インターネット津田おとり店・狩野川ニュース
狩野川の清浄化にご協力下さい
来シーズンまで、暫しのお別れです(2008-12-07 17:40)
昨日と今日、お客さんが川に入ったけど、残念ながら釣れませんでした。かなりあったハミ跡が、急に消えちゃったんだよね。うーん、鮎は気まぐれだね。という事で、まだオトリも若干残っているんですが、今シーズンの営業を終了しようと思います。今シーズン、お店に来て頂いた方、また当ホームページを頻繁にチェックして頂いた方、本当にありがとうございました。本ページでは来シーズンもまた、熱い鮎釣り情報をお届けするつもりですので、よろしくお願い致します。

オトリが残っているので、もし釣りに来られるなら電話で予約して下さい。では、また春になったら、お会いしましょう。そして解禁したら是非、お店の方にもお寄り下さい。心よりお待ちしております。

オトリはあと30本くらい(2008-12-04 18:13)
今日はきよし丸さんが1時までで、5本くらい掛けてきました。真っ白でお腹がぽんぽんの良い鮎が掛かったそうですが、バレたとか。ナメもいっぱいあるし、まだ結構、釣れるんだけどね。鮎が追わなくなってきているので、ハリの掛かりが浅く、バレやすくっています。鮎が掛かっても、ちょっと竿を立てるのを遅めすると良いかもしれないね。

さてオトリ鮎の手持ちが、あと30本程になってきました。このオトリが無くなり次第、今シーズンの営業を終了しようと思っています。今週末、予約が入っていて、数人のお客さんが川に入る予定なんだよね。その報告が最終更新になるのかなぁ。

ナメを探して釣る事だ(2008-11-29 17:51)
昨日は強風でお客さん無し。今日は晴天で無風。絶好の釣り日和です。お客さんは4人。釣果は群馬の今井さんが、9時から2時で7本。お客さんの針を見ると、四本イカリが多いみたいだね。でもケラレが多発している模様。三本イカリないし、チラシの方が有利じゃないかと思うよ。

大石の下とか、本線の鉄筋棒の脇とか、今年はまだナメがある所がいっぱいあって、ちょっと異常だね。通常、この時期には殆どナメが無くなる。これだけのナメがあるなんて、驚きだよ。うーん、どうしちゃったのかなぁ。でも足を使ってナメを探して釣れば、まだまだ十分遊べるから、釣り人にとって見れば良い事だよね。

明日は常連さんが来るみたいなので、また良いレポートが報告出来るかな。

まだまだイケルよ(2008-11-27 16:42)
今日はお客さん一人。前川さんが20本。その他にはうちのお客さんじゃないけど、対岸から川に入って、鉄筋棒辺りを釣っている人がいたなぁ。4時頃まで、ポツポツと釣れておりました。

今日は雨降らず。一日中、曇りでした。よって水は変わらず渇水で、澄んでいます。本線でも瀬脇や手前を釣れば、まだまだ行けます。十分、遊べますよ。

魚がちょっと薄くなったかな(2008-11-26 17:53)
昨日、お客さんはおりませんでした。今日はお客さん、4人だ。前川さん22本。佐川さん11本。もう一人は瀬付き場だったので、ちょっと意味合いが違うけど30本くらい。もう一人は15本くらいかな。昨日ちょっと雨が降って、水が10cmくらい上がったけど、今日は既に元通り。渇水で澄です。

ちょっと魚の数が薄くなってきたかなぁ。でも本線の浅めの瀬脇を上手く釣ると、若目の雌が15本から釣れますよ。まぁ、場所によるね。ポイントがよく分からなかったら、私に聞いて下さい。

11月いっぱいは行けそうだ(2008-11-24 16:54)
今日はお客さんが三人だった。今井さん10本。その他のお客さんは5本と1本。今井さん以外は、今年からここに来てくれたお客さんだから、ちょっと釣果が伸び悩んだかな。釣れるポイントが分かっている常連さんなら、まだ十分に二桁は行けるよ。ちなみに私は、2時半から4時までで13本。

今日は昼過ぎの1時頃から、雨が降り出した。でも水は変わらず渇水のまま、澄んでいます。とりあえずハミ跡のある場所を釣って欲しい。今日もよく見ると、ハミ跡のある場所をかなり見つける事が出来る。この分なら11月いっぱいは十分、釣りになりそうだよ。

今日は釣り日和(2008-11-22 17:44)
昨日は強風で、全く釣りにならなかった。あんなに強い風は久しぶりだね。店の看板から鮎の幟から、何から何まで飛ばされるか、壊れるか。もうちょっと早く取り込めば良かったんだけど、ちょっと遅れたんだよね。ホント、参ったよ。

一方、今日は暖かい釣り日和。釣果は杉山さんが3時間で12本。安藤さんは2時間で10本。神長さんは12本。その他のお客さんは2本から7本くらいだった。明日も天気が良さそうなので、そこそこ釣れると思いますよ。

瀬付き場以外の鮎は若い(2008-11-20 16:24)
今日はお客さんが三人。前川さんが12本で、その他の釣果が6本と5本。朝から晴天で、風もなく暖かかったね。水は変わらずに、超渇水で澄です。

大分、寒くなってきたね。しかし瀬付き場以外の鮎は、まだ若いよ。前川さんの釣果も錆びたのは少なかったし、6本釣ったお客さんは5本が雌。どれも白くて若い魚でした。一方、瀬付き場の鮎は、やっぱり錆た鮎が多くなっているね。このポイントでは今まで、日に20本から30本釣れていますが、例外としてここの載せていなかったんだ。ここは2時頃入ると、錆びた雄ばかり釣れる。雌が釣りたきゃ、今頃(夕方に)竿を出すといい。そうすればお腹がパンパンの良い雌が釣れますよ。松下の瀬付き場についてはお店に来て直接、私に聞いて下さいね。

この風と寒さの中、頭が下がったよ(2008-11-19 17:08)
今日は一日中、突風が吹き荒れた。とても釣りが出来るというレベルじゃない風だったなぁ。オマケに寒くて、水には触れたくない感じ。まぁ、風が強いから、寒い事もあるんだけど…。この悪条件の中、八王子の前川さんが13本。群馬県は高崎の長岡さんは12本。また2時に上がったお客さんが6本。もう一人のお客さんは3本。今日は本線と分流に前川さんと長岡さんが、それぞれ入って竿を出し、この釣果でした。

ホント、この寒さと強風の中、13本と12本を鮎を釣った前川さんと長岡さんには、流石の私も頭が下がるよ。二人は根っからの鮎釣り好きだね。そして今日、頑張ったその他の客さんも凄い。

水は超渇水で、澄んでいます。私は竿を出さなかったんだけど、今日はハミ跡が、かなり増えたという話。6時間程で、これだけ釣れるんだから、まだまだ鮎釣り可能ですよ。

今日は風が強かった(2008-11-18 17:15)
釣果は上木さん14本。土井さん10本。横浜の金子さん14本。今日は本線は鉄筋棒周辺と、分流の大石周りが良かったようです。ただ釣り人が少なかったので、本線の開きや島の間のチャラには、竿が入っていない(でもここにはハミ跡が多かったという話)。だから上記のポイントだけが良いとは限らないんだけどね。また今日釣れた魚は、お腹が卵でパンパン。サビも薄くて、良い魚でした。

水は超渇水で、澄んでいます。今日は晴れたけど、昼から強風が吹いた。風が止まると暖かい。でも風が吹き始めると、やっぱりかなり寒さを感じるね。

今日はすっきり晴れました(2008-11-17 17:51)
昨日は一日中、小雨。でも道路も濡れない様な、本当の霧雨だね。よって水が増える事はありませんでした。釣果は平野さんが9本。その他のお客さんは6本・6本・4本・3本といった所。


今日は一転、気持ち良い晴天だ。釣果は鮎釣り2年目の佐川健さんが13本。その他のお客さんは9本・5本・6本・3本という釣果でした。佐川さん曰く、今日は二つ目と三つ目の島の間の広いチャラで、深い所が良かったようです。当然、水は超渇水のまま。澄んでいます。

今日釣れた場所は、下ってくる魚の通り道だからねぇ。鮎が一時、溜まったんだと思います。こうなると鮎の集まる場所の予測は不可能だね。ポイントは、毎日変わる。大きく移動しながら、ポイントを見つけるしかないな。ただ鮎の泳ぎが下手になっているので、強い瀬にはいません。深くて、流れが比較的緩やかな場所が良いと思うよ。

曇りで暖かい一日(2008-11-15 21:18)
釣果は桜井さん14本。高村さん19本。熊谷の今井さん14本。横浜の木下さん10本。今日は少し薄日が差した後、曇りになったけど、暖かな一日だった。それでもって夕方、小雨。でも傘いらずだったね。そんな訳で、皆さん4時頃まで竿を出していました。水は変わらずの超渇水で、澄んでいます。

やっぱり本線の瀬が良かった。今日のチャラはハミ跡もなく、追いが悪い。チャラが釣れたのは、昨日だけだったな。恐らく魚の固まりが上から降りて来て、チャラに溜まったんだろうね。天気予報によると明日は雨らしいけど、このくらい暖かければ、特に問題なく釣れるでしょう。

午前中の方が良いみたい(2008-11-14 17:37)
今日はポカポカと暖かい一日。釣果はきよし丸さんが21本。桜井さん15本。きよし丸の小田さんはヤナギ前、桜井さんはガンガンでの釣果です。他のお客さんは3・4人で、釣果は7本から11本くらい。水は超渇水で澄です。

午後より、午前中の方が釣れる感じだなぁ。また釣れる場所が限られてきた。だから事前に掛かる場所を頭に入れておく事が大切。ポイントが分からない方、松下が初めての方は、私に聞いて下さい。でねー、午後がなかなか渋くなってきたので、実際の釣りが4時間から5時間くらいと、かなり短縮傾向なんだ。よって、今後は釣果の掲載基準を、釣果10本以上にしたいと思います。

久しぶりに気持ちよく晴れました(2008-11-13 16:54)
今日は久しぶりにお日様が顔を出して、暖かい一日となりました。でもちょっと風が強くいて、釣り難かったかな。ただ風は、4時頃に吹き止んだよ。釣果は佐川さんの15本だけ。お客さんは6人程で、佐川さん以外は11本・9本・6本・3本という感じ。水は超渇水で、澄んでいます。

やっぱり本線の瀬が良いねぇ。分流などのチャラでは3本程度しか掛かりません。だから特にチャラに拘る必要も無いでしょ。本線は流芯脇というか、目の前というか、ど真ん中は余り釣れません。瀬でも、流れが比較的穏やかな所が良いんだよ。というのも最近の魚は段々、泳ぎが下手になってきたので、流れのきつい所には入れないんだ。という訳で、まだまだイケますよ。

まだまだイケル(2008-11-12 16:25)
今日は朝から曇りで、肌寒い。お客さんは二人。釣果は八王子の前川さんが26cmを頭に15本。もう一人のお客さんは、前川さんのお友達さんでした。前川さんは昨日6本くらいだったので、今日は「場所を移動しながら一本釣ったら、また時間をおいてから同じ場所にオトリを入れてみて」等と、私が詳しく釣り方を伝授。その結果が15本。前川さん曰く「やっぱり月謝を払って、何回か釣らないとダメだなぁ(笑)」と…。

水は変わらず。渇水で澄です。この所15本くらい、コンスタントに釣れているので、まだまだ松下では鮎釣りが楽しめると思うよ。大体、現在の釣行時間が9時から14時くらいで、真夏の半分の時間しか釣っていないのに、釣果は15本前後。これはかなり効率の良い鮎釣りと言えるはず。常連さんの多くも秋口に入って、松下の鮎釣りは非常に面白いと言ってくれています。という事で、まだまだ狩野川:松下は健在です。是非、防寒具とカッパを持って釣りに来て下さい。

今日は本当に寒かった(2008-11-11 16:32)
水は変わらずの超渇水で、澄んでいます。うーん、今日は冷え込んだねぇ。今シーズン、一番の冷え込みだったと思う。みんな、カッパを着込んで、鼻水を垂らしながら釣っていました。お客さんは総勢5人から6人で、竿頭になったのは御殿場からみえた鈴木勝彦さん。本線を釣って15本。鈴木さんは、松下が初めてだそうです。

やっぱり本線の瀬が良いんだけど、どうしても瀬釣りが苦手な人がチャラに入っちゃうんだよね。チャラだと2本から6本くらいだった。

本線を釣って下さい。(2008-11-10 16:59)
今日はお客さんが二人だけだった。まず望月さんが17本。もう一人は千葉県からみえたお客さんなんだけど、「本線を釣った方が良い」という私の話を聞いてくれず、分流に入って3本。昼過ぎに帰って行かれました。本線なら、まだ10や20は釣れると思うんだけどねぇ。残念だった。

今日は2時頃、一時晴れただけで一日中曇り。かなり寒かったです。でも雨は降らず。よって水は変わらずの渇水。澄んでいます。

<Tsumori>
一昨日の情報にBBQの写真を追加したので観て下さい。画像ギャラリーからも参照出来ます。

雨が降ったけど、水増えず(2008-11-09 17:30)
釣果は、桜井さん12本。木下さん10本。上木さん16本。高村さん27本。今日は霧雨以上の小雨が降ったけど、水は変わりませんでした。相変わらずの渇水で、澄んでいます。

今日はホント、寒かったねー。みんな、震えて川から上がってきたよ。ポイントは瀬で、流れが強めの所が良いみらい。だから本線が有利です。ここ数日、チャラの釣果が目に見えて落ちてきた。そろそろ、チャラは終わるかも知れないね。

釣り&バーベキュー大会、お疲れ様でした(2008-11-08 19:35)
今日は津田オトリ店恒例の釣り大会と、バーベキューの一日でした。参加された皆様には、誠にお疲れ様。今後も津田オトリ店を、よろしくお願い致します。でも今日は、ちょっと天気が悪かったね。釣り大会の朝8時から昼までは小雨。バーベキューが始まった1時くらいから、何とか曇りまで回復。途中、何度かパラッと来たけど、濡れる程ではなかったな。釣果は12時で、桜井さんが15本。前池さん11本。高村さん10本。そして釣り大会の結果は、以下の通りです。

「釣り大会リザルト」

優勝 西田さん 22.0cm+21.5cm

二位 前池さん 21.0cm+20.8cm

三位 今井さん 21.2cm+19.6cm

※二匹の長寸による。

雨は降ったけど、水が増える程ではなかったよ。水は渇水で澄みです。

11時頃からパッと晴れた(2008-11-07 16:52)
釣果は、桜井さん25本。前池さん26本。桜井さんはチャラ、前池さんは本線のでの釣果です。今日は朝の内、愚図ついていたけど、11時頃から急に晴れて暖かくなったね。水は変わらずの渇水で、澄んでいます。今日の魚は雌は卵、雄は白子でお腹がパンパン。良い魚だったよ。

さて、明日は津田オトリ店恒例のBBQ&釣り大会(参加費3000円・オトリ別)です。今からでも電話しててくれれば、参加可能。明日の8時頃まで、受付OKです。是非、お誘い合わせの上、ご参加下さい。

まいにち、魚が変わる(2008-11-06 17:16)
釣果は、金沢さんが2時半までで21本。金沢さんはチャラでの釣果です。鮎釣り歴2年目の若者・佐川さんはガンガンと瀬を攻めて20本。今日は朝の内、ちょっと曇って寒かったけど、それは一時。それ以降はポカポカと暖かい一日だった。

水は渇水で澄み。ここの所、毎日、魚が降りて来て、大きく変わっている。今日の魚はお腹がパンパンで産卵前。昨日の魚は既に産卵した後の落ち鮎だった。こんな風に魚が大きく入れ替わっているから、ポイントや攻め方も日々変わります。迷ったらアドバイスしますので遠慮せず、私に聞いて下さい。

チャラの魚の方が若い(2008-11-05 17:20)
釣果は前池さん、20本。小野寺さん17本。水は、かなりの渇水で澄です。うーん、川に特別な変化はないなぁ。特に変わっていません。何処でも釣れるけど、今日は型・数共に瀬の方が良かったかな。

そういえばチャラの魚の方が、瀬の魚に比べて若い感じがするんだよ。瀬の魚は産卵後、所謂「落ちた鮎」が多く釣れる。これは今まで私が言ってきた事と正反対なんだ。普通はチャラに産卵後の鮎が集まるモンだ。うーん、こんな事は珍しいと思う。でもまぁ、今の魚は日々、移動しているので、すぐにまた形勢が変わるかも知れないけどね。しかし近年の鮎は難しいねぇ。私ももっと勉強し、鮎を極めたいと思います。

魚が降りて来た(2008-11-04 17:05)
釣果は横浜の小林さん26本。青森の小野さん30本。前池さんと土井さんが、それぞれ16本。高村さん19本。水は渇水で、澄んでいます。で、とても暖かい晴天だった。

昨日に比べて今日は、川の色が変わりました。ハミ跡が一気に多くなり、石がピカピカ。魚も多く見えた。昨日は魚も見えないし、ハミ跡もなかったんだよねぇ。まるで夏の川の様だったよ。要するに魚が大きく移動する中で、今日は丁度、松下に魚が溜まったという訳だ。釣りメンバーが余り替わらないのに、釣果が数段良くなった事でも分かると思います。

今日はチャラでも良く掛かったけど、瀬や深場の鮎に比べて重量が2/3くらいで、ちょっと小さめだ。良型の鮎を狙うなら、やっぱり瀬や深場が良いかなぁ。

曇って寒かったね(2008-11-03 17:44)
今日は一日中曇りで、寒かったねぇ。それで水温が下がって、鮎の追いもイマイチとなってしまったようです。釣果は2本から12本。この12本は、京都からお見えの高島さん。高島さんは狩野川三回目で、鮎釣り歴二年目。二年目で、この寒空に12本は立派です。

水は渇水。澄んでいます。明日は暖かくなってくれると良いなぁ。もうちょっと日が出れば、鮎の活性も上がると思います。

後しばらく、こんな感じかな(2008-11-02 17:41)
釣果は、金沢さん23本。古座野さんと平野さんが、それぞれ15本ずつ。水は渇水で、澄です。今日は一時、風が吹いたけど、その他の時間は暖かくて良い天気でした。でも今までより、ちょっと追い渋った感じだな。相対的に本線を釣った人の方が、良かったようです。

で、上記のお客さんの他に12本や13本のお客さんもいて、「いい竿仕舞いができた」と言って、帰って行かれました。日中は寒くないんだけど、朝夕はかなり冷え込むねぇ。でもまぁ、しばらくはこんな感じで釣れると思います。

非常に暖かな一日(2008-11-01 17:42)
釣果は桜井さん20本。平野さん16本。武蔵野市の稲葉さんは25本。桜井さんは瀬とチャラ。平野さんはチャラのみ。稲葉さんは鉄筋棒周辺での釣果です。このように、まだ何処でもポチポチ掛かっています。

まぁ、何処でも掛かるけど、総合的には瀬の方が良いかなぁ。水は渇水で澄み。今日は、日向にいると居眠りが出そうな天気だった。暖かかったね。ただ11月に入って、納竿の人が増えたのかな。土曜日だというのに、今までみたいに混まなくなった。松下は例年、11月の末頃で鮎釣りが出来るので、今年も同じだと思うよ。まだまだ鮎釣りを楽しめます。

今日は寒かったね(2008-10-31 17:33)
釣果は井口さん16本。きよし丸さんも16本。萩原さん15本。小野寺さん18本。青森の小野さん23本。今日はとにかく寒かったね。それで鮎が追い渋ってしまった。もうちょっと暖かくなっていたら、更に釣果は伸びていたと思います。

チャラも瀬も、何処でも同じように釣れます。水は渇水で澄み。今日は薄日が差す時もあったんだけど、ホント、寒かったよ。

魚が日々、移動している(2008-10-30 17:18)
今日はお客さんも少なく、該当者一人。潮田さんが18本。潮田さんはチャラが得意で、いつもヤナギ前で掛けるんだけど、今日は本線の瀬にも挑戦。瀬とチャラ両方を攻めてこの釣果でした。川の状態は変わらず。渇水で澄です。

今日はねぇ、上から小さい鮎が沢山降りて来て、チャラに溜まったらしい。でもこれは今日だけかも知れないよ。この所、鮎の日々、移動している感じがする。今日釣れた所が、明日釣れない事などはざらなんだ。だから現在の状態をよく見極めて、場所を移動しながら釣って欲しい。

風が吹くと寒いねぇ(2008-10-29 17:34)
釣果は高村さん21本。金沢さん34本。柳楽(なぎら)さん21本。今日は昼頃に2時間程、風が吹いた。気持ちよく晴れていても、風が吹くと流石に寒く感じる。もうこれからの釣りは、どんな天気でもカッパが必須だな。水は渇水で、澄んでいます。

今日は松下の瀬も釣れたみたいだね。やっぱり深場の方が有利です。金沢さんは浅場で34匹も釣ったけど、これは普通の人にはまね出来ないと思うんだ。まぁ、浅場にも鮎がいるという事は分かった。普通の人はやっぱり、深い所を狙って下さい。

まぁまぁの追いだと思います(2008-10-28 18:43)
釣果は、米山さん16本。田中さん19本。高村さん25本。佐川さん17本。今日も風もなく、暖かかった。お客さんも気持ちの良い釣りが出来たと思う。水は渇水傾向で、澄んでいます。そろそろ何処でも釣れるという感じではなくなって、釣れる場所が限定されて来た。本線有利で深場が良いけど、魚が掛かる場所を頭に入れた方が早いかも知れないね。

で、朝は寒く夕暮れが早いので、実質的な釣り時間が6時間〜7時間程。これは真夏に比べたら、かなり短かい時間なんだよね。真夏から見ると、そうさなぁ。3時間から5時間は短いんじゃいかな。それでこれだけの釣果があるって言う事は、まぁまぁ釣れているんじゃない? とにかく「効率は良い」って事だよ(笑)。なんか秋が深まると物悲しい感じはするけど、気持ちを切り替えて釣って下さい。

ちょっと渇水気味(2008-10-27 18:33)
釣果は望月さんと土井さんが、それぞれ17本づつ。今日は一時風が吹いたものの、暖かな晴天。私もカッパいらずで、清々しい釣りが出来ました。チャラがちょっと渋かったなぁ。良い所は深場や、ガンガンの中で緩めな所。


水はちょっと渇水気味になってきました。当然、澄んでいます。まだまだ天気が良ければ、楽しい釣りが出来ますよ。まぁ、雨でも、それなりに頑張れば掛かるけどね(笑)。

寒くて風が強かった(2008-10-26 18:05)
釣果は、金沢さん30本。杉山さん19本。八王子市の吉川さん16本。今日は朝9時頃から小雨。でも2時間後の11時頃、やみました。そしてその後、強い風が吹き出した。寒かったねぇ。釣りを中止して、車にカッパを取りに行ったお客さんもおりました。

水は平水で澄んでいます。今日は寒さと強風で、難儀な釣りになったみたいだ。「ポイントは浅場より、深場が良い」と、多くのお客さんが言っていました。

ちょっとハミが減ってしまったなぁ(2008-10-25 17:17)
釣果は橋本さん、深沢さん、東村山の小島さんがそれぞれ15本。栩木(トチギ)さん17本。杉山さん31本。今日は一日中、曇りだったけど、それ程、寒くはなかった。半袖でもOKなくらい。昨日の雨で、那珂川もだめになってしまったしいね。そんな話をしてくれるお客さんもいたけど、今日は、それ程の人でもなかったなぁ。

松下も昨日の雨で、なんとなくハミ跡が縮小してしまった感じ。水が18cm程も出たから水温が下がって、一時的に鮎の活性が落ちたのだと思う。明日は日が出る様だし、もうちょっと水温が上がるだろう。なので今日よりは、良くなると思います。

明日は釣り可能でしょう(2008-10-24 17:19)
釣果は宮内さん16本。橋本さん18本。今日は朝から霧雨の様な、小雨の様な…。その状態が夕方まで続きました。それでも水が18cmアップして、平水にまで戻ったよ。でも濁ってはいません。澄んでいます。

今も小雨だけど、これ以上、降りそうもない感じ。お客さんも、傘無しでお風呂に行ったりしているよ。明日は天気予報では天気だってね。という事で、明日は釣り可能です。まぁ、心配な方は明け方、日が出る事に店に電話をして下さい。

この時期は移動が大切(2008-10-23 17:59)
釣果は井口さん15本。潮田さん18本。高村さん33本(写真)。西沢さん30本。前池さん23本。朝の天気はまぁまぁ。太陽も出ていました。でも午後の1時半頃から小雨になり、その後、本格的な雨になった。4時から5時に帰って来たお客さんによると、その時点で水は+5cmになって多少、水が白っぽくなったの事。まぁ、大きな増水はありませんでした。

この時期は時間によって、釣れなかった場所が釣れる様になったり、その逆になったり…。見た人もいると思うけど突然、半日で大量のナメが発生する事もある。要するに釣れる場所の予想が余り立てられないんだよねぇ。だから「移動」が大切。釣れない時は大きく、大胆に移動して欲しい。とにかく数が釣りたかったら、こまめに足で釣る事だ。

竿は上竿で。何処でも釣れます(2008-10-22 18:19)
釣果は、高村さん20本。きよし丸さん24本。西沢さん16本。水は渇水で澄。今日は風もなく晴れて、暖かかった。川は特に変化無いけど、チャラや瀬などに関わらず、何処で釣れます。

ただ竿は上竿で、オトリは体の正面か少し上に泳がせるという条件付きだ。オトリを上に泳がせて、横ブレさせる。或いは半円を描く様にオトリを操作して下さい。そうすれば、まだまだ20本は行けると思う。この操作は、下竿では不可能なんだよね。だからポイントは上竿ですよ。

暖かくて釣り日和(2008-10-21 17:04)
今日は風もなく、朝から暖かかったね。それで気温・水温が上がったからか、かなり追いが立って正に文句なしの釣り日和。釣果は2時までの小林さんが18本。平野さん16本。土井さんは26cmを頭に23本(写真)。この26cmの次のサイズは、なんと25cm。土井さんの魚は大きすぎだよ(笑)。流石です。山梨の金沢さんは12時半までで28本でした。

今日はかなり良かったね。チャラも瀬も何処でも釣れたみたいだ。水は渇水で、澄です。うーん、こんな日が続けば良いんだけどなぁ。

風もあまりなく、まぁまぁ(2008-10-20 18:08)
釣果は土井さんが19本。田中さん17本。一時、ちょっと風が吹いたけど、すぐに収まった。それ以外は天気も良く、まぁまぁの釣果だったと思います。水は澄で渇水傾向。

今日は初めてのお客さんが2〜3人見えて、それぞれ7〜8本釣って帰られました。数はそれなりだけど、初めてだしねぇ。このくらい釣れれば上等だよ。で魚も大きくて、非常に喜んでおられたようです。「また来ます」って、帰って行かれました(笑)。でも「17本、19本釣る人がいるのに、私達はなんで7〜8本なんだろう?」って、聞かれちゃったんだよねー。うーん、その答えはなかなか難しいなぁ。


それで、とりえず狩野川初心者にありがちな傾向を次の様に答えた私。第一に、とにかく松下は広すぎて攻めるポイントを定められない事。第二に、つい力んでオトリを引いてしまう傾向がある事。第三に下竿にしてしまう事などを説明しておきました。後は集中力を持続させる精神くらいかなぁ。もちろん、これだけじゃないんだけどね。とにかく、狩野川は数回来たくらいで理解でいる様にな川ではありません。出来れば頻繁に通って欲しい所です。

風強く、ちょっと釣り難かった(2008-10-19 18:53)
釣果は、桜井さんの18本。杉山さんの22本。今日は天気が良かったものの風が強く、余り釣り日和と言える状態ではなかったなぁ。人出も昨日の1/2程度。
まぁ、日曜日より土曜日の方が混むのは、最近の傾向なんだけどね。ポイントは、やっぱり深場だ。浅い所にも鮎はいるんだけど追わないみたい。深い所を釣った方が効率が良いようです。

風でちょっと寒かったかな(2008-10-18 18:12)
釣果は、前池さん17本。平山さん16本。杉山さん15本。鳥栖さんで、息子さんの方が24.5cmを頭に16本。彼曰く、「オヤジに勝つのは、今年二回目だ」そうです。水は渇水で、澄みだ。

また今日も解禁日並みに混みました。ちょっと入るポイントが見つからないくらいだったかな。その人出と風の寒さが加わって、追い渋った感じはあるね。でもまぁ、今年の魚は大きいし、卵でお腹がふっくらとした鮎の塩焼きも、非常に美味しいよ。ビールに良く合います(笑)。初夏の香りが高い頃の鮎が一番かも知れないけどね。さて明日も天気の様なので是非、狩野川に釣りに来て下さい。

今日もまずまず(2008-10-17 17:39)
釣果は高村さんが24cmを頭に24本(写真)。入間市の小野寺さん20本。

今日も良い天気だったね。でも風が吹くと寒いから、カッパは必需品だ。それからこれからは、釣れる日と釣れない日があるから、いつも同じボイントばかり狙っていないで、釣れないと思ったら大きく場所を移動した方が良いよ。

まぁまぁだったと思います(2008-10-16 18:40)
今日は、本当に良い天気だったね。ただちょっと風が強かったかな。それぞれ以外は、申し分のない釣り日和でした。釣果は、前池さん30本、潮田さん25本。佐川(息子)さんは、今年から鮎釣りを始めて8本。

明日も天気は良いらしい。今日は泊まりのお客さんも多いみたいだから、ナニヨリだよ。

暖かい釣り日和だったね(2008-10-15 18:23)
昨日は昼間で曇り。それまで何とか持っていた空も、ここで力尽き、その後、小雨になりました。昨日はお客さんも少なく、ちょっと寒かったね。それで追いがイマイチでした。今日は朝のうち曇り。それから予報通りに、暖かい晴天になりました。釣果は鮎釣り2年目の佐川さんが12本。その他のお客さんには釣果を聞きそびれたけど、まぁまぁだったんじゃないかな。

他の川が終わったからか、最近は松下にもお客さんが増えた。で、うちのお客さんではないけれど、入れ掛かっている人もあちこちにチラホラおりました。水は微妙に渇水気味。澄んでいます。昨日の雨の影響は全く無しだよ。明日も天気が良い様なので、絶好の釣り日和になりそうだね。

釣り日和だった(2008-10-13 17:45)
今日は暖かくて風もなく、絶好の釣り日和だったね。連休最後の日だからだと思うけど、混雑ぶりもそれ程でもなかったよ。最近は日曜日よりも、土曜日の方が混むんだよね。要するにお休みの最後は、家でゆっくりしたいという事なんじゃないかな。釣果は土井さん24.5cmを頭に31本(写真)。佐竹さんは26.1cmを頭に19本。望月さん16本。加藤さん15本。

水は平水で澄です。チャラより深い瀬が良かったようです。またここの所、ちょっと冷え込んだからか、サイズがちょっとダウンしていた感じだった。けど深い所の魚は大きいよ。浅場は、まだちょっと小さいかも知れないね。

解禁以上の混み様(2008-10-12 17:58)
この連休、狩野川がとても混雑している。解禁日以上の混み様で、掛かっても取り込めない等、ちょっと困った感じ。まぁ、これは他の川が終わった事もあるんだろうけど…。釣果は加藤さん16本。釣り歴1年で、10回目程度しか釣行していない松原さんが10本。その他にうちのお客さんじゃないけど、20本以上掛けた人が三・四人いるんだ…。

実は、確実に釣れるポイントがあるんだよ。で、その場所を知っている釣り人が数人。上から松下に降りて来て、着実に釣果を揚げているワケ。私もお客さんにその場所を教えるんだけど、混雑している事もあり、どうしても場所を移動してしまう。先の釣り人は釣れる事を知っている物だから、ちょっと釣れ止まっても粘って粘って20本以上掛けちゃうんだね。うちのお客さんにも、もっと頑張って貰いたいよ、ホント。え、それは何処かって? そのポイントと釣り方は、私に聞いてくれれば詳しく教えます(笑)。

今日は天気は良かったけど、ちょっと寒かったね。水は平水で澄です。10時から2時頃まで、風が強かったな。明日も晴れるみたいで、絶好の釣り日和になりそう。まぁ、混雑するのは致し方ない。ご迷惑をお掛けしますが、マナー良く釣って下さい。

ちょっと寒かったかな(2008-10-11 17:56)
藤枝市の飯田さん18本。焼津市の橋ヶ谷さん17本。浜松市の三輪さんも17本。高村さん20本。前池さん22本。川は昨日と余り変化がない。でも今朝は、ちょっと冷え込んだかな。皆さん、寒そうにしていました。

ポイントは浅い所より、深い所の方が有利だったみたいだね。この時期としては、良い釣果だと思います。とにかく今年の魚は大きいからね。10本も掛けるとそこそこ体力を使うし、精神的な満足感もかなりあると思うよ。水は平水で、澄です。あー、ちょっと高めの平水かな。

さて、今日からの連休は天気が良いようです。是非、狩野川で鮎釣りを楽しんで下さい。

ちょっと追い渋ったかな(2008-10-10 19:44)
釣果は、きよし丸さん20本。高村さん18本。前池さん17本。潮田さん16本。相模原市の藤本さん20本。今日はちょっと、追いが鈍かったかなぁ。魚はタンといるのにねぇ。何故、あんまり追わなかったんだろう。

水は平水で、澄です。今日は暖かくて、良い天気だった。明日もまずまずの天気らしいので、そこそこは行けると思います。三連休なので是非、釣りに来て下さい。

風強くも、楽しんで頂けたようです(2008-10-09 18:17)
昨日は清丸さんが30本。今日は古座野さんが午後から半日で20本。富岡さん17本。前池さん21本。その他は、狩野川に初めて来た人等で、10本前後の人が多かったかな。

今日は天気が良くて暖かかったけど、風がとても強かったね。その為、掛かってもバレて取り込めなかったたり、根掛かりが多発。釣果にも影響した模様です。そろそろ他の終わった川から、狩野川にいらしたお客さんも人も多くなってきたよ。そう言うお客さんは慣れていないので、ちょっと苦戦しているみたい。でも今年の狩野川は鮎の型が大きいし、数が出なくても、それなりに楽しんで頂けているようです。良かったなぁ。

まだ鮎が若い!(2008-10-07 17:26)
釣果は、横浜の小林さん19本。武田さん17本。野口さんは22cm〜23cmの魚ばかり15本。桜井さん23本。望月さん22本。土井さんは24.5cmを頭に30本(写真)。浅い所の魚は、ちょっと型が小さい。やっぱり深く水通しの良い所の魚の方が大きいね。大体、23cm〜24cmくらいが掛かってきます。

朝のうち晴れて良く掛かったんだけど、昼に曇ったら追いが止まってしまった。そして夕方、また晴れたら追うようになった。水は平水で、澄んでいます。遠くの川から来たお客さんが「ここの魚はまだ若いね。まだまだ終われないよ。また来なくっちゃ」と言っていたけど、確かに鮎には全く錆が出ていない。綺麗な鮎が掛かっています。

明日も釣り可能です(2008-10-06 17:35)
朝10時頃まで降っていた雨が上がった後、天気はずっと曇り状態。釣果は望月さんが24本。今日はお客さんが6人しかいなかったけど、他の皆さんも10本から15本くらいは釣れていました。こんな感じで曇天の中、一日中、ポツポツと釣れていました。

雨が上がった直後でも笹濁り程度。現在の水位は+20cm。今日もずっと釣りが可能だったけど、もちろん明日も釣り可能です。明日は濁りも、殆ど取れているはず。問題なしです。

ちょっと冷え込んだかな(2008-10-05 17:59)
昨日は、若菜さんと高村さんが、それぞれ23本。平山さんと古座野さんも、それぞれ20本。今日は高村さん23本。今井さん13本。安藤さん15本。今年鮎釣りを始めた野木さん13本。平野さん15本。宮内さん15本。

今日は他の川で大会があったのかなぁ。その流れで多くの釣り人が入り、かなり混みました。で朝の内、静かな時はそれなりに追って掛かるんだけど、人がたくさん入って来て、その騒ぎで追い渋ってしまった感じ。気温が低かったせいもあって、午前中は難儀したようです。でも午後から気温が上がってくると、それなりに掛かり始めた。

ポイントは本線の方が有利。水は平水で澄みです。

引き続き好調です(2008-10-03 17:47)
吉原さん17本。清丸さん20本。前池さんは24.5cmを頭に35本(写真)。嶋村さん22本。上木さん21本。今日も風もなく、暖かくて良い天気だった。

引き続き、好調です。何処でも釣れます。水は平水で澄。来週になると、天気がちょっと悪くなるみたい。今週末は是非、狩野川に釣りに来て下さい。

絶好調です、来なきゃ損する(2008-10-02 17:40)
葛飾区の小島さん18本。小出さん22本。瀬尾さん23本。佐竹さん21本。前池さん18本。長野は小諸の吉田さん29本。滋賀の笠原さんは半日で15本。同じく半日で帰られた船橋さんは11本。

何処でも釣れます。分流にもアカが付いて、問題なく釣れる様になったよ。ただ大物を釣るなら、本線の方が有利かなぁ。殆ど全ての人がツ抜け出来ている状態で、正に絶好調。今を逃すと、もう寒くなって来ているので、釣果は下降気味だと思う。天気も良いし、お待ちしています。

雨でも暖かい…(2008-10-01 17:49)
釣果は、池谷さん11本。鈴木さん14本。池谷さんと鈴木さんは、昼から半日釣った釣果です。前池さん19本。滋賀県からみえた笠原さんは、9時から3時間まで20本。「狩野川は良く釣れるね」と言っていた笠原さんは今日、泊まって、明日も竿を出すそうです。

今日は雨が降りませんでした。でも昨晩の雨でのせいで水は+10cm。澄んでいます。特に狙い目のポイントは無く、何処でも釣れますよ。それから雨が降っても、余り寒くないね。体が慣れたのか、水が温かいからか…。まぁ、暖かいのは良い事だ。

雨で戦意喪失(2008-09-30 17:29)
今日の釣果は、宮内さんの21本だけだ。他にもお客さんはいたけど、この雨で戦意を喪失したみたい。という事でこっちは一日中、雨だった。でも雨量はそれ程でもない。水が10cmアップしたけど、まだ澄んでいます。

今の感じでは今後も、雨はそれ程降りそうもない感じだなぁ。ただ台風如何で、天気の事は私には何とも分からないけどね。鮎の追い気はあります。私が午後から入って、11本程掛けた。今後、大量の雨が降らなければ、良い釣りが出来そうだ。瀬でもチャラでも、ガンガンでも釣れています。

そこそこ釣れています(2008-09-29 17:41)
釣果は、高村さん25本。望月さん18本。土井さん22本。神永さん20本。今日は朝から今まで、ずっと雨。でも雨が止んだ時もあったし、カッパが鬱陶しく感じるくらいの雨脚で、川の水には特に影響なかった。水位は変わらずの平水で、澄んでいます。

今日は午前・午後に関係なく一日中、ポツポツと掛かり続けたみたい。ポイントは、まだ分流はちょっと不利だけど、本線側なら瀬でもガンガンでもチャラでも同じように掛かりました。そうそう、本線のチャラで27.5cm:205gが出ましたよ。

さて今後、台風の進路はどういう風になるんだろうね。また様子を見ながらレポートします。

更に冷え込んだけど、まぁまぁだと思う(2008-09-28 19:24)
釣果は、平山さん17本。神永さん16本。前池さん19本。高村さん31本。静岡の北川さん17本。今日も朝から冷え込みました。それで午前中は、余り追わなかった。午後になっても曇りのままだったんだけど時折、太陽が顔を出す。薄日なんだけどね。その時だけ、追いが立って釣れたみたい。

うーん、分流のアカの付きはイマイチだね。もう十日くらい経つのに、分流のアカは余り発達しない。これは水が引く度に砂が巻くからだと思う。石が段々になっている様な所のみ、ちょっとアカが付いていて、その部分を探せば、一日で10本前後は掛かるかなぁ。

今日は天気が悪く寒かったけど、雨は降らなかったよ。人出も昨日程ではないが多かった。それにしては、釣れた方じゃないかなぁ。とにかく去年より、魚のサイズが段違いだしね。さっき、去年の記録を見てみたんだけど、数も去年よりはかなり良い。今年は、まだまだイケルと思うよ。

解禁並の人出だけど、釣れた(2008-09-27 17:41)
釣果は、深沢さん29本。上田さん17本。平野さん25本。葛飾区の矢島さん17本。藤岡さん15本。今朝は、今年の鮎シーズンで一番の冷え込み。寒かったねー。これまた人出が多く、川は解禁並みの混み様。それにしては7本から13本くらい釣った人が大半で、この人出にしては釣れた方だと思います。皆さん、ほぼ、満足していたんじゃないかな。

午前中は朝の冷え込みの影響や、天気も曇ったりパラッと来たりで、追い渋った。でも午後になってから日が強く差し始めると暖かくなった。それから追いも立ってきたと思います。相対的に午後の方が釣れたと思うんだけど、中には午前中の方が釣れたというお客さんもいたよ。まぁ、これだけの人出なので、色々なパターンがあるんだと思う…。

水は平水で澄んでいます。分流もポツリポツリと釣れ始めて、ヤナギ前が良かった。大石周りは、あと二・三日待った方が良いな。

突風が吹き荒れた(2008-09-26 17:46)
今日は朝から突風。これは「朝から」言うより、この風は「昨晩から」なんだよ。だから私も昨夜、店の旗を全て取り込んだ程。その風が今日も引き続き吹き荒れ、鮎が掛かっても取り込めないんだなぁ。実際、竿を折った人もおりました。水は平水で澄です。

そんな中、葛飾区は東四つ木の小島正次郎さんが17本。山田さん18本。今日はこの釣果を三倍くらいにした方が良いな。それ程に強風で、悪条件でした。今日、釣りに来てくれたお客さんはホント、大変だったと思う。で、アカ付きだけど、分流のアカは、まだまだだ。だから今しばらく、本線をメインに釣った方が良いでしょう。

午後から強風(2008-09-25 19:02)
釣果は、牧田さん20本。富岡さん15本。富岡さんは、初めてみえたお客さんかも。潮田さん17本。宮内さん20本。所沢の原田さんは合計で10本くらいだけど、26cm:160gという良い魚を持って帰ってきました。水は平水よりちょっと上くらいで、澄んでいます。

今日が1時頃から強風が吹き荒れて、全く釣り難い午後になってしまった。この風で、恐らく午前中の方が釣れたんじゃないかな。またこの風もあり、全体的に追い渋った感じもあります。明日は雨になるそうだから、また水が出て、追いが立ってくれると良いなぁ。

まぁまぁでしょ(2008-09-23 19:56)
釣果は高村さん33本。桜井さん18本。鳥栖さん23本。坂本さん28本。今日は休日で人出の割には、まぁまぁ釣れた方でしょ。一日、風もなく良い天気。水は+10cmで、澄んでいます。

流芯にもアカが付いてきた様で、ガンガンが釣れ始めました。明日には分流にも、ポチポチ掛かる所が出始めるでしょう。でも分流は、明日でもアカの付き具合は1割程度。そうさなぁ、今日見てきた感じでは、ヤナギ前からトロの手前までで、釣れそうな所は四カ所くらいかな。こんな風に分流を釣るなら、アカがある所は限られているので、よくアカの付き具合を観察してからオトリを入れて下さい。

型は上記に上げたお客さんくらい数を釣るなら、下は18cmからで23cmが必ず混じと思う。一方、分流はまだアカが薄いので、14cm前後の鮎が多いよ。まぁ、今週はずっと天気がよいそうだから、日を追ってアカが付き、鮎の型も良くなるでしょう。楽しみだね。

きれいな夕焼け(2008-09-22 17:59)
釣果は、望月さん24本。前池さん17本。土井さん27本。ちょっと今日は、追いが渋かったかな。今日は1時から3時頃まで、小雨になった。でも水に影響なし。+20cmで澄んでいます。明日は、もっと良くなると思います。

良く釣れました(2008-09-21 18:56)
釣果は宮内さん21本。平野さんと望月さんが、それぞれ29本。前池さん26本。杉山さんは、朝から11時半までで21本。今日は釣れると予想していたけど、実際に良く釣れました。私の言葉を信じて、お店に来てくれたお客さんに感謝だ。

水は+25cmで澄んでいます。雨は10時頃、パラパラと降ったけど、それ以外の時間は問題なかったね。実際、水も増えなかったよ。でも沼津の方がかなり降ったらしいので、局地的な雨だったんでしょう。「出水の後の外カーブ」で、本線が有利。分流のアカは薄めだったから、もうちょっとの時間が必要かな。川の向こう半分が良く釣れました。

明日は釣り可能ですよー(2008-09-20 16:51)
今回は最大で2mくらい水が出たけど、今は+50cmで笹濁りです。明日まで、まだ12時間以上あるので、あと20cmは水が引く。で、恐らく明日は+50cm前後になっていると思われます。濁りは多少残っているけど、オトリを追わない程ではないよ。よって明日は、十分に釣りが出来ると思います。

えっ、アカが心配? まぁ、今回の水は2m。前回8/30日の雨は250cm水が出たんだよね。その時の残りアカを考えると、今回の方がよりアカが残っている事になる。ねっ、だから明日は釣りが出来ますよ。

明日はどうなるかね?(2008-09-19 18:08)
釣果は牧田さんが25.5cm:150gを頭に20本。宮内さん28本。昼から4時間釣ったお客さんが20本。型は17cm〜23cmくらいまで。流石に25.5cmは大きかったなぁ。

朝、地面が濡れていた。昼頃、一時雨が降ったけど、その時を除けばカッパの必要は無かった。そんな一日で、水は変わらずの+5cm。澄んでいます。明日は台風次第だな。今は何とも予想出来ない。もし釣りをしたい人がいれば直接、電話で聞いて下さい。

台風を予知したのか、異常なナメ(2008-09-18 19:06)
釣果は潮田さん20本。佐竹さん30本。宮内さん28本。朝から11時頃まで、雨が降ったり止んだり。11時から2時まで傘が要らない様な小雨になって、2時以降、雨は完全に止みました。そんな感じで、水は+5cm。ちょっと潤んでいるかなぁ。でも、このくらいは澄のレベルでしょ。

朝10時まで追い渋ったけど、その後はいつもの追いに戻りました。ただ3時頃、浅い所に、異常な程の前が大量に発生。まぁ、いつも夕方には大量のナメが出るんだけど、今日のナメは10cmくらいの浅場にまで入って泥アカまで舐めている。時々、こんな感じのナメが出るんだよね。私は来るべき台風を予知している様な気がする。増水に備えて、ナメ溜めしているんじゃないかなぁ。こんな鮎の行動を見る限り、今度の台風は列島に沿って上がって来るかも知れないね。

秋晴れで釣り日和(2008-09-17 18:26)
小出さん17本。相模市の白井さんは24.2cmを頭に19本。高村さん23cmを頭に39本(写真)。白井さんは二週続けての大漁で、大喜びでした。

今日はまた良い天気になったね。気持ち良い一日。水は平水、澄です。皆さん、流芯ばかりを攻めいるけど、足元などの竿抜けを探して釣った方が、効率が良いよ。

ちょっと寒かった(2008-09-16 18:48)
土井さん18本。田中さん22本。小川さん21本。小川さんは大満足で、今晩泊まって明日も釣りをする事にしたそうです。

朝の内、小雨。その後も時々、パラパラと雨が降るものの、川には全く影響無しで、水は平水のまま。夕方、晴れて綺麗な青空が見えるようになった。

午前中より午後(2008-09-15 17:35)
釣果は杉山さん24本。手嶋さん15本。小野さん23本。土井さん22本。佐竹さんは24cmを頭に18本。

今日は午前中、追い渋って誰しも苦労したみたい。午後になってから、やっと本調子になった。この午前より午後の方が追う傾向は、昨日もそうだったんだよね。これはやっぱりちょっと朝夕、冷え込んできたからかも知れないなぁ。

今日は少し追い渋った(2008-09-14 18:00)
釣果は平野さん16本。望月さん17本。江戸川区の染谷さん25本。今日は人出がそれ程多くなかったけど、余り釣果が伸びなかった。昨日と天候・水温共に変化無いのに、追い渋った感じ。うーん、何故なんだろうね。ただ一方でウチのお客さんじゃないけど、40〜50釣った人もいたみたい。

水は平水で、澄です。今日良かったのは、ガンガンや瀬の強い所。要するに一番アカの付き遅れた所が良かった訳で、これでほぼ、川にアカが付き切ったと考えて良いと思う。それで鮎に何か影響を与えたのかも知れないね。またチャラの様に浅い所より、深い所が良かったようです。

絶好調、何処でも釣れます(2008-09-13 18:41)
平山さん20本。木村さん17本。桜井さん16本。鳥栖(父)さん15本。鳥栖(息子)さん25本。平野さん22本。上田さん23本。文京区の野村さん15本。落合さんのお弟子さんが24本。西田さん25本。

瀬でもチャラでも、何処でも釣れます。今日は人も多かったけど、オコデや一本という人が皆無。悪くても7〜8本、ギリギリで載せられない14本の人も三人おりました。14本のお客さんには「もう一本釣ったら載せられるのにぃ」と言ったら、「分かっているよぉ」と答えていました(笑)。

天気も良いし、空気は気持ちが良いし、鮎は釣れるしで絶好調です。是非、釣りに来て下さい。

実際に釣れる、清々しい釣り(2008-09-12 18:33)
今日はとても清々しい釣りが出来た。水は綺麗で深い所の黒い石が見えるし、空は真っ青で空気は澄んで気持ちいい…。今日、釣りに来たお客さんの多くは、ただ川に入っているだけで幸せ感を感じたんじゃないかな。いやぁ、私も久しぶりに感動しましたよ。そしてこんな良い環境なのに、鮎も釣れるんだよね。釣果は西田さん21本。桜井さん23本。牧田さん31本。前池さん30本。若菜さん22本。

水が綺麗なせいもあるけど、石が真っ黒。何処でも釣れますよ。鵜がいなきゃ、トロも釣れ始めた。とにかく鮎は釣れるし天気は良いしで、最高の一日だったと思います。

ただ「俺、一人釣れない…」っていう人。そう言う人は、あまりに焦り過ぎなんだ。松下はポイントが多いので、つい目移りして、あちこちにオトリを引き入れちゃう。周りのみんなの竿が曲がるのを見て、ますます力が入って、オトリを引いちゃうんだな。とにかくこんな気持ちいい日なんだから、もっと肩の力を抜いて、楽に釣ってみよう。鮎は何処にでもいる。だから余りオトリを頻繁に移動させないでね。嘘かと思うだろうけど、こんなアドバイスで鮎が沢山釣れたお客さんもいるんだよ。川の状態が良い良い今、基本的なテクニックさえ身につけていれば、鮎は必ず掛かります。落ち着いて釣って下さい。

分流が出来上がって、数が出る様になった(2008-09-11 18:01)
釣果は、米山さん24本。船橋さん17本。佐竹さん16本。高村さんは24cmを頭に34本(写真)。前池さん24本。潮田さん25本。分流によりアカが付いて、広範囲に釣れる様になった。だからより多くの人が、鮎を掛けられる。それは上記の釣果にも現れているよね。良い具合に釣れています。

水は平水で澄み。1時頃に30分程、風が強かったけど直ぐに収まったよ。今日も暖かく、なかなか釣り日和でした。東京の方は降ったらしいけど、こっちには雨無しです。

昼から強風(2008-09-10 19:30)
釣果は鈴木さん20本。高村さんは11時頃より入って26本。西田さん16本。今日は昼過ぎより強風が吹き荒れて、難儀な釣りになってしまった。風の影響で、掛かっても取り込めない人も多かったと思うよ。

水は澄で平水。分流のアカが更に付いて来て、全体的に掛かる様になってきた。高村さんの釣果を見ても分かるけど、本線は相変わらず良い。まだ日中は暑いし、鮎も良く掛かる。秋が来るのは、もちょっと先かな。

誰もが釣れています(2008-09-09 18:44)
今日は昼時、1時間程、強めの風が吹いただけで、すっかり秋の晴天・釣り日和です。釣果は平野さんが23本。その他、20本台の人が三人。16本釣った人が一人。誰もが、程よく釣れていると思います。というのもアカ付きが、良好だから。分流のヤナギ前も朝、入れ掛かりだったという話。ただ私は、ヤナギ前に関して、明日か明後日がベストだと思うさ。

水が一気に引いて、平水に戻ったね。もうちょっと水があった方が釣り易い。出来れば、これ以上は引いて欲しくないなぁ。

アカが良く付いてきた(2008-09-08 18:28)
釣果は橋本さん18本。田中さん17本。土井さん21本。上木さん23本。望月さん25本。習志野市の久保谷さん32本。その他に15本前後の人が、多かったかな。良く釣れている感じ。うーん、お客さんも増えてきたね。

分流にもアカがしっかり付いて来て、積極的に釣った方が良い状態になっています。その分、今まで釣れていた本線のチャラはアカが付き切って、場荒れ気味。本線は新堤下の瀬というか、チャラというか、この辺り(今までより上)にアカが付いてきたね。今日はこっちを釣った方が良かったかな。

水は平水から+5cmくらい。澄んでいます。そして雨がパラッと来る事はあっても、水が増える様な雨は降っていません。今週は天気も良いそうなので、絶好の釣り日和ですよ。

今日は良かったよ(2008-09-07 17:28)
釣果は上田さん24本。杉山さん28本。鈴木さんと牧田さんは、21本ずつ。昼より川に入った神長さんは、半日で15本。今日は何処かの大会が会ったらしくて、同じユニホームを来た釣り人がたくさん松下に入ってきた。それでかれら、羨ましい様に鮎を掛けていた。ウチのお客さんより、良く釣れていたよなぁ。


水は澄で、水位も+10cm。風もなく良い天気でした。分流のアカも発達してきて、まだ完全とは言えないけど、良く掛かるポイントが出て来た。当然、本線のガンガンも良いし、水量も程々なので、川はかなりの好条件だよ。それで釣れているんだろうけど。

この調子が、分流にアカが付き切るまで続くと思います。あと四日くらいは、かなり良いと見ていますよ。是非、秋の釣りを楽しみに来て下さい。

人が多かったけど、ボチボチ(2008-09-06 23:09)
昨日も今日も普段の三倍くらいの釣り人が出て、川は混雑しました。特に今日は、たまげる程の人だったよ。そうさなぁ、普段の三倍くらいかなぁ。まぁ、他の川が終わったからかも知れないね。でも一方で天候も良く、全く釣れないという人はいなかったと思うよ。悪くても1時間に一本程度掛かって、オトリに困らないくらいは釣れたんじゃないかな。人出を考えると、良く釣れた方だ。浜松市は東区の栩木(トチギ)さんが22本。横浜市南区の木下さん15本。江戸川区の染谷さん20本。この三人は初めて来て、この釣果。大したモンだ。後は平野さん22本。

本線はガンガンも含めて、何処で釣れる様になった。分流のアカは、もう一歩。あと三日くらいは欲しいかな。分流の大石にはアカが付いているんだけど、小石にアカがまだ付ききっていないんだな。小石にまで黒くアカが付かないと、時合いに絡んで一時は追っても、安定した追いにはならない。本線も黒い石を探して釣った方が良いかな。しかし余り深い所を釣ると、葦に絡んでオトリを取られてしまいます。今日はそれで苦労した人が多かったみたい。浅い所の葦は一掃されつつあるんだけど、深い所にはまだ葦が残っていて、それに根掛かりするんだよね。

順調に回復中(2008-09-05 18:43)
釣果は、岡田さん16本。高村さん30本。宮内さんは23cmを頭に28本(写真)。その他のお客さんは、7本から12・3本程度かなぁ。今日は天気も良く、釣り日和だったね。宮内さんは、三つ目の島周りで本線側のチャラをメインに釣っていたようです。

まだアカが付いていない所があって、そういう場所を避けて釣る事だね。まだ本線の方が、分流より良いようです。でねぇ、本線のガンガンが釣れ始めたよ。分流の小ガンガンが良くなるのは、後二三日は掛かりそうです。

今日は風もなく天気も良かったので、こんな感じで、川は順調に回復に向かっています。

一瞬の雨に追いが立った(2008-09-04 18:26)
今日は午前中、1時間程の雨が降った。その時、10cmくらい水位がアップし、ちょっと濁ったんだ。その濁りが取れ始めた2時から3時に追いが急に立って、釣れたようです。釣果は西田さん19本。潮田さん17本。前池さん16本。

本線の鉄筋棒付近が釣れ始めたよ。日に日に、川が回復してきています。ヤナギ前辺りは後、二・三日くらい必要かな。とにかく順調に回復しています。

葦でよく根掛かりする(2008-09-02 19:47)
今日は蒸し暑かった。一瞬、雨がパラッと来たけど、1分くらいだったかなぁ。その他は風もなく、ほとんど晴天でした。釣果は土井さんが16本。宮内さんは23cmを頭に25本。その他のお客さんは10本前後だったかな。

水は+20cm〜25cmで澄んでいます。出水の影響で、至る所で葦が石に絡んでいて、仕掛けが根掛かりするのよ。先の土井さんなんか、仕掛け不足で2時に上がって来ちゃったくらい。だから今、釣りするなら多めに仕掛けを持って来て下さい。私も今日は、いくつ絡んだ葦の根を取り除いた事か。参ったねぇ。

お客さんは4人だった(2008-09-01 18:02)
水は澄で、+25cm〜30cm。西田さん11本。望月さん15本。神長さんは22cmを頭に22本(写真)。もう一人のお客さんは8本。今日の釣り人は、4人しかいませんでした。でもまぁ、釣れた方じゃないかな。

とりあえず出水後なので、外カーブがメイン。チャラと三つ目の島周りが良いようです。

一瞬の出水で、明日は釣り可能(2008-08-31 16:46)
現在の松下は水が澄で、水位が+35cm〜40cm程度。ウチからは三人程、オトリを持って川に入ったけど、4本から5本くらい釣れています。まぁ、アカが薄いので、本日の釣りはもう終わり。試し釣りみたいなモノだ。でも右岸にはウチのお客さんでない釣り人が、10本以上釣っている。今も竿を出していると思います。

とりあえず一昨日・昨日の大雨で、2m程の水が出ました。ただ2m出たのは、ほんの一瞬。直ぐに水が落ち始めた。だから今日から釣りが出来るんだよ。明日は更に10cm水が引くので、もちろん釣りが出来ます。やっぱり外カーブである右岸が良いんだけど、今日は流石に水が多いので右岸に渡り難い。でも明日なら、中州まで簡単に行けると思うよ。しかしアカは、まだ薄めだろうなぁ。本格的な釣りには、もうちょっと時間が必要だ。

釣れてます(2008-08-29 16:35)
今日は一日中、殆ど晴れていたな。途中、少し雨が降ったけど、それもほんの少し。実際、今も良い天気です。釣果は西田さん15本。横浜は清丸船長の小田さん16本。今日は二人しか、お客さんがいなかったよ(笑)。


上記二人とも、4時間くらいしか竿を出していなくてこの釣果だから、釣れている方だと思います。水は澄で+20cm。水も全く問題ありません。天気予報は悪い予報だったけど、伊豆は大丈夫でした。

夕日が綺麗だった……(2008-08-28 22:59)
夕日、6時の水は+35cmで、綺麗な夕日が見えていました。濁りは笹濁り。このままなら、明日は釣り可能です。でも天気予報では、かなりの雨が予想されているね。さて、どうなるのか…。

今日はちょっと難儀したかも…(2008-08-27 18:43)
釣果は、杉山さんの36本(写真)。西田さんが定位置、いつもの本線右岸だけで20本。出水の影響か、釣果の1/4くらいに小さめの鮎が混じる様になったね。後で書くけど、釣れる場所も限られた感じで、平均は4本から5本くらい。ちょっと釣れ渋っています。

分流はアカが薄くて、追いがイマイチ。本線は新堤したから三つ目の中州辺りのチャラ辺りが良いね。杉山さんは、ここを狙って上記の釣果になりました。ただ明日辺りから本線の芯というか、瀬が釣れる様になると思う。具体的には鉄筋棒から、ガンガンの肩辺りかなぁ。明日は、この辺が釣れ出すと予想してます。出水の影響を受けた内カーブである分流が良くなるのは、明後日以降かなぁ。

まぁ、とりあえず水が出たので、後はお日様が差してくれば良い展開になると思います。

水が出て、鮎に追い気が戻ってきました(2008-08-26 18:49)
念願の雨と出水で、鮎に追い気が戻ってきたよ。まず釣果は、上木さん22本。平野さん15本。神長さん17本。小野さん16本。宮内さんは23cmを頭に36本。

今朝の水は+30cmくらいで、今は+15cmまでに水が引いてきた。特に濁りもありません。強いて言えば内側=分流のアカが薄めで、本線が有利だけど、微妙な差でしかない。何処でも鮎が掛かります。今日は朝から強風が吹いて、本当に釣りにくかったんだけど、これだけ釣れたという事が好調の証だよ。

このまま大量の雨が降らなければ、この感じがしばらく続くと思われます。今までは鮎はいたんだけど、極一部の人にしか掛からなかったからね。この好調で多くの人に掛かり易くなったと思うよ。

現在、釣りが出来る状態です(2008-08-25 16:52)
昨夜からの雨で、今朝は+50cmくらい。その後、水が引いて、現在は+35cmです。濁りも笹濁り程度で、釣り可能な状態にまで回復しました。ただ、川に釣り人はいないけどね。

今も傘が必要な程の雨は降っていないよ。傘無しで川を見に行ってきたけど、濡れませんでした。このままの状態なら、明日は更に10cm程水が引いて、25cm前後に成っているはず。だから明日も、十分に釣りは出来ますよ。

丁度良い感じの雨だ(2008-08-24 18:40)
昨日は高村さんが20本。この日は、全体的に追いが悪かったのかなぁ。苦戦したお客さんもいたようです。

※注:この日は私(津守)がおりまして、高村さんの釣果を直に見ましたが、非常に良い型。惚れ惚れする様な魚でした。

今日は朝から雨。午前中は何とか釣りが可能だったけど、午後から濁りが入って釣りが出来なくなった。午前中から雨だったので、9時頃上がるお客さんや、11時くらいまで粘るお客さんなどおりました。それでも釣った人は、7本から8本くらいは釣ったと思うよ。

現在(午後6時)の水は+1m。午前中でも、40cm〜50cmは出ていたね。念願の雨です。このくらいの水が丁度、良いんじゃないかな。とりあえず雨のピークは越えたと思うけど、このまま雨が止めば、明日の午後から釣りが出来ます。このくらいならアカも飛ばないと思うので、水さえ澄めば釣りが出来るでしょう。だた今週はずっと、雨っぽい天気予報なんだよね。さてこれからどのくらい雨が降って、水が出るのか? これはまた報告します。

状況が少し変わったかな(2008-08-22 18:18)
釣果は土井さん19本。深沢さん16本。武蔵野市の田中さん21本。杉山さん25本。宮内さん22本。佐竹さん18本。本日、一番の良型は24cmでした。

ぐっと涼しくなって、ちょっと状況が変わったかな。今日はなかなか追いも良く、お客さんの半分くらいが掲載となりました。なかなか良い感じです。特に釣れる様なポイントはない。でも浅い所も深い所も釣れるよ。ただオトリを雑に扱ったり、引いてしまうとダメ。丁寧に釣って下さい。

朝夕に少し秋の気配(2008-08-21 18:33)
今日は土井さんが28本。佐竹さんは、暗くなるまで頑張って19本。相変わらず雨は降らないけど、ここ二日ばかり、朝夕に少し秋の気配を感じる様になりました。ただまだ日中は、まだまだ暑いね。水温も以前として高いです。

今日はチャラが良かったな。チャラといっても分流でなく、本線のチャラね。後は瀬脇。流芯はイマイチだ。水深の浅い所で、思わぬ良型が掛かるので細仕掛けには要注意です。あと午前と午後で、釣れる場所が変わる傾向がある。この辺りは色々と変わるので直接、店で聞いて下さい。

今日は良く追った(2008-08-20 18:41)
釣果は、横浜の内野さん23本。沼津の土井さん27本。横浜の前池さん24本。沼津の宮内さん21本。杉山さんは3時間で19本。

今日はここ数日の中では、かなり良く追った方だな。鮎もいつもより多く見えたし、ハミ跡も多かった。そして追いも活発で、釣れない人も7本から8本。釣果を掲載出来ないけど、ツ抜けしたお客さんも少なくなったよ。


ポイント的には、どこも悪くない。まぁ、総じてチャラが良好だったかな。しかし雨が降らないねぇ。昨日は雷がゴロゴロ鳴ったのに結局、雨粒が落ちてこなかったよ。

超渇水で瀬が有利(2008-08-16 19:25)
釣果は望月さんが22本。こんな風に慣れた人なら結構釣るんだけど、慣れないお客さんは苦戦中だ。普通のお客さんなら5本くらいからで、ツ抜け出来れば文句なしだと思います。お盆と言う事もあるのか、お客さんも少なく暇(笑)。

今日はもちろん朝が良かったけど、昼過ぎもそこそこ釣れたみたい。今日、竿を出した人の多くが、この様に言っていた。まぁ、ちょっと秋めいて、涼しくなったので、昼間の釣りも成立する様になったのかも知れないね。ただポイント的には、相変わらず瀬が有利です。これだってチャラが得意な人がくれば、チャラでも掛けると思うんだ。水が少ない事もあって、チャラにも沢山の魚が見える。でもこれがなかなか掛からないんだなぁ。

頼みの綱の台風も、こっちへ来なかった。とにかく一雨欲しいね。

朝が良い(2008-08-15 19:43)
やっぱり日中は、追いが渋い。朝は5時から9時頃までが、現在のゴールデンタイムです。夕方も良いけど時々、釣れない事があるので、確実なのは朝だな。

釣果が伸び悩んで、15本以上の掲載条件を一時的に緩和します(笑)。野中さんと小野さんが12本ずつ。牧野さんと前池さんが10本ずつ。

うーん、やっぱり雨が欲しいねぇ。水は超渇水で、魚がよく見える。これでもかと言うくらい鮎が見えるのに、日中は追わないなぁ。とにかく今は雨待ちだなな。

特に変化無し(2008-08-14 18:40)
今日は池谷さん20本。上田さん16本。高村さんは24cmを頭に18本。高村さんはガンガンで三回、仕掛けを切られたそうです。確かに高村さんの24cm以外の魚は、20cm〜22cmとかなり大きかった。これはガンガンだからだね。ガンガンの魚は、型が良いんだ。ガンガン以外で一般的には、17cm〜22cmくらいです。

うーん、今日は昼から風が出て釣り難くなった。その他の状況は、変化無し。相変わらず渇水で極端に浅い所か、ガンガンなどの瀬が良い。しかしそろそろ、本当に一雨欲しいねぇ。30cmくらい上がってくれれば、また状況が変わるんだけどね。現在の状態は慣れた人は釣るんだけど、渇水が苦手な人にはちょっと厳しいかも知れない。雨乞いでもするか(笑)。

それなりに釣れています。(2008-08-12 17:43)
まぁ、お盆と言う事でお客さんが少ないけど、それなりに釣れています。やっぱり初めて松下に来てくれたお客さんは、苦戦気味かなぁ。ただその人なりに釣れているみたいなので、極端に渋い訳ではないよ。今日は初めての人が多かったので、ちょっと15本以上の掲載条件に当てはまらなかったけど大体、10本前後かな。

条件は変わっていないので、戦略も今まで通り。朝早くから勝負を掛けて、水通しの良い、少しでも水温の低い場所を釣る事。しかしそろそろ一雨、欲しいかなぁ。

長めのチラシで朝狙い(2008-08-11 18:42)
今日は土井さんが驚異の35本(写真)。望月さん9本。田中さん8本。岡安船長が9本。望月さん・田中さんがガンガンや瀬、トロを釣っていたけど、土井さんは三つ目の島周りを釣っていた。要するにショッコ辺りで、松下の上だな。その辺りが良かったようです。

この時期、本来ならトロが良いんだけど、今シーズンはどうも鵜がいてダメだなぁ。鵜がいなくならないと、トロは今ひとつの感じがします。で、土井さん曰く「イカリよりチラシが良い。後半、手持ちのチラシがなくなってしまってイカリを使ったけど、かなりハリスを長めにしても口掛かりが多かった」と…。

と言う事で、チラシも長めのチラシが良いですよ。詳細は私が直に説明します。そして朝10時以前に勝負を掛ける事。10時以降は、追いが渋ります。

今夜0時から、川止めです(2008-08-09 15:55)
今日は杉山さんが25本。杉山さんは、人が歩く様な浅い所を釣っていました。とりあえず渇水で、川の状況は変わっていない。川全体、何処でも掛かりますが、少しでも水温の低い場所(水通しの良い所)、水温の低い時間帯(早朝・夕方)を考えて釣る事だね。

オトリ缶は必須です。そしてオトリ缶は、水深の深い所に生ける事。そうしないと、午後から取っておいたオトリが使い物にならなくなっちゃうよ。それ程、水温が高いです。

今晩零時から明日の正午まで、漁協の釣り開会の為、松下は川止めになります。一般の釣り人は釣りが出来ませんので、ご注意下さい。ご迷惑をお掛けしますが、ご協力願います。でも明日の正午を一秒でも過ぎれば、釣り可能です。

早朝に川に入って、瀬を釣るべし(2008-08-07 17:48)
実は四日頃から異常なまでに水温が上がってしまい、川は「川時化」一歩手前の状態。「川時化(カワジケ)」とは文字通り、川の時化(シケ)だね。水温が上がり過ぎて、アカが一気に薄くなる。そして鮎の追いが悪くなってしまう状態。だから時化なんだね。こういう時は夜明けを待って川に入って、10時頃までに勝負を付ける感じで釣って欲しい。後はなるべく流れの早い所、要するに瀬やガンガンを釣る。少しでも水温の低い場所で、アカのある場所を探す事だ。

今日の釣果は、高村さんが22.8cmを頭に31本(写真)。落合さんのお弟子さんが15本。その他のお客さんは、15本に届かない人が多かった。ここに載せるのが15本以上と言っちゃったので、二人しか書けないよ(笑)。

昨日も、この辺には雨が降らず。なので水位も変わらずで、超渇水です。川に入っても、ぬるま湯だね。全然、冷たくない。こんな時は、とにかく上記の様に、なるべく早く川に入って、瀬を釣って下さい。

瀬が好調です(2008-08-03 18:52)
今日は杉山さんが、半日昼までで18本。米山さん18本。米山さんの義理の息子さんである渡辺さんは、二回目の鮎釣りで11本。思わぬ大漁だったし型が良かったので、渡辺さんは大喜びでした。その他、落合さんのお弟子さんが12本。

うーん、今日は瀬が良かったね。ガンガンや瀬の流芯が好調です。ただ瀬と言っても、みんなが入っている所というか、立っている場所辺りも釣れるんだよねぇ。私なんか芦の中から瀬脇に竿を出したら、入れ掛かった。まっ、こんな風に瀬、全般が悪くない。でも杉山さんだけは、本当に浅いチャラ・チャラを釣っていた。それで上記の釣果だ。あんな浅い場所は、普通の人は釣る気にならないだろうなぁ。

相変わらず雨は降らず、超渇水。澄んでいます。まぁ、一雨来ても良いし、このままでも良いかなぁ。瀬好きの人は、もうちょっとこの渇水が続く事を望んでいるようです。

得意な所が狙い目だ(2008-08-02 18:32)
今日は手島さんが20本。上田さん16本。平野さん21本。大宮の佐野さん18本。手島さんは瀬、上田さんは中トロ、平野さんはチャラと、どのポイントでも満遍なく鮎が掛かっています。要するに自分の得意な所で、自信を持って釣る事が大切なんだ。そうすれば悪くても7本〜8本くらいは釣れると思います。

そして佐野さん曰く「狩野川の鮎がこれ程大きく、太っているとはとても驚いた。信じられない」と…。佐野さんは高切れで、仕掛けを太仕掛けに変えて釣っていました。ホントに今年の狩野川の鮎は大きくて、釣り甲斐があるよね。


水は超渇水。とりあえず-20cmくらいなぁ。メモリが書かれた範囲を超えて渇水なので、正確な水位が分からないんだよね。で、唯一振るわないトロだけど、あれだけ石が黒いのに鮎がいない訳ないんだよなぁ。これは恐らく鵜の影響だと思う。朝から鵜がトロにいて、魚が怖がって逃げちゃっているんだろう。釣れても二・三匹で終わり。それで釣り人が移動しちゃうモノだから、また鵜が近寄ってくると言う悪循環なんだ。鵜さえいなければ、トロも好調のはずです。

雨はまだ先でも良いかもしれない…(2008-08-01 20:41)
31日の釣果は、潮田さんが18本。本日8/1は、高村さん22本。高村さんのお弟子さんで御殿場の小野さん21本。内野さん15本。

とりあえず瀬でもチャラでもガンガンでも、何処でも掛かります。大切なのは、自信のあるポイントで、迷いなく釣る事。鮎は何処にでも、おりますよ。ただやっぱり、日中は苦戦するね。朝と夕方の方が、追いが立っています。

今日、お客さんとも話したんだけど、雨はもうちょっと先でも良いかもしれないなぁ。現在の水の状態でも、そこそこ釣れますよ。下手に水が多くなるより、今の渇水の方が釣り易いんじゃないかと話し合った。まぁ、雨が降っても、それはそれで良いけど、現状も決して悪くないと言う事です。

所で8月10日(日)の川留めは、午前0時から正午までです。12時を秒でも過ぎれば、釣りが出来ます。

先日のご報告(2008-07-31 19:35)
今日は津田さんからの連絡がない様なので、私(津守)が29日、松下の渡場付近に潜った時の報告をさせて頂きます。

この所の晴天続きで、川は渇水状態。土用の川となって、苦戦する釣り人が多い様な昨今。川で挨拶しても「鮎がいない」、「鮎が掛からない」と言われる事も多く、私も釣りが下手なので鮎が余り釣れません。しかし津田さんは「川に鮎はたんまりいるさ」と言う。ではと言う事で、実際に川に潜ってみました。

いざ、水中眼鏡とシュノーケルを付けて渡場の40cmほどの水深の所に潜ると、果たして鮎がウジャウジャいました。確かに遊んでいる様な鮎も見えましたが、明確に石に付いていて、他の鮎に体当たりをする様な素振りを見せる追い気満々の鮎もいます。ただ縄張りに近寄った鮎の近くに余り寄らず、ちょっと近寄って威嚇するとすぐ離れて仕舞う感じ。

石に付いている鮎を見て、私は実際にオトリを入れてみる事にしました。ただ今回は私、一人しかいません。石の場所を頭に叩き込んでから、川から上がって釣りの身支度を整え、竿を構えオトリを入れます。そうすると、鮎が掛かるんですねぇ。でもその辺りは、今まで散々オトリを泳がしても掛からなかった場所です。うーん、確かに今は鮎が確実にいると分かっているから、釣りに集中出来た感じはあります。水中の鮎を見ないで釣っている時は、色々な迷いや邪念に駆られて、釣りが疎かになっていたのでしょうか?

とにかく、そういう風に石に付いている鮎を見つけては、川から上がってオトリを入れる行為を繰り返して四つ、鮎を掛ける事が出来ました。土用で鮎の追いが渋い状態の川にも、鮎は沢山いたのです。今回、実際に潜ってみて、非常に勉強になりました。以下は、その時に撮影した石付きの鮎の動画です。よろしかったら、ダウンロードしてみて下さい。

石付き鮎の動画

所で来たる8月10日(日)、松下が漁協の釣り大会の為、川止めになります。時間は当日午前0時から、大会終了(約13時)まで。一般の釣り人は、松下で釣りをする事が出来ませんので、何とぞ、ご了承下さい。

鮎は沢山います。by Tsumori(2008-07-29 18:42)
釣果は、橋本さん17本。東條さん19本。

相変わらず、土用の川です。「日中、鮎の追いが悪い」と、御嘆きの方も多いと思いますが、鮎は非常に沢山います。私(津守)が潜って確認しました。実際、石に付いている鮎を水中で確認し、オトリを入れて掛けたりもしました。

動画は帰ったらアップします。

土用の川は難しい(2008-07-28 18:09)
久しぶりに釣り来た八王子の岡本さん23本。土井さん22本。望月さん18本。

今日はいつも釣る常連さんも苦戦したね。やっぱり土用の川は難しいや。ただアカは腐ってない。とすれば、本当の土用川は、もっと厳しいのかも知れないなぁ。

人が多かった(2008-07-27 19:10)
今日は午前中、日が出ていたんだけど、2時くらいから曇ってきた。でもずっと遠くでゴロゴロする雷の音が聞こえていた割には、天気が持って結局、雨降らず。

釣果は、平野さんが分流で28本。高村さんがガンガンのみで26本。野中さんは、本線と渡り場辺りを行ったり来たりしながら16本。昨日、午前中に竿を出した杉山さんは今日、午後1時くらいから釣り始め、人が歩く様な浅場を丹念に狙って18本。今日はねぇ、結構人が多くて、余りポイントを移動出来るような状態でなかったんだよ。で、その結果、限られた場所で釣った人が多かったと思います。

ただ、この様に書くと色々なポイントで満遍なく掛かっている事が、改めて分かるなぁ。場所による型の違いも特にないね。何処でも22cm・23cmクラスが掛かるから、決して気を抜かずに釣りをして下さい。仕掛けも細仕掛けは、禁物です。

ジリジリと暑い(2008-07-26 19:52)
今日も暑かったねぇ。太陽がジリジリと照りつけて、水を持って川に入らないと大変な事になりそうな暑さだった。釣果は、杉山さん20本。若菜さん16本。前池さんと高村さんが19本ずつ。そして荻上さん18本。

やっぱり朝と夕が良い。朝は9時前、夕方は4時以降だね。日中は、誰も釣らない様な浅い所。人が歩く様な場所とかね。後は深場や流芯でも、ポツリポツリ来ます。流芯は文句なく、オトリの背ビレが出る様な浅い所でも20cm以上の型が出るから、油断と細仕掛けは禁物だよ。

水は-17cmくらいの渇水。まぁ、数を釣りたいなら、朝夕頑張って、日中は浅場を中心に釣る感じかなぁ。暑いけど、頑張って下さい。

状況、変わらず(2008-07-25 19:15)
釣果は、前池さん21本。池谷さんと西田さんが、それぞれ15本づつ。状況は、今日も昨日と殆ど変わらない。水は-15cmで渇水。水温も相変わらず高く、土用隠れ状態です。

うーん、追いは朝夕がメインで、日中は浅場を中心に釣って下さい。時合いなどの関係もあるけど、ガンガンや瀬・新堤を上手く釣れば、23cmクラスを頭に10本から20本。浅いチャラで、オトリを積極的に泳がせる事が出来れば10本から15本。従来のポイントを中心に釣れば10本前後。大体、釣り方やポイントで、このくらいを目安に考えれば良いと思うよ。

釣るつもりなら、オトリ缶が必須だ(2008-07-24 19:32)
今日はお客さんも少なく、釣果レポートは潮田さんの20本のみです。潮田さん曰く「朝、9時までの日が強くない時間は掛かったが、9時以降、日差しが強くなると追いが途端に渋くなった。その後、4時を回って日が衰えるとオトリを野鮎が追うようになり、何とか20本に辿り着きました」と言う事。

この様に、川は完全に土用暮れの状態だね。この時期は薄日、曇り、小雨が良いんだけど、ここしばらくは望めそうもないので、土用隠れの日中は、浅めで白泡が立つような小さい瀬を狙って欲しい。釣れるんだという信念を持って、丹念に釣り歩いて下さい。

それから水温が25度を超えているので、そこそこ釣るつもりなら、オトリ缶は必須です。魚も大きいので、引き船だけでは辛い状態と思う。水は-15cm。明日辺り、一雨来ると良いねぇ。

日中は浅い所が良い(2008-07-23 18:44)
昨日は、御殿場は東田中の小野さんが18本。今日は池谷さん15本。米山さん22本。東条さん16本。虫鹿さん17本。そして長野は小諸市の吉田さんが23本。

梅雨が明けて、ジリジリと容赦ない日差しが降り注ぎ、水は-15cmの渇水。このような条件で、川は早くも土用隠れの様相を呈してきました。なので朝夕の追いはまずまずだけど、日中の釣りが相当、難しくなっている。日中は瀬脇や浅場、鮎の背ビレが出る様なチャラを狙うと掛かります。まぁ、なかなか浅場で掛かりそうな気がしないのは分かる。けど日中の釣りは、浅場がベストだと思います。頑張って下さい。

土用っぽくなって、釣れる人と釣れない人の差が大きくなった。昨日は私がまだこの情報を持っていなくて、瀬を勧めてしまったモノだから、お客さんの釣果が伸び悩んでしまった。なので、吉田さんのみの掲載となってしまった訳。他の方、誠にすみませんです。

まぁまぁな一日(2008-07-21 19:13)
今日はジリジリと太陽が照りつけるでもなく若干、曇りがちな天気。風も穏やかで、まぁまぁな一日だったと思う。釣果は鈴木さん16本。町田の田中さん20本。杉山さん24本。これから、ここに掲載する本数を15本くらいからにしようと思っています。なので、本日はこんな感じ。他には3本から12本くらいの人が、4・5人いたかな。

人や場所によって午前が良いという人や、午後や良いという人など、様々だ。でも上記の人達は午前も午後も、そこそこ掛けていたと思います。そして浅いチャラは、小振り。瀬の強い所の魚は大きいよ。今日も多くのお客さんが型の良い魚を掛けて、満足しておられました。今年は鮎が大きいから、仮に掛けた本数が余り多くなくても楽しいよね。

今日は暑かったねぇ(2008-07-20 20:04)
今日は、とてつもなく暑かったねぇ。丘にいた人なんか、もうぐったり。川の水温も上がって、殆ど冷たく感じなかったという話だよ。さて釣果は、上田さん16本。米山さん17本。望月さん20本。井口さん26本。萩原たけしさんと、平野さんが19本。沖田さん18本。

水は完全に渇水気味。そのせいか、今日は瀬の強い所が良かったかな。水が少ないので、丁寧に釣る事が大切。梅雨が明けて、急に水温も上がってきたので、出来ればオトリ缶を併用した方が良いな。オトリもバテ気味だからね。

人が多すぎ(2008-07-19 20:11)
今日は明日のジャパンカップの下見の人が大量にやってきて、余り釣りをするでもなく、色々なポイントをチェック。そのせいで、普通の釣り人が動けず、ちょっと釣果が伸び悩んだ。上田さん20本。宇都宮の鈴木さんが28本。良く釣った人は、この二人ぐらい。

水は渇水傾向で澄んでいます。渇水に入ったせいか、トロでポチポチと鮎が掛かりだしたよ。今年は早々に梅雨が明けたね。今年の鮎はかなり大きいので、これからどのくらいまで成長するか、楽しみだ。

三連休もいけそうです(2008-07-18 17:17)
釣果は浦和の佐藤さん20本。きよし丸の小田さん15本。千葉の村田さんは、23cm程を頭に14本。村田さんは型が良いので、大喜びでした。所沢の小川さんは11本。こんな感じで余り松下に慣れていないお客さんも結構、釣ってるよ。なので、条件的には良いと思います。

今日は朝の内、雨が降りそうだったけど、何とか持ちました。夕方の3時くらいからは日も差し出し、ガンガンと日差しの強い晴天ではなくて、釣り日和だったと思います。ここ数日、なかなか良い釣果が続いているし、特に条件も変わっていない。なので明日からの三連休も十分、期待できると思います。是非、遊びに来て下さい。

静かに泳がせると良い(2008-07-17 19:22)
終日、晴天でとても暑い一日だった。釣果は森田さん31本。沢田さん38本。米山さん12本。三嶋さんは4時間で22本。狩野川の組合員さん20本。津守氏は、ガンガンに固執して大失敗の7本でした。

水は渇水気味。津守氏の釣果を見るまでもなく本線より、分流がよかった。まぁ、吊る人は釣るね。自分の上を、静かに泳がせた人の釣果がよかった。

結構、釣れた(2008-07-16 19:00)
夕方まで、曇天。昼からちょっと風が、吹き始めた。釣果は若葉さん13本。奧山さん11本。津守氏14本。高村さん38本。虫鹿さんと元井さんは、11本づつ。

津守氏は二年ぶりにしては、まぁまぁ釣れたね。他のお客さんも、良型が多く、釣れた方だと思います。

釣れた方でしょう(2008-07-15 18:54)
今日は夕方、ちょっと風が吹いたけど、特に問題なし。釣り日和の一日でした。釣果は、箱根の佐野さん20本。栃木ナンバーのお客さんが12本。このお客さんは型の良い魚を釣って、とても満足しておられたようです。西田さん12本。この前大釣りした上木さんは23本。その上木さんのお師匠さんも、流石の27本。この方、確かに上木さんを指導されているだけあるね。上手いです。ちなみに、このお師匠さんは乗合船の船長さんだって。

水は澄み。高さは平水から、ちょっと渇水傾向かな。まぁ、釣り易くなったよ。ポイントは総じて、本線より分流の方が型・数、共に良い感じ。本線の方が、型が小さいな。一部、鉄筋棒近辺の型は、なかなか良いかも。

今日も20本台が二人もいて結構、釣れた方でしょう。この調子で、明日も釣れると思いますよ。

浅場で数釣り(2008-07-14 19:38)
昨日の日曜日は、とても混みました。なので満足にポイントを移動する事もできず、釣果は伸び悩み気味。杉山さんが24本。その他の人は、苦戦でした。

今日は一日中曇り。3時頃から雷がゴロゴロ鳴り始めて、一気に雨が降り出した。この時点で釣り人は殆ど、川から上がったんだけど、雨は1時間も続かず、その後はすっかり晴天に。みんな、もっと釣りをしていれば良かったと悔しがっていました。釣果は、土井さん25本。望月さん30本。川崎は多摩の橋口さんは、22cmの良型鮎を取り込んで大満足。本数より、この良型鮎に大感動して帰って行かれた橋口さんでした。

深場の方が型は良いけど、浅場は数が出る。今日は人が少ない事もあって、まぁまぁの釣果だったと思います。

みんな釣れてると思う(2008-07-12 19:11)
釣果は手嶋さんが、午前中のみで24本。米山さん22本。上田さん17本。平野さんは24cmを頭に25本。桜井さん16本。平山さん12本。上原さんと田中さんは、それぞれ13本ずつ。今日は大体、誰でも釣れたと思うよ。


田中さんはねぇ、015のナイロンで4回、親子ドンブリだそうで…、ご愁傷様。本当なら21本だったのかな。うーん、23cmや24cmがかなりの確率で掛かる松下で、015は余りにも無謀だったね。015なんて、競技用だよ。掛かり鮎と天然オトリを同時に失うんだよ。本当にもったいないと思わない? そうさなぁ、今の松下でナイロンを使うなら04かな。03でも、かなり危ないと思うよ。


水は+10cmくらいかなぁ。澄んでいます。本線より、分流が良いようです。今日は殆どの人が二桁釣っていると思うので、釣れている方だと思いますよ。明日も天気は良い様なので、釣り日和。お待ちしています。

丁寧に釣る事!(2008-07-11 18:11)
昨日は世田谷の福田さん16本。沼津の鈴木さんと佐竹さんが、10本ずつ。今日は虫鹿さんと牧田さんが、それぞれ16本ずつ。桜井さん24本。小野さん13本。米山さん18本。秦野市の鳥栖さん19本。虫鹿さん・桜井さん・牧田さん・鳥栖さんの釣果には、22cmが混じりました。

今日は風もなく、曇り。とりあえず釣り日和だな。水もちょっと高めの平水で、ぐっと釣り易くなったよ。これだけ人数が多いと、狙い目のポイントは特にないなぁ。チャラでも瀬でも一日中、ポチポチと釣れ続けている感じ。ただ20cm以上の良型は、本線の深場や流芯に出易いようです。そうそう、丁寧に釣らないとダメだよ。あくまで基本に忠実に…だ。詳しい話は、お店で私に聞いて下さい。

明日も特に条件に変化がないと思うので、釣れるでしょう。天気も悪くないようなので是非、釣りに来て下さいね。

良くなってきていると思うよ(2008-07-09 19:06)
今日は昨日と殆ど同じ。雨は降らず、薄日が出たり、出なかったり…。釣果は東條さんが12本。虫鹿さん、21本。高嶋さんは、昼までで12本。高嶋さんは、この釣果に不満げでした。

水は澄で、高さも変わらずの10cm程度。余り条件に変化がありません。ただ虫鹿さんの連日の釣果をみても分かる通り、川の調子は上向きで、良くなってきていると思います。天気さえ持てば、明日は水も減るし、もっと釣り易く、追いが立ってくるだろうね。ポイントは流芯。流芯の魚は大きいよ。これは誰もが認める所。

さて、明日も天気が持つと良いなぁ。とりあえず天気予報では、曇りみたいだけどね。

今日は釣れた方だな(2008-07-08 18:26)
朝の内、パラパラっと雨が降ったけど、その後はカッパも要らない感じの空。昼過ぎから薄日も差して、鮎釣りには最適の午後になりました。釣果は、小倉さん10本。佐野さん15本。米山さん16本。望月さん22本。そして昨日から釣行している上木さんは、21cmを頭に36本。上木さんは去年から知っているけど、鮎釣り二年目の若手なんだよ。なのに昨日と合わせると、合計63匹の大豊漁。この釣果は、尋常じゃありません。私はビックリしてしまったよ。

上木さんも当然、大喜び。埼玉で待っている天然鮎が大好きなお婆さんを訪ねてから、板橋に帰るそうです。お婆さんの誕生日に、鮎を持って帰る事が出来て、本当に良かったけど何故、彼がこんなに鮎を釣る事が出来たのか。彼は私の指示通り、基本に忠実に釣ったんだよね。当然、本人のセンスや努力もあるけれど、やっぱり鮎釣りは基本に忠実に釣って欲しい。詳しい話は書き切れないので省略するけど、釣果が芳しくない人は、私のアドバイスをもっと真剣に聞いて欲しいなぁ(笑)。

水は+10cmで当然、澄んでいます。東京の方は、凄い雨だったらしいねぇ。こっちは特に問題ありませんでした。うーん、上木さんを見ていると、何処でも釣れる感じだねぇ。今日は特に、追った方だったのかな。この分じゃ、明日も期待できると思いますよ。

天気は持ちました(2008-07-07 19:13)
今日は午前中、パラパラッと雨が降った。とは言っても、カッパは必要ないくらいの雨。その後、曇りになって、今までは何とか天気が持ちました。釣果は、虫鹿さんが11本。鈴木さん、米山さん、望月さんがそれぞれ10本づつ。板橋区の上木さんは鮎釣り二年目ながら、堂々の27本。なんでもお婆さんが大の鮎好きで、そのお婆さんに鮎を持って帰るのが目的で、狩野川にいらしたという話。それで27本も釣っちゃって、もう大喜び。でも「今日帰らないと、(お婆さんに)新鮮な鮎が届けられない」と、酷く悩んでおられました。今日は、泊まりの予定なんだって。うーん、悩ましいですねぇ。まっ、明日もツ抜けすれば問題なしですよ。

今日は昨日、余りに人が入ってしまって、ちょっと場荒れ気味の松下でした。でもポイントが多いんで、目先を変えて釣れば特に問題なし。ポイントは変わらずに、流芯狙い。深場の流芯が狙いだよ。

水は+10cmで澄です。電話での問い合わせもあったけど、とにかく現在の所、雨の影響は特にありません。それから今日は23.5cmの良型も出て、全体的に型が良くなってきた。ナイロンの02や025は、危険すぎで使わない方が良いです。ナイロンなら、最低でも03から。でないと良型が来た時、事故が起きて、大切なオトリと掛かり鮎を失う事になりますよ。くれぐれも、気をつけて下さい。

人が大過ぎだけど、分流が良い(2008-07-06 17:53)
今日は高村さんが、23cmを頭に23本。杉山さんは、3時より3時間程釣って16本。なかなか良好です。ただ今日は釣り人が大過ぎた。夕方の6時前になってから川に入る人はいるし、まだ帰ってこないお客さんもいる。

水は12〜13cmで澄です。今日は分流が良かったね。ヤナギ前の流芯で、良い魚が掛かったよ。あっ、それで今の狙い目は流芯ね。ヤナギ前から大石まで、分流の流芯が好調です。20cmクラスの引きは、やっぱり楽しいや。

明日はもっと期待できそう(2008-07-05 17:27)
今日は午前中、余り日も出ず、今まで通り。でも午後2時頃から太陽がガンガンと出て、水温も急上昇。正に夏という感じの昼下がりになりました。釣果は、平野さん22本。虫鹿さん18本。若菜さん16本。宇野さん13本。最近の土曜日は、日曜日より人が多いんだけど、この他にも10本台の人が多くて、総じて釣れた方だと思います。

ポイントは流芯。何処のポイントでも、流れの芯が良いようです。水温も上がって流芯狙いは、正に夏の釣り。これで梅雨が明けてくれたら、良いんだけどねぇ。と言う訳で、明日は更に水温が上がると思うので、今日よりも期待できるんじゃないかと思っております。是非、遊びに来て下さい。

そうそう、小学二年生の笹野少年が、生まれて初めて鮎を掛けました(写真)。おめでとうございまぁ〜す。

明日は何の問題もないと思うよ(2008-07-04 17:54)
今朝、朝の6時頃から8時くらいまで、強い雨。一時はバケツを一繰り返した様な勢いだったけど、ほんの一瞬の豪雨だったね。その時点で、水は+50cmくらい。今は+30cmで、笹濁りです。それでも朝、川はまだ澄んでいて、濁りが入るまでの間、二人程、川に入った。けど直ぐに濁りが入って、帰って来てしまった。

今回の雨は一瞬だったし、里の雨だった。山は降らなかったみたいだよ。と言う訳で、明日は問題なく釣りが出来るでしょう。シマノのジャパンカップも通常通り、開催される予定になっています。ちなみに本流は余り濁っていません。大見川が濁っているんだよね。

中州を境に違いが出ています(2008-07-03 18:57)
今日は風もなく、日が差したり曇ったり。鮎釣りには丁度良い、天気だったよ。で今、霧雨みたいな雨が降っているけど、特に問題なしだ。水は澄で+20cm。釣果は、米山さん16本。昨日から引き続き釣行している虫鹿さんは、半日で7本。

分流の水が減りつつあるので、砂が舞っているんだよねぇ。なので分流より、本線の方が相対的に川(石)が黒く見え、アカが付いている感じ。水位が変わらなければ良いんだけど、今まで水で隠れている石の頭が出たりすると、水の流れが変わって、砂が急に飛び出すんだよね。これはホント、微妙な水加減なんだ。例えば石の上に足を置いただけでも、水が回って石上の砂が舞ったりするでしょ。丁度、そんな感じ。50cmくらいの大石になると、砂の影響も受けにくくなり、黒く見える。でも分流の小さい石は、砂のせいでアカの付きがイマイチだな。

「出水の後の外カーブ理論」もあって、とにかく本線の方が総じて、調子が良いようです。実際に川に入って、中州の両側を見れば、よく分かります。言葉で説明するのは、とても難しいんだけど虫鹿さんにも、実際に河原で説明したらよく分かって貰えた。あっ、そうそう。この砂の影響で鮎の良く掛かる時間帯と、そうでない時間があるみたい。うーん、鮎釣りは難しいねぇ。

気持ちよく晴れました(2008-07-02 19:15)
今日は、梅雨の中休み。気持ちよく晴れました。絶好の釣り日和だ。水は+25cmで、澄んでいます。

釣果は三島の虫鹿さんと佐藤さんが、それぞれ13本。晴天になったは良いけれど、実は余りにいきなり晴れすぎたので、ちょっと追い渋った感がある。もう少し、段階を追って晴れてくれたら、良かったんだけどね。でもまぁ、梅雨の晴れ間は貴重だから、よしとしましょう。で、川を見ると分流のアカが薄いかな。なので本線の方が、追いが良かった様です。

明日は釣り易くて良いかも(2008-07-01 17:38)
午前中はまだ、潤みが残っていたけど今は大体、澄みました。水の高さは+30cmほど。釣果は佐藤さん12本。西田さん8本。私が1時半から4時頃まで竿を出して15本。

さて、今日から7月に入りました。7月の声を聞く様になると、ちょっと潤みや濁りがあっても、鮎が掛かる様になってくる。今日は正に、そんな感じ。型は
12cm〜20cm。水のせいで、ちょっと色々なサイズが混じりやすくなったかな。でも20cmの鮎は立派です。惚れ惚れするね。川は余り、傷んでおりませんが、分流はまだアカが薄い。なので本流の鉄筋棒辺りが良いかな。

明日は水も引いて、もっと釣り易くなるよ。天気もまぁまぁらしいので、釣り日和だと思います。

明日は釣り可能だけど…(2008-06-30 17:24)
昨日は朝方、満更でもない天気だったけど、10時頃からやっぱり雨が降り出した。それで2時半頃から川が濁り始めて、釣り不可能な状態に…。それでも2時半までに、17本から18本釣ったお客さんがいたよ。そして、その後、雨脚が強くなって、夕方はバケツをひっくり返した様な状態。南伊豆の方では床上浸水とか、被害が出たらしいね。こっちはそれ程の雨ではなかったけど、一番水が出た時は70cm〜80cmくらいかな。

現在は+50cm。笹濁り状態。朝からずっとこんな状態で、あんまり水が引きません。明日は濁りも、潤んだ状態にまで回復すると思う。もちろん釣りも可能です。でもまぁ、あんまり無理して釣行する状態ではないな…、残念ながら。明後日は問題ないと思いますので、また報告します。

今日はなかなか良かったよ(2008-06-28 18:56)
水は澄んでいて、平水より少し上という感じ。さっき、パラッと来たけど、今はもう降ってない。天気は一日、持ちました。しかし半袖を来て風が出ると、ちょっと寒かったかな。風がないと、気持ちいい様な陽気だったよ。

釣果は、平野さん13本。浜田さんと落合さんのお弟子さんが、それぞれ14本。前池さん15本。西岡さん11本。そして浜松から来て頂いた高林さんは27本。高林さんには遙々、来て頂いたので、楽しんで貰えたと思う。良かったよ。本人にも、気合いが入っていたからね。やっぱり釣りは気迫かも(笑)。

釣れる所は、石がゴロゴロしている様な部分で、水が落ち込む上段部分。今日は広々として釣り易い所より、ちょっと込み入っている様なポイントが良かったな。そして例によって深場の魚は大きく、チャラの魚は細かい感じ。

さて、アカは丁度良い感じ。気温・水温が余り高くないので、良質のアカがゆっくり広がっている。これが真夏だと一気にアカが付いて、腐り気味になるんだけど、良い感じでアカの状態がキープされているんだ。これで天気が続けば、絶好の釣り日和なんだけど、明日はやっぱり雨かなぁ。もしこれで明日、雨が降らなかったり、降っても少量ならかなり期待できる様に思う。まぁ、こればっかりは、なかなか上手く行かないわな。

良い型が混じる(2008-06-27 19:05)
今日は二回程、パラッと水滴を感じたけど、総じて曇り。何とか、天気が持ちました。釣果は、有山さん14本。佐藤さん13本。前池さん27本。私が午後から入って18本。

今日はねぇ、誰の釣果にも2本から3本は20cmクラスが混じったよ。出水でちょっとサイズダウンしていたけど、なかなか良い型だった。水がゆっくり下がって、余り荒らしていないのが良い様だね。これから更に水が落ちれば、非常に期待できる。ちなみに現在の水位は+10cmです。

釣れる所は流芯。本線でも分流でも、白泡が立つ様な所が良い。そういうポイントは魚の型が良いね。一方、浅場などのチャラチャラは、魚が細かくなるようです。明日までは天気が良い様なので、釣り日和になりそうだよ。

お客さん…一人だけ(2008-06-26 17:39)
まず、昨日の釣果から。西田さんと佐藤さん、三浦さんが、それぞれ10本。池谷さんは8本。今日は朝、小雨。でも、その後、雲りになった。ただ一日、ずっと寒かったねー。水は+25cmで、澄んでいます。

で、今日のお客さんは、前池さん一人でした。前池さんは、川の中にたった一人で、淋しかったそうだよ。「一人だと、非常に釣り難い」とも言っていました。釣果は、前池さんが13本。2時より入った私が、9本。魚の型は良くなったかな、15cm〜20cmくらいです。さて、明日は天気が持つかなぁ。

明日は釣り可能です(2008-06-24 16:14)
思ったより早く、川が回復に向かっている。現在、60cmくらいの深さでは、底が見える。殆ど澄んでいると言っていい状態だね。あえて言えば多少、潤んでいる感じかな。水の高さは+30cm〜+35cmです。

釣果は、平野さんが16本。池谷のおじいちゃんが6本。私が3時間くらいやって6本でした。重りをかまして深場にオトリを沈めると、十分なオトリサイズが掛かるよ。出水の影響で浅い所では、ちょっと魚が小さいみたい。

ゆっくり水が出て、ゆっくり水が落ちているので、川は荒れていない。アカもそのまま、残っているようです。よって明日は十分、釣りが可能。明日は水ももっと落ちているから、かなり釣り易くなっていると思うよ。しばらく大雨の予報がない様なので、是非、釣りに来て下さい。

鮎釣り教室のご報告(2008-06-23 14:21)
昨日、鮎釣り教室に参加された皆様、お疲れ様でした。昨日は朝9時の時点で、既に水が+30cm以上。笹濁り状態でした。そして釣り教室が終わる午後3時頃には、+80cmまで水が上昇。そんな中、釣り教室では高松インストラクターが25,6本。三嶋・市川さんも、20本前後の鮎を掛けました。まぁ、今回は教えながらの釣りなので、正確に鮎を数えた訳ではないけど、あんな増水の中でも、これだけ釣れると言う事だ。流石の釣果という感じ。

実はかなりの増水時でも、鮎が避難してくる様なポイントが松下にはあってね。要するに、増水時の秘密ポイントだな(笑)。そこで鮎を上手く泳がせて掛ける事が出来れば、平水時の釣りにも非常に勉強になるんだよ。そんな場所を巧みに使いながら鮎を掛けたインストラクターさん達は、凄いと思う。一方、ハナからの雨と増水に戦意を喪失してしまった参加者さんもいて、ちょっと残念に思った次第。雨の中、真剣に竿を操作するインストラクター達の釣りを見たら、かなり勉強になったと思うんだけどねぇ。まっ、鮎釣りの上手い下手は、「鮎を絶対に掛けるんだ」という信念の違いなのかも知れないね(笑)。とにかく諦めず鮎を追う事が大切だと、つくづく思ったよ。

さて、現在の水は+40cm。かなりの雨が降ったので、なかなか落ちません。ちなみに今、空には日が差しているのに、雨も降っているという不思議な天気。水は濃いめの笹濁りです。うーん、流石にこれだけ雨が降っちゃうと、明日の釣りは無理かも知れないねぇ。誠に残念です。また鮎が掛かり始めたら、レポートします。

何とか持ったけど、寒かった(2008-06-20 18:42)
今日は二人しか、お客さんが来ませんでした。うーん、寂しい限りだ。そこそこ釣れているんだけどねぇ。まだ雨がちだし、仕方ないか。で、釣果は群馬の今井さんが14本。もう一人、お名前を聞けなかったお客さんは10本。

朝、パラッと雨が降ったけど、その後は何とか天気が持ちました。でも寒いね。カッパを着て、丁度良いくらいの気温。そのせいか、魚の型がダウンしちゃった。大体、15cm〜16cmくらい。水は2cmアップしたけど、まだ渇水気味です。

明後日は、ここで朝8時から釣り教室があります。参加費無料(日釣券、オトリ別)なのでお誘い合わせの上、ご参加下さい。出来れば事前に電話を下さいね。参加手続きがスムースになります。

まぁまぁという感じです(2008-06-19 17:58)
今日は曇りながらも、何とか天気が持ちました。釣果は、船橋さん12本。前池さん10本。高村さんは20.5cmを頭に19本(写真)。湯河原から初めてみえた森田さんは、場所を色々と聞きながら頑張って20本。初めての狩野川で20本と言う事で、喜んでおられました。私も、立派な釣果だと思うよ。

今日はまぁまぁ、良かったかな。浅いチャラみたいな所の方が、数は出るけど魚のサイズは小さめ。本線の深い場所なんかは、数は出ないけど良型です。水は渇水状態に入ったよ。

さて、明日も何とか天気が持つと良いなぁ。

水が減って釣り易くなっています。(2008-06-17 20:22)
今日は町田の田中さん15本。長野県から初めてみえた吉田さんは、21.5cmを頭に堂々の27本。この時期、この本数を掛けるのは、見事です。オマケに吉田さんは、細かい魚を7〜8本放流したと言う話だからね。

今年の鮎は、なかなか面白い習性がある様で、鼻を余り引いても釣れない。かといって、待ってばかりでも釣れない。オトリを積極的にコントロールしつつ、タイミングを見計らってオトリを留めて待つ。こういう釣りが良いみたいなんだ。で、吉田さんはオトリをかなり強引に動かしながら終始、分流の石を釣っていたね。そして「長野の川より狩野川は、ハミ跡が圧倒的に多い」とも話していて、彼は石やアカのある所を見分ける力があるんだと思った。今日は河原の草刈りをしながら、吉田さんの釣りをずっと見ちゃったんだよ(笑)。それで、そんな感想を持った訳。とにかく吉田さん、大漁おめでとうごいました。

今は分流が良いみたいだよ。サイズも大きいし、水が渇水傾向で、かなり釣り易くなっています。明日も晴れるという予報。なのでジャンジャン、釣りに来て下さい。

お客さんは二人だけだった(2008-06-16 18:50)
今日は風もなく、暖かかった。絶好の釣り日和だったなぁ。なのに、みえたお客さんは二人だけ。広い松下がもったいないよ(笑)。で、釣果は米山さんが15本。望月さん29本。お客さんが少なかったので、余りデータが集まりませんでした。でもまぁ、良型は19cm程度で、殆どがオトリサイズ。良い感じです。

水は平水。明日も晴れるそうですよ。

水が減って、良くなった(2008-06-15 20:13)
釣果は沖田さんの22本(写真)。群馬の今井さん11本。赤坂さん13本。望月さん22本。杉山さんは、午後2時より入って9本。今年は天然遡上が抜群に多いんだよ。その証拠にガンガンが好調。望月さんの22本は、ガンガンでの釣果です。

水は、やっと平水になった。水も減ったし、天気も良かったしで、ナメが多数発生。そこそこ鮎も追う様になりました。これから渇水になっていくと、更に鮎が活発になるんだけどねぇ。ただ、まだ梅雨が明けた訳じゃないからね。でもしばらく雨はお休みの様子。だから、今が狙い目かも知れません。

まだちょい寒?(2008-06-14 17:52)
今日の釣果は、平野さん13本。若菜さん15本。宇野さん10本。岡林さんは、午後1時までで31本。岡林さんは、大石の上下で頑張りました。正に若鮎という感じの、良い魚だね。

今日は晴天で、釣り日和になりました。でもまだ、水温がちょっと低いかな。午前中はポカポカして、暖かかったんだけど、午後から風が吹き出して、肌寒い感じになった。それで午前中は良かったんだけど、午後2時頃からパッタリと掛からなくなったなぁ。良型は21.3cmで、その他は悪くても、殆どはオトリに使えるサイズ。ちぴ鮎は10匹に一匹くらいかな。とにかく気温が上がってくれれば、かなり期待できる。ここしばらく天気が続く様なので、狙い目だと思います。

初夏らしい天気(2008-06-13 18:45)
今日は気持ちよく晴れました。ただ今までずっと雨が多かったから、水が余り温まってこない。特に朝はかなり水が冷たくて、釣れ始めが10時頃からとなりました。

鈴木さんと米山さんが、15本ずつ。米山さんは渡場付近の釣果です。小野さんは、あちこち釣り歩いて7本。佐藤さんは昼より釣って6本。今日はねぇ、珍しくトロで良く掛かったそうです。型は小さくても、14cm以上はあるね。良型は20cmオーバーだ。オトリに使えないサイズは、ほぼ掛からなくなったと思います。ただ水が出たので、出水前より少しサイズダウンしたかな。

現在の水は+7cmくらい。ハミ跡は、かなり多量に見えますよ。しばらく梅雨の中休みが続くそうです。この機に是非、遊びに来て下さい。

やはりお天道様頼み!(2008-06-12 18:50)
今日は、朝から昼頃まで霧雨。そして午後になって雨が上がり、夕方4時から日が差してきた。水は殆ど変わらずの+15cm。それでも5cmくらいは、上がったのかなぁ。当然、澄んでいます。

釣果は前池さん8本。潮田さん12本。潮田さんのお友達が6本。今日は非常に寒くて、潮田さんなんか、セーターを取りに上がってきた程。その為、午前中は、殆ど追いが立たず。でも日が出た4時から、ポツポツと掛かり始めたそうです。やっぱり鮎釣りは、お日様が大切だよね。

雨も余り降らず、水も変わらず。で、明日は晴れだそうだから、釣り日和になって欲しいなぁ。

なかなかの釣り日和(2008-06-10 19:59)
今日は気持ちよく晴れ、水も+10cmにまで落ちた。なかなかの釣り日和になったね。釣果は小出さんと米山さんが11本。西田さん10本。岡部さん5本。一戸さんは3時より川に入って6本。暖かく晴れて、梅雨の中休み的な一日だったけど、追いはまぁまぁという感じだったかなぁ。小さい鮎が減って大体、18cm〜19cmくらいの大きな鮎が増えてきたよ。

この調子なら、今年は良い釣りが出来そうだよ。川に入った人は誰しも、「今年は魚がよく見えて多いし、川相が良い」と言ってくれる。今日、ネットを見て初めて来てくれたお客さんも、「良い川ですねぇ。また来ます」と満足してくれたみたい。

とりあえず、あと数日は大きな雨の予報もないので是非、遊びに来て下さい。

型が良くなってきた(2008-06-09 18:37)
水は+12cmくらい。大分、落ち着いてきましたが、午前中小雨。しかし午後からまずまずの天気になった。釣果は望月さん24本。土井さん21本。望月さんは「前回来た時より、かなり型が揃ってきたなぁ」と言っていました。今日は18cm〜19cmも多く混じり、21cmを釣った人もいましたよ。

ポイントは、石裏の流れがよれた様な所。とりあえず明日も天気は良さそうなので、期待できると思います。

魚が一段と大きくなった感じ(2008-06-08 19:23)
釣果は、野原さんが16本。杉山さん21本。水は+18cmまで、落ちました。今日の魚を見ていると、かなり良型が多くてビックリしたよ。22cmクラスが1本。18cm〜21cmの魚も、かなり混じってきた。

ただまだ完全には成育していないので、縄張り意識が弱いみたいだ。パッとナメが出たと思ったら、その後、ナメが消えちゃったりね。時合いというか、タイミングによっては、追いが止まってしまうんだ。ちなみに今日、釣れた場所は、50cm〜70cmくらいの比較的大きな石の周りで、流れがヨレている様な深場。で、何だが急に本線が釣れなくなってしまった。うーん、何故なんだろうねぇ。

とりあえず明日、明後日は天気もまぁまぁらしい。梅雨の中休みって事で是非、釣りに来て下さい。

大きな鮎が必ずいる(2008-06-07 18:17)
今日の釣果は、杉山さん28本。平野さん18本。伊藤さん11本。水の高さは+20cmで澄。昼から風が強くて、せっかくの晴天だったのに水温がイマイチ、上がり切らなかった。そのせいで、追いが立たなかった。

とにかく昼過ぎからの強風で、我慢の釣り。久しぶりの晴天・釣り日和だったのに肌寒いんだよね。それでそこそこ掛かった人はいるけれど、万人が微笑む事が出来ませんでした。ただナメは驚く程多く見る事は出来る上に、親指くらいのナメも珍しくない。これは必ず、20cm以上の鮎が多数居る証拠だ。現に本線で、21cmの鮎を掛けた人もいたんだよ。

この晴天が明日も続けば、かなり期待できるんだけどねぇ。明日はちょっと天気が崩れそう。まぁ、曇りで天気が持てば、まぁまぁ行けると思います。

明日は良さそうだよ(2008-06-06 19:33)
釣果は、佐藤さんが昼から入って3時までダメ。でも、その後19cmを頭に18本。前池さんは3時まで頑張れず、6本で早上がり。西田さんも21cmを頭に6本。米山さんやお名前を聞けなかったお客さんも、6本でした。

今日は久しぶりに晴れました。でも昼から強風が吹き荒れて、かなり釣り難い状態。で、「今まで曇っていて、パッと晴れた日は追いが悪い」と私が言っていたのを覚えている人もいると思う。今日が正に、これ。なので午前中、釣れ渋った訳だ。釣果報告の通り、午後の3時から追いが立ってきたようです。

魚の型が揃ってきたよ。うん、なかなか良い感じだ。明日は天気もまずまずらしいので、やっと釣りらしい釣りが出来るんじゃないかと思うよ。

余り水位が変わらない(2008-06-05 19:59)
朝から雨が降りそうで、降らない天気。水位も30cmオーバーで、昨日の夕方と、余り変わっていません。これは最近の雨が短時間の雨でなく、長雨だったから、水の落ちがかなり遅くなっているみたいだ。


釣果は、私が昼から入って11本。佐藤さんが半日で、18cmを頭に19本(写真)。前池さんが2時から9本。前池さんは、オトリにアマゴかサツキマスが掛かって、色々頑張ったけど結局、バラしちゃった。それで急遽、渓流の竿と仕掛けに持ち替え、本格的にサツキを夕方まで狙ったが掛からず。このサツキらしき魚は最近、結構、目撃されていたんだけど、前池さんは残念でした。

こんな感じで、川の状態と鮎の追いは悪くない。これで日が出て水が落ちれば、かなり期待できると思うんだよねぇ。あー、もっと天気が良くなればいいのになぁ。

まだ水が高いねぇ(2008-06-04 19:22)
うーん、今回の雨は長く降ったから、水が落ちるのに時間が掛かるね。現在、35cmで、澄んでいます。ただアカは結構、残っている様子。なので、このまま雨が降らなかったら、明日は十分に釣りが可能です。ただ今日は雨が降らなかったけど、明日は雨っぽいよね。明日、雨が降らない事を祈っちゃうよ!

明日は晴れるようだけど…(2008-06-03 18:23)
6/1日は杉山さん20本。高村さん16本。昨日の6/2は二・三人、川に入ったものの、雨で戦意喪失。2本から3本で早上がりでした。

今日は現在、55cm〜60cmも水が出ていて、濃い笹濁り状態だよ。明日は恐らく40cmまで落ちると思うけど、濁りも残っていそうだし、ちょっと釣りには不向きな状態だね。悲しいけれど「釣りに来てね」と言えないよ。ちょっと今年は、雨が多過ぎるかなぁ。

出水と寒さで、手も足も出ず(2008-05-31 17:04)
現在、+30cmで水温15度。水は多少、潤んでいる状態。こう水温が低くて、更に水が高いと手も足も出ないね。午前中は雨もあって、釣りに出る人はいませんでした。それでも午後になって雨が上がると、三・四人のお客さんが川に入った。

釣果は平野さんと、加賀見さんが5本ずつ。他のお客さんには釣果を聞けなかったけど、恐らく2本から3本くらいだろうねぇ。とにかく寒さと水の高さで、イマイチの釣りになってしまいました。

この感じなら、明日は20cm前半まで水が落ちると思う。そうなれば、釣りにも期待できるよ。明日は天気も良く、気温も上がるらしい。釣れると良いなぁ。

鮎は日々、大きくなってる(2008-05-30 19:20)
現在、水は18cmくらいで澄です。今日はねぇ、風が強くて、とっても寒かった。なので午前中は殆ど、釣りにならず。三・四人、川に入った人も昼過ぎから掛かり始めたね。大体、15本以上は釣ったんじゃないかな。

私も今シーズン、初めて竿を出してみましたが、やっぱり午前中は釣れなかったなぁ。でも午後の2時頃から、入掛かりスタート。結局、16本掛けました。魚は確実に日々大きくなっていて、今日もオトリに使えなかったのは一匹だけ。18cmが最高で、後もオトリサイズだったよ。

と言う事でここの所、ちょっと天候が不順だけど、鮎は確実に成長しています。

明日は釣り可能だと思うよ(2008-05-29 17:02)
あー、また雨が降っちゃったね。こっちは朝から雨が降り始めて、お昼頃がピーク。水は+40cmくらいになった。今は+25cmで、笹濁りの状態です。それで早朝はまだ釣りが出来て、潮田さんと佐竹さんが川に入った。それで潮田さんが6本、佐竹さんの釣果は不明。「もうダメだ」って雨の中、潮田さんが上がってきました。釣り初めて、わりと直ぐに濁りが入ったそうだ。

これ以上、雨が降らなければ、明日はとりあえず明日は+20cmくらいに落ちて、十分釣りが可能です。でも天気予報を見る限り、明日は微妙な天気だね。

明日はもっと釣り易くなるよ(2008-05-28 22:45)
昨日は、高木さんと平野さんが13本づつ。この日はまだ水が+20cmもあって、ちょっと難儀な釣りでした。今日は松下で勉強会があってね。シマノのインストラクターである三嶋氏が1時間40分で22本。同じくインストラクターの高松氏と島氏が1時間で20本。三人は勉強会の後、竿を出して、この釣果です。勉強会の為、一般のお客さんは少なかったけど、常連の前池さんも20.3cmを頭に21本。

今日は水も+15cmにまで落ちて大分、釣り易くなった。ただまだアカが薄くて、上手く残りアカを見つけて釣った人と、そうでない人の差が大きく出た感じ。例によって「出水の後の外カーブ理論」の為、本線の方が良い魚が釣れたと思う。前池さんは鉄筋棒付近、シマノのインストラクターさん達は分流の大石付近で釣っていて、前池さんの魚は大きく、他の三人は流石に数は多いものの、魚の型は小さかった。

明日は更に水が落ちて、もっと釣り易くなると思いますよ。ちょっと天気が心配だけどね。

相当m回復しました(2008-05-26 18:58)
今朝の段階で予想通り、水は+30cm。午後から25cmに落ちて澄みました。釣果は野口さんが18本。土井さん10本。田中さん13本。森鍵さん14本。明日も天気は良さそうだから、釣り日和だね。

で解禁日に、「がまかつ」の透き通った船を流したお客さんがいたと思います。船には「MINOMIY」と書かれています。その船が見つかりましたので、お店まで取りに来て下さい。またそのお客さんを知っているおりましたら、その旨、教えてあげて下さい。

現在+50cm(2008-05-25 18:05)
今日は雨が10時頃に上がって、お昼くらいが水量のピークだった。当時、大体+70cmくらい。その後、水が落ちて、今は+50cm。黒い感じの笹濁り状態です。と言う訳で、今日は釣り日和ではなかった。それでも狩野川公園に一人、松下に三人くらい入っていたけど、流石にこの状態では余り釣れていないと思いますよ。ちなにみウチのお客さんは、お店でとぐろを巻いていただけ(笑)。

明日は、+30cmくらいにまで回復するだろうね。濁りも潤んだ状態で、完全には澄みません。が、もちろん釣り可能です。しかし砂が舞っているので、追いの活性は余り高くないだろうなぁ。

今年は何処の川も水が多くて、鮎の成長がイマイチらしいね。もちろん大きいのは居るけど、全体的には小さめだってさ。狩野川の鮎も、もうちょっと待ってほしい感じではある。でも一方で今年は、天然遡上が格段に多い。太陽が照り込んでくれば、昨年とは違った豪快な釣りが期待できると思います。期待していて下さい。

誰もが去年より好調と感じているはず(2008-05-24 17:57)
今日の釣果は、杉山さん26本。上木さん15本。多田さん20本。萩原さん29本。山梨ナンバーのお客さんが26本。静岡ナンバーのお客さんが30本。

40分くらい前から、霧雨が降り出した。現在も水は、+20cmと変わりません。非力な若鮎に、この水量はちょっときつかったね。天気も悪かったし、全体的にパッとしない解禁になってしまった。上流へ行った人が戻って来て、やっぱり上でもアカが薄いそうだよ。まだ狩野川全体的が、アカの薄い傾向にあるみたい。もうちょっとアカが付かないと、追いが立って来ない感じだね。

しかし実際に川に入った殆どの人が、見る鮎の多さやナメの数などで、今年の狩野川に去年より良い感触を持ったはずだ。去年は全く振るわなかったガンガンも、そこそこ掛かっているのがナニヨリの証拠。ガンガンで掛かると言う事は、天然遡上が多いと言う事。川を見ていても、遡上鮎を多数見るし、今年の狩野川はナントか名誉挽回となってくれそうな気がするよ。期待して下さい。

解禁速報:雨の影響が出ちゃったな(2008-05-24 13:29)
現在、水は+20cm。先日降った雨の影響が、思ったより多く出てしまった。天城では250mmくらい降ったらしいからね。全体的にアカが薄い感じです。鮎もまだ若鮎で余り大きくない鮎に、この高水は辛いです。追いがイマイチなんだよね。現在までに一番釣った人が20本。田中さんが14〜15本。でも、この田中さんの釣果には20.6cm:80gという、この時期としては立派な鮎が混じっていました。

そんなこんなで、早上がりした人も少なくないんけど、夕方帰って来るお客さんもいるので、6時頃にもう一回、レポートしたいと思います。

明日は、お待ちしています(2008-05-23 18:06)
川は今、+20cmくらい。アカはちょっと薄めかな。でも特に問題ないよ。十分、明日の解禁は鮎釣りを楽しめると思います。

既に7人〜8人くらいのお客さんが、見えています。問題は天気なんだけど、ちょっと雨っぽい方向に向かっているようですねぇ。でも天候の崩れは、当初より遅れているみたいだ。悪くても、明日の午前中は持つんじゃないかな。


では明日、お待ちしておりますので是非、狩野川に遊びに来て下さい。

大石(メモリ石)が沈んだけれど…(2008-05-20 17:53)
関東はかなりの雨と風だった様だけど、こっちはそれ程でもなかったよ。朝起きたら既に雨も止んで、日も出ていたしね。でも天城山ではそこそこ降ったらしい。今回、最高でメモリ石の上まで水が来たよ。でも現在は+50cmで、笹濁り状態にまで回復しています。

解禁まで、後四日。もうちょっと澄まないとハッキリした事は言えないけど、アカは残っていると思う。水の出方が一瞬だったからね。長雨で出水の期間がないと、アカもかなり飛んじゃうけど、このくらい一瞬の出水ならアカは残り易いんだ。

また解禁前日に、レポートします。解禁までもう雨は降らないみたいだし、期待できると思います。是非、狩野川の解禁には遊びに来て下さいね。

またも増水の「試し釣り」になった(2008-05-14 16:52)
今日はまたもや雨で25cmくらいの水が出て、濁りも入った。入梅前の魚は濁りが入っちゃうと、追わないんだよね。とりあえず、試し釣りの結果を見て下さい。サイズはねぇ、上流の田沢橋付近で18.5cm:65g、下のセギ下で19.5cm:60gだ。濁りがあって水温も低い今日は、本当に追って掛かった訳じゃないから、追いが出れば、もっと良サイズの魚が掛かると思います。

上流の方が早く濁りが取れるから、本数が出易い。下に行くに従って濁りがきつくなるし、下流の釣り人はやる気がなくて、早めに上がっちゃった人もいたんだ。試し釣りが終わる頃になって、やっと下流でも濁りが取れてきて、時間一杯まで竿を出していた釣り人が入れ掛かりなんて事も…。晴天の日に試し釣りをしていれば、大きく違った結果になった思います。

とにかく今年の川はアカの状態も良好で、大きなサイズのナメが信じられないくらい多い。どんな解禁を迎えるか、私も非常に楽しみにしているくらい。十分、期待して貰って良いと思いますよ。


嵯峨沢橋付近 10・15・2

大沢橋付近 9・10・5

宮田橋付近 10・10・6

日向橋付近 5・10・-2

大見川・小川橋付近 4・1・5

大見川・年川合流点付近 4・3・2

修善寺橋付近 5・16・1

沖の原付近 4・0・2

狩野川大橋付近 7・3

神島橋付近 4・2・3

セギ下付近 2・3


川掃除するも水が出ちゃって…(2008-05-11 16:09)
今日、川掃除を行って川に入りました。でも水が出ちゃって濁り、川底などが殆ど見えない状態。なので本日、あんまり詳しい報告が出来なくなってしまいました。すいません。試し釣りが14日なので、今度はその時に報告するつもりです。

ただ、今までの状態としては、かなり良好です。一応まだ解禁まで時間があるし、軽々しい事が言えないので「かなり」と言っておくけど、ここ10年ぶりくらいの大きなナメが多数、認められていました。最初、ナメを確認したのは4/15日。それが22日には、真夏の様なナメになった。そして現在の川は真っ黒でナメが多く、まるで夏の川みたいなんだよね。こんな事は今までも、あんまり経験した事がない。うーん、この調子なら、今シーズンはきっと良い釣りが出来ると思うんだけどなぁ。さて、どうなりますか?

まっ、とにかく14日の試し釣りの日に、また報告しますね。

5/11日に更新予定です(2008-04-27 17:03)
先程、津田さんと話しました。今年は5/11日に川清掃があって、14日に試し釣りだそうです。津田さんも色々と皆さんに伝えたい事があるそうなんですが、「まだ解禁までちょっと時間があって、状況が変わるかも知れない。川清掃の時に実際、川に入ってから報告したい」というお話しでした。

よって今シーズンの狩野川情報更新は、5/11日の予定です。もうしばらくお待ち下さい。

狩野川の解禁は5月24日です(2008-04-24 21:19)
お久しぶりです。「お知らせ」でも掲載しておりますが、狩野川解禁が5月24日に決定しました。そろそろ、私(津守)も、更新の準備を開始しようと仕様と考えております。

今シーズンも、よろしくお願い致します。

本ページではPCを使った自動データ処理を実現しています。 御社でも内容が自動的に変化するWEBページ等を使って情報発信してみませんか。 その他、ネットワーク業務システム構築も承ります。ご依頼はお気軽にメール下さい。 お打ち合わせは無料です。このページの管理は津守美弘が行っています。 インター津田おとり店は、携帯電話・スマートフォンからも同じアドレスでご利用頂けます。