等を使って情報発信してみませんか。 その他、ネットワーク業務システム構築も承ります。ご依頼はお気軽にメール下さい。 お打ち合わせは無料です。このページの管理は津守美弘が行っています。 インター津田おとり店は、携帯電話・スマートフォンからも同じアドレスでご利用頂けます。