インターネット津田おとり店・狩野川ニュース
狩野川の清浄化にご協力下さい
来シーズンまで、暫しのお別れです(2007-12-08 16:56)
ども、津守です。すっかり更新が止まっておりましたが、今シーズンの更新は本日をもちまして終了とさせて頂きます。今シーズンも多数、アクセスして頂き、ありがとうございました。誠に感謝いたします。

実はその後、津田さんからの連絡がなくなって、私も心配になり先程、お店に連絡してみたのです。電話に出た津田さんは、いつもと変わらぬ様子で一安心。また来年も、ホットな鮎釣り情報を提供してくれるそうです。

私も来年こそは、釣り三昧を目指して頑張ります。では皆様、来年の若葉の頃に、またお会いしましょう。
津守 美弘   


瀬付きの鮎を釣ってみませんか?(2007-11-23 19:32)
21日は駒沢さんが普通に釣って4本、瀬付き鮎を釣って15本(合計19本)。その他のお客さんが2本。22日は岡安船長が4本。瀬付き鮎を釣って12本(合計16本)。今日は落合さん8本。瀬付き鮎が8本(合計16本)。磯口さんが10本。瀬付き鮎を釣って20本(合計30本)。

磯口さんは、小ガンガンのメモリ石からトロまでを釣っていた。今日は他にも本線で掛けた野鮎をおとりに使ったら、175の金属を切らたお客さんもいたな。場所は鉄筋棒辺りです。

水は超渇水で澄です。瀬付き鮎のポイントは、若干名しか入る事が出来ません。早い者勝ちです。場所は私に聞いてくれれば説明します。瀬付き鮎はちょっと小さめで、錆が入っているけど、楽しめると思いますよ。

三連休の天気は良さそうだよ。今日も暖かかった。特に寒くないそうです。ただ風に吹かれると、濡れている所が寒い。だからタオルか手ぬぐいがあった方が良い。お待ちしています。

ハミ跡がハッキリ…(2007-11-19 20:32)
今日は望月さんが、普通に釣って13本。そして望月さんは、この他に2時から4時の間、瀬付きの鮎を58本も持って帰った。ここは秘密の場所で毎日、必ず鮎が居る訳ではないんだよ。まぁ、詳しく話しを聞きたい人は、お店に来てください。で、私も12時から3時くらいで8本掛けた。

ハミ跡がぐっと増えて、かなり釣れる場所が分かり易くなったね。でもやっぱり釣れるのは3時前までだ。まともな鮎は午前中から、2時半くらいまでしか掛かりません。全体的には、瀬よりチャラの方が良いね。

さてそろそろ、本格的に寒くなって参りました。今年の鮎釣りも最終コーナーを回って、いよいよゴールが目の前に迫った感じ。津田オトリ店はもうちょっと頑張りますので是非、釣りに来てください。

突風で気の毒だった(2007-11-18 16:45)
昨日は6本・4本・3本・2本。今日は福島ナンバーのお客さんが、1時までで4本。磯口さんが5本。その他は1本。

今日はもの凄い風で、釣りにならなかったとお客さんが、店でぼやいていました。太陽はあったものの、風のせいで寒かったしね。この悪条件の中、頑張った今日のお客さんには敬意を表します。

水は大幅な渇水で、澄み。ハミ跡はタップリあるけど、今日はイマイチ、追いが悪かった。まぁ、風のせいで、まともな釣りが出来なかった事もあったんだけど…。これだけのハミ跡を見たお客さん曰く、「まだ当分は遊べそう」だって。私もそう思います。是非、暖かい日選んで釣りに来てください。

今日は寒かったねぇ(2007-11-16 18:34)
釣果は、神田さん6本。落合さん8本。桜井さんは昼までで2本。

今日は曇りで寒かった。でも降りて来た魚が多かったのか、ハミ跡が多数出現。太陽が出て、もっと水温が上がれば、かなり釣れた感じがします。

水は渇水で澄。タイミングと場所が一致すれば、まだまだかなり釣れます。でもそれが、難しいんだけどね。さて明日は、暖かくなるかなぁ。

良い魚が釣れるよ(2007-11-15 20:07)
13日は、平野さんが8本。14日は鈴木さん5本。桜井さん3本。そして今日15日は、船橋の佐藤さん8本。桜井さん12本。その他に3本のお客さんが二人。

本線より、分流やチャラが良い感じです。水はかなりの渇水状態で、澄です。で、今日は暖かかったね。その暖かさのせいか、ハミ跡は多かったんだけど、ちょっと追い渋ったかな。

追って掛かる魚は、総じて若いね。雄は仕方ないけど、雌はまだかなり綺麗な魚体をしています。お腹には卵がパンパンに詰まってる。こういう魚は、また食べると美味いんだよ。是非、釣りに来てください。

毎日、状況が変わる(2007-11-12 17:16)
昨日は平野さん10本。杉山さん8本。その他のお客さんは3・3・2本。今日は望月さん14本。横浜からみえたお寿司屋さんの二人連れが、2時までで5本と7本。

この所、毎日、釣れる場所が変わる。この前までは本線が良かったのに、ここ数日はチャラのヤナギ前が好調です。まぁ、鮎が移動しているので仕方なんだけど、狙うポイントはその都度、私に聞くか、足で探してください。

水は渇水で澄です。関東の方は雨が降った所があるみたいだけど、ここは昨日からよく晴れて、暖かいよ。そりゃまぁ夏に比べれば寒いけど、気持ちの良い釣り日和だったな。まだまだ鮎もいるし、私も頑張りますので、是非、釣りに来て下さい。

満遍なく釣れます(2007-11-09 16:55)
今日は横浜のきよし丸さんが12本。お名前を聞けなかったお客さんが3本。水は渇水だけど、澄んでいます。

きよし丸さんは、午前中チャラで6本。午後は本線で6本。このようにチャラでも瀬でも、満遍なく釣れる感じ。舐めも、今日は一気に増えた。魚も白く、若いよ。まだまだイケそう。だからきよし丸さんも近々、また釣りに来たいと言っていました。

型は瀬の方が良いな。瀬は20cm〜23cm。チャラは13cm〜18cmくらい。これからは毎日、鮎が上から降りてくる。トコロテンみたいなモンだよ。よって釣れる魚は、居付きの鮎ではない。なので日によって、釣果が変わるかも知れない。その点は、ご了承下さい。

本線の方が型が良い(2007-11-08 16:33)
昨日は前池さんが5本。今日は潮田さん5本。菊池さん6本。佐竹さんは14本掛けて、取り込んだのが11本。お名前を聞かなかったお客さんは、2時間で7本。

本線、分流とも釣れる数は殆ど同じで変わらない。でも型は、本線の方が良いな。鉄筋棒辺りで掛けた魚は、23cm〜24cmくらい。でねー、釣っているのを観察していると、先客が散々竿を出し、諦めて去った後に入ったお客さんが、すぐ掛けたりするんだな。うーん、やっぱり時合いというか、タイミングの良さも関係しているのかも知れないね。

釣れた雌は真っ白で、まだまだ寒さに立ち向かえる根性があれば、鮎釣りが楽しめますよ。水は渇水傾向で、澄んでいます。お待ちしています。

まだ白くて良い魚が多い(2007-11-05 17:31)
昨日は佐竹さん、多田さん、前池さん、杉山さん、それぞれが皆さん、8本ずつ。今日は多田さん12本。望月さん13本。桜井さんと鈴木さんは、半日で6本ずつ。

水は平水で、澄です。トロが良かったかな。午前中、特に朝の追いが良かった。やっぱり午後3時過ぎると、追いが渋くなるね。今日は良い天気で、暖かかったな。釣り日和だったよ。望月さん曰く、「釣れる魚は雌が多く、錆がのった魚は一本だけ。まだまだ楽しく釣りが出来ます」との事。うーん、今年の狩野川は粘ります。

BBQ&釣り大会は、無事に終わりました(2007-11-03 19:20)
釣果は小田原のミノ宮さんが、25cm三本を含んで計11本。本日は津田オトリ店主催のBBQ&釣り大会があったので、一般のお客さんは少なかった。そしてお陰様でBBQ&釣り大会は盛況の内、無事に終了しました。参加された方々には、お疲れ様。そして、ありがとうございました。以下は釣り大会部リザルトです。

優勝・松本さん24.5cm

二位・前池さん23.2cm

三位・花園さん22.3cm

四位・森鍵さん21.9cm

五位・上木さん21.6cm       ※cmは一匹の寸長


実釣時間はあまり長くなかった割には、皆さん、そこそこ釣って来られたようです。この時期としては、上出来だったと思います。お疲れ様でした。

やっぱり深い所、深場で瀬の緩い所が狙い目だね。今日みたいに天気が良いと、まだまだ鮎釣りが楽しめる。嬉しい限りだよ。今後しばらく、お日様が出れば、良い感じの釣りが出来ると思いますよ。是非、釣りに来てください。

明日はBBQ大会ですよ(2007-11-02 17:02)
いよいよ明日は、津田オトリ店のBBQ&釣り大会です。釣り大会は、大会と言うより親睦会。8時から13時で釣果二本の寸長を競いますが全然、堅苦しくありません。そして午後からは、お待ちかねのBBQ大会。明日の朝、申し込んで頂ければまだまだ参加可能です。是非、お誘い合わせの上、ご参加下さい。

30日は、岡安船長10本。神田さんも10本。上木さんは26.5cmを頭に5本。31日は、お客さんがいなかったかな。記録がない。11/1日は潮田さん7本。稲葉さんが5本。潮田さんと稲葉さんは分流狙いだったので、ちょっと釣果が伸び悩んだ感じ。そして今日は前池さんが本線は鉄筋棒付近で、26cmを頭に18本(写真)。平野さんはヤナギ前で9本。

水は平水で、澄です。寒いし、お日様が出ないので、追いは良くない。でもまぁ、本線は好調だと思う。分流は天候不順の影響か、まだ完全に回復しきっていない。分流やチャラは釣れない事もないけど、当たり外れがある。瀬釣りが出来るなら、本線の方が無難です。昨日の潮田さんや稲葉さん、本日の平野さんも分流のチャラ狙いだった。とりあえずしばらくは本線が好調なので、晴れれば、かなり良い釣りが出来ると思います。

今日も良かったよ(2007-10-29 18:43)
釣果は西田さんが12本。田中さん10本。お客さんは少ないけど、上から降りてきた良い魚が釣れてます。

釣れる場所は、本流の瀬やガンガン。魚は大型で、数もそこそこ出る。後期の狩野川らしい豪快な釣りが楽しめると思います。一方、分流にはまだ砂が舞っている所があって、この砂が落ち着くまでの時間が必要。でも砂が舞っていない所を釣れば、魚は掛かります。

水は+10cmで澄。今日は午後の2時頃から風が吹いて、一時釣り難かったけど、もう風はやんでいる。明日もきっと、今日みたいに良い感じの釣りが出来ると思いますよ。

魚が動いて大漁に(2007-10-28 17:07)
釣果は杉山さんが、26cmを頭に22本。桜井さんが16本。出水の影響で、魚が大きく動いたらしい。よって今日はこの時期としては、大漁になりました。

昨晩の雨で最大、+80cmの水が出た。でも高速で台風が通過した為、すぐに減水した。今朝は+20cmで笹濁り。そして昼から澄の状態に。今日は何処でも釣れたね。まぁ、お客さんが少なかったから、その恩恵に浴した釣り人は少なかったけど…。ポイントとしては、水の多い所。だから何処でも釣れたのか(笑)。

一方、出水の影響で型はバラついた感じ。杉山さんの釣果も、26cmクラスが一匹。次が23cmで、10cm台も少なくなかった。でも更によく見ると、まだ錆が出ていない白くて、良い魚が多い。今回の出水で完全に落ちた魚も多かったはずだけど、新しく上からやってきた若い魚も多かったんだろう。うーん、まだ期待できるな。この調子はしばらく続くと思う。明日は出来れば竿を出して、後期の狩野川を楽しんでもらいたいなぁ。

午後辺りから霧雨(2007-10-26 17:24)
今日は午前中は時折、太陽も顔を出したりして、何とか曇りの状態を保っていたものの、2時くらいから霧雨が降り出した。そして夕方の5時くらいから、雨脚が強くなってきたな。といっても現在の水は+1cmから+2cmと、あまり水は増えていません。

釣果は横須賀は「きよし丸」の船長さんが、27cm・200gを頭に6本。桜井さんが4本。落合さん2本。今日はトロ周辺が良かったようです。

お客さんも段々、減ってきた。寒いのでねぇ。そろそろ今シーズンの鮎釣りも、最終コーナーを回った感じかな。うーん、寂しいね。

深い所が良い(2007-10-25 18:42)
まず一昨日の23日は、平山さんが10本。昨日24日は鈴木さん(茅ヶ崎の方だったと思います)が8本。千葉からみえたご夫婦が、椅子に座って一本の竿を仲良く使って同じく8本。その他のお客さんは、2本から7本くらいの釣果でした。

今日は潮田さんが、27.5cm・200gを頭に9本(写真)。落合さんは26.5cmを頭に4本。現在は相対的に、深場の調子が良いようです。

まぁまぁでしょう(2007-10-22 18:32)
高村さんの釣果は、25cmを頭に13本(写真)。この釣れた魚は小さくても22cmで、雄は一本だけ。後は卵をたっぷり持った白い雌ばかり。良い魚ばかりだったね。後は望月さん15本。坪井さん7本。

やはり本線の瀬や深場有利で、チャラは苦戦すると思います。鮎も卵を抱えているので大体、深くて柔らかい流れの所を好む訳。ガンガンの白泡が立っている様な所とか、瀬の石裏とか。

水は渇水で、澄です。早朝はちょっと掛かり難いので、10時か11時頃から入った方が効率が良いかも…。ただ朝一番で入ると、鮎が掛かりまくる謎のポイントもある…。

まだ行ける!(2007-10-21 17:23)
釣果は安藤さんが8本。望月さん15本。佐竹さん11本。杉山さんは27cm・170gの魚と27.5cm・180gの魚を頭に計11本。

釣れる場所と、そうでない場所の違いがハッキリしてきた。トロと瀬、深瀬が良いけど、チャラがいけません。今日はチャラを狙って、おでこになった人が少なくなかった。でも瀬なら、おでこと言う事もなく、平均して4本から5本は持って来られたようです。

このようにポイントによって釣果に違いが出ていますが、先に書いた様にまだ10本台のお客さんも多い。魚もあまり下っていない様だし、今しばらくは鮎釣りが楽しめそうです。水は渇水、澄ですよ。

29cm・280gが出ましたよ(2007-10-20 18:43)
まず一昨日の18日は、潮田さん11本。マーくんさんは半日で5本。昨日19日は牧田さんが26.5cmを頭に5本。今日は今井さん12本。安藤さん15本。多田さん10本。そして渡辺進さんが、29cm・280gという超大物(写真)を頭に5本でした。

夕べの雨の影響は、ほとんどなし。わずか+3cm程度の水で、濁りもありません。よって今日は朝から、普通に釣りが出来た。ポイントはチャラより、深場や荒瀬の方が良いようです。

で、よく「鮎の溜まりがあるだろう」って聞かれるんだけど、それはなかなか難しい質問なんだ。もし知っていても一人二人で一杯になっちゃうし、皆さんに教えられる様な数や状況じゃないんだ。その辺りは察して欲しいねぇ。基本的にそういうおいしいポイントは各自、足で探すのが一番だと思いますよ(笑)。

今日はまぁまぁ(2007-10-17 18:40)
15日は望月さん11本。田中さん7本。16日は強風で寒く釣りにならず。午後、早々に皆さん、川を上がってしまった。釣果は高村さんが、20cmから27cm190gを5本。


今日は85歳の中野さん10本。岡安船長が13本。西田さんはガンガンの肩辺で、27cm2本を含んで計6本。酒匂川が終わったのでここに来られた名無しさんが、10本掛けて2本マイナスの計8本。


水は渇水-5cm。曇りで寒かったね。やっぱり秋は晴天が良い。しかし今日は、まぁまぁ掛かった方だと思うよ。狙うポイントは、浅い所も深い所も悪くなかったと思います。

頑張った人が釣った(2007-10-14 16:57)
釣果は、今井さんが9本。佐竹さんと桜井さんが、それぞれ10本。井口さん8本。今日は一日曇りで、寒かった。途中、雨がほんの少し、パラパラと落ちただけ。

寒かったので、追いはイマイチ。なので上記のお客さん達は、入れ掛かりで釣果を揚げたと言うより、足と時間でコツコツと釣り集めたという感じでした。また超大型は掛からなかったけど、ほぼ全ての魚が18cm〜24cmだったので、それなりに楽しんで頂けたようです。

水は-10cmの渇水。澄んでいます。相変わらず水が冷たいので、カッパとウェーダーが必要でしょう。

久しぶりにチャラがよかった(2007-10-13 18:54)
釣果は前池さん14本。安藤さん8本。桜井さん15本。今日はまぁまぁ、追った方だと思います。この他には5本から7本のお客さんも、6〜7人くらいおられました。

でね、今日は久しぶりにチャラの調子がよかった。これはそろそろ魚が、上から下って来るようになったのかも知れないね。後は狩野川に初めてみえたお客さんが007なんかの水中糸を使って、切られていたみたい。この時期の狩野川で、007は流石に無理だと思うよ。後は寒さ対策だな。今日は晴れたり曇ったりで、寒かった。ウェーダーがないと、辛い感じです。

そろそろ低温に鮎が慣れる頃(2007-10-12 18:35)
釣果は上木さん8本。西田さん6本。前池さん12本。釣れる魚の型は22cm〜25.8cm。

水は渇水で、澄み。今日は秋晴れで、また冷えた。よって追いが良いとは言えなかったね。でも彼岸花の花が茶色くなってきたし、鮎も低水温にそろそろ慣れてくる頃だと思う。これから調子が戻ってくると思います。

今日は相対的にチャラより、深めな所が良いようです。でもポイントを絞り込むのでなく、足で色々な場所を釣って欲しい。そして追いが良い所を見つけられれば、しばらくは楽しめるはず。頑張ってください。

中トロ〜瀬が狙い目(2007-10-11 18:54)
今日も天気は良かったけど、寒かったね。そのせいか、午前中の釣りはかなり苦戦した。午後からぼつぼつ掛かるようになった。

釣果は西田さんが9本。町田の田中さんが8本。水は渇水で澄です。水温が低いからかチャラより、中トロ〜瀬の辺りに分があったね。

寒いねぇ〜(2007-10-10 17:22)
今日は高村さん12本。滋賀県からみえた川瀬さんは、26cmを頭に12本。サンハトヤの稲葉さんは、25cmを頭に10本。

かなり朝夕は冷えてきました。午前中、川に入るにはカッパが必要です。今日は午後2時頃から水温が急に上がって、浅場でも掛かるようになった。でも総じて、深い所の方が有利なようです。

竿が折れたお客さんへ(2007-10-09 18:51)
今日は午前中、雨。でも川は濁りませんでした。雨も傘いらずで、降ったり止んだりの雨だったからね。午後から雨が止んで、曇りになった。水は今も平水で、澄んでいます。

今日はお客さんが少なかったので、具体的な釣果報告が出来ないんだよ。でも濁った日の翌日だから、あんまり追わなかったと思う。しかしハミ痕は多いし、明日は期待できると思います。

でねぇ、先の連休に3番竿を折ったお客さんが、二人おりました。そのお客さんの竿を、私が蟹漁の時に回収してきました。3番は折れているけど、1番と2番は無傷。3番だけ修理すれば、そのまま使えるので、ネットを見ていたら取りに来て下さい。一人はダイワの竿。もう一人は黒い竿で、金色二重の縁取りがあります。

今、夕焼けが綺麗です(2007-10-08 17:23)
今日は朝から雨で、1時過ぎには、川が濁ってしまった。現在、+20cmです。

釣果は佐竹さん7本。笹野さん5本。桜井さん4本。

朝から降った雨も3時頃には上がって、今は綺麗な夕焼け空です。今夜、これ以上雨が降らなければ、明日は釣り可能です。まぁ、天気予報でも、今の感じでも、これ以上、雨は降らないでしょう。

今年一番の日(2007-10-07 19:08)
釣果は、平野さんの15本。今日は今年一番の冷え込みで、水温が15度。これはちょっと下がり過ぎで、午前中の追いは最悪。午後に水温が上がって、何とか鮎が掛かり始めたという状態。それに加えて今日は、今年の解禁日以上の人出だったんだよ。それで、竿が乱立。チャラなんか、入る場所が無くなって、それも釣果を減らした原因だったと思う。

とりあえず彼岸花が咲く頃は一旦、鮎の追いが鈍るんだよ。ただ4・5日で鮎が水温に慣れるので、気温が更に下がっても、必ず追いは戻ってきます。今年の魚は、まだ下るような素振りを見せないので、まだまだ鮎釣りを楽しめると思いますよ。今後のポイントは「晴天」だ。流石に曇ったり雨が降ると、釣る方も寒いし、鮎の活性も下がりますのでねぇ。

浅ければ浅いほど良い(2007-10-06 19:13)
昨日(5日)は、大竹さんが22cm〜25cmの魚を9本。大変、喜んでおられました。今日は横浜の櫻井さん9本。平野さん10本。杉山さん18本。

毎日、ポイントが変わるんだけど、今日は水深が浅ければ浅い程、良かったみたい。よってチャラを釣った人が、有利だったようです。午前中も釣れたというお客さんもいたけど、総じて午後の方が追いが良かったのかなぁ。午後に一瞬、薄日が差して、その時に調子よく掛かったね。

水は渇水傾向で、澄み。今日は一日曇りで、寒かったよ。なので袖口が濡れると、もう大変。袖口止めか何かで、濡れないようにして下さい。

久々の晴れ(2007-10-04 18:55)
釣果は、高村さんが25cmを頭に14本。全体的に午前中より、午後の方が追いが活発だった様です。

今日は久しぶりに晴れたんだけど、今までずっと曇っていたからか、追いが立ってくるのに時間が掛かってしまった。ちょっと水温が下がり過ぎちゃったのかも知れないね。午後の方が良かったと書いたけど、それは3時以降なんだよ。3時頃、水温が何とか上がって来てから掛かるようになった。これで数日の晴れが続くと、良いんだけどなぁ。

水は平水で澄です。高村さんは、ヤナギや鉄筋棒などを釣っていた。ガンガンも、ぼちぼち掛かります。が、今日もガンガンで、ぷっつりと水中糸を切られたお客さんがいた。仕掛けトラブルには要注意ですよ。

ガンガンと荒瀬でポチポチ…(2007-10-03 17:28)
今日は藤枝市の飯田さんが11本。高村さんと前池さんが、それぞれ12本。サンハトヤの稲葉さんも、18cm〜25.5cmの魚を12本(写真)。

今日も雨はなかったんだけど、寒かった。稲葉さんなんか途中、カッパを取りに上がってきた程。でもまぁ、今まで芳しくなかったガンガンと荒瀬で、ポチポチ大型が掛かって、どなたも豪快な釣りを楽しめたみたい。全体的に深場が有利でした。

水は平水で、澄んでいます。この天気でそこそこ掛かるんだから、天気になったら良い釣りが出来ると思うんだけどねぇ。天気予報では、週末辺りには晴れるという話。それを期待したいね。

仕掛けトラブルが多発しています(2007-10-02 18:59)
釣果は、田中さん12本。神田さんと山下さんが、それぞれ9本。水は平水で、澄です。

今日も寒くて、一日中曇り。雨は降らなかったんだけど、ホント寒くて、鮎の追いが渋かったね。皆さん、お疲れ様でした。ただ数は出ないけど、良型が多かったと思う。誰の釣果にも24cm〜25cmクラスが混じる中、26cm以上も二本、上がりました。

で、良型が掛かりやすい分、仕掛けトラブルが多発しています。使い古しの仕掛けや、細仕掛けは厳禁ですよ。

数は少ないけど大型(2007-10-01 19:49)
釣果は、西田さん9本。望月さん19本。その他、5人くらいのお客さんは、6〜7本でした。

今日は午後より、午前中の方が良かったな。午後は皆さん、苦戦していたようです。というのは今日も寒くて、午後から一気に水温が下がったみたいなんだよね。それで午後、釣れ渋ったんだと思う。でも数が出なかった分、26cmで190gという良型の魚が出ました。あと数日経てば、この鮎は間違いなく200gオーバーだ。丸々と太っていて、体高があったよ。こんな感じで、総じて数が出なかったけど型がよかったので、お客さんは何とか満足して頂けたんじゃないかと思っています。

水は+5cm。昨晩は雨で10cm程上がったんだけど、またちょっと落ちました。こちらは今日、雨無しだっったんよ。当然、澄んでいますよー。

寒いわりには良かった(2007-09-30 18:20)
今日は、上田さん10本。高村さん11本。潮田さん11本。

朝から夕方まで小雨が降り続いて、本当に寒一日でした。皆さん、厚めの下着とカッパを着込んでの釣り。それでも寒くて、困るくらい。水温も17度だった。

でもねぇ、そこそこ鮎が釣れた感じでしょ。それはここ数日、朝夕かなり冷え込み始めて、その水温に魚が慣れたからだと思う。それと同時に雨で濁り具合が笹濁りで、丁度、良い感じなんだよね。これで晴天だったら、かなり釣れたと思うよ。

一日ずっと小雨だったけど、水は微増の+10cmくらい。先程も書いたように、良い塩梅に濁って笹濁り状態です。この分なら今晩、小雨がずっと降っても明日は釣りが出来ると思います。濁り具合も変わらずで、期待できると思うよ。まぁ、寒いだろうけど…。ホントは良い天気になって欲しいんだけど、天気予報では、雨のち曇りみたいだ。

寒かった(2007-09-29 18:38)
釣果は桜井さん、三島の佐野さんがそれぞれ9本。岡安船長が頑張って7本。平野さん10本。午後1時から入った杉山さんは8本。

今日は朝から夕方まで、霧雨のような雨が降り続く、寒い一日だった。釣り人も寒くて思ったような釣りが出来ないけど、鮎も追いも渋かった。なのでポイントも瀬や深場がイマイチで、今日はチャラに軍配が上がったね。

水温が19.5度で、雨という感じでない霧雨のせいか水位変わらず。平水から渇水傾向で澄んでいます。明日はもっと、天気が良くなってくれると良いんだけどなぁ。

強風で満足な釣りが出来ない(2007-09-28 19:05)
今日の釣果は、西田さん8本。森鍵さんは、26cmと26.5cmを含んで6本。上木さん9本。

今日は朝の9時から夕方4時まで、強風で釣りにならなかった。中州やガンガンの釣り人の目にまで砂が入って、大変だったらしい。なのでほとんどの人が午前中に早上がり。なので、釣果が伸び悩んでしまった。

水は平水か、少し平水より落ちてきたかな。澄んでいます。

ちょっと晴れたらチャラが…(2007-09-27 18:40)
今日は、高村さんが24cmを頭に19本。もっと大きいのも掛かったけれど、バラしてしまったとの事。他には、宇野さんが9本。

この所、余り天気が良くなかったのに、今日はちょっと晴れたんだよね。そうしたら、チャラの追いが悪くなってしまった。深い所や瀬は、この限りでなく好調でした。まぁ今日、チャラ狙いの人の数が伸び悩んだけど、その分、大きかったので、何とか満足して頂けたようです。

水は平水で、澄んでいます。よく「雨が降ったでしょ」って言われるけど、こっちではここ数日、雨は降っていません。安心して釣りに来て下さい。

良型ばかりです(2007-09-26 18:39)
釣果は、小野さん12本。高村さん16本。相模原の馬場さん15本。稲葉さんは二回、糸を切られて9本。「また仕掛けを作り直して、出直します」と言っていました。

水は平水で、澄んでいます。本日の良型は25cm〜26cm。やはり深場や瀬の魚が大きいね。より深い所、より瀬の強い所を釣れば大型が来ます。一方、チャラの魚は良くても、23cmくらいだ。今日もちょっと寒くて、午後から釣りがメインになったようです。

午後の方が良いかなぁ(2007-09-25 18:44)
今日は池谷さん12本。箱根の佐野さん15本。多田さんは連日の釣果レポート入りで、26cmを頭に20本(写真)。杉山さん14本。

今日も清々しい秋晴れで、気温の上昇がイマイチ。そのせいか水温も午前中、上がらず、鮎の追いが渋かった。でも午後になってからは、やっと水温も上がり、追いが立ってきたね。で、やっぱり型の良い魚は深場にいるなぁ。多田さんの26cmも深場で掛けたモノでした。

アカは、ほとんどの所に付き切った。天気予報によると、しばらく晴天が続くらしいし、「秋は晴天」といわれる鮎釣りだから、暫くは早朝から川に入るより、水温が上がり始める昼前くらいから竿を出せば良いんじゃないかな。

午前中ダメで、午後から良くなった(2007-09-24 19:07)
釣果は佐竹さんが今日、26cmを頭に14本。佐竹さんは泊りで、昨日も好調だった。昨日、書き忘れた分は26.5cmを頭に16本。話を今日の釣果に戻すと望月さん、小野さん、鈴木さんがそれぞれ12本。竹村さん10本。潮田さん18本。田中さん9本。始めてお店に来てくれた多田さんは、27.5cmを頭に17本(写真)。土井さんは27cmを頭に18本(写真)。

水は平水で、澄です。今日は肌寒いくらいの気温のせいか午前中、追いが無くて、皆さん苦戦。午前中、耐えられず、場所を代えてしまうお客さんもいた程。でも午後になって気温が上がってきて、3時頃から太陽も顔を出した。それに伴って2時頃から追いが立って来て、何とかこれらの釣果となりました。良かったよ。上記の潮田さんや小野さんはチャラを攻めて、それなりに結果を出しているけど、全体的には深場の方が良かったみたいです。

強風で釣り難い一日(2007-09-23 17:25)
今日の釣果は、安藤さん10本。杉山さん20本。平野さん17本。桜井さん10本。水は平水で、澄んでいます。

昼前から強い風が吹き始めて、非常に釣り難い一日となってしまった。風で竿を折ったお客さんも、一人いた程。なので皆さん、早上がりだったね。で今、風が止んで落ち着いてきた。もうちょっと早く風が止めば、もうちょっと釣果も伸びたと思うんだけどなぁ。残念だよ。

この前、ネットを見て来た人に「釣れませんねー」と、言われたんだけど、まぁ、秋口になって始めて狩野川に来た人が、ここで名前が挙がるような人と同じに釣れるかというと、なかなか難しいんだよねぇ。やっぱりある程度の慣れが必要で、それが「狩野川の鮎は難しい」と言われる由縁でもあるかも知れない。店に来てくれれば、私も出来る限りアドバイスするし、攻略ポイントも教えますので、出来れば懲りずに数日、狩野川に通ってみてください。お待ちしています。

普段の四倍からの人出(2007-09-22 19:28)
今日は狩野川大橋から修善寺橋までの間に189人も釣り人が入っちゃって、普段の四倍からの人出でした。

釣果は手島さん15本。上田さん9本。木下さん12本。古座野さん18本。田中さん18本。こんな感じで川の混雑ぶりに対して、良く掛かったと思う。釣っている人も、そう思っていたんじゃないかな。オデコの人なんか、いなかったからね。大体、5本から8本くらいが平均で皆さん、満足していたと思います。

場所は、何処でも釣れますよ。ただ数狙いならチャラ。型を狙うなら瀬か、深場だ。より深い方が、大型の魚が掛かります。水は平水より、ちょっと高めかな。川幅が広がってメモリ石が動いたので、ハッキリ分からないけど、そんなモンだ。今回、しっかり水が山に染みたのか、なかなか水位が落ちないね。

で、酒匂川がダムの放流で真っ白という話を聞きかじった。他の川がダメで、今日の狩野川の混雑ぶりになったらしい。

今日も好調でした(2007-09-21 18:35)
まず菊池さん11本。桜井さん9本。岡部さん8本。津久井郡の後藤さん13本。同じく津久井郡の田沢さん10本。高村さんは、25cmを頭に29本(写真)。上木さんは、25cmクラス5本を含んで13本(写真)。

水は+10cm。秋は晴天が良いので、今日も好調だった。まぁ、何処でも釣れます。場所柄、アカの付きが遅れていたガンガンも、掛かり始めたよ。明日はもっと、良い状態になるんじゃないかな。釣れる魚は20cm〜25cm。豪快な釣りが出来ますよ〜。

絶好調だよ(2007-09-20 18:35)
今日は釣果レポートも長くなるよ。まず焼津の橋ヶ谷さん15本。藤枝の飯田さん23本。船橋さん10本。高松さん8本。駒沢さん9本。牧田さん18本(写真)。西田さん11本。木下さんは昼から入って9本。同じく静岡の斉藤さんも昼から入って15本。潮田さん24本。その他、二人のお客さんは不明でした。

こんな感じで絶好調。皆さん、魚が大きいので、非常に満足されていたようです。ほとんどの場所で、釣れます。まだ一部にアカが無くて、釣れ難い所があるけど、ここも明日以降はアカが付いて、どんどん良くなると思う。本線・流芯の魚が20〜25cmと大きい。チャラの魚は、流芯に比べて小さい感じ。

水は+10cm。澄んでいます。久しぶりの好調なので是非、釣りに来て下さい。お待ちしています。

思ったより早く本格回復(2007-09-19 18:42)
まず17日の釣果は、小野さんが昼より入って7本。前池さん10本。杉山さん18本。この日は雨が降ったけど、その後、程よく釣れて型は17cm〜23cm。18日は、清水さんが2時より入って7本。田中さんと西田さんが、それぞれ12本。型は20cm〜25cm。

そして今日、清水さんが15本。八王子の石田さん10本。西田さん14本。小井出さん10本。型は20cm〜26.5cm。今日は出水の後、私も始めて竿を出した。やっぱり23cmクラスをオトリにして、25cmクラスが掛かると、もの凄い引きだよ。豪快かいな釣りは、楽しいね。ちなみに私の釣果は、2時間半で10本。

思ったより早く、川が回復して良かったよ。今日辺りでもう、完全回復だ。今後はもっとアカが増えていくから、釣れるポイントも増えると思う。狙うポイントは本線。何しろ本線狙いの西田さんが、今年始めて二日続けてツ抜けだから。また17日の小野さん(7本)も、18日の清水さん(7本)も、午後から川に入っている。恐らく一日釣ったら、ツ抜けだろう。要するにこの三日、全てのお客さんがツ抜けなんだよ。

水は+15cmで澄です。このように出来れば今週末と言わず、明日からでも釣りに来て欲しい状態です。そうそう、この水で放流物が姿を消して、釣れる魚は全て、天然物の川育ちです。だから釣り味も良いですよ。細仕掛け厳禁で、釣りに来て下さい。

極一部にアカがある(2007-09-16 16:21)
今日の釣果は、上田さん16本。高村さん10本。前池さん8本。今日は4人、川に入って大体、2本から16本と言った所かな。魚のサイズは18cm〜23cmです。

現在の水は+20cm。釣れる場所はアカが残ったか、付き始めている極一部の所だけ。その他では、掛かりません。この感じだと、今週末はかなり期待できそうだよ。木曜・金曜・土曜辺りが良いと思う。

ポツリ、ポツリ、掛かるけど…(2007-09-15 16:59)
現在の水は澄で、水位は20cm〜25cmくらい。釣果は杉山さんが12本。湘南ナンバーの三人さんが、それぞれ2本・2本・0本でした。

まだアカが無いから、この釣果はオトリを追って掛かると言うより、群れの中におとりを留めて、交通事故的に掛かる感じです。そして大切なのは「出水の後の外カーブ理論」の実践だ。今日も杉山さんは向こう岸、湘南ナンバーのお客さんは分流に竿を出していました。

基本的には砂が舞っていない、石裏にオトリを入れて留める。それで野鮎と絡ませるという感じ。引き釣りでは、掛かりませんよ。分流では、この条件に当てはまる場所が大石周辺しかないけど、向こう岸の外カーブでは、幾つか該当する所がある。

本格的に鮎が追うようになるのは、まだ数日かかると思うけど、ちょっと遊ぶ程度ならOKかも知れないね。

大石が動いた(2007-09-14 18:41)
いやぁ〜、この一連の雨は凄かったね。一昨日も1mくらいの水が出て、また元の木阿弥。でね、今までの大水でもほとんど動かなかったあの大石が今回、傾いじゃって、正確な水位が測れなくなっちゃったんだよ。驚いたよなぁ。大体の感覚で言うと、今は+30cmで澄んでます。澄んだのは、さっきなんだ。今日の夕方くらいに、やっと川が澄み始めた。ホント、昨日まで濁っていたんだよ。

よって竿も出せないし、川にも近寄れない。+30cmなんだけど渡場なんか、怖くて入れたモンじゃない。なんか、川底がえぐられて、深くなった感じだな。上から見る限り、川の様相も大きく変わった。まだ川に入れないし、川底の様子も分からないけど、ヤナギ前が大きくえぐれて、良い感じの瀬になってます。広くなって、人も前より入れるかも。まぁ、水がもう少し引かないと、ハッキリとは言えないけどね。

三連休だし、私だってもっと良い情報を書きたい。でも、あと四日くらいは、釣りになりそうもない。まぁ明日くらいには、竿は出せると思うけど、釣れないと思うなぁ。でもまぁ、明日・明後日で詳しい情報は集まると思うさ。また何か分かったら、報告します。

今朝の豪雨で水位が逆戻り(2007-09-10 16:28)
今朝、バケツをひっくり返したような雨が降ったんだよ。夜明け前までは+40cmまで回復していた水も、この豪雨で勢いを取り戻し、50cm〜60cmも一気に水が増えちゃった。これは一昨日くらいの水位で、今も川は真っ茶色。絶対水位は+70cmくらいかな。

ホント、「大雨洪水注意報」も出て、酷い雨だったなぁ。またあと二日か三日、待ってください。また何かあったら、レポートします。

3m50cm程、水が出ました(2007-09-07 17:17)
この雨は前回の大雨と大体、同じくらいの雨だったね。最高で3m50cmくらいの水が、出たと思います。で今は、1m50cmくらいまで落ちている。もう、1m30cmくらいまで落ちているかなぁ。被害は特にありませんでした。良かったよ。

今回の水はゆっくり上がって行って、雨もそこそこ長く降ったので、水の落ちも緩やかだ。まだ実際に川に入れないので想像だけど、川の汚れや腐れアカも、かなり綺麗になっていると思うよ。まぁ、あと二日から三日は様子を見ないと、ハッキリした事は言えなぁ。また何か分かったら、報告します。

もう水は十分(2007-09-06 16:59)
昨日は余り雨も降らずに、釣りも出来た。実際、私も竿を出していたんだけど、雨は余り降らないのに、水が10cmくらい上がったかな。これは「天城山で、雨が降っているんだなー」と、思いながら川から上がった来たんだ。

で、今日は朝から雨と風。ずっと風が吹いて、雨が降っています。しかし午後から風と雨脚が、一段と強くなってきた。今もかなり強い横殴りの雨が降っています。

水は既に2メートルを超え、濁流だ。渇水と川の汚れ対策には、もう十分なんだけど、まだまだ降りそうだねぇ。今夜も一晩中、降るらしい。これはちょっと困ったな。被害が出ないと良いんだけど…。

釣れる場所が毎日変わる(2007-09-04 19:02)
今日は小野さん13本。高村さん8本。田中さん11本。土井さん7本。皆さん、24〜25cmクラスが頭で、小さくても18〜19cmの魚か掛かります。

でねー、何か釣れる場所が毎日、変わるんだよね。今までトロはダメだったのに、今日はトロが良かったし、チャラが良いと書いたら、瀬が釣れたり…。うーん、予想が難しいんだよなぁ。釣れる時間帯もあるので、何処でも掛かるという前提で釣りをした方が良いと思います。これは精神力の問題かも知れけど、頑張ってください。

それから今日も、04のナイロンが切られました。やっぱりこの時期、04では役不足なんだと思う。よっぽど自信のある人以外は、05以上を使ってください。

水は超渇水。川に入れば、多数のナメが見られるはずだ。でも追いが、ちょっと渋いんだよねぇ。水さえ増えれば、これだけのナメがあるんだから、かなり釣れるようになると思うんだ。そして台風が近付いていて、明後日辺りから雨が降るらしい。それに期待したいと思います。

チャラにハミ痕多数(2007-09-03 18:53)
今日は高村さんが13本(写真)。小野さんは9本。その他の人は3本から6本くらい。

チャラ一面に、ハミ痕がいっぱい付いてきた。なので数を釣るなら、チャラが良い。でも24cm以上の魚は、やっぱり瀬でないと釣れないな。

今日も06を切られたという、浜松のお客さんがいたな。流石に06なら力負けはしないだろうから、結び目か、石擦れだろうね。このお客さんもこのページを見て、わざわざこの太仕掛けを作ってきたそうだけど、うーん、今年の魚はパワーがあるな。

久しぶりに暑い日だった。水温も25度もあって渇水、澄んでいます。台風が近付いてきているので、期待しちゃう。被害が出ない程度に雨が降って欲しいよ。

毎日、切られてるよ(2007-09-02 18:40)
釣果は、赤坂さんが22cm〜25cmの魚を8本。平野さんは25cmを頭に13本。香坂さんは21cm〜25.5cmの魚を8本。

今日は色々な催し物が重なって、この辺りに多くの釣り人が入った。賑やかだったよ。で、ネットを見て来たお客さんは、ナイロンの04を切られ、複合メタルの03も、水中糸の真ん中で切られたと言っていた。複合メタルの03なら、流石に耐えられそうな気がするけど、きっと石で擦れて弱っていたんだろうね。ナイロンなら05〜08くらいの水中糸でないと、危険ですよ。この所、毎日、仕掛けを切られる人が続出しているので、ぐれぐれもお気を付け下さい。

水は渇水、澄みです。おしなべてチャラが良好。頑張ってください。

ハミ跡が一気に増えた(2007-09-01 19:20)
今日は牧田さんが、全て23cm台の魚を8本。また浜田さんは前回、仕掛けを三回も切られたので、今日は一ランク仕掛けをサイズアップして臨んだけど、また二回切られちゃったって。うーん、夏もソロソロ終盤だから、鮎のパワーも相当上がっています。狩野川に来られる方は十分、気をつけて下さい。

さて「夏もソロソロ終盤」と書いたけど、31日からすっかり秋めいた陽気で、朝夕は肌寒いくらいだ。虫の音も騒がしい。そのせいか、川石にハミ跡が驚くほど付くようになった。こんなに鮎がいたのかという感じ。今はサイズは良好だけど、数がイマイチだから、このハミ跡を見ると今後、数も出るようになるんじゃないかな。私も期待しちゃうよ。

雨、余り降らず(2007-08-31 16:32)
今日は藤枝市の飯田さんが7本。飯田さんは04のナイロンを二回も切られたそうで、「こんなはずではなかった。自信があったのに…。とても納得できない」と
言っておられました。飯田さんと一緒にみえた焼津市の橋ヶ谷さんは6本。橋ヶ谷さんは03のナイロン切られたそうです。

二人ともこのページをしっかり読んでいて、仕掛けを太くして狩野川に臨み、自慢の仕掛けを切られちゃったらしい。「富士川の魚より、こっちの方が強いなぁ」と、感想を持ったそうです。ナイロン糸の場合、結び目のチェックと、古くなっていないかをよく調べて下さい。折角の良型を取り逃がしたら、ホント、もったいないからね。

雨はねぇ、あんまり降らなかったよ。がっくり…。多少降った雨で5cm水が増えたけど、焼け石に水の-16cm。当然、澄です。大場川では、茶色の濁流だったとお客さんから聞いたんだけど、狩野川は変化無しだ。

雨、降らず(2007-08-29 18:47)
今日は一瞬、パラッと雨が降ったけど、その後は雨無しだよ。釣果は高村さんが、25cmを頭に18本(写真)。牧田さん9本。小野さん7本。そして岡安船長が27.5cm・170gを掛けました。

水は超渇水。澄んでいます。狙い目は極端に浅いチャラ瀬か、複雑な流れのある深めな所。やっぱり午前中より、午後の方が良いようです。

冒頭にも書いたけど、今日も雨が降らなかったなぁ。雨を切望しちゃうよ。今晩に、期待するか。

夕方が良い(2007-08-27 19:01)
今日は土井さんが、26.5cm、26cm、25cm、24cmを含んで16本。この中で成魚放流の魚は、20cm前後の4本だけ。他の魚は24cm以上の魚を筆頭に、全て天然遡上鮎でした。

水は-20cm程の超渇水。日中より、夕方が良いみたい。上記、土井さんの大きい魚は、夕方4時以降に掛かり出したモノです。

大物が出てます(2007-08-25 18:51)
今日は平野さんが7本。佐野さん11本。杉山さんは昼から入って6本。平野さんは24cm・25cmクラスをオトリにして釣っていたら、それ以上の魚が掛かって、とうとう切られちゃったそうです。かなりのサイズが掛かるので、仕掛けトラブルは要注意です。

水は澄で、渇水。比較的浅い所が、掛かるようです。

27cm、190gが出ました(2007-08-18 19:15)
今日は戸塚さんが15本。杉山さんが24cm〜25cmを16本。平野さん16本。土井さんは夕方近くから川に入って、27cm・190gを掛けました。大物だったよ。

今日は一日、曇りでした。なのでトロや瀬より、チャラが良かったね。今日掛けた人の釣果のほとんどが、チャラのモノだった。大トロは太陽が出たときが良いんだけど、今日はイマイチでした。

青ノロが取れて釣り易くなった(2007-08-17 18:45)
昨日の釣果は、平野さんが21cm〜25cmの魚を15本。佐竹さんは20cm〜25cmの魚を14本。

今日は須田さん8本。神田さん8本。大宮の佐野さんは18cm〜25cmの魚を14本。佐野さんは「007の金属糸じゃ、話にならない」と言い残して、帰って行かれました。とにかくかなり良い魚が釣れていますので、細仕掛けは禁物です。

すっかり釣りの邪魔をしていた青ノロが取れて、とても釣り易くなったよ。えっ、水も出ないのに何故、青ノロが取れたかって。それはねぇ、この所続いている熱帯夜のせいなんだよ。一昨日から、夜になっても30度を下らない日が続いている。なので川が一時的に川時化のような状態になって、青ノロが死んでいったんだね。でも完全な川時化でないので、アカは残っている。安心してください。

今年は余り数は出ないけど型が良いので、満足してくれるお客さんも多い。また去年みたいに数が出るより、頭でしっかり戦略を考えて釣らないと結果が出ない今年の方が勉強になる、と言うお客さんもいるね。まぁ、鮎は化け物だ。毎年、色々と勉強させてくれますよ。

土用隠れ(2007-08-15 18:52)
今日は2時から入った木下さんが、23cm〜25cmの魚を7本。

川は減水して、土用の川だよ。だから昼頃が渋い。人間と同じで、鮎も朝夕の方が追っています。今日の木下さんみたいに昼過ぎから入ると、ポンポンと大きな魚が掛かりますよ。

今日は暑かったねぇ。川も渇水なので雨が欲しいけど、人間のこの暑さじゃ参っちゃう。70cmくらいの雨が降らないなぁ。

大物が出ています(2007-08-14 17:19)
昨日は前池さんが11本。今日は高村さんが、25cmx4本を含んで計12本。田中さんは、27cmを頭に14本。坪井さんは、2時から4時まで4本。

ちょっと土用隠れっぽい感じ。なのでこの時期、ツ抜けすればかなりの腕前になります。狩野川に慣れていない一般の釣り人なら、4本から7本くらいだね。

土用っぽいので、狙い目は流芯とトロ。後は浅めのチャラチャラ。大きいのが掛かると、細仕掛けは一発で切れます。折角の大鮎が勿体ないので、くれぐれも細仕掛けは禁物だよ。

川は澄で-15cmの渇水。お盆なので、川は空き気味。お客さんをお待ちしています。

太った鮎が掛かります(2007-08-11 18:40)
今日の釣果は、平野さん17本。山下さんと赤坂さんが、それぞれ10本。その他の人は、7本から8本くらいの人が多いです。今日は落合さんが24cmを掛けて、有頂天になっていました(笑)。

落合さん曰く「丸々と太っていて、釣った時は26cmくらいだと思った。大きすぎてオトリに出来なかった」と。しかし帰って来て、寸長を測ったら24cm。でもこの時期の鮎は太っているので、釣り味は良いし、興奮するのは無理ないよ。まぁ、くれぐれも細仕掛けで、松下に臨まないようにして下さい。

水は渇水。青ノロが増えてきた。青ノロのない、流れがある所を探して釣って下さい。あと水温が高いんだ。よってオトリが直ぐにヘタばるので、オトリの扱いは優しく。決して強く引かないこと。あとオトリ缶などを使って、無用なオトリの消耗を押さえることが大切です。

渇水状態です(2007-08-10 19:20)
今日は神田さんが、26cmを頭に10本。その他は宇野さんと牧田さんが昼から入って、6本から7本。山下さんも、同じくらいでした。

水は澄で、超渇水状態。石に青ノロが付いちゃって、釣り難いよ。青ノロがない石を探してオトリを入れれば、適度にオトリが変わって一日は遊べます。

型が良いので、皆さん満足!(2007-08-07 19:13)
昨日は、平山さん11本。田中さん8本。小井手さん6本。高村さん9本。清水さん8本。高嶋さん11本。今日は横須賀「天幸」の米山さんが9本。その他は6本から8本。

数はそれ程多いとは言えないけど、18cm〜26cmと型が良いので皆さん、満足して帰って行かれます。一番多く掛かるのは22cm〜23cmくらいかな。

流れの速い所と深場が良い。詳しいことは、お店で取っておき情報をお教えします。水は澄で、-5cm。渇水になりました。この所、ずっと暑い天気が続いているし、ここらで一雨欲しい感じです。

良型が出ています(2007-08-05 19:04)
今日は新井さんが13本。赤坂さん12本。上田さんは、2時までで14本。香坂さんは徹夜で仕掛けを作り直して、針は10号-10号のチラシ。糸は0.3号の金属。この仕掛けで25.5cmを掛け、更にこの25.5cmをオトリにして、同型の25cmクラスを掛けました。そして良型ばかりを計7本。豪快な釣りだったらしいよ。

最近、良型が良く掛かるようになり、仕掛けトラブルで貴重な野鮎をバラしてしまうお客さんが増えています。今後、松下に来る人は一旦仕掛けを見直し、数ランク仕掛けサイズをアップさせてから釣りに来て下さい。

水は平水で、澄んでいます。

ちょっとアカ腐れ気味(2007-08-04 18:41)
水は平水で、澄んでいます。釣果は平野さんが、24.5cm〜17cmで19本。浜田さん9本。前池さん8本。その他の人は5〜6本くらいかな。

今日は風が強くて、皆さん、難儀していました。普通、夕方には凪になるんだけど、この時間でも強い風が吹いています。平野さんも「風さえなければ25本」と言っていました。

でねー、アカがちょっと腐って来ちゃったよ。急に気温が上がった事と、この前の中途半端な水のお陰で、石に泥が乗ったんだろうね。その泥のせいで、アカが腐っている所があります。よって狙い目はチャラでありながら、深めな所。水がゆっくり動いていて、アカが腐っていない所を釣って欲しい。良く探せば、きっと見つかります。

水は平水に戻りました(2007-08-02 19:16)
釣果は佐竹さん12本。佐竹さんの魚はなかなか良い型で、17cm〜25cm。佐竹さんも型が良いので、とても喜んでおられました。その他には前池さんが10本。

水は完全に平水に戻りました。当然、澄んでいます。今日は東京で雨が降っていたの? こっちはカンカン照りで時々、パラパラッと雨が降った程度。風もなく、釣り日和でしたよ。

今日は大仁の花火大会(2007-08-01 19:54)
余りに花火大会が綺麗だったので、思わずレポートするのが遅れてしまいました(笑)。釣果は山下さん、奥山さんがそれぞれ10本。高村さん21本。その他のお客さんは5本から8本くらいだった。型は15cm〜25cmです。

今日は風もなく、余り強すぎる日差しもなくと言う事で、釣り日和だったと思います。でも日差しが少し弱かったせいで午前中、ちょっと水温が低め。なので追いがイマイチだったね。でも午後から水温も上がって、追いが立ってきた。水は+10cm。当然、澄んでいます。

とにかく明日の方が、今日よりは良いと思います。期待してください。

今日は釣れたよ。明日も問題ないと思う(2007-07-31 16:36)
東京辺りでは、夜も雨が激しく降ったらしいね。でも昨晩、こっちはシトシトと少し雨が少し降っただけ。昼間の間に降った雨が、メインだった。昨日、早めに雨が上がったので、今日は朝から竿を出すことが出来ました。

ただ10時までは、まだ濁りが強くてダメ。そして10時から午後1時の時間帯で、笹濁りまで回復。ナント、この時間に鮎が入れ掛かり。二人の釣り人がいて、この時間帯にそれぞれ7本と8本。その後の1時以降は川が澄んでしまって、ウンともスンとも言わない状態。全く魚が追わないんだよぉ。困ったモンだ。魚のサイズは雨の後のせいでちょっとダウンし、20cmくらいまでです。

こんな感じで、梅雨も完全に明けました。初夏の濁りは禁物だけど、今の鮎は笹濁りの方が追いが立って、釣れるようになってきた。現在、水は+10cmで澄んでいます。通常、出水の後の澄みは追い渋るんだけど、今日は早くから澄んだので、明日は特に問題なく釣れると思います。狙い目は流れの緩い所。頑張って、釣りに来て下さい。お待ちしています。

明日の釣りは難しいな(2007-07-30 18:49)
今日は午前中、もの凄い雨。それで一気に水が+40cmまで増水し、真っ茶色の濁流になった。その後、午後に向かって雨はやみ、現在は+25cmくらい。まだ濁りは取れません。

なんか雨はやんでも、周囲の山並みは霞んでいるし、ずっと暗かった。この分じゃ、今晩も雨が降るんじゃないかなぁ。というより天城あたりは、ずっと雨が降っているのかも知れないね。里で雨がやんでいるのに、川の濁り具合が変わらないからさ。

とりあえず、明日の釣りは難しいという感じ。今晩の雨次第だ。もし明日釣りたい人は、朝の7時以降、お店に直接電話してください。

今日もまぁまぁだと思うよ(2007-07-29 18:50)
釣果は、上田さん16本。宇野さん12本。赤坂さん10本。昨日から連釣の岡部さん9本。それから鮎釣り三回目で、昼から二人連れで川に入った丸山さんは、26cmを頭に7本。鮎釣り三回目でこの釣果は、あっぱれだ。本人も大喜びで帰って行かれました。

水は平水に戻ったね。当然、澄んでいます。で、まだガンガンなどの流芯は、ちょっと分が悪い。アカが付いていないんだと思う。瀬を攻める場合は、流芯を外して石裏などを釣った方が良いでしょう。全体的に、チャラは良好です。

今日は雨という話もあったけど、良い天気だったよ。風もそこそこで、釣り日和の日曜日だったと思います。そろそろ梅雨も終わりそうだし、今後もこの調子で魚が追ってくれると、私も枕を高くして寝られそうだよ(笑)。

調子、良好(2007-07-28 18:56)
今日は釣り&BBQ大会でした。参加された皆様には、お疲れ様です。8時から午後1時まで行われた釣り大会リザルトは、以下の通り。


優勝・橋本さん

二位・前池さん

三位・石井さん


優勝の橋本さんは、25.8cmを頭に12本。なかなかの釣果でしょ。その他には、24cmくらいの魚も目立っていたね。釣り&BBQには参加されなかったけど、青梅市の岡部さんは、松下に挑戦5回目で初のツ抜け。大喜びで、今もお店でお客さん達と話をしています。おめでとう。

今日は釣り大会だったので、一般的な釣果はハッキリしないけど大体、午前中で5本から6本くらいが平均だと思う。水は+5cm。澄み。アカの付きは6〜7分。川は順調に回復中で、魚の追いも活発。明日も十分、期待できると思うよ。

お客さん少なめ(2007-07-27 19:11)
今日はちょっと、お客さんが少なかったなぁ。いつもの高村さんと違う高村さんが17本。前池さん14本。桜井さん11本。一番釣れなかったお客さんも7本でした。

状況は余り変わってない。やっぱり当分は、チャラに分がありそうだね。水は+8cmで、澄んでいます。

さて掲示版への質問に答えておきます。「今、釣れている魚は成魚放流の魚か?」という質問ですが、放流魚が多く掛かるポイントも、実際にはある。ただチャラなんかでは、この限りではないね。この辺りの情報は実際にお店にみえたお客さんに、伝えている情報なんだ。詳しくお知りになりたい方は是非、お店(松下)に釣りに来て下さい。お待ちしています。

良い感じです(2007-07-26 18:58)
今日は三浦さんが15本。小野さん23本。高村さんは24.5cmを頭に22本。前池さんは26cmを頭に33本(画像)。高松さんは半日で12本。でも高松さんは、昼頃に引き箱を流してしまって意気消沈。もし松下の下で引き箱を見つけた方は、津田オトリ店までご連絡頂けると幸いです。

さて魚の型も良いし、数も悪くない。なかなか良くなってきたね。皆さん、チャラが良いようです。まだ流芯にはアカが薄いんだろう。流芯が釣れるようになるには、もうちょっと掛かるかな。

水は+10cmで澄み。今日は薄日の一日で、雨は降りませんでした。しかし異常なまでに蒸し暑い一日だったねぇ。私は草刈りしたら、汗をかいてクタクタになってしまった。でもまぁ、そろそろ梅雨も開けそうだし、こんな薄日の一日が釣り日和になってくる頃なんだよな。さぁ、これからが本番だ。

今日も回復基調(2007-07-25 18:58)
今日も連釣の山下さんは、22本。山下さんは6本・10本・12本・22本と釣ってきた。この釣果が、川の回復を如実に表しているね。山下さん曰く、「良い川になってきた。もうちょっと遅く釣りに来ていたら、爆釣だった」と…。

水は+10cm。澄んでいます。今日も天気が良かったので、アカ付きは5分から6分。瀬でも、そこそこ掛かるようになったよ。鉄筋棒や大石周り、ヤナギ前でも追いが立ってきました。うちのお客さんじゃないけど、鉄筋棒で良い型の鮎を10本くらい立て続けに掛けているのを見ましたよ。

これからも日に日に、アカが付いていくでしょう。明日以降、とりえずチャラを上手く釣り歩けば30本くらいは掛かるんじゃないかと、私は思っている。頑張ってください。

順調に回復していると思うよ(2007-07-24 18:49)
今日は山下さんが12本。赤坂さんも12本。鶴岡さんは半日で5本。型は大体、14cm〜23cm。水は+15cmで澄です。

山下さんはこの三日、ずっと釣り続けていて、その釣果を見ると6本・10本、そして今日の12本。このデータを見るだけでも、川が順調に回復しているが分かる。今日は良い天気だったから、この調子で晴れてくれると有り難いんだけど…。

狙うポイントは、やっぱり流れの緩い所。瀬のきつい所や流芯は、避けた方が良いでしょう。具体的には石裏狙いだね。場所は三つ目の島周りが良いようです。でね、水は+15cmと言っても、今までずっと渇水だったので、体感的には+30cmくらいに感じるかも知れない。でも冷静に流れの緩い所を探して、釣ってみて下さい。

何とか釣りになってます(2007-07-23 17:00)
一昨日の21日は、前池さん12本。小野さん7本。昨日は山下さん6本、三島からのお客さんが5本。

今日は山下さん10本。小野さんはまだ上がってこないんだけど9本の時、「頑張って、10本以上にする」って言っていたので、今頃は10本を超えていると思います。その他は4本から5本くらい。大きさは、21cmクラスが最大だね。で、現在の水は+20cmで、澄んでいます。

こんな感じで、何とか釣りになってきていますよー。今回の水のお陰で、川の汚れは一掃された。青ノロも無くなったので、釣り易い。あと2日から3日で、新アカがしっかり付いてくれば、楽しい釣りが出来るんじゃないかな。小型の鮎もキラキラしているから、期待してください。

※津田オトリ店の釣り&BBQ大会7/28、詳しくはお知らせを参照してください。

釣り人がチラホラ(2007-07-20 18:59)
現在の水は+25cmで、澄んでいます。でねぇ、今日は狩野川大橋から修善寺橋の間に、釣り人がチラホラ。大体10人くらい、入っていたと思います。気の早い人は、昨日から入っている人もいるよ。昼時、川周りがてらに釣果を聞いてみたら、いい人で5本から6本くらいだった。昼に聞いたんだから、この釣果は半日のモノだよ。どう? そこそこ遊べるくらいは、掛かっているんじゃないかな。釣れる場所は、石裏などの流れの柔らかい所だそうです。

今までの汚れは、綺麗さっぱり流れたけど、川底は思ったほど荒れていない。これなら川の回復も、思ったより早いかも知れない。これは今回、二回に分けて水が出たからじゃないかな。徐々に水が出て、徐々に水が引いてる感じです。だから、川底の荒れが少ないんだと思う。

さて問題は今後の見通しだけど、思ったほど荒れていないとは言え、その後、ちょっと天気の悪い日が続いていますねぇ。なので完全回復には、まだ時間が必要かも知れない。お日様が良く出てくれれば、有り難いんだけどねぇ。とは言え、今日も遊べるくらいは掛かるようになっているし、川の真ん中に立ち込んで釣っている人もいる。よって現在も鮎釣りが釣りが出来ない訳じゃないんだ。もうちょっと、様子を見させてください。また変化があったら、レポートします。

※津田オトリ店の釣り&BBQ大会7/28、詳しくはお知らせを参照してください。

まだ40cm高いな(2007-07-18 19:04)
今日の水位は+40cmで、ほとんど澄んでいます。うーん、そうさなぁ。釣りが再開できるまでに、あと三日から四日と言う所かな。今までが渇水だったせいで、かなり水が高く感じるよ。そのせいか、まだ竿を出す強者がおりませんです。

今日は狩野川大橋から修善寺橋の間の放流を手伝ってきた。で、川を見たんだけど大体、こんな感じ。澄んでいると言っても、微妙に潤んでいてね。40cmくらいまでしか見えないのよ。で、川底の様子がハッキリと分かりません。だから釣り再開の目処について、あんまり自信がないんだよ。

まぁあと二日くらいすれば、ハッキリすると思うので、またレポートします。もうちょっと待っていてください。

※津田オトリ店の釣り&BBQ大会7/28、詳しくはお知らせを参照してください。

良い水の出方だった(2007-07-15 16:53)
今回の水は、3mにちょっと届かず。実質250cmくらいの水が出たと思います。現在は1m80くらいにまで、落ちています。雨も深夜零時頃まではかなり降ったけど、その後は小雨。今朝の8時頃からは、特に雨という感じではなくなった。まぁ、風は全く吹かなかったので、台風という実感が無かった。お陰様で、被害は全く出ていないようです。ナニヨリだよ。


この雨はいつもと違って長く降ったから、今までみたいに直ぐには落ちないだろうね。川底もきれいに洗われ、白川になっていると思う。小ジャリも完全に移動したはずだ。良い塩梅の水だったよ。と言うわけで、釣り再開時期について、今はコメントできない。もうちょっと時間が必要だ。まだ川底もはっきり見えないし、川に近づけないからね。まぁ二三日のうちには、分かってくると思う。そうしたらレポートするので、もうちょっと、お待ち下さい。

さて今はすっかり晴れ、夕日が眩しいよ。そして、とてつもなく蒸し暑い。この調子で晴れてくれたら、川の回復も早そうだ。

今日の雨は断続的(2007-07-12 19:01)
今朝、+40cmまで水が落ちた。一時は2mも水が出たのに、直ぐに落ちちゃうんだよなぁ。やっぱり天城山の方で、あんまり降っていないのかも知れないね。

今日は午前中、曇りで雨降らず。午後になって一時、強く降ったけど、その後はパラパラ。まぁ、断続的な雨と言うヤツだ。で、今は+60cmになっています。濁りは思ったほど、濃くないよ。黒っぽく見える濃い目の笹濁り程度。まだまだ雨が欲しいな。砂も出ているし3mくらい出て、心機一転と行きたいね。まぁ、強い台風が来ているようなので、期待しています。ただ水の被害が出ない範囲で、お願い致します。

最大2mの水が出ました(2007-07-11 17:01)
昨晩から降り出した雨で、一時は2mの水が出ました。だた私としては、あと50cm欲しかったなぁ。もう一息だったのに…。とりあえず流芯のアカはこれで、ほぼ飛んだはずだ。現在は70cm〜80cmの水となっています。

雨としては深夜に強く降ったけど、その後はまぁまぁ。夜が明けてからは、降ったり止んだりで、畑仕事なんかが出来ました。ただ今晩から、また降るらしいね。その雨に期待しよう。またレポートしますね。

相変わらずだね(2007-07-10 18:56)
今日は午前中、雨降らず。午後から雨が降り出したけどパラパラ雨で、今はやんじゃってる。釣果は雨の中、2時から4時半まで頑張った池谷さんが7本。池谷さんが言うには、やっぱり深い所はダメで浅場が良いらしい。また流れの緩い所には藻が育ってしまって、釣り難いという事でした。

今、水は渇水で澄んでいます。うーん、やっぱり雨が欲しいなぁ。最低でも1m50cmから2mの水が出ないと話にならないね。1m位の水じゃ、泥が石に乗るだけで逆効果になる。ただ天気予報によると、今週はずっと雨らしいな。狩野川のために期待して、雨を待っている今日この頃です。

先の雨の影響なし。依然として渇水だ。(2007-07-07 18:54)
一昨日の雨では深夜に一時、+20cmの水になった。でも明け方には、もう+10cm。夕方には、また渇水状態に戻っちゃったよ。この程度の雨じゃ、話になりません。

今日は午前中、雨がパラッと降ったけど、それだけだ。釣果は平野さんが11時からで10本。浜田さん4本。

ポイントはチャラや、柔らかい流れで浅い所。本線はダメっぽいな。うーん、まるで土用の川になっているから、浅めの所に魚が出てくる感じ。健闘を祈ります。

一雨来ないと、どうにもならない(2007-07-04 18:55)
うーん、水がありません。青ノロも多少、混じっている状態で、-15cmの渇水状態です。状態だけで言うと、土用の川のような感じかな。だから追いも渋いんだよなぁ。これは2mくらいの水が出ないと、どうにもならない感じなんだよねぇ。でも今日も一時、ちょっと雨が降っただけ。ホント、情けなくなるよ。

とりあえず釣果はここ数日、うちのお客さんで2本から8本くらいかな。で、瀬も掛からないんだけど、型狙いの人がそれでも良いからと瀬に竿を入れると、22cm〜23cm級が掛かるんだよね。それからたまに数釣りが出たという話も聞くけど、それは固まった鮎に偶然、ぶち当たった人のみ。決して一般的な話じゃありません。

まっ、愚痴ばかり言っていても仕方ない。とにかく災害にならない程度の雨が、降って欲しいと願うだけだね。

梅雨なのに渇水(2007-06-30 18:47)
釣果は平野さんが14本。浜野さん11本。加賀見さん6本。宇野さん6本。型は16cm〜19cm。極端に小さい魚は、いません。

うーん、水は澄んでいるけど、梅雨なのに超渇水だ。青ノロが出ているくらいで、石も汚れ気味。ここはやっぱり水が欲しいなぁ。2mくらいの水が出ないと、この状況は変わらないかも知れない。今年の天気は異常だね。

狙うポイントは、ザラ瀬。瀬やトロも掛かるけど、数が出ないので、オトリが続かなくなるよ。分流だったら小ガンガン以外。本流は新堤の終わりから、農業用水の注ぎ口くらいまでかな。頑張ってください。

梅雨空なのに渇水(2007-06-26 19:50)
昨日は土井さんが、22cmを頭に10本。その他の人は2本から3本。今日はお客さんが、一人しかない無かった。まったくホトトだよ。魚の型は16cm〜22cmと、まぁまぁなんだけどねぇ。数が出ません。やっぱり初夏の曇りは、ダメなんだよね。晴天じゃないと。しかしこれまた、雨も降らないと来てる。

水は渇水で、澄んでいます。梅雨空なのに、雨があんまり降りません。とうとう青ノロや、青ゴケが出てきちゃった。あー、本当に2m〜3mくらいの水が、欲しいなぁ。災害にならない範囲で、雨よ、降ってください!

午後から雨降り(2007-06-24 19:18)
今日は午前中、良かったんだけど、午後からパラパラと雨が降り出した。釣果は岡林さんが3時間半で10本釣ったので帰ってきたら、9本しか魚がいない。「計算を間違った」と、悔しきりでした。その他の人は、0本から5本。そうそう、笹野さんの奥様が、1時間竿を出して一本掛け。大喜びでしたね。

午後からの雨は最初、小雨だったけど4時頃から、そこそこの雨量に…。で、気温も寒かったんだよね。だから雨が降り出してから追いが渋って、その上に寒さが重なって皆さん、早上がり。釣果的には、今一つの日曜日となったようです。

雨の影響は余りなかった(2007-06-23 19:10)
今日の釣果は西田さん、そして西田さんの弟さん、お婿さんがそれぞれ6本、6本、3本。平野さんが15本。落合さん6本。その他、4人くらいのお客さんが4〜5本だった。

今日は本線の瀬が、良かったらしい。レインボークラブの戸塚さんが鉄筋棒のちょっと上で、22cm程度の鮎を5本、入れ掛けたと聞きました。本線の瀬と言えば普通、西田さんの独壇場なんだけど、今日の西田さんはお連れさんの面倒を見て忙しかったらしい。それで西田さんの釣果が、伸び悩んだね。

水は雨で最高+20cm増えてから、10cm落ちた。それで今は-10cmくらい。澄んでいます、もう今まで通りの渇水状態だよ。結局、昨晩の雨の影響は、余りなかった。やっぱり雨が欲しいなぁ。しかし明日も、この感じではまぁまぁ、行けるでしょ。

雨が欲しいなぁ(2007-06-22 18:35)
ずっと更新できなくて、すいません。釣果は17日に、鈴木さんが14本。18日は該当者無し。19日は西田さん、小井手さん、浜松から見えたお客さんが、それぞれ7本ずつ。20日は益子さんが5本、鈴木さん8本、もう一人の鈴木さんが3本。21日は池谷さん11本、米山さん7本。22日の今日は、岡安船長が3本。

水は変化無しで、澄んでいます。今の所、雨の影響はありません。とにかく渇水だよ〜。災害にならない程度で、2m〜3mの水が欲しいなぁ。17日からの釣れ具合を見ていると、ポイントはトロ。そして葦の生えているような浅場の際。要するに真に立ち込んで、両岸を釣る感じだね。本線の瀬は良い魚が掛かるんだけど、一日頑張っても5本くらいで、オトリが持たないんだ。やっぱり、どうしても瀬釣りだとオトリに負担が掛かるからね。多めにオトリを持って入って、瀬を釣れば良い型の魚が釣れると思う。

私はこの所、監視員の仕事が忙しくて、余り釣りが出来ない状態。お客さんの釣果だけ見ると余り芳しくない感じだけど、上手く釣れば釣れると思うんだよね。とにかく今のお客さんは、「鮎が掛かる!」という自信を無くしている。だからちょっと掛からないと、場所を頻繁に移動したり、オトリを引いてしまうんだ。それで結果的にオトリを弱らせてしまい、余計に掛からなくなる悪循環。釣れるという自信を持って、釣って下さい。まぁ、今は釣れ渋っているから、お客さんが自信を無くすのも無理無いんだけどさぁ。気難しい釣りになっていることは、事実だからねぇ。

とにかく今は、釣り人の気分を変える為にも、鮎の活性を上げる為にも、雨が欲しいよ。水よ、増えてくれっ!

午後から入った人が良かった(2007-06-16 18:52)
今日の釣果は、杉山さんが11本。杉山さんは新婚で、今シーズンは余り釣りに行けないらしい(笑)。三島からみえたお客さんが9本。そしてレインボークラブの内山さんが午後から8本。同じくレインボークラブの加藤さん(熊谷)は、06号で一つ高切れ。02号で二つ高切れ。トラブル続きでしょげていたけど、7本持って帰って来たよ。

今日は午前中、追いが悪くてイマイチ。でも午後から追いが立ってきたよ。だから午前中に大切なオトリを弱らせちゃったら、万事休す。一方、午後から新しいオトリを持って入った内山さんや、加藤さんはそれなりに楽しめたんじゃないかな。実はトラブル続きだった加藤さんは、大トロを攻めたんだよね。やっぱり深いところに、大きな魚がいるんだと思う。

昨日、チビ鮎が多数、遡って行ったと書いたけど今日は鉄筋棒などの本線ででも、そこそこ掛かり始めた感じ。やっぱり天然鮎が増えると、瀬が良くなるのかな。今後、楽しい瀬釣りが期待できるかも知れない。

と言うわけで、明日も天気が良いようだし、良い釣り日和になりそうですよ。

梅雨の合間の五月晴れ(2007-06-15 18:29)
昨日の雨は大したこと無かったな。+15cmくらい水が増えただけ。だから今日はもう平水だ。水はうるんだ状態。「うるんだ」と言うのは、笹濁りより薄い濁りだよ。しかし梅雨に入ったと思ったら、もう晴れ間が出ちゃって、今年の水は大丈夫なの? 川がうるんでいるので、夏の盛りなら持って来いの状態なんだけど、今は初夏(よりももっと早い?)だからねぇ。イマイチでした。でも明日は水も澄むので、期待できると思います。

今日は久しぶりに5cm〜6cmの鮎が多数、跳ねながら遡っていく姿を見ることが出来ました。この時期にちょっと遅い感じもするけど、天然鮎が上っていく事は良い事だ。頑張って大きくなって欲しい。

私は今年、監視員をやっているので、修善寺橋から大仁橋の間をよく観察しているんだ。色々な人に話を聞いても、20本越えは難しい感じ。大体、10本代だね。という感じで6月末にならないと、スカッとした釣りは期待薄なのかなぁ。

黒い石を探そう(2007-06-13 18:43)
昨日12日は、上木さんが8本。平野さんと平山さんが9本。鈴木さん15本。今日は山下さん10本。午後1時より入った土井さんが16本。その他は5本から6本。水は平水で、澄んでいます。型は12cm〜19cm。

うーん、毎日、釣れる場所が変わる感じ。時間でも変わるし…。だから、これと言って狙い目のポイントをアドバイスできないんだよねぇ。困ったなぁ。やっぱり6月の終わり頃にならないと、スカッとした釣りは難しいかも知れない。とにかくよく川を見て、黒い石を探しつつ釣って下さい。

でね、午前中、余り芳しくなった一戸さんが、午後に釣り始めたら一時、入れ掛かったんだって。でも立て続けに3本も切られて、合計6本。ここに帰って来てから「この魚で03じゃ、切られるわ」と、みんなに囃し立てられておりました。やっぱり細仕掛けで釣る時は、魚と一緒に下ってください。でもまぁ、松下では思わぬ所で良い魚が掛かるから、基本的に細仕掛けは避けた方が良いかもねぇ。

梅雨もそろそろ、始まりそうだ。今年は渇水が心配だし、鮎にも良い影響を与えると思うので、水が増える事を期待しています。

すっかり平水に戻った(2007-06-11 18:32)
釣果は田中さんが20本。望月さん14本。土井さん13本。サイズは12cm〜19cm。水は澄んで、平水です。

今日は濁りの後の澄と言う事で、釣れる所とそうでない所の差が顕著だった。注意深くアカを見れば、その違いが分かるんだけど、狩野川に慣れていないとちょっと難しい。結果的には、トロとヤナギ前が良かったようです。

しかし今日はすっかり平水に戻っちゃったね、この出水は一時的なモノだったし、出た水量も少しだったので、固まった鮎を散らす効果は少なかったな。特に鮎の動いた形跡はありません。そうさなぁ、少なくても1.5mから2mの水が欲しかった所だ。明日はアカも発達して、今日よりは釣れるポイントの見極めが簡単になると思うよ。川見の出来ない人は、それでも難儀するかも。但し追いが立って、鮎が急にハミ出す可能性もある。頑張ってください。

明日は釣り可能です(2007-06-10 17:33)
夕べは余り雨も降らず、今朝起きた時には水も澄んでいて、十分釣りが出来る状態でした。でも8時のから雷雨で、一気に水が45cmくらい上がった。まぁ、この時点でも濃いめの笹濁りで、それ程の濁りではなかった。ただ、初夏の鮎は濁りに弱いからね。梅雨明け以降ならいざ知らず、この時期ではちょっと釣りは無理。

但し雷雨は直ぐに終わって、昼ぐらいから天気は晴天に…。今は夕日がキラキラして、清々しい空気が満ちています。水は平水より+25cmくらいまでに回復。濁りは、薄めの笹濁り状態です。ちなみに昼から川に入った人は、3本・2本くらい釣っていますよ。


よって明日は十分、釣り可能です。天気予報でも、良い天気らしい。でもこの出水は、中途半端だったなぁ。もうちょっと水が出れば、固まっている鮎がばらけたんだけどね。

ひと雨欲しいな(2007-06-09 18:58)
今日の釣果は沖田さんが17本。その他の人は5本から8本くらい。サイズは12cm〜18cm。解禁直後から見ると、ちょっとサイズダウンした感じだ。

今日はねぇ、朝から暖かくて良い感じだったんだけど、10時以降、急に冷え込んできた。水温も18度までしか上がらず。よって追いも、いま一歩でした。終いに夕方4時頃から、小雨まで降り出しちゃった。

どうも鮎が固まっているみたいで、その固まりにぶつかると次々と掛かる。しかしその鮎の固まりを見つけられないと、苦戦するんだね。だからここらで一雨降って、固まっている鮎を散らして欲しいんだよな。しかし今日の雨は小雨で、話にならない。水の高さも変わらずで、澄んだままです。

午後が良いかも…(2007-06-07 18:42)
昨日は5本程度の釣果で、イマイチだった。今日は山下さん12本。潮田さん15本。土井さんが、午後の2時から4時間半で20本。

ここの所、午前中が追いが渋くて、午後から追いが出てくる感じ。総じて午後の方が釣れています。実際に今日の水温は午前中18度(潮田さん調べ)で、午後2時に私が測ったら22度まで上がっていた。だから4時頃には、もうちょっと上がっていたはずだ。よって上記の土井さんなんかは丁度、水温が上がって鮎の活性が高くなった時に釣りに入った事になる。

狙うポイントは浅めで、流れの緩い所かな。アカ付きも良くなって、黒い石が増えてきた。この黒い石をよく見て、オトリを入れて欲しい。緩い所と言っても、流れが緩すぎると石が茶色っぽく見えるはず。その点を注意深く観察しながら、釣って下さい。

<Tsumori>今日は釣りを終えた潮田さんからも、以下の話を聞けました。

「アカ付きも良くなり、バカ釣りは出来ないが、楽しい釣りが出来るようになった。小さい魚もたまに混じるものの平均16cm〜18cmの魚で、引き味も悪くない。」by潮田さん

黄色い石を避け、黒い石(2007-06-05 19:33)
望月さんは昨日からの連釣だけれども、今日は一日で12本。千葉市中央区の秋場さんが16本。

うーん、渇水で魚が固まっている感じ。追いがイマイチです。だから足で鮎のいる場所を探し、上手く釣らないと数が出ない。一雨欲しいな。

狙いお目は深い所より浅めの所で、黒い石が点在しているよう場所。そこでナメを捜してください。黄色く見える石の周りには、魚はいないと思います。

渇水になっちゃった(2007-06-04 18:39)
昨日、日曜日の釣果は沖田さんが13本。今日は小井手さん12本。望月さんが昼から入って13本。型は大きいので20cmくらい。

狙いのポイントは、深く強めの瀬の脇や際。またはチャラ瀬でも、大きく開いき、水がよれている様な所がいい。これは松下だけじゃなくて、私が監視員となって狩野川大橋から修善寺橋で、色々な釣り人に聞いてみた印象なんだ。頑張って、狙ってみてください。

水は-10cmの渇水。澄んでいます。うーん、一雨欲しい感じだなぁ。

今日はまぁまぁ良かった(2007-06-02 18:39)
今日の釣果は杉山さん21本。岡安船長17本。岡林さん12本。高村さん10本。サイズは15cm〜19cm。たまに10cmクラスが混じる事もあるが、総じて型は良好です。

今日はねぇ、気温が上がって、暖かかった事。水が澄んだ事が影響して、まぁまぁの釣果だったと思う。お客さんも大半は、満足して帰られたんじゃないかな。今日は、泊まりの客さんも多いです。

水は平水。当然、澄んでいます。ポイントは、分流のザラ瀬。まだ流れの強い所にいる魚が少ないみたい。でねー、時合いの関係が一時追って、しばらく追いが止まる傾向がある。だから掛かり始めたタイミングを大切にして、手返し早く、魚を釣りましょう。後は追いが止まったら移動かな。足で稼ぐ感じで、頑張ってください。

この分なら、明日も良いでしょう。

魚は良いけど…(2007-06-01 19:56)
昨日の釣果は潮田さんが15本。今日は岡安船長が8本。内野さんが6本。昨日、一気に30cmくらい水が上がって、茶色に濁った。今朝になって笹濁りまで回復したものの、今日は終日、微妙にうるみが残ったんだ。だから今日は、特に芳しくなかった感じ。

初夏の魚は、濁りに弱いからね。釣れる魚の型は、かなり良いんだけど…。なかなか数が出ませんねぇ。もうちょっと暖かくなる事が必要なのかも知れない。毎年、6月半ばくらいにならないとエンジンが掛からない狩野川だから、今年ももうちょっと時間が必要なんだと思います。

お日様待ちだ(2007-05-30 18:57)
今日の釣果は奥山さんが13本。木下さん11本。サイズは15cm〜20cm。平均は17cm・18cmくらい。唐揚げサイズは、少ないです。

今日も、とにかく寒いんだよ。だから鮎の追いが、良くありません。朝、水温16度。日中17.8度まで上がったけれど、これはほんの一瞬。すぐ下がり始めた。川に水温を測りに行った人も、そうそうに退散して来ちゃった。

でも、雨は降らなかった。一日中、曇りでした。夕焼けが出たくらい。だから水位に変化無しで、平水。澄んでいます。

とにかくもうちょっと暖かくならないと、鮎釣りどころじゃない感じ。太陽待ち、暖かい日待ちだね。

今日も寒かった(2007-05-29 18:23)
釣果は関根さんが20本。小野さん15本。佐波群の高木さん15本。写真の野口さんは昼から3時間で、21cmを頭に16本。

今日も寒かったねぇ。午前中水温は14度で、鮎の活性は低かった。午後から18度に上がり、何とか釣れ出したようだ。

水は平水で、澄んでます。ただ低水温の影響か、アカの発達が遅い感じがする。もうちょっと暖かい日が続くと良いんだけどねー。

風と寒さで散々(2007-05-28 18:46)
今日の釣果は、野原さんが14本。土井さん15本。望月さん13本。野口さん16本。

今日はもう風は強いし、寒いしで散々だったよ。川に入った人も、慌てて川から上がってカッパを着込む始末。私も川見に河原に行ったら吹きっサラシで、そうそうに退散してきました。それ程寒い。風も強いしねぇ。釣り人にとっては、とても辛い一日だったと思うさ。

水は+、5cm〜+10cmくらいかな。澄んでいます。ただ出水の後で、アカが薄い。後二・三日経ってアカが付けば、良い釣りが出来そうな感じです。

急に鮎が増えた感じ(2007-05-27 17:32)
今日の釣果は高村さんの41本。杉山さん32本。手嶋さん21本。後は10本台が多数。人も多かったからねぇ。その中で神田さん15本。嵩さん12本。サイズは20cmまで届かずで、19cmどまり。比較的大きい。チビは10cm〜12cmくらい。去年みたいにチビ鮎ばかりという事は、ありませんでした。

水は昨日から、15cmくらい落ちました。澄んでいます。でも鮎釣りにはまだちょっと高いな。朝方は水温が低すぎて、追い渋った。その後、晴天で気温も急上昇。10時頃から、掛かるようになりました。朝方の渋さに耐えきれなかった人は、掛からなかったと思う。その後も粘った人は、そこそこの数を確保できたはずだ。掛からなかった人も、高村さんのような40本台の釣果を実際に見て、その気になったんじゃないかな。

今年の解禁は雨と水に祟られて、どうなるかと思ったけど今日、急に鮎が増えた感じ。なんとか形になって、ホッとしたよ。やっぱり鮎は化け物だね。そうそう、掛かる場所は、流芯脇の柔らかい所。底の水がゆったりしている所が良い様です。

悪条件の中で、まぁまぁの解禁だ(2007-05-26 18:53)
現在、水は+25cmくらいで笹濁り。今日中には完全に、濁りが取れなかったなぁ。釣果は小田原の田代さんが2時間で13本。小島さんが17本。魚のサイズは16cm〜19cm。なかなか良い型の魚だったよ。去年みたいなチビ鮎は、ほとんどいなかったと思う。

今日、釣れた時間は10時から13時くらいなんだよ。10時までは濁りが強くてダメ。10時以降、何とか濁りも薄まったんだけど、13時から強風。とても釣りが出来ないくらいの風だった。

かなりの増水と濁り、そして強風が吹き荒れた中、小島さんの17本とか、まぁまぁの解禁日だったかな。悪条件が重なった割りには、そこそこの釣りが出来たような気がします。

明日、この濁りは取れるはずなので、今日よりは良い釣りが出来ると思う。期待してください。とにかく初夏の魚は、濁りに弱いからねぇ。で、折角の解禁日を襲ったこの高水だけど、溜まった鮎を分散した効果があった。オトリ屋の観点からは、かなり痛い増水だったと言えます。でも長い目で見れば、良い雨だったと思いますよ。

解禁速報1(2007-05-26 12:25)
狩野川橋から修善寺橋の間に、そうさなぁ、大体80人から90人は入っているかな。水は+40cm〜+50cmで、笹濁り状態。正直、初夏の鮎釣りには厳しい状態だけど、やっぱり狩野川の解禁は祭りだからね。

正午の段階で釣果は、0から3本くらい。釣れている人で、5本〜6本と言った所かな。

まだウチから川に入った人は、誰も帰って来ないよ。また夕方、レポートしたいと思います。

渇水時から60cmの水(2007-05-25 14:27)
うーん、昨晩からかなりの雨が降った。雨が降る前、渇水状態だったので、その状態から60cmの水だ。絶対水位だと+30cmくらいかなぁ。ちょっと黒っぽく濁っています。

まぁ、今後の雨の降り方にも寄るけど、明日の午前中は辛い感じだね。雨が今、止んでくれれば明日の午後からは釣りになりますね。ただもうちょっと、この雨は残りそうだなぁ。その上、初夏の魚は濁りを嫌うんだよね。なので、残念だけど、明日は厳しいと言わざるを得ない。

しかし明日は晴天になるみたいだよ。よって日曜日は、期待できそうだなぁ。雨のタイミングが解禁に被ってしまって、決して幸運とは言えないけど、水が増えた事は大きな意味があると思う。

とりあえず明日もレポートする予定です。

2007試し釣り(2007-05-16 17:10)
本日、試し釣りが行われました。今日は天気も穏やかで、釣り日和。ただ、肝心の試し釣りの結果は上流の結果が良く、下流の結果が余り思わしくないという、去年と同じような状態となってしまった。実際に川に入ってみて、確かに下流の魚は薄いという感じがしたなぁ。まぁ、まだ解禁までは10日あるし、一雨降れば、状況は一転すると思うよ。

あと今年の魚は妙に大きいね。試し釣りで釣れたサイズは大体、15cm〜18cm。一番大きいので20.6cmだった。平均で17cmくらいだった。


嵯峨沢橋付近      4人  68本

田沢橋付近       4人  71本

宮田橋付近       2人  23本

大見川・小川橋付近   2人  64本

大見川・年川合流点付近 2人  12本

修善寺橋付近      4人  42本

沖野原付近       2人  6本

狩野川大橋付近     2人  9本

神島橋付近       2人  9本

沼津大滝付近      2人  8本


河川清掃、お疲れ様でした。(2007-05-13 21:23)
本日13日、朝8時より狩野川河川清掃が行われました。参加された皆様には、誠にお疲れ様でございました。写真を見て頂ければ分かる通り、我がレインボークラブでは全長2m超、太さ1.5m程の大型ビニールパイプを河原から引き上げる事に成功。またいつものように、通常のゴミも持ちきれない程、集める事が出来ました。

で、今回すっかり、津田さんに正式に話を聞くのを忘れてしまいました。すいません。仕方がないので雑談の中で私(津守)が感じた遡上追加情報を少し、書かせて頂きますと、鮎の天然遡上自体は、去年のレベルを下回っているそうです。ただ去年の遡上が多過ぎた為、今年の遡上量が特に少ないと言う事は無いと思います。また遡上数が多過ぎず適当であるので、個々の鮎の成長が良好らしいです。去年はチビ鮎に悩まされた事を考えると、確かにそうなのかも知れませんね。

解禁も、もうすぐ。さてどうなります事やら、楽しみですね。

遡上、順調!(2007-05-05 17:37)
まだ目立つ程ではないけど、天然鮎の遡上は順調です。川を注意して見れば、あちこちに小さな固まりが、確実に遡上している事を確認できますよ。良型のアマゴを釣った人が、その腹を割いたら、中から稚鮎が5本から6本も出てきたとの情報もある。こんな感じで、まぁ、例年通りの遡上状態と言えるでしょう。ただ狩野川の解禁は毎年、ちょっと早め。だから今年の解禁時の鮎も、ちょっと小さいと思うよ。

<Tsumori>5/13(日)、狩野川清掃を行います。詳細はお知らせをご覧下さい。

遡上を確認しました。(2007-04-02 22:02)
3/21日、鵜対策のテグス張りで川に入った時には、鮎を確認できなかった。しかし今日(4/2)、大門橋から狩野川大橋の下まで、テグス張りをやったんだけど、私の目で、直に鮎の遡上を見ることが出来ました。また所々、浅い石に小さなハミ跡も見たよ。毎年、鮎の遡上を自分の目で確認すると、ホッとするね。

明日の4/3は、狩野川漁協で下流部に対し、第一回目の放流を行う予定です。そして4/6は上流部に対し、第二回目の放流を行います。

また近々、レポートします。

本ページではPCを使った自動データ処理を実現しています。 御社でも内容が自動的に変化するWEBページ等を使って情報発信してみませんか。 その他、ネットワーク業務システム構築も承ります。ご依頼はお気軽にメール下さい。 お打ち合わせは無料です。このページの管理は津守美弘が行っています。 インター津田おとり店は、携帯電話・スマートフォンからも同じアドレスでご利用頂けます。