インターネット津田おとり店・狩野川ニュース
狩野川の清浄化にご協力下さい
今年最後のレポートです。(2004-11-26 16:40)

昨日、相模原の高橋さんが1本掛けました。高橋さんは先の17日に7本掛けたお客さんで、なかなか川の状態を見切る能力に長けた人だと思っていました。昨日の1本は、誠にお見事です。


さて今日は千歳橋と、神島橋を見て回ってきた。神島橋には二人の釣り人が居たけど、全く掛からず。ナメも悲しいくらいに、全くありませんでした。その後の2時位から、松下に帰ってきて私も川に入った。流石にこの所天気が良かったので、大石周りやガンガンの際に多少のナメが見られる。でも鮎が追う程のナメではない感じだなぁ。しかし神島橋よりは数段ナメがあったので、もしかしたら掛かるかなぁと思って頑張ったんだけど結局、掛かりませんでした。と言う訳で寂しいけど、今年はもう終わりだね。


今年は10月の台風と11月の大雨の影響で、思った以上に鮎が早く落ちてしまったなぁ。普通なら、11月はもっと釣れるんだよね。ここで鮎が一旦落ちても、また降りてくると思ったんだけど…、ダメみたいだ。そんな訳で今年の「インターネット津田オトリ店」は、ちょっと早めの店じまいと致します。しかし実際のお店の方には年内一杯、オトリを確保しておくつもりです。奇特な方は電話でオトリをご確認の上、遊びに来て下さい。


ずっと「インターネット津田オトリ店」読んで頂き、誠にありがとうございました。来年の若葉の季節にまた、お会いしましょう。

------------------------------

<Tsumori>

あー、とうとう今年の鮎釣りが終わってしまったようですね。寂しいですが、致し方ないか…。インターネット津田オトリ店も現在の形態になってから3年、9月の初め頃には100万アクセスを達成させて頂きました。誠にありがとうございました。来年も頑張って更新したいと思いますので、よろしくお願い致します。

魚待ちだね。(2004-11-20 18:40)

今日は岐阜からみえたお客さん二人が、それぞれ二本づつ。その他三人程川に入ったけど、そのお客さん達は釣れませんでした。水の高さは+5cmくらいで、濁りはありません。昨日は一日、シトシトずっと雨が降ってものの、川は濁らなかった。でもこの雨で、急にナメが無くなっちゃったなぁ。この時期の魚はもう既に成長しきっているので、それ程アカをナメ無いんだけど、それにしても一気にナメが消えたね。やっぱり、松下にいた魚が落ちてしまったんだと思うよ。


とりあえず上から魚が降りてくるのを待つか。でも松下の鮎釣りが、終わった訳では決してないよ。釣れる魚が、まだまだ若いからねぇ。しばらく天気が続きそうなので、また魚が降りてくれば釣れると思います。

ようやく水が落ち着いた。(2004-11-17 17:00)

天気も良く、水も落ち着いてきました。水位は+7cm〜8cm。今日は私が2時から川に入り、1時間半で9本。これはガンガンの肩とガンガンで掛けたモノ。そして高橋さんが7本。高橋さんは鉄筋棒周辺と、二つ目と三つ目の島の間を行ったり来たりして掛けたモノです。釣れた魚は、まだまだ白いよ。


分流のアカはまだ薄いので、本流が良いね。そして本流は流芯でなく、瀬脇というか、足元付近がいい。このまま晴れが続けばここ一週間くらいは、(この時期相応の)安定した釣りが楽しめると思いますよ。そして今いる魚が下りきってしまうと、一旦釣れなくなる。で、また上から魚が降りてくる。このサイクルを繰り返しながら、段々と釣れなくなり、鮎の季節が終わっちゃう訳だね。うーん、もの悲しいねぇ。

2〜3日は様子見だ。(2004-11-15 16:40)

今日は濃いめの笹濁り。水位は+25cmくらい。うーん、何とも言えませんね。この所の雨でアカが落ちちゃったし、あと2〜3日様子を見ないと、何とも言えないね。


とにかくここ数日の雨で、川の状態は余り良くないよ。古いアカは腐り気味だし、流れがよれていて掛かりそうな場所のアカは薄いです。なんか上島橋辺りが釣れているみたいだね。ここも昨日は水晶山の下で午前中、型の良い鮎がドブ釣りで掛かっています。


明日から天気が良くなるそうなので、回復が早まると良いなぁ。

日曜日ならOKだと思う。(2004-11-12 17:15)

一時的な雨だけど、そこそこ降りました。最大、1mくらい水が出たからね。現在は+40cmで濁りがあります。明日には25cm〜30cmくらいになって、笹濁りという感じかな。釣りはちょっと難しそうだ。竿は出せると思うけどね。掛からないだろうと思う…。


明後日の日曜日なら水は15cmから20cmで、釣り可能でしょう。

アカが大分、付いてきた。(2004-11-11 17:00)

大分、アカが付いてきた。ハミ跡もいつもより多く、見える様になりました。魚が掛かる所は、瀬脇で有りながら流れにヨレがあり、ちょっと深い所。こういう場所にオトリを入れ、じっと待っていると掛かります。そんなメリハリのある場所は、分流の小さいガンガン辺りに多い。と言う訳で今日の釣果は3時間で、小さいガンガン周りを中心に7本。23cmオーバーが、4本含まれています(画像)。今日のトロは、何故か奮いませんでした。


水温は17度。水は平水から、渇水に入った所かなぁ。うーん、やっぱり平水かなぁ。あんまり川が変わってしまったので、平水の概念が分からなくありつつあるんだよね。本線のガンガンなんかを見ると、まだ水が多く感じるよ。

今日もトロだ(でも3人位まで)。(2004-11-10 18:55)

今日は相模の高橋さんがトロで7本。西田さんが対岸で6本。その他はオデコの人が二人で、1本のお客さんが一人。色々な所を探ってみたけど、お客さんが居るポイントには入れないので私も1本のみでした。水は平水で、水温は18度。


まだ瀬の芯にはアカが付いていないね。石が灰色で、ヌメリがない。この所の好天で水温が高めだとはいえ、やっぱりこの時期のアカ付きは遅いなぁ。と言う訳で流芯の釣りは、もうちょっと待った方が良いです。そしてヤナギの前に、ナメがちらほら見えるようになった。分流の大石周りも、そこそこ掛かります。でやっぱり一番調子が良いのは、トロだね。でも三人位までしか、入れないけどね。

今日はトロが良かった。(2004-11-09 16:50)

昨日は私が昼から2時間竿を出して4本。結構、釣れたんだよね。水温は16度でした。今日はトロに5人入って、1本から6本。瀬に4人入って、0〜2本。今日は水温は18度と上がったんだけど、瀬のナメが消えちゃったよ。ちなみに今日は私も3時間、瀬に入って1本でした。トロに入った人は、楽しめたと思います。


昨日は瀬にナメが多くて、トロに少なかった。今日はトロにナメが多く確認されて、瀬のナメが減ってしまった。やっぱり魚が移動しているというか、日々、落ちているんだろうね。今シーズンも、最終コーナーを回った感じかな。明日も天気が良いようなので、釣り日和ですよー。

今日は瀬が良かった。(2004-11-07 17:05)

今日も良い天気だったねー。ヤナギやトロでは鮎のハネが多数、確認できます。釣果は佐藤さんが5本。小野さんが4本。流心で比較的よく掛かったようです。流心と言っても流心でありながら、オトリが泳げるような石裏の下とか、そういう流れが弱い所が狙い目です。


後4日〜5日くらいで、アカ付きはベストな状態になると思う。やっぱりこの時期は、アカ付きが遅いね。それと昨日まではオスがよく釣れていたけど、今日辺りからメスが多く掛かるようになりました。先にオスが下ってその後、メスが落ちるんだよね。メスは卵を持っているので、早めに釣りに来た方が良いですよ。


<Tsumori>11/6の釣り大会写真をアップしました。よろしかったらアクセスして下さい。

優勝・加藤さんの写真

加藤さんを優勝に導いた24cm鮎(これは石井さんのアップです。ありがとうございました。)

三位までの入賞者の写真


大会、ご苦労様でした。(2004-11-06 18:00)

釣り大会&バーベキューが秋の晴天の元、恙なく終了しました。ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。大会リザルトは以下の通りです。
1位 熊谷の加藤さん・24cm 135g

2位 高木さん・24cm 80g

3位 戸塚さん・23cm 120g

(判定基準一匹寸長)

今日は本線の方が良かったようです。水は+10cm。アカ付きがもうちょっとなので石裏の引き込み、瀬の流芯の際など、要するに鮎が楽に泳げるような所が狙い目です。今週は今後も天気が続くようなので、日増しにアカ付きが良くなるよ。だから秋晴れの中、是非、最後の鮎を釣りに来て下さい。

晴天で釣果も良。(2004-11-05 16:40)

今日は気持ちの良い秋晴れだった。気温も順調に上がって、鮎の活性もまずまず。やっぱり良いのはトロで、次は本線の瀬脇だったね。釣果は群馬の清水さんが5本。木下さんが10本(画像)。木下さんは朝から夕方まで、トロでよく頑張った。木下さん曰く、「今日はトロの真ん中が良い。」と言っていました。その他のお客さんは2本から3本くらいでした。


魚はいるよ。跳ねるときは、あちこちで跳ねる。そしてようやくアカが付いてきて、何処でも掛かるようになった。明日はもっと良くなると思うよ。明日はバーベキューと釣り大会だ。朝9時までなら飛び入り参加もOKなのでお誘い合わせの上、遊びに来て下さい。

トロが良いようです。(2004-11-04 17:15)

昨日は高木さんがガンガンの肩で6本。鈴木さんがトロで4本。後のお客さんは0〜3本くらい。今日は滋賀から見えた笠原さんが、シルバーシートで9本。他のお客さんは、やっぱり0〜3本くらいかな。私が昼から竿を出して4本。内訳は本線のガンガンで1つ。分流のガンガン(小)で1つ。トロで2つ。水の高さは+15cm。


本流の瀬のアカ付きは5分だね。まぁだから数を釣りたいなら、トロが良いかなぁ。トロでは鮎がさしてくるタイミング、要するに時合いが大切。一日頑張って粘れば、5本から10本は行けると思うよ。それでトロは立ち込まず、足元が狙い目です。しかし問題もある。トロには3人位しか入れなんだよねー。


しばらくこの晴天が続くので、明日や明後日にはアカ付きがもっと進みます。なので本線の鉄筋棒から、ガンガンの肩が狙い目だよ。特に明後日のBBQ&釣り大会では、瀬を狙った方が良いんじゃないかな。

明日は今日よりは良くなるよ。(2004-11-02 16:40)

昨日は雨で川が濁ってしまった。水位も+30cm程度。と言う訳で、釣りは出来ませんでした。しかし今日は水も澄んで、水の高さは+20cm。分流より、本線の方がアカの付きが良いです。釣果は大体、一人1本くらいだね。


私は三つ目の島から本線を釣り下って、トロで2本掛けました。24cmと21cmだったよ。昨日の水で石に泥が乗っちゃって、今日の追いはイマイチなんだよねー。でも明日は濁った翌日の更に翌日なので、良くなるよ。天気も良さそうだし、期待できると思います。

川はそんなに寒くないよ。(2004-10-31 17:40)

現在の水位は15cm〜20cmくらい。川は雨でちょっと濁ってその後、笹濁りへ。今は微かに濁りが残っている状態です。今日はお客さんが数人入ったけど、濁りが出たので早々に上がってしまった。でもこの雨で川が軽く濁ったので、アカ付きが促進されるはずだよ。


私はズガニ漁で川に入っているけど、水の中はそんなに寒くない。明日は私も竿を出してみます。先にも書いたけど、この雨が川には良い材料となると思うんだよね。完全に澄んでいるより、アカが付きやすくなる。また報告しますね。

今週末はそこそこ良さそう。(2004-10-28 17:35)

今日の釣果はシルバーシートで2本と5本。三つ目の島の頭で6本。シルバーシートの釣果は、正面のテトラで鮎のハネが多数見られ、その鮎がさしてきたモノ。だから一日釣っていても、鮎のさすタイミングでしか掛からないみたいだ。一方、三つ目の島周りには、良いアカが付いてきた。全体では分流より、本流の方がアカの付きが良いね。


水は+15cmくらいで大分、川が回復してきた様です。今週末は、そこそこ良い釣りが出来そうだよー。

だいぶ回復してきた。(2004-10-25 17:45)

現在の水位は+20cmくらい。ほとんど濁りはなくなりました。日曜日は4人程入って、1本から2本。まだちょっと早すぎた感じ。でも今日は一人のお客さんが午前中に3時間竿を出して、23cmを頭に5本。そこそこ回復してきた印象だね。まだアカが少ないので魚は痩せていますが、サビはないよ。もうちょっとアカが付いて鮎の栄養状態が良くなれば、お腹も張ってくると思われます。


今回の出水では余り、魚が下流に落ちていない感じだね。結構、色々な場所で魚を見る事ができるんだよ。これならアカが付いてくれば、それに伴って段々良くなると思う。完全にシーズンが終わっちゃう前に、何とかなるんじゃないかなー。毎日、刻々と状況が変わっているので、もし釣りに来る時には事前に電話(0558-72-5687)で確認した方が良いでしょう。お待ちしています。


来る11月6日(土)に恒例の「釣り&バーベキュー大会」を予定しています。参加費は3000円(オトリ別)。豪華景品争奪ジャンケン大会などもありますよ。電話でご予約の上、奮ってご参加下さい。

今回はお店に被害無し。(2004-10-21 18:00)

今朝の水位は+80cmくらい。現在でも水あまり落ちていなくて、+60cmから+65cm程です。今回は思ったより、雨が降らなかったね。良かったよ。おかげさまで、直接的なお店への被害もありませんでした。引き続き色々とお見舞いのお言葉などを頂きまして、ありがとうざいいます。感謝しております。


で、鮎釣りなんだけど24号も迫っているので、何とも予測が付きませんねぇ〜。今週末の釣りについては、ちょっと難しい感じです。ただ22号の時も微かに残ったアカを探して鮎を釣っていた人もいるので、全くダメだと断言もできない…。何とか子持ち鮎を釣りたいというお客さんも多いので明日、川がもうちょっと落ち着いたら様子を注意深く観察してみます。詳しい話は、電話(0558-72-5687)を下さい。


さて、来る11月6日(土)に恒例の「釣り&バーベキュー大会」を予定しています。参加費などは追ってトップページに載せますので電話でご予約の上、奮ってご参加下さい。お待ちしています。

まだ大丈夫だが…(2004-10-20 16:20)

現在、川の水位は1m40cmくらいかな。まだ川もお店も全然平気。とりあえず店がまた浸水して濡れそうな物は、全て上に片づけた。これで前回程度の水なら、問題ないはずだ。


さっきから激しく雨が降り始めたけど、それまではそんなに雨は降っていなかったんだよ。昨日の夜の方が、よく降ったな。さて、今回はどんな風になるか。また一段落したら報告します。

チラホラ釣れ始めた。(2004-10-18 16:15)

昨日、川に入った人が4人。それぞれ5本、1本、1本、オデコという結果。今日は一人竿を出しているけど、午前中に1本。更にもう一本掛かったけど、1号の鼻カン周りが切れて放流。そしてまだ帰ってきません。昨日の5本の人も言っていたけど、まぁまぁのサイズが掛かっているようです。


水は現在+20cm。リアルタイム水位では10cmくらいだと思うけど、この雨で大仁橋の袂の水量計が狂ったんじゃないかな。今日、交通省の役人らしき人々が来ていた。中段の川底が大きくえぐれちゃったから、再調整が必要なのかも知れないね。


新堤のコンクリに一部残っているけど、その他の場所にアカはまだありません。アカが付くまで後、一週間はかかるね。とはいえ大仁橋の下のトロに、鮎が多数跳ねているのが見える。それでドブ釣りの人は結構、楽しんでいるみたい。で、その鮎がシルバーシート辺りに上がってきて、掛かる事もある。


さてその後も、色々なお見舞いの言葉を頂いています。ありがとうございます。

後一週間だな。(2004-10-15 17:00)

その後、雨の日が続いたせいもあって、川の回復は遅れています。アカが付くまで、最低でも後一週間はかかりそうだね。川幅が広がっているので、水量に対して水位は浅めになっていますが、現在の水は+30cmくらい。やっと澄んできた。でもアカは全くなく、白川状態です。今日は中段に一人、牧之郷に一人、ここ松下に一人釣り人が入ったが、やっぱりダメだった。


現在の河原の状態を、ちょっと報告しておこうかな。今回、2段目の堤まで水が来た話は書いたっけ? 中州はかなり小さくなったね。河原の葦は葉っぱが取れ、根と幹だけ残って棒状になっている。要するに河原の緑が、ほとんど無くなった訳だ。歩き易いけど、棒状の葦や流されてきた木の根っ子、流木などに砂がまぶされた状態で、モノトーンの世界が広がっています。コンクリート色って言うのかな。夏の盛りの豊かな河原を知っている人は、余りの変わり様に驚くと思うよ。


オトリ小屋の片づけも、続いています。ずっと天気が悪かったので、昨日から水に浸かったモノなどを干している状態。その後も色々、お見舞いのお言葉をありがとうございます。もうちょっと天気が良い日が続くと、復旧作業も捗るんだけどねー。

今週末には何とかなるかも…(2004-10-11 19:45)

現在の水位は+40cmから+45cm。濃い笹濁り状態です。今回の台風で本流にかなりの土砂が流れ込んだようだけど、これは本流の泥と言うより、支流の増水や山間部が崩れた土砂が多かったみたいだね。今、中伊豆にはユンボなどの土木作業車が、ひっきりなしに往来しています。オトリ小屋の復旧は遅々として余り進んでいないけど、常連さんや近所の人達に助けられています。またまたお見舞いの書き込み・ご連絡なども頂き、ありがとうございました。しかし辺り一面泥だらけで、本当に参ったよ。


さて昨日のレポートで「鮎が釣れるようになるまで2週間」って言ったけど、今日は大トロの下の中段で竿を出している人がいたし、鮎が盛んに跳ねています。この先、日が差す時間が長ければ今週末頃には、何とか鮎釣りが出来るまでに回復するかも知れないね。川の回復状態は出来るだけ報告していきますので、鮎が釣れるようになったら遊びに来て下さいね。

イヤ、もう大変でした。(2004-10-10 15:15)

今回の雨は凄まじかった。恐らくあの狩野川台風の時より酷い雨が降ったと思う。でもあの時より、堤が大幅に整備されているので、川が氾濫する事はなかったけどね。裏のマキヤや周りの道路から水がバンバン流れ込んできて、狩野川に水が流れて行かないんだよ。それでオトリ小屋も床上浸水。この辺りでは車が水没したり、かなりの被害出ている。オトリ小屋も浸水だけでなく屋根が飛んだり、備品が流れて何処かに行っちゃうし、今も修復に追われています。まぁかなりの被害は出たけど、津田オトリ店はとりあえず大丈夫です。ご心配して頂き、ありがとうございました。


で、気になるのは「鮎釣り」の方だよね。これだけの水が出ちゃ、あと2週間は回復しないだろうねぇ。このまま今年の鮎釣りが終わってしまう可能性も無きにしもあらずだ。しかし過去には10/25に大水が出たものの、11月の後半に良い釣りが出来た年もある。だからまだ分からないよ。とりあえず、また何かったら報告します。

3時頃まではよく釣れた。(2004-10-08 17:30)

今日は3時までで私が13本と、よく釣れたんだよねー。1時まで釣っていたお客さんは、4つ程。3時までは25cm位の水だったんだけど、濁りが入り始めたので上がってきた。現在の水位は+30cm程でしょうか。


せっかく釣れ始めたのに、また大型の台風が来て参っちゃうよねぇ。今度の台風も直撃しそうだ。後はどのくらい雨が降るかで、文字通り「天のみぞ知る!」です。また何かったら、報告します。

結構釣れたよ。(2004-10-07 17:40)

今日は多少の濁りが確認できるか、できないか。ほとんど澄んでいると言ってもイイくらいだ。釣果は佐竹さんが26cmを頭に20本。これはトロの釣果。浜松からパジェロで見えた二人組が、さっきまでで8本。まだ帰ってこないので、10本位はいっていると思うよ。この二人組は、三つ目の島周りの釣果。私が2時間程で5本。これは分流の大石周りです。こんな感じで、まぁまぁ何処でも釣れているね。


まだアカが薄いので、黒い石が点在している所を釣った方が良い。緑色に見える石の近辺は釣れません。明日になれば更に10cmくらい水が落ちるので、もっと釣り易くなるよ。明日の方が良い釣りができるでしょう。

-------------

17:46 浜松からパジェロで見えたお客さんが帰ってきた。お名前は戸田さんで、正確な釣果は11本でした。

明日は釣り可能です。(2004-10-06 19:00)

今日は一日ずっと晴天でした。本当に気持ちの良い秋晴れだったね。さて川は夕方4時頃、笹濁り。30cmほどの視界があって、川底は見えないものの石の頭は黒く見える。アカはそこそこ、残っている感じだね。今回の雨は三日間降り続いたけど、川が酷く濁る事はなかった。濁っても濃い笹濁りまでで、川は比較的穏やかな増水となったようです。


現在の水位は+40cmくらいかな。明日になれば、+25cmから+30cmまでに落ちると思う。今日も大トロの一番下、橋の側の中段で竿を出している人がいたし、明日は釣り可能でしょう。でもまぁ、釣果の保証は出来ないけど…。明日も秋晴れのようだし、気持ちいい釣りを楽しんで下さい。

天気次第だね。(2004-10-04 19:00)

今日も一日、ずっと雨だった。現在は、濃い笹濁り状態。でも台風や前線の通過による土砂降りじゃなく、秋のシトシト雨だ。だから水位は上がっても、泥が石に乗っていない。なので雨が止めば、比較的早めに釣りが再開できると思うよ。まぁ、後は天気になるのを待つだけだね。


「このまま終わっちゃうんじゃないの?」という質問を電話で頂いたけど、秋は10月が一番良いんだよ。10月はまだ始まったばかりだし、錆の出ている鮎や、卵でお腹がパンパンの雌も釣れていない。だから大丈夫だと思うよ。天気になれば、また楽しい鮎釣りでが出来ますよー。

明日の夕方まで様子見だ。(2004-10-03 17:40)

朝からずっと雨だよ。でもそれは土砂降りでなく、秋のシトシト雨という感じ。水位は70cmくらいかな。裏の川(桂川の支流)は、澄んでいる。本流にも残土は流れ込んでいない感じで、このくらいの雨と水位としては濁りが弱いね。


うーん、少なくとも明日の夕方にならないと、釣り再開の見通しは立たないなぁ。雨が今日中に止めば、明後日には釣り可能になると思うけどね。もし早急に釣り可能か否かを知りたい場合は、明日の夕方以降に電話を下さい。

明日は水も落ち着く。(2004-10-02 23:25)

昨日(10/01)は朝の内、強めの濁りが残っていた。でも夕方になって、笹濁りまでに回復しました。釣果は鎌倉の鈴木さんが13本。水位は+10cmくらい。


今日(10/02)は平水に戻って、澄みました。でも「濁りの後の澄み」なので、追いがイマイチ。釣果は横浜の山下さんが竿頭の10本。後のお客さんは、2本から7本位。やっぱり上流で川が壊れているので、石にその泥が乗りやすい。明日になれば石の残土も取れて、良くなると思います。あぁ、釣れる魚のサイズが、ちょっと小さくなったかなぁ。当然、大きい魚も掛かるんだけど、18cmくらいのオトリサイズが混じるようになりました。

今頃、掛かりそうだよ。(2004-09-30 17:45)

深夜1時か2時頃、本当にバケツをひっくり返したような雨が降った。それで朝方は+50cmで、真っ茶色だ。でも今は15cmくらいまで落ちて、濃いめの笹濁り状態です。と言う訳で4時頃までは、釣り不可能だった。しかし今は、鮎が入れ掛かりになるかも知れないねぇ。濁った後の笹濁り状態の時は結構、良いんだよね。実際に川は見ていると、そんな気がする。


さて明日は水位も平水になって、釣り可能です。濁りもほとんど取れていると思うよ。でも石に泥が乗っているはずなので、流れが早めの瀬などが狙い目です。


今日、岩崎さんが店に見えて、「川時化」に関する本とコピーを頂きました。わざわざありがとうございました。今日は残念ながら釣りは出来ませんでしたが、また遊びに来て下さいね。

今日は釣り可能でした。(2004-09-29 17:30)

昨日は午前中曇り。午後からちょっと晴れたけど、その後は終日曇りだった。水は平水、水温21度。釣果は田中さんが10本。


今日はずっと霧雨だね。合羽無しに外にいても、そんなに濡れない程度の雨です。よって当然川に変化はなく、釣りは可能でした。釣果は大体、3本から4本と言った所かな。水温が下がったので、相対的に追いは悪いです。ナメは多いんだけどね。まぁ、今まで24度くらいあった水温が21度になっているので、しょうがないでしょう。数日経って、この水温に鮎が慣れればまた追いが立ってくると思うよ。

やっぱり秋は晴天だ。(2004-09-27 17:40)

昨日は一日中曇りで、3時頃から雨になりました。それで一斉にお客さんが川から帰ってきた。釣果は戸塚さんが8本。その他のお客さんは3本から7本くらい。水温は21度でした。



今日も朝から曇り&パラパラ雨。気温が寒い事もあって、お客さんはカッパを着て川へ入ったよ。2時位から、本格的に雨が降り始めた。釣果はやはり3本から7本位だ。水は平水で濁りはありません。水温は21度。


やっぱり秋は晴天だね。曇っちゃうと、追いが渋いよ。今日は目印に大きな鮎がよく跳ねて皆さん、悔しがってたなぁ。大物は跳ねるだけで、余り掛からなかったようです。

今日は午後から晴れました。(2004-09-25 18:55)

今日は午前中は曇り。でも午後から晴れたよ。それでナメが一気に増えて、ハネも多数確認された。午後から釣れ始めて、7本から9本釣った人がトップクラスだね。オデコの人もいないので、まぁまぁだったと思うよ。三つ目の島の所で山梨の渡辺さんが、30cm:260g(画像)を釣り上げました。しかし惜しいかな多少、婚姻色の出たオスなんだ。メスだったら300gくらいは行っていたと思う。



今日の水温は23度位で、平水。だいたい昨日と同じだよ。明日は条件的にも今日より良くなる。まぁ時期が時期なので数は出ないけど、24cmから25cmクラスは必ず掛かると思います。是非、松下で大鮎に挑戦してみて下さい。今日も24cmクラスを3本も取り込んだお客さんがいたなぁ。口を酸っぱくして「細仕掛けは厳禁!」と言い続けたおかげで、この頃はやっと取り込み時のトラブルが減りましたね。

川はすっかり落ち着きました。(2004-09-24 18:45)

今日は水温22度で平水。ナメが一気に増えたよ。でもその割には、追いが立たなかったなぁ。その理由は太陽だね。水温が22度くらいに秋めいてくると、晴天の方が釣れるんだよね。そんな中、西田さんと杉山さんが10本。その他のお客さんは3本から6本くらい。後は私が3時間で7本。


本線やガンガンに、ナメはいっぱいある。黄色い残土も取れて、石は真っ黒だ。でも本線は釣れないねぇ。釣れる場所は分流の流れのある所。基本的に本線は釣れないんだけど、私は1時間半で(7本中)3本掛けているし、西田さんも本線の釣果だから、一概に本線が釣れないとは言い切れない。普通のお客さんには釣れないという感じかな。何故か皆さん、下竿で釣っちゃうのでダメなんだよね。本線を釣る時、オトリは目の前か、1mほど上に入れるとイイよ。下竿にすると相対的に竿が堅くなって、オトリが弱りやすい。必ず上竿で釣って下さい。


さて明日なんだけど、川の状態としては今日よりも良くなるよ。舞っていた砂や石に残った残土も、すっかり無くなった。水も平水から更に下がって、釣り時となるでしょう。残るは日差しだね。日が出れば、かなり釣れると思う。皆さん、晴れるように祈っていて下さい。

大物狙いのポイントは?(2004-09-23 18:40)

今日は濁った翌日の川が澄んだ日と言う事で、ナメが10時頃まで見られなかった。それでちょっと追いが、渋かったかも知れないね。そんな中、練馬区は田柄の宮永さんが10本。西田さんが13本。その他は3本から9本位かな。オデコのお客さんもいたけど、そのお客さんは店でBBQとお酒で盛り上がって、午後から竿を出したりしていたからねぇ。水温23度、水位は平水。今日は石に残土が乗っているので、やっぱり流れの早い瀬が良かったようです。


さてこの時期の狩野川における醍醐味は、やっぱり25cm超の大物狙いでしょう。大物は瀬の強い所や、深みにいる。流れの押しが強くて深い場所。その下が浅く(駈け上がり)なっているような場所が良いんだよね。具体的にポイントを言うと新堤の終わり辺り、三つ目の島周りの深みとそこから鉄筋棒に掛けて、本線の瀬とガンガンの境目。分流では渡場の深みや大石周りがいい。是非、この松下で引き船に入らないかも…と感じるような大物を釣り上げて下さい。

また雨が降っちゃった。(2004-09-22 17:30)

今日はまた夕べから明け方に掛けて、持越の方で雨が降ったらしくて朝のうち、川は濁っていました。10時半頃、川を見たら案の定、全くナメがない。午後2時位になって、やっと中州周りや浅場にナメが発生。その後、ナメは順調に増えました。小座野さんが午前中、大見川に行っていたんだけどダメで、午後から松下に戻ってきた。よって釣果は昼から半日で9本。


水温は23度、水位は7〜8cm。明日は濁りも消えて、良くなると思います。でもまた雨が降ったら、この限りじゃないよ。

明日の午後から本調子に…。(2004-09-21 18:00)

今日は午前中、まだちょっと濁りがあったけど、午後から完全に澄みました。でもやっぱりまだ水が落ちている最中で砂が舞っているし、昨日の残土が石に乗って黄色く見える。よって追いはイマイチだったね。釣果は町田の田中さんが15本。残土が石に乗っているので、流れの速い所が釣れました。


現在、水温は23度で水位は+10cmくらい。そうさなぁ〜、明日は午後になればかなり良くなると思うよ。

3時半頃から入れ掛かり(2004-09-20 18:00)

今日は朝起きたら、駐車場がしっとり濡れていた。川は+30cmの水で、既に茶色に濁っている。どうもこの辺では雨が降らなかったんだけど、持越辺りで雨が降ったんだね。持越近辺は去年から崖崩れや山崩れで、修復があまり進んでいない。普通ならこのくらいの雨で狩野川は濁らないんだけど、持越の土砂が流れ込んだと言う訳だ。この濁りでは釣りにならないので、お客さんは影響の無い大見川へ移動。ただ私は3時頃からなら、釣りが出来そうだと読んでいた。


お昼に大見川へ行った連中から電話が掛かってきて、あんまり釣れないという情報が入った。店の居残り組は、午後2時から3時位の間に竿を出す。私も3時に川に入った。そうしたら3時15分くらいから釣れ始め、4時半までに10本。もう、入れ掛かりに近い状態だったよ。私も久しぶりに、入れ掛かりを楽しみました。一緒に入った杉山さんも、27cmクラスの良型を含めて5本。


現在の松下は+15cmで、ちょっと濃い笹濁り状態だ。水温は23度。明日は澄むと思うけど、濁りの翌日は、余りよろしくない。きっと石が黄色くなっていて、ナメも無いはず。なので明日釣るなら、流心などの流れに強い場所を狙って欲しい。流れが有れば、石に泥が乗り難いからね。

人が多かったけど、良好。(2004-09-19 18:50)

今日は昨日の水で石に泥が乗って、朝の内は川が黄色く見えた。それで午前中はナメも見られず、ちょっと低迷した感じ。でも時が経つに従ってナメが出てきて、石が多く流れの速い場所で魚が掛かり始めた。流れの速い場所は、泥が乗りにくいからね。


さて釣果の方は、杉山さんが16本。井口さんが12本。萩原さんと小井出さんが9本。小座野さんと岡安さんが7本。先ほども書いたように、今日は流心が良かったようです。今までとは逆のポイントだけど、これはやっぱり泥が石に乗ったせいだと思うよ。


水温は23度で、水位は+10cmくらい。明日はきっと、今日より良いと思うなぁ。明日はナメも増え、今日と同じにように流心で良型が掛かりそうだ。

天城山大雨、でも明日はOK。(2004-09-18 18:50)

昨日はヤナギで27cm:200gが出ました。全体的には3本から8本くらいで、ツ抜けした人は残念ながらいなかったね。


で昨日の夕方から、天城山に大雨が降った。それで朝方、川はもう真っ茶色の濁流だ。一番水が出たのは11時頃で、+60cmくらいはあったかなぁ。それが夕方6時には、白っぽい濁りに変わり、水位も+25cmくらいまでに回復したよ。大見川は澄んでいるけどこの雨で、本流や持越、根っ子辺りは釣りにならなかったね。


恐らく明日は水は平水になり、澄むと思うよ。まぁ、多少濁りが残っても、釣りは可能だと思います。

今日は流心が良かった。(2004-09-16 17:45)

昨日は朝からもの凄い風。とても9mクラスの竿では、釣りにならなかったよ。そんな中、滋賀からみえたお客さんが9本。そして今日は流心が良かった。佐竹さんが本線の流心で、26cmを頭に18本。稲葉さんが10本。


水温は24度で、渇水。水が全体的に減っているので、今までポイントにならなかった深い所に鮎が移ったらしい。それで本線に活気が出たのかも知れないね。その反対に、今まで釣れていたチャラのポイントは浅くなり過ぎ。分流のチャラもうちょっと深い所(+10cmほど)、そして流れのよれている所(大石周り)が狙い目になっています。

仲良く6本つづ(2004-09-14 19:15)

今日は皆さん、仲良く6本づつ。ほとんどのお客さんが皆6本づつ釣って、釣れない人は2本から3本位。今日はねぇ、追いがイマイチでした。この時期は水温や気温の上下で、魚の活性が変わる。私は何度も「彼岸花が咲く頃は、追いが悪くなる。」と言っていると思うけど今、彼岸花が満開なんだよ。


さてそんな中、東京の田中さんが28cm:220g(画像)を掛けました。夕方、暗くなってからの撮影なのでブレちゃったけど、大物を釣り上げた嬉しそうな表情は分かると思う。今日は午前中は渋くて、午後の2時位から夕方が良かったんだよ。午前中で帰った人はダメだったけど、夕方まで頑張った人には良型を含めて、そこそこの鮎が掛かったと思います。


あと私の意見を取り入れて0.2号のメタルを使った人が、そのメタルの下に0.5号の付け糸を使ってて、そこから飛ばされた。私は「なんでメタルの下にそんなに細いナイロンを付けるの?」って、聞いちゃったよ。せっかくメタルで仕掛けを強化しているんだから、鼻カン周りやち針、ハリスなどもそれなりなモノを使って下さいね。

瀬脇で拾い釣り(2004-09-13 19:15)

今日は三島三水会の人がトロで10本。望月さんが昼から竿を出して、同じくトロで13本。沼津の土井さんが27cm:210g(画像)を頭に16本。土井さんはガンガンの肩から三つ目の島までを歩き回って掛けたモノです。水温は24度、水位は-5cm位の渇水かな。


流心以外の瀬脇なら、何処でも釣れるよ。流心でもその中に石があって、流れが弱くなっていれば釣れるんだ。要するに養殖オトリでもちゃんと泳げるような流れが弱い場所が狙い目。で、同じ場所でそう幾つもは掛からないので、足を使って色々な場所を拾い釣りしないと数は出ない。頑張って下さい。

逃がした魚は大きい!(2004-09-12 20:00)

今日の釣果は杉山さんが25.5cmを頭に13本。新倉さんが27.5cm:200g(画像)を頭に6本位。この27cmの魚拓も店にあるので是非、見に来て下さい。今日は全体的に、ちょっと追いが低調だったね。この他の人は、釣れ人で8本位だった。水温は24度位で、水は平水から渇水になりつつある状態です。


さてさて、今日のトピックス。横浜の渡辺さんがトロでなんと32cmの鮎を掛け、タモに取り込んだと思って下さい。でも引き船に入れようとした時に、逃がしてしまったんだってさ。本人の他にもトロで釣っていた人が証人になっています。みんな店で28cmの魚拓をみているので、小さくても30cmは有っただろうと証言しているよ。このくらいの魚が、もう居るんだねぇ。

強風だったけど、良好。(2004-09-11 19:10)

いやぁー、今日は強風で釣り難かったねぇ。でもこういう時には、技術の差が出やすい。短めの竿を使って重りをかまし、果敢に流心を攻めた杉山さんが25.5cmを頭に17本(画像:養殖オトリが一つ混ざっています)。船橋さんが25cmx2本を含めて10本。後は2本から8本位。風が強い割には、釣れたと方だと思います。やっぱり魚が動いているんだね。

今日はガンガン以外、何処でも平均的に釣れたよ。松下の瀬や三つ目の島周り、新堤も良好でした。ガンガンだけが、ダメだった。今年の魚はどうも急流が苦手らしい。意気地がないんだろうなぁ。

28cm、200gがやっと釣れたよ。(2004-09-10 19:50)

28cm、200gの鮎(画像)がやっと釣れたよ。場所はヤナギ前。28cm、24cm、23cm、21cmを含んで8本。もう一本28cmクラスが掛かったけど浅瀬なので取り込みに苦労し結局、身切れ。勿体なかったなぁ。今年の鮎はやせ気味でなかなか200gを突破できなかったけど、やっと200gの鮎が出たね。分流の大石(メモリ石)から三つ目の島を経て、本線の新堤までに良いナメが多数ある。きっと鮎の通り道になっているんだろうね。この28cmが出たヤナギで大鮎が育っている訳はなく、上流の鮎が下りだしたと思われます。


水温24度。雨でちょっと増えたけど、今は平水だ。このくらいの水が、分流では一番釣り易い。水がよれている所を狙って欲しい。まぁ、この「よれている所」を見極めるのが難しいんだけど、お店に来てくれれば詳しく説明するよ。で、オトリを自分の真ん前から上流に泳がす。ここがポイントだね。明日と明後日は、狙い目だと思います。きっと良い鮎が掛かると思うよ。

今日は思ったより良好でした。(2004-09-09 19:00)

今日の釣果は、静岡の伊藤さんが27.3cm(画像)を頭に7本。宇佐美の稲葉さんが27cmを頭に14本(画像)。その他は3本から8本くらいでした。水温は24度で、平水。いや、平水からもう渇水に入ったかな。


今日はヤナギ周辺が良好でした。トロにも三人程入っていたけど、平均6本くらいでイマイチ。本線は渋かったです。でも昨日考えていたより、石に泥が乗っていなかったなー。ナメも普通にあったし、オデコの人もいなかったので、全体的には良い方だと思うよ。相変わらず鮎の型も良かったしね。今日の狙い目はチャラだ。深い所や流心はダメで、足元みたいなチャラを、丁寧に釣った人が幸せになったようです。

風が強すぎた。(2004-09-08 19:30)

今度の台風は雨はあんまり降らなかったけど、風が凄かったねぇ。昨日も今日も、かなりの風で難儀を致しました。
そんな中、昨日は宇佐美の稲葉さんが24cmを頭に9本。今日は横浜から見えた三人組の内、二人が7本と8本。さすがにこの台風で、お客さんが少なかったなぁ。


現在の水温は25度、水位は平水。うーん、この時期にしては水温が高すぎる。もうちょっと低い方が良いんだけどね。更に今日は濁りが強く、条件はかなり悪かった。でもこのくらいの水で、川が濁る訳がないんだよ。恐らく、ちょっと雨が降ったのでそのタイミングに合わせて、何処かで工事をしたんだと思う。工事をするならちゃんと告知をして欲しい。私は今日、漁協に抗議してきたよ。勝手に工事をしたら、遠くから来たお客さんに悪いってね。とにかく雨のタイミングを見計らった工事は狩野川のためにもならないし、お客さんにとっても迷惑だ。絶対に納得できない。


さて明日には風も止むと思うし、濁りも取れるでしょう。ただ石に泥が乗っているので、本調子にまでには戻らないと思う。でも今日横浜から来たお客さんも、良い型の魚に満足されていたよ。是非、大鮎を掛けに、狩野川に来て下さい。

特に変わらないけど…(2004-09-06 18:45)

まだこちらには特に台風の影響はないけど、天気予報のせいでお客さんが少ない。なので、余りデータが集まりません。昨日は水温24度、平水。杉山さんが25.6cmを頭に7本。吉岡さんが6本。坪井さんが5本位かな。


今日は水温25度で、水は変わらずの平水。今日は午前中シーパラダイスへ行って、午後から竿を出したご夫婦がいた。その初心者の女性が、ヤナギの前で良い鮎を掛けていましたよ。私も見ていて、手を叩いて喜んじゃったよ。


先ほども書いたように、まだ台風の影響はありません。普通に釣りが出来ました。後は釣れる魚が大きいので、その対策が必要だな。今日も2号のハリスが切れたっていうお客さんがいて、悪いハリス止めを交換していました。大鮎が掛かると大体、鼻カンからハリス止めの間にトラブルが起きる事が多い。大鮎が掛かる現在の狩野川を釣るには、道糸だけでなく、カンからハリス止めの強化が必要だと思うよ。後、23cmクラスの野鮎が掛かって、その鮎をオトリにした時、逆バリが届かないという問題も多発しているね。そういう人は、現場で仕掛けを作り直したりして鮎の掛かる大切なタイミングを逃してしまう訳だ。

今日は人出が多かった。(2004-09-04 19:00)

他の川がまだ台風の影響を残しているからか、今日の狩野川は混みました。釣果は西田さんが25cmを頭に15本(画像)。茅ヶ崎の伊藤さんが11本。二人共、2時から5時くらいの間に、本線の瀬で掛けたモノです。その他には、5本から8本の人が6人位。釣果が少ない人でも、2本から3本は掛けていたようです。


水温は25度。昨晩雨がちょっと降ったので、朝の内だけ5cmほど水位が上昇したけど、その後はすっかり元通りの渇水状態。ほとんどの人は、分流に竿を出しています。本日、本線で良い釣りをした上記の西田さんと伊藤さんも丁度、鮎が降りてきたタイミングとぶつかったんじゃないかな。2時から5時以外の時間は、本線が特に「良い」という感じは無かったからね。でもまぁ、この時期、時合いがとても大切だ。自分が一番得意な場所で、じっくり鮎の掛かるタイミングを待つと言う事も重要かもしれないね。

タイミングが難しい。(2004-09-03 19:00)

石に泥が乗って三日目、やっとナメが見られる様になったね。今日のトロは午前中も午後も奮わなかったけど、夕方から釣れ始めた。渡場やヤナギに入った狩野川初心者のお客さんが午前中に7本から8本を掛け、午後1時には喜んで帰っちゃったよ。私も見たけど、本当に良い型の魚だったね。


水温26度で渇水。瀬はイマイチかなー。ガンガンでポチポチ良型が出ています。とにかく魚がデカイよ。仕掛けが切れて、掛かり鮎とオトリを同時に失う「親子どんぶり」を食らう人が多くなっています。あと鮎が追い気を見せる時間帯があるので、そのタイミングが重要を逃さない事が大切です。

残暑が厳しい。(2004-09-02 19:00)

昨日の釣果は杉並区の奥山さんが、24cmクラス2本を頭に9本。全て良い魚ばかりだ。そして関城さんが11本。奥山さんは瀬とヤナギを半分ずつ、関城さんはヤナギでの釣果です。水は平水位、水温26度。この日は台風の影響で石に黄色っぽい泥が乗っちゃって、ナメがほとんど見られなかったね。


今日は野原さんが12本。水は既に渇水傾向に入り、水温26.5度。今日も黄色っぽい泥が石に乗ったままで、ナメは余り見られなかった。ナメが見えないと、鮎が居るのか居ないのか分からないので調子が出ないよねー。でも夕方から鮎が跳ね出したので、魚はいるようです。今日は風が強くて、釣りにくかったなぁ。そして西日がきつくて暑い日だったよ。普通は9月に入ったら、もうちょっと涼しくなるもんだ。とにかく暑かったよ。明日辺りには、ナメが出てくると思うんだけどね。それで鮎の調子も分かる。で、石が黒くならないと、鮎の追いはちょっと低調な感じだね。

今日も釣りが出来ました。(2004-08-31 17:30)

水は笹濁りで、水位は+10cmくらいかな。今日も鮎釣りが出来ましたよ。


魚が変われば、住む場所も変わる。浅場にもナメが増えている。明日は水も完全に澄むと思うし、この水で魚が動いたはずだ。なので明日は、流心狙いになると思うよ。うーん、楽しみだね。

瀬が好調でした。(2004-08-30 17:00)

今日は昨日からの雨が昼まで残っていた。雨が降ったりやんだりだった。でも午後から急に日が差すようになって、カーッと暑くなった。水温24度。日中はもうちょっと水もあったけど、水位は現在、平水よりもちょっと下くらいだね。風は全くありません。今のところ、台風の影響はないみたいだね。


日が差した後の1時半から3時半位まで、松下の瀬で入れ掛かり。本線でナメが一気に増えた。やっぱりこの雨で魚が動いたんだね。釣れた魚も良い型ばかりだったよ。沼津の土井さんが24cmを頭に14本(画像)。ガンガンで2時間ばかりの間に、10本程も掛けたお客さんもいたなぁ。この釣果にも20cmから24cmの魚が、半分以上含まれていたと思うよ。とにかく瀬が好調です。分流は余り変わりません。

低水温に慣れればOK。(2004-08-29 17:00)

27日(金)は、水温24度。2時から入った杉山さんが、25.3cmを頭に8本(画像)。杉山さんの釣果は流心を全て外し、足元で掛けたモノです。


28(土)は、水温20度。いきなり水温が下がったので、鮎の活性が下がり追い悪し。渋い一日でした。


29日(日)、今日は水温22度。昨日の晩から降り出した雨で、水位は20cm程増えました。現在、水は平水からちょっと下か、平水位。朝のうちは笹濁りで鮎も掛かったんだけど、昼頃から濁りがちょっと強くなって掛かり難い状態。そんな中、杉山さんが26cm:175gを頭に6本。26cmはやっぱりデカイねー。


さて、水温が一気に下がってすっかり夏も終わりそうな感じですが、この低水温に鮎が慣れれば、また楽しい釣りが出来るようなるでしょう。昔から「稲穂が出る事は釣れない」とか「曼珠沙華の咲く頃は釣れない」とか言うんだけど、要するに季節変わり目は、追いが渋くなるんだよね。今はその「稲穂が出る頃」と言う訳です。また多少なりとも水が出たので、魚も動く。産卵に向けた鮎のハネも見られるし、気の早い鮎は下り始める事もあるでしょうね。鮎が水に慣れるまで、ちょっと待って下さい。

渇水、極まる。(2004-08-26 19:15)

昨日はかなりの渇水。水温、25度。田中さんがトロで5本も根掛かりで鮎を失ったと嘆いていて、最終的に持って帰った魚は8本。そして三つ目の島のチャラで、年配の親子さんだと思われるお二人。70歳位のお爺さんが掛けると、下で50歳位の息子さんらしき人がタモで鮎をすくう。俗に言う「大名釣り」だね。それでもこれが、かなり掛かるんですよ。とても鮎なんか居そうもない風の浅いチャラなんだ。とにかく足元とか、浅めのチャラには竿が入っていないので、竿抜けになっている様です。


その他にはガンガンで佐竹さんが24cmを2本、23cmを3本を含んで合計9本。佐竹さんは「ガンガンは釣れないとか言うけど、けっこう釣れるよ」と笑顔。また松本から来たお客さんが、トロで20本近く掛けていました。今日は水温25度。西沢氏が、三つ目の島の周りで13本。


さて川はかなりの渇水で、本当に一雨欲しくなってきました。あと+20cmから+30cmくらいは、水が欲しい感じだね。そして今年初めて、アカ腐れの場所がチラホラと出てきたよ。台風が近づいている様だけど、ちょっと雨が降ってくれると有り難いんだけどなぁ。

足下が竿抜けだ!(2004-08-24 18:50)

雨が昨晩からシトシトと降って、川は+7cm。で終日、薄い笹濁り状態です。それで朝は良かったんだけど、昼から竿が折れそうな位の突風が吹き荒れた。私は丁度鮎が掛かった時に突風に見舞われ、竿を握りつぶしちゃったよ。見た目は平気だけど、力を掛けると竿がミシミシ言う。参っちゃったなぁ。


釣果は杉山さんの23.5cmを頭に18本。この内、10本位は本当に良い型の鮎だよ(画像)。杉山さんは4本ばかりは分流で掛けたモノだけど、後は本線の瀬脇での釣果だ。杉山さんはまだ元気な鮎に重りを噛ませ、オトリを止めて釣っていた。ポイントは、足元だ。流心や向こう側を釣っちゃうと自滅します。足元が竿抜けになっている感じなんだね。下竿はダメ。目の前、4mくらいにオトリを入れ、泳がせつつも止めて待つ。そうすれば鮎は掛かります。さらに数を釣るには、足を使って色々な場所を攻めて欲しい。

季節の変わり目かな。(2004-08-23 19:15)

日曜はかなり混んだ上に、朝夕冷え込んだ。それで追いがイマイチだった。水温は25度。


今日も冷え込んで、鮎の活性は低めだったね。水温も22度までしか上がらなかったよ。釣果は、望月さんの24cmを頭に15本。でもハミ後はかなり多く確認できる。トロでは鮎のハネも多数、見られた。また暑い日もあるだろうけど、もう季節の変わり目なんだね。トロでの鮎のハネは、魚が産卵時期に入った事を示す。鮎釣りも、だんだん終盤に向かいつつあるようだな。


所で常連さんがガンガンで流した例のタモですが、シルバーシートから2m程下の深みで発見されました。協力して頂いた皆さん、ありがとう。ご迷惑をお掛けしました。最上さんが大体の見当を付けて潜って見つけたんだけど、タモの他に大量の鮎を見てびっくりしたらしい。「あれ程の鮎がいるんだなぁ。」と驚いて、トロでの釣りに自信が付いたそうです。

ここらで一雨欲しいね。(2004-08-21 23:45)

今日は相模原の菅原さんが25cm:140gを頭に9本。菅原さんは本線の瀬の釣果ですが、25cmで140gというのはちょっとやせ気味な鮎だったね。市川さんも3時頃までトロで9本。水温、26度。水は渇水。


今日は追いが低調だったかな。チャラはちょっと場荒れ気味で、相対的に瀬が調子良いように見える。瀬と言ってもガンガンは魚が薄いので、鉄筋棒からガンガンの肩までが(相対的に)良かったようです。また「逆もまた真なりで」で、ゴツゴツと石が集まっているチャラ瀬の亀の子が狙い目です。うーん、ちょっと水が減りすぎたな。まだアカは腐っていないけど、ここらで一雨欲しい感じだねぇ。


所で今日、ガンガンで常連さんがタモを流してしまった。鹿の角の杖で出来た珍しいタモです。思い入れのあるタモの様なので、もし見つけた方は津田オトリ店(0558-72-5687)までご一報頂けると大変助かります。

土用は夕方にチャラなど、浅場狙い!(2004-08-20 19:00)

今日はねぇ、台風の影響で午後3時までもの凄い強風。釣りが出来ない位だったよ。「オトリ旗」も壊れちゃった。お客さんも2時位に強風にギブアップして、帰っちゃった。でも3時を過ぎると、風が多少収まったんだけどね。そんな訳で今日は私の釣果です。3時から5時で23cmを頭に14本(画像)


釣った場所は、あんまり書きたくないけど渡場と葦の際だ。土用の時は、夕方から鮎が浅場に出てくる。そこを狙って欲しいね。通常、オトリを入れる場所に立って、反対にいつも立ち込む場所である葦の際やチャラを釣る事になる。土用の時は、通常のポイントにオトリを入れてもなかなか掛からないよ。土用でなかなか釣れない人は、鮎が差し込む時間と場所を考え、オトリを止めつつ泳がせて釣る事だ。

オトリは動かさないっ!(2004-08-19 19:30)

今日は鮎釣り二回目、ずぶの素人を連れてヤナギ前に入った。その素人さんには「オトリを動かすな。」と言い聞かせて、2時から4時半までで20cmと21cmの2本を掛けさせたよ。私もその側で素人さんを教育しながら、23cmを頭に10本。私の10本も全て、20cmオーバーの魚だった。


何故こんな事を書いたかと言えば、今の狩野川ではオトリを止めてじっと待つ事が大切なんだよ。オトリを引いては釣れません。オトリもすぐ弱っちゃうしね。こんな感じで今のヤナギ前は、なかなか良い状態ですよ〜。

まぁまぁでした。(2004-08-18 18:30)

今日はまぁまぁだったかな。関城さん15本。関城さんはトロ・本線・分流で各5本づつ。平均して分流の方が型も良かった感じです。ただちょっと濁っていた感じで、ちょっと釣り辛かったかもしれないね。今日はお客さんが少なかったので昼から4時に津守氏が、トロの真ん中に入って24cmを頭に20cmオーバーを5本。


水温27度。昨日の雨の影響も少なく、昼過ぎには渇水傾向に入りましたね。チャラではオトリを止めつつ、左右に楕円を描くように微妙に動かすと掛かるような気がします。これが出来れば、チャラ攻略方のマスターだ。

今日はイマイチだったかな。(2004-08-17 18:20)

昨日は潮田さんが13本。望月さん20本。野原さん17本。水温25度。


今日は水温25度。望月さん7本。竹村さん14本。9時頃から断続的に雨が降ったり、やんだり。3時頃から雷もゴロゴロ鳴り始めました。最近、午前中が良いようだ。12時から3時くらいまでは釣り難くなる。でまた3時から、5時くらいがいい。

水温がナメに影響してる?(2004-08-15 19:20)

昨日は星野さんが10本。高村さんが10本。水温28度。今日は望月さんが23cm位を頭に21本。水温は22度でした。


昨日はナメが余り見られなかったのに、今日は一気にナメが増えたね。どうも水温が28度を超えると、ナメが減るような気がする。錦鯉なんかも水温が26度を超えると、エサを食べなくなるんだよ。同じように鮎も28度を境に、アカのハミが減るんじゃないかな。この所、水温が28度近辺で上下していたので、鮎の活性も落ち気味だったらしい。



さて急に気温が下がった今日から数日は、ねらい目かもしれないなー。楽しみだ。

ポイントは「止め泳がせ」。(2004-08-13 19:10)

昨日は角南さんが、2時から5時までで9本。坂本さんが15本。水温は26度でした。今日も水温26度で、水は平水から渇水状態に入ったね。釣果は昨日から釣行している角南さんが15本(画像)。高村さんが25cm:150gを頭に10本。


角南さんは去年から見えるようになったお客さんで、現在、鮎釣り特訓中。正味、1日半で24本とは、角南さんもかなり上達したね。一方、高村さんの25cmはガンガンの1段目で掛けたモノ。ガンガンでこのサイズの鮎を掛け、取り込めるのは高村さんならではかもしれないよ。普通の人なら取り込めても下まで落とすか、糸が切れてしまう。



さて釣り方としては、オトリを余り動かさず、じっと我慢の「止め泳がせ」が良い。水も渇水傾向にあるので釣り易く、そこそこ数も出るようになってきたよ。

朝夕が良くて日中が渋い。(2004-08-11 19:00)

昨日は田中さんが17本。今日は初心者の新倉さんが12本。杉山さんが2時から6時半までで、23cmを頭に11本。インターネットを見て来た品川ナンバーのお客さんが7本ぐらいかな。


この品川ナンバーのお客さんは「細仕掛けはダメだよ。」という情報を見た上で、ナイロン0.25号の道糸で挑戦。鉄筋棒付近で二回、親子どんぶりに見舞われたそうです。一回は竿に何の衝撃もなく、ただプツンと切れたとか。私に言わせれば、0.25号なんて蜘蛛の糸なんだけどねぇ。もったいないよねぇ。新倉さんも0.1号のメタルを切られたと言っていたなぁ。全体的には4本から、8本という感じです。


という訳で良型が出ている松下ですけど夏休みに入って、狩野川に慣れていないお客さんが増えたね。慣れた人なら、20本近くは釣れると思うよ。ポイントは全体的に悪くなく、何処でも自信を持って釣れば掛かります。「ここは釣れないかも…」というように、不安に駆られるとダメ。でもガンガンは、ちょっと調子が悪いかな。時間的には朝と夕方が良くて、日中は渋い。これはここ数日の傾向で、この先も大きな環境変化が無ければ続くでしょう。

良好だと思うよ。(2004-08-09 19:00)

まず、昨日の報告からだ。昨日は佐竹さんが10本。小山さんが2時から4時まで8本。


今日は米山さんが14本。望月さんが24.5cmを頭に24cm、23cmと型の良い魚ばかり21本。写真を見れば分かるけど、小さいのは一つしかなかったよ。後は80歳の松尾さんが10本。ガンガンではアライさんが9本。ヤナギでは永岡さんが2時から竿を出して7本。こんな感じで、なかなか良好な状態だと思います。型も良いので、しつこいようだけど細仕掛けは禁物だよ。松尾さんなんか、2回道糸を切られて、ハリスも1回切られたと言っていました。


水は平水で、水温が26度。アカ付きも良好。でも希にザラ石もあるので、注意してください。全体的に分流の方が数は出る。大物狙いならガンガンや、本線の流心もアリだな。鉄筋棒辺りでも、良型が出ています。止めて焦らず引いていれば、1時間に一本位は大型が出ると思うよ。ポイントは、釣れるという自信を持って釣る事だな。


世は夏休み。夏休みに入って川も良くなり、お客さんも満足してくれる。あー、良かったなぁ。

少し雨が降った。(2004-08-08 23:50)

<Tsumori>すいません。更新、遅れました。この更新は8/7、18時の報告です。
-----------------8/07_18:00-----------------

今日の釣果は田中さんと中村さんが、11本づつ。午後2時から4時まで雨が降って、川がちょっと濁ったけど、5時には濁りも取れました。水温は25度、水位は+10cmくらいです。

--------------------------------------------


<Tsumori>今夕(8/9)に更新予定ですので、よろしくお願い致します。

"ツ抜け"してます。(2004-08-06 18:30)

昨日は一日中、晴れたり曇ったり、雨が降ったりと忙しい天気だった。そんな中、海野さんと塩野さんが12本。水は5cmから6cm高でした。


今日は平水で、水温は25度。釣果は高村さんが13本。小俣さんが14本。米山さんが12本。他の人は3本から8本。本線はイマイチで、やっぱり分流が良い感じだね。分流でも流れの強い所はまだちょっとアカが薄い所もあるけど、ほとんど回復したようです。トロはまだちょっと水が多いので、早過ぎかな。トロが良くなるのは、渇水になってからだよ。という訳で、昨日も今日も"ツ抜け"達成だ。まぁまぁ良い状態だと思いますよー。

川は回復中です。(2004-08-04 19:05)

今日は永岡さんと横浜のお寿司屋さん(お名前を聞き忘れました)がトロで9本づつ。西田さんも9本。奥山さんは1時半から5時半の4時間、ヤナギで10本。その他の人は6本から7本といった所です。


水温が25度。水は平水。水が出たので当然アカが飛んだ所があって、本線の流心はイマイチ。そしてまだ砂が舞っているので、川は本調子とは言えません。ただ順調に回復中なので水が落ち着いて砂が止まれば、もっと良くなるはず。明日はかなり水も落ち着くので、期待できると思う。流心が良くなるのは、後4日から5日くらい掛かるかな。

大水の後としてはまぁまぁ。(2004-08-02 17:35)

今日は水温25度、水位は+10cmくらい。釣果は杉山さんが10本。田中さんが15本。米山さんが23本。その他の人が5本から8本といった所。


まだ水が多いので、トロや本線はダメだね。分流はヤナギ前から、大石辺りのチャラが良い様です。米山さんはこのチャラを丹念に探って掛けた成果です。もうちょっと水が落ち着けば、瀬やトロも良くなると思うよ。

今日も釣りが出来ました。(2004-08-01 17:15)

昨日は+40cmくらいの水だったかな。それでも大見川では釣りが出来たみたいだし、ここでも狩野川公園裏では、釣り人がちらほら。


今日の水は+15cmくらいで、以前の渇水から見ると+23cmくらいかな。水温24度。さすがにあれだけ水が出ると、水温が下がるね。暑さも程々で釣り易い一日だったけど、釣り人は少なかったなぁ。茂上さんが半日で8本。出水の後なので、型は比較的小さかった。アカはそれ程、取れていないね。水が落ち着けば、すぐに本格的な釣りが再開できると思うよ。明日ももちろん大丈夫です。

分からない天気だぁ。(2004-07-30 17:30)

昨日のレポートの後、あれから雨がまた降り出したんだよ。朝、起きた時の水位は+50cm。そして10時頃から大雨。一番水が出た瞬間で、1m20cmくらい出たのかな。ホント、降っては止み降っては止みで、分からない天気だね。2分間位バケツをひっくり返したように雨が降ったかと思ったら、その次には太陽が出たりする。さっき見てきた夕方の4時頃の水位は+70cmくらいでした。ちなみに大見川では10時頃まで釣りができたそうなんだけど、12時には1mも水が出たらしいよ。


この土・日はちょっと釣りは無理かなー。この先の雨の降り具合が分からないので、何ともいえないね。台風がもっと早く通り過ぎてくれれば、また変わるんだけどねぇ。もしこの週末に釣りに来る方がいらしたら、電話を掛けてみてください。とりあえず現在のアカは多少なりとも飛んだはずで、水が落ち着きまたアカが付いたら、今の土曜隠れの様な状況は変わっていると思う。期待してください。

明日は釣り可能。(2004-07-29 19:15)

最高で+45cmくらい出たのかなぁ。さっき夕方見てきたら、水位は+35cmくらい。昼頃まで雨が降っていてその後、雨は降り止んだ。濃い笹濁りの状態です。黒っぽい感じだね。


でもこれ以上雨が降らなければ、明日は釣り可能です。このくらいの雨じゃ、あんまり状況も変わらないでしょう。1m50cmくらい水が出ると、また状況が一変するんだろうけどね。中途半端な感じがするなぁ。

雨の影響は少なかった。(2004-07-27 19:15)

今日は水温28度で、既に渇水。澄んでいます。昨日の雨の増水分は、一日ですっかり無くなったね。釣果は平野さんが22.7cmを頭に22本(画像有)。これはシルバーシートの釣果です。


やっぱり水が出たので、瀬の石は茶色くなってナメが無くなってしまった。濁りの翌日は追いが悪くな傾向があるけど、その影響で今日はちょっと渋かったなぁ。シルバーシートの石だけが黒くて、魚が集まっていたようだよ。全体的に今回の雨の影響は少なかったね。魚も特に動いた様子がない。明日からは今まで通りの川になるでしょう。

一雨来ました。(2004-07-26 20:20)

今日は水温27度。水位は、昨日から+20cm。明け方、雨が降ったんだ。


朝の内は濃い笹濁り状態だったけれど、10時頃から濁りが強くなった。そのまま夕方の5時まで、濁ったまま。でも明日は澄むと思います。魚もこの増水で動いたでしょう。さて明日は、どんな釣りになるかな。楽しみです。

鉄筋棒辺りが良くなった。(2004-07-25 19:30)

昨日は出井さんと星野さんが8本づつ。田部さんが7本。水温は相変わらずの28度。


今日は杉山さんが17本。加賀見さんが9本。ツボイさんが8本。今日はトロの調子が悪かったけど、その正面のテトラで釣っていた人(うちのお客さんじゃない)が、3時頃オトリ缶に引き船から鮎を移すのを数えたら18本。その後、その人は7本程掛けていたので、養殖オトリの2本を引いて25本位は釣っていたと思うね。で、本流は鉄筋棒辺りが良くなってきたよ。鉄筋棒付近を上手に釣れば、20cmから23cmの型の良い魚を含んで4本から9本くらいは掛かると思う。


全体的に本線のアカ付きが良くなっています。茶色く見えるけど、まだアカは腐っていないよ。今まではアカが腐るほど付いていなかったというのが、実態なんだね。アカが腐るほど付いてくれれば、本線がもうちょっと賑わうんだけどなぁ。という訳で数は余り出ないけど、型が良い状態が続いています。細仕掛けは禁物ですよ。

オトリを温存して待つ事。(2004-07-23 19:40)

今日は山本さんが26cmと25cmを頭に5本(画像有)。この26cmと25cmは鉄筋棒付近の流心で掛かりました。小出さんは24cmを頭に11本(画像有)。全体では1本から8本といった所だ。今日の水温は27度で、少し低くなっています。


やっぱり数は出ないけど、魚は大きいよ。今日はヤナギや、手前の分流(大石周り)でも24cmから25cmの魚が掛かっています。で、時合いの問題もあって、何処で掛かるかというのが難しいんだよね。上手くタイミング合えば、何処でも大物が掛かります。この暑さでオトリや弱り気味なので、とにかくオトリを引かずに温存し、掛かるタイミングを逃さないようにしたいよね。今日は朝の方が良かったけど、日中より朝と夕が良いと思います。

状況、変わらず。でも…(2004-07-22 19:20)

昨日の夕方の5時頃から30分間ほど、かなりの雨が降った。ちょっと期待したんだけど、結局、川は変わらずでがっかりだよ。水温も昨日と今日で同じ、28度。相変わらず土用隠れのような状態が続いています。今日の釣果は佐竹さんが、色々なポイントを釣り歩いて10本。午後の2時から入った宇佐美の稲葉さんが、シルバーシートで24.5cmを頭に12本。平均では2本から8本くらいかな。


ガンガンは1段目から2段目。大きい魚を狙うなら、鉄筋棒付近かな。でも瀬では数が出ません。魚は小さめだけど、チャラの方が数的には良好です。まぁこのように数は出ませんが、釣れる魚が大きいので、お客さんは満足されているみたい。そこそこの時間を釣れば、必ず20cmから23cm級が混ざります。

やはり土用の川だ。(2004-07-20 19:10)

今日は上田さんが22.2cmを頭に14本高村さんが25cm・150gを頭に10本。上田さんはヤナギ付近、高村さんは鉄筋棒からガンガンの一番下までの釣果です。


川は水温28度で渇水。今日一日頑張った人が合計6本釣って、その内の5本が夕方の4時から7時までに掛けた魚だった。涼しい朝と夕に掛かりやすいという事なので、やっぱり今は土用隠れの川になっているね。あ〜、一雨欲しいねぇ。但し余り降ると、今いる大きな魚が動いちゃうので、程々に降って欲しいよ。流心も数は出ないけど、粘って頑張れば良い魚が掛かります。

今日はまぁまぁ。(2004-07-19 19:50)

今日は杉山さんが16本。米山さんが24cmを頭に13本。田中さんが11本。杉山さんはチャラや瀬脇で、おもりを使った止めの釣り。米山さんはトロ。田中さんは、色々なポイントを広い釣り。


今日はまぁまぁだったかな。水温は本線で26度、分流で27度。水位は-15cm位の渇水です。今日は水温が低めだったので、オトリの消耗も控えられた感じ。朝と夕に掛かって、昼間はダメ。この事からも川は「土曜隠れ」の様な状態だといえると思うよ。ガンガンや流心は、芳しくないねぇ。浅いチャラや、流心を外した瀬脇が良いようです。

大会、お疲れ様でした。(2004-07-18 19:15)

今日は津田オトリ店恒例の釣り&バーべーキュー大会でした。27人の方に参加して頂き、誠にありがとうございました。うちの大会は一番大きな鮎2本の合計長で、順位が決まります。

[リザルト]

吉岡さん 43.5cm ガンガンの肩

金城さん 41.5cm ガンガンの下

平塚さん 40cm


昨日は静岡ナンバーのお客さんが13本。彼はチャラ瀬で釣りをしていたようだけれど、魚が大きすぎて3回、親子どんぶりを食らってしまったようです。ご愁傷様でした。だから細仕掛けじゃダメだって、言ったんだよねー。でも魚が大きいので、満足されていたようです。で、今日は2時までの大会なので釣果は書かないけれど、状況は変わらないね。魚の型は良いけど、数が出ない。もうちょっと涼しくなって欲しいねぇ。今日は忙しくって、水温も測れなかったよ。

型は良が、数が出ない。(2004-07-16 19:00)

今日は赤坂さんが10本。その他の人は平均4本から5本と、ちょっと渋いです。今日も水温が29度で、土曜隠れのような状態が続いている。この暑さではオトリも、そして釣った野鮎もバテバテだ。さらに釣り人の体力も持たず、石に座っって水を被ったりしている。一雨欲しい所けど、水は増えない方が良いなぁ。要するにもうちょっと、気温が下がって欲しい訳だ。


でもねぇ、数は出ないけど、型の良い魚が掛かっているんだよ。酒匂川や興津川の魚は、小さいらしいねぇ。相模川もイマイチとか。この所、他の川からここに来るお客さんが増えています。数は出ないけど釣れる魚が大きいので皆さん、満足されているようですよ。この高水温でオトリの持ちが悪くなっています。ちょっと多めにオトリを確保した方が良いかもしれないね。

土曜隠れのような状態かな。(2004-07-15 19:00)

昨日は所沢の小島さんが13本。今日は萩原さんがシルバーシートで15本。佐竹さんは至る所、歩き回って13本。全体的には大体2本から、7本といった所だ。水温29度で、水位は-10cmの渇水。


水温29度って言ったら、もう温泉だよ。暑過ぎるっ。こんな感じなので、川が土曜隠れのような状態で、追いはイマイチだ。でも常連さんたちは「釣れる魚が大きいし、オトリがつながって面白い。」って言ってるけど…。うーん、一雨欲しいなぁ。しかし大量に雨が降ると、今いる大きな魚が動いちゃうからねぇ。雨の降り加減も、難しいよ。

待ちの釣り(2004-07-13 19:00)

今日は御殿場の高村さんが25cmと23cmを頭に15本。これは鉄筋棒からガンガンの1段目の釣果です。田中さんが15本。潮田さんが10本。今日は夕方の3時頃まで強い風で、とても釣りにくかった。この風のおかげで、午前中に帰ってしまったお客さんも数人いたなぁ。


水温が28度、水位は-10cmくらいの渇水。本線、流真の手前に良いナメが見られるようになった。数は相変わらず余り出ないけど、全体的に掛かっています。水温が高いので、オトリに負担を掛けないようにする事がポイントだね。オトリを引かず、待ちの釣りだ。

渇水で釣り易い。(2004-07-12 19:00)

昨日は依田さん、赤坂さん共にが7本。リーさんが8本。昨日は水温がまた28度まで上がって、一時的な土曜隠れみたいになった感じだね。ちょっとシブかった。朝と夕が掛かり易かったようです。


今日は望月さんが、22.5cmを頭に23本。米山さんが24.5cmを頭に18本。佐野さんが11本。水温24度、水位は-10cm位かな。渇水で釣り易くなっています。オトリも流心に、ドンと入れられるよ。狙うポイントは深いトロや、浅くて流れの速い瀬、ガンガンなんかも良いね。


今日は夕方からちょっと雨がパラついたけど、逆にそれが気持ちよかった。川には影響ありません。あっ、流心を釣っていると突然大きな魚が掛かるので、細仕掛けは禁物ですよ。

急激な水温低下(2004-07-10 19:15)

今日はいきなり水温が23度に落ち込んだ。水位は変わっていないので、雨が降ったということはない。でも一日中薄日のみで、太陽がまともの照り込まなかったんだ。それが原因だろうね。水温が5度違うと、魚には大きな影響を与えてしまう。そんな訳で、今日の追いは悪かったなぁ。


釣果の方は、チャラで杉山さんが10本。熊谷の加藤さんが7本。初心者の小林君が6本。今日のように追いが悪い日に加藤さん、小林君はよく頑張ったと思うよ。人も多かったしねぇ。そういえばOさんが、草履履きで分流の大石手前に岸から30分竿を出して2本。低調とはいえ、こんな感じでポイントはチャラが良いようですよ。

人もオトリもバテバテ。(2004-07-09 19:30)

今日は相模原の菅原さんが17本。これは三つ目の島周りのチャラの釣果です。トウジョウさんが10本。鈴木さんが13本。トウジョウさんと鈴木さんはトロの釣果でした。


水温28度、水位は渇水気味。ここしばらく水温が28度の日が続いて、オトリ鮎の持ちが悪くなっています。引き船には鮎を5匹以上入れず、余分な鮎はオトリ缶等にすぐ移すようにしましょう。この猛暑ではオトリ鮎の上手い管理が、釣果に結びつきますよ。釣りの時も、オトリをあまり引かないようにした方が良いね。


鮎もバテているけど、釣り人もバテていて、午後の釣りはかなり辛く感じる。実際、鮎も午前中の方が釣れているよ。狙い目はチャラ瀬。瀬では、石裏などの流れの比較的弱い所。全体的には本線より、分流の方が調子が良いかな。

満遍なく釣れているようです。(2004-07-08 18:50)

今日はヤナギで、稲葉さんが15本。同じくヤナギで半日、竿を出した臼井さんが10本。そしてここからはトロの釣果になりますが、神田さんが15本。小出さんが9本。内野さんが8本。


という感じで瀬やトロ、チャラで満遍なく魚が釣れているようです。昨日と同じで数は出ないけど、型は良好。水温28度、水は渇水気味。こんなに水温が高いと引き船に入れた鮎が、あっという間に弱ってしまいます。釣った魚は早めにオトリ缶に移し、水温の低い深い場所で保管するようにしましょう。また掛かり所の悪い鮎も弱って、鮮度が落ちます。オトリに使わないと決めたら、クーラーで保管した方が良いでしょう。

細仕掛けは禁物です。(2004-07-07 19:00)

今日は永岡さんが8本。永岡さんが連れて見えた初心者の原田さんが13本。工藤さんが25cmを頭に8本。西田さんが12本。私が3時間で24cmを頭に4本。


水温28度、水は渇水傾向。今日は水温が高すぎて、追いがイマイチだった。でもその代わりに良型の魚が掛かっています。23cmクラスは誰にでも掛かる。25cmクラスも数本出ていますよ。という訳で大切な鮎をトラブルで失わないため、細仕掛けは絶対に禁物です。ポイントは瀬やガンガン、ヤナギやシルバーシート等、何処でもポチポチ掛かる感じ。数は掛からないけど、ダイナミックな釣りを楽しめると思いますよー。是非、遊びに来て下さい。

大変、申し訳ありませんでした。(2004-07-06 19:45)
----------------------

今日は大変申し訳ありませんでした。漁協とオトリ屋の連絡が悪く、本日の河川工事についてお伝えできませんでした。今後は漁協との連絡を密にして、この様な事が無いように致します。

----------------------

さて今日は、夜半の雨の為か朝から笹濁り。その後も10時には本格的な濁りが入ってしまい、釣りに支障を来してしまった。どうも上流で、川の流れを変えたらしい。という訳で、正午前から釣りにならず。今日来たお客さんには大変、申し訳のない事をしてしまったよ。すいません。明日には濁りもとれると思うので、釣りは可能だと思います。ただもう一回、7月末に工事で川が濁る事があるらしい。そのときには、かならずご報告しますね。


所でこの写真は、望月さんの引き船に入っていた1m15cmの大ウナギです。引き船に入れておいた鮎は、ことごとくこのウナギにかじられてしまった。今日は午後から釣りもできないので、このウナギとかじられた鮎でバーベキュー。大変、美味かったです。


バーベキューで思い出したけど、7/18日にも釣り大会&バーべーキュー大会を開催します。奮ってご参加下さい。詳しくはお店まで。

瀬が良くなっています。(2004-07-05 19:15)

今日は望月さんが22本。インターネットを見て湘南から見えたお客さんが、4本(ヤナギ)+4本(シルバーシート)。このお客さんは初めて狩野川に来たのに、よくこれだけ釣ったね。上出来だ。もうちょっとツ抜けだから…。


ハミ跡が増えてきました。良いアカも付きつつあります。瀬では良い魚が釣れるよ。私が2時間半分流の下で6本掛けて、このうち4本が21cmから22cmだったからね。手前で釣れるので本線まで足を伸ばせなかったけど、明日は本線の瀬に入ってみます。

今日は低調だった。(2004-07-04 19:00)

今日は米山さんが20本。上原さん13本。アライさんが23cm・22cm・21cmを頭に9本。他の人は5本から6本くらいかな。


昨日はかなり良かったと思うんだけど、今日はどういう訳か低調だった。やっぱり絶対的な魚の数が薄いのかな。それで追っ気のある魚が釣られちゃうと、ちょっと休憩になるのかも知れないね。でも小さいナメが多く見られるようになったよ。これは良い兆候だ。小さい魚が入って、魚が動いている証拠だからね。

良型が出ています。(2004-07-03 19:00)

そろそろ松下の本領発揮かな。大型の魚が、色々なポイントで掛かり始めています。杉本さん11本。杉山さん10本。岡さん10本。その他に惜しくもツ抜けできない人が7本から8本で、6人くらい。今日はかなり釣れたんだけど、何せ人が多すぎた。でも良い型の魚を取り込んで皆さん、満足して帰られたようです。私も一安心だ。あっ、書き忘れるところだった。西田さんが24.5cm、23cmx2本、22cmを頭に9本。


うーん、今回の大水で魚が動いて、川が良くなったね。瀬の鉄筋棒やガンガン、分流の大石周りなど、広いポイントで良型が掛かっています。ヤナギはちょっと小さいけどね。でもまだそんなに数は掛かりません。一本、大きいのを掛けて下がって取り込む。その間に他の人がまた良型を掛けて、下がって取り込む。この繰り返しで比較的多くの人に、良型が分散して掛っている感じです。



水温は22.5度。水はほとんど平水だけれど、まだ流れが強すぎて釣り難い。もうちょっと渇水傾向になると、ベストでしょう。今後、更に良くなる予感がします。やっと狩野川も本調子かぁ〜。最後に狩野川に来るとき、細仕掛けは禁物ですよー。

良いですよ〜。(2004-07-02 19:00)

今日は米山さんが遅く入って、2時半まで15本。狩野川が初めてのお客さんが仕掛けを切られたり、根掛かりで苦しんで4本位かな。でも22cmと21cmの魚を獲り、「狩野川の魚は大きいねぇ。」と言って、喜んでおられたなぁ。私も最近、数ばかりに囚われているけど、やっぱり鮎釣りは質だよね。満足度は数ばかりではない、と言う事だ。その他は私が4時半から1時間釣って、4本でした。



水温22度、水位+10cmから+15cm。澄んでいます。でも「根っ子」辺りで工事をしているらしく時々、微かに潤む。「釣り可能」という昨日のレポートが悪かったのか、今日はお客さんが少なくて、広いポイントの状態はわかりません。瀬に入った人はいないけどアカも残っているので、今日辺りは瀬も良かったかも知れないね。明日も良いと思いますよ。

明日は釣り可能です。(2004-07-01 16:30)

現在の水は+15cmから+20cmくらい。ほとんど澄んでいます。まだ多少潤んでいる感じもするけど、明日になれば完全に澄みます。


岸から見ると黒い石が見えるので、アカは完全に飛んでいないね。更に鮎のハネが多数見える。うーん、今日辺り釣れそうな予感。でも今日は用事がありまして、竿を出すには至りませんでした。残念っ!!


という訳で、明日は釣り可能ですよ。

2日から3日は様子見だ。(2004-06-30 15:00)

いやぁ〜、多少は降ると思ったけど、ここまで雨が降るとは思わなかったなぁ。昨晩の10時頃からゴロゴロと雷が鳴り出して、「マズイかな」と嫌な予感がした…。その後、今朝の10時くらい迄、12時間も雷が鳴っていたよ。こんなに長く雷が鳴ったのは、初めてだね。



今朝の水はまだ+20cmくらいで、既に濁っていた。今は90cmから1mの濁流となっています。アカも恐らく、落ちてしまったねぇ。こりゃ、2日から3日はまともな釣りは出来そうもないね。しばらく様子見だ。


今は雨もすっかり上がって、カンカンで照り。暑いです。普通なら雷と集中豪雨のあと、こんな感じに晴れれば梅雨明けなんだけどねぇ。まだそんな次期でもない。うーん、おかしな天気だ。

良い型が出ています。(2004-06-29 18:00)

昨日は水温23度、水位は平水。望月さんが20本。新倉さんが14本。この日は名前を聞けなかったお客さんが、23.3cmをあげてきた。うーん、あの魚は良い魚だったなぁ。


今日は水温変わらずの23度。水位は平水よりちょっと下という感じでしょうか。釣果は秦野の飯田さんが21.2cmを頭に15本。箱根の佐野さんが13本。千葉から見えたご夫婦のお客さんが、23cmを含めて8本。このご夫婦は一本の竿を使って仲良く釣りをされており、良型を取り込んで、とても満足して帰られたようです。良かった、良かった。


今日は狩野川が初めてのお客さんが多く、ちょっと釣果が伸びなかったけど、川はかなり良くなっていますよ。暑い日が続いているしね。とりあえず台風が来る週末までは、良い釣りが出来ると思います。

出水の後はイマイチ(2004-06-27 19:00)

まず昨日の報告から。昨日はお客さんも全然いなくて、水がかなり高く釣り難かった。ヤナギなんか、完全に瀬になっていた。そんな中、高村さんが16本。高村さんは瀬好きなので、高い水も何のそのだ。21cmを頭に、良い型ばかりの釣果でした。


今日は小井手さんが22cmを頭に18本。そして野原さんと新倉さんが、11本ずつ。水温22度。水の高さは+10cm。ちょっとまだ釣り難い水位だね。出水の後なので砂が舞っており、追いがイマイチでした。やっぱり鮎は、水が落ち着いた渇水気味の時の方が良く釣れるんだ。今後、しばらく大雨も無いようなので段々、良くなっていくと思いますよ。

明日は釣り可能(2004-06-25 17:50)

今日は川が濁ってしまったので、10時頃までで実質的な釣りは終了だ。でもお客さん達は昼まで頑張り、釣果は3本から4本。型が良いので、0.2号の道糸を切られたという話でしたね。狩野川は初めてらしいお客さんだった。狩野川の魚は、大きいからねぇ。


さて昼頃は笹濁りだったんだけど、今は濁っている状態。水は+20cm。でも今後、雨が降らなければ明日は釣り可能です。

分流で良い魚が…(2004-06-24 18:30)

今日は岡部さんがトロで23本。佐竹さんが11本で、その他には6本から8本。岡部さん以外は分流で掛けた釣果で、釣れる魚の型が良いんだよねー。みんな17cmから21cmと型が揃っている。やっぱりこの雨で魚が入れ替わったな。


水温22度、水位は+10cm。澄んでいます。という訳でまだ本線はイマイチだけど、ヤナギや大石周りなど分流で良い魚が掛かり始めました。今日辺りなら本流でも掛かるかも知れないけど、分流で十分楽しめるので、あまり本流に竿が出されなかったね。私も面倒臭いので、分流で2時間竿を出して5本。さて明日から梅雨空が戻ってくるという予報だけど、濁らなければ問題ないでしょう。

アカは薄いけど…(2004-06-23 19:30)

今日は岡本さんが13本。岡本さんのご友人が8本。高橋さんが11本。高橋さんのご友人が7本。岡本さんはトロ、高橋さんはヤナギでの釣果です。
その他の人は4本から5本と言った所。


水温は22度で、水位が+10cmから+15cm。出水の後なので砂が舞っていて、大石の頭や端の石にしかナメが見られない状態だ。やっぱりこの大水で、ナメは減ってしまったね。出水の後の澄は釣れ渋るんだけど、この程度は釣れるので、他の川から見えたお客さんもいましたよ。天気も良いし、このまま普通に川が回復すれば更に釣れるようになるはず。私も期待しちゃうよ。

台風一過だ。(2004-06-22 17:45)

今回の台風最高、で50cmから60cmの水が出たかな。ピークが深夜だったので、はっきりとは分からなかったけどね。そして今朝は+25cmで、今は+10cmから+15cmくらいです。笹濁りで、水温は22.5度。でもなんとか、7本釣れました。


川はそれ程、痛んでいません。明日はまぁ、オトリがポツポツ変わる程度には釣れると思います。或いは、バカ釣れするポイントがあるかもしれないね。このような時には、入れ掛かりになることもよくあるから…。ただ砂が舞っているので、全体的に追いは低調だと思います。

水位上昇中!!(2004-06-21 18:45)

現在、水位は着実に上昇しつつある。これからまだまだ水が出そうなので、2日くらいは釣りはお休みでしょう。今日は朝から濃い笹濁りで、昼で釣り終了。この時期の笹濁りは追いが無くなるので、5本しか掛からなかったよ。


という訳で今後、川の回復状態をできるだけレポートします。そうだ、昨日望月さんが釣った45本を画像ギャラリーにアップしました。

日曜日にしては良かった。(2004-06-20 19:00)

今日は望月さんが45本。安藤さんが25本。新倉さんが11本。水温22度で、水は渇水気味。釣れる魚の型は13cmから21cmくらい。混む日曜日にしては、なかなかの釣果でした。


今日は分流の肩の辺りで、鮎のハネがよく見えたよ。分流のアカはかなり良い状態。本線のアカはもうちょっという感じかな。6月も終盤に差し掛かってきて、鮎の活性も上がってきたようです。

瀬もまぁまぁ。(2004-06-19 20:00)

今日は千田さんが11本。宇野さんが22本。井上さんが11本。岡さんが29本。大石周りでも平均7本から8本、ガンガンでは平均5本から6本、瀬で平均4本から5本と、色々なポイントで鮎がぼちぼち釣れ始めています。今日はシマノの大会があったねぇ。


水温は22.5度くらいで、高め。水位は渇水状態になりました。それで瀬の真ん中にもオトリが入り易くなったのもあり、今まであまり芳しくなかった瀬も段々、釣れ始めた感じかな。明日も雨は降らないみたいだし、特に釣果等に変化はないと思います。

今日もまぁまぁだ。(2004-06-18 18:15)

今日は静岡の川根町から見えた3人様で大石さんが23本。三村さんが23本。市川さんが16本。3人とも、満足してお帰りになったようです。


水温は21.5度で水は平水。特に状況は変わらないね。明日も同じような感じだと思いますよ。

瀬はまだまだなるも…(2004-06-17 19:30)

今日は木下さんが11本。77才の吉田さんが、昨日と同じに夕方に入れが掛かって13本。三島の米山さんが2時迄で21本。そして佐竹さんがガンガン、細のガンガン、大石周り、ヤナギとまんべんなく足で稼いで13本。特に佐竹さんがガンガンで掛けた魚は21cmから22cmあって、トロまで下がり苦労して取り込んだ良型だった。


と言う感じで、まだ瀬は本調子でないものの、少しずつ良くなっている感触があるね。今日の水温は21.5度、水位は変わらず。明日も大きな天候の変化はなさそうなので、同じくらいの釣果を期待できると思いますよ。

まぁまぁかな。(2004-06-16 18:30)

今日は午後2時から5時まで竿を出した津守氏が16本。萩原さんと、松本から見えた吉田さんが9本づつ。77歳の吉田さんは夕方、入れ掛りでした。後は木下さんが7本。ずっと釣れないと言われていた分流の大石周りから渡場で、池谷さんが1時間半で5本。私が池谷さんが釣っていたのを見て、同じ場所で4本。


水温22度。水は+10cm。分流は泳がせ待ち釣りで釣り歩くと、オトリが上にいるので「クククゥ〜」と掛かって面白かったよ。そう言えば昨日も細で泳がせ待ち釣りで、短時間に9本ばかり釣った人もいたなぁ。

夏の川になった。(2004-06-15 19:15)

今日は小倉さんが10本。野原さん15本。米山(天幸)さん11本。田中さんが12本。山梨の佐藤さんが10本。一番大きい魚は米山さんが午前中に掛けた22.8cmで、小さい型は13cmから。


昨日辺りから川が夏の色に変わった気がする。ちょっと潤んだ感じなんだよね。水位は+13cmくらい。水温は22度。このまま良い天気が続けば週末にかけて、7本から20本は釣れると思います。但し、まだ全てのポイントが良い訳ではないので、大勢人が来るとこの限りではありません。今日は分流で、3時間半9本釣ったお客さんもいましたよ。

大漁でした。(2004-06-14 18:30)

望月さんが22.5cmを頭に29本。この釣果では29本中、4本が22.5cmでした(画像ギャラリー参照)。そして米山さんが21本。野原さんが16本。全てトロの釣果です。ヤナギ辺りの平均は3本から8本位。水温は22度と高めで、水位は+10cmから15cmくらいかな。


昨日の午後から晴天が続いていて、水温がかなり高くなった。それでトロで魚が活性化したのだと思うね。やっぱり「初夏の鮎釣りは晴天に限る。」だったよ。今週はまだ晴天が続きそうなので、期待できると思うよ。

今日はカラッと晴れたけど…(2004-06-13 19:00)

昨日は笹濁りで+15cm。お客さんはほとんどいなかったけど、上流から降りてきた人が、かなり掛けたらしい。「非常に楽しめた。」という言葉だけで、釣果を聞けなかったんだよね。でも上流に比べてここは魚が大きいらしく、頻繁に糸を切られたらしいよ。


今日も薄い笹濁りで、水位変わらずの+15cm。うちのお客さんじゃないけど、シルバーシートに入った人が20から30は掛けていた感じだな。昨日はヤナギなんかも釣れたんだけど、今日はシルバーシートのみが良く、他はダメ。他のポイントは2本から5本くらいだった。昨日のように曇りや小雨なら良いんだけど、今日は急にカラッと晴れたので、シルバーシート以外では追わなくなってしまったようだ。


この所の複雑な天気で、なんか私も分からなくなってきたよ。予想が立てられないというか…。ただ他の川もかなり寂しいみたいで、狩野川に戻ってくるお客さんもチラホラ。明日からしばらく、晴れるみたいだね。さて、この晴れが鮎にどういう影響を与えるか…、頻繁にレポートすることにします。

今日はカラッと晴れたけど…(2004-06-13 19:00)

昨日は笹濁りで+15cm。お客さんはほとんどいなかったけど、上流から降りてきた人が、かなり掛けたらしい。「非常に楽しめた。」という言葉だけで、釣果を聞けなかったんだよね。でも上流に比べてここは魚が大きいらしく、頻繁に糸を切られたらしいよ。


今日も薄い笹濁りで、水位変わらずの+15cm。うちのお客さんじゃないけど、シルバーシートに入った人が20から30は掛けていた感じだな。昨日はヤナギなんかも釣れたんだけど、今日はシルバーシートのみが良く、他はダメ。他のポイントは2本から5本くらいだった。昨日のように曇りや小雨なら良いんだけど、今日は急にカラッと晴れたので、シルバーシート以外では追わなくなってしまったようだ。


この所の複雑な天気で、なんか私も分からなくなってきたよ。予想が立てられないというか…。ただ他の川もかなり寂しいみたいで、狩野川に戻ってくるお客さんもチラホラ。明日からしばらく、晴れるみたいだね。さて、この晴れが鮎にどういう影響を与えるか…、頻繁にレポートすることにします。

どんどん水位が上がってる。(2004-06-11 18:30)

今日は朝からずーっと雨だ。朝の水は+15cmくらい。入梅らしいしとしと雨がずっと降っているので、水位は今も上昇中。今は+30cmくらいかな。濃い笹濁り状態です。



午前中の釣果は2本から5本だったけど、明日の釣りは無理だろうね。また釣りが再開できそうなら、報告します。

川に変化の兆し(2004-06-08 17:15)

今日は風が強く、釣り難い一日。でもほとんど釣り人がいなかったので、関係ないか。今日は下川さんが2時半から4時まで釣って、3本。一匹は大きかったんだけど、その他の二匹が13cmというチビ鮎だった。


今まで、13cmなんていうチビ鮎が掛かった事は希。珍しいよ。どうやらこの雨で、魚が動き始めたらしい。なかなか良い兆しだなぁ。水は+15cmで、ほんのちょっと濁りが残っているものの、ほとんど澄んでいます。チビ鮎が掛かった事の他に、鮎のハネがが多く見られる。鮎のハネも、今まではあまり見られなかった現象だね。今後、川は良い方向に変わっていくと思いますよ。


おっと、書き忘れる所だった。明日は釣り可能です。

明日の釣りは無理(2004-06-07 19:00)

いやぁ〜、今日はドカドカ雨が降ったねぇ。朝から昼まで、断続的だけどかなりの雨が降りました。でも昼からは、良い天気になっている。現在、川は酷く濁っていて、+30cmくらい。明日の釣りは無理だな。


昼から雨は止んでいるのに、川の水位は余り変わらないなぁ。山の方では、相変わらず降っているのかも知れない。とりあえず川の水が増え、魚が動き易くなった。低調だった狩野川も、良い方向に向かうと思いますよ。

梅雨に入りました。(2004-06-06 19:00)

まず昨日の釣果から報告すると、鈴木さんが17本。他の人は2本から8本と言う所。渇水で水温は21度でした。

で、今日から梅雨に入ったようですね。朝から雨で10時には濁りが入って、釣り続行不可能になりました。それでも釣った人は5本から6本掛けていたね。水は夕方6時の時点で+13cm。笹濁り、水温が20.5度です。


入梅時、笹濁りのピーク付近で鮎は掛かりません。これは私がいつも言っている事だ。でも今日も3時から雨が止んでいます。明日、このまま雨が降らなければ釣り可能でしょう。しかし梅雨だしなぁ。明日も天気は悪そうだね。

風が強く、釣り難い一日(2004-06-04 19:00)

今日は落合さんが半日で6本。横浜のAさんが、21cmを頭に12本(画像ギャラリー参照)。今日は強風でとても釣り難い一日だった。水温は21度で、川は渇水気味になってきたよ。


一方でアカの付きは、あまり進んでいません。うーん、なんかまだ夏の川の雰囲気じゃないんだよなぁ。渓流の雰囲気が漂うというか、余りに川が澄みすぎているような気がする…。この調子じゃ、いっそ雨が降った方が良いな。まだ良いアカも付いていないので、増水しても特に問題ないと思う。

良い魚が釣れ始めた…かな。(2004-06-03 18:50)

今日は潮田さんが21cmを頭に14本。なかなか良い魚だねぇ(画像ギャラリー参照)。同じく落合さんも14本。ぼちぼち釣れ始めた感じかな。掛かるのはまだ弱い流れが中心で、石裏などのフワッとした流れを狙うといいよ。


今日の水温は17度,20度,19度,20度と推移した。風が強かったので、水温も風に影響されたようだ。水温が再び上がった夕方から、良く掛かり始めた。アカはまだ薄いねー。でも晴天が続いているので、少しずつ良くなってきたのかな。

状況、余り変わらず。(2004-06-02 17:40)

昨日は小倉さんが10本。佐野さんが8本。今日はまだ上がってこない、ちょっとお名前が分からお客さんが、やっぱり10本くらい。その他は、5本から7本と言った所でしょうか。


水温は21度。水は平水です。雨の影響は特にありませんでした。今日は他に報告する事がないなぁ。あまり状況が変わっていないんだよね。他の川も解禁したね。釣果はどうなのかなー。ちょっと気になります。

段々良くなってきた?(2004-05-31 19:00)

今日は古川さんが7本。坂本さんが10本。米山さんが12本。望月さんが16本。これらは皆さん、揃ってトロで掛けた釣果です。大きさは15cmから19cmまで。


水温は21度。昨晩、降った雨のせいで水位は上がり、今は平水位。晴天続きで、ちょっとは良くなってきたかなぁ。今日はチャラに入ったお客さんが少なく、トロ以外のポイントについては、よく分かりませんでした。

水が澄み過ぎなのかな。(2004-05-30 17:30)

今日は井口さんが19本。井口さんは分流の最後付近で10本程。本流の瀬で3〜4本。そして安藤さんが12本。今日はかなりの人出だったけど、平均して2本から8本くらいかな。天候も良好で、水温は21度。


うーん、川の水が異常に澄みすぎている。それでアカの付きが遅いのかなぁ。今日は良い天気だったけど、思ったよりアカの付きが進まない。分流でも黒い石が少し増えた程度だし、瀬のアカは薄いとしか言いようがない。現在、トビゲラの仲間の水生昆虫が多くの石に付いて居るんだけど、コイツはアカの薄い石に付く習性がある。ようするにこの水生昆虫が多い内は、鮎の追いがイマイチって事だね。


釣れる魚は16cmから20cm。でもその他の魚が小さ過ぎるんだよ。もうちょっと魚が成長しないと、入れ掛かりが長く続くような釣りは出来ない。今でもポツリポツリ鮎が掛かって、オトリを変える事は可能なんだけどね。うーん、目の覚めるような鮎釣りが出来るのは、6月中頃以降かなー。

川の回復が進んだよ。(2004-05-29 18:00)

今日は谷口さんが、20cmの魚を頭に16本(画像ギャラリー参照)。菊池さんが11本。どちらもトロの釣果だ。今年は川底が変わっちゃって、今までのトロが瀬化しているんだよね。だからこの時期にトロが釣れる。


私も3時から4時の1時間で4本。皆、18cm〜19cmで型も揃っていました。ここ数日の晴天で、川の回復が進んだね。水温も21度と高く、アカも付いてきて良いハミ跡が見て取れる。でも本線のアカは、まだ薄いなぁ。という訳で、分流やチャラを狙った方が良いでしょう。追いは11時以後立ってくるから、朝はゆっくりスタートで構わないよ。

午後から釣れ始めた。(2004-05-28 18:00)

水は平水。でも本線には牧の郷辺りから田んぼの水が入ったようで、濁りがあった。今日は昼から水温が21度まで上がって、急に釣れ始めました。小井手さんが午後から15本。古川さんが午前中9本。彼は午後にも掛けていて、まだ帰ってきていません。よって正確な釣果は不明だが、そこそこ釣っていると思うよ。向こうから入った釣り人も、30分ばかりの内に5本程掛けていたねぇ。私が午後1時から4時までで9本。私の魚は18cmから19cmばかりで、型が揃っています。


今日は本線が濁っている事もあったけど、やっぱり分流とシルバーソート近辺が良いね。アカはまだ薄いです。水がかなり澄んでいるのが原因なのか、今年はアカの付きが遅い感じがするよ。まぁ毎年6月に入らないと調子が出ない松下なので、もうちょっとの辛抱かな。

回復は遅れ気味(2004-05-26 18:30)

今日は春日部の関根さんが14本。滋賀県から来た若者が10本。永岡さんが8本。その他は2本から6本くらいかな。魚のサイズは10cmから20cmとなっています。


今日は曇っている時間が長くて、あんまり良い天気ではなかったなぁ。そのせいか、川の回復が遅れ気味となっています。水は現在+10cm。ずっと引き続けて、水が落ち着かないんだよねぇ。松下の本来の調子が戻るまでには、もうちょっと時間かかかりそうだ。

まだアカが薄い。(2004-05-25 19:30)

横須賀の米山さんがトロで14本。米山さんの魚は17〜18cm。なかなか良い魚だったなぁ。潮田さんが、渡場からヤナギにかけて釣って9本。その他では、野口さんを筆頭に6本から7本くらいです。本流は、誰が釣ってもダメだ。分流が良いよ。


午前中の水温は17度くらいで振るわなかったけど、午後になって水温が20度前後になると掛かり始める。水位は+15cmで、ガンガンの方付近でも普通の人では渡れない感じだ。まだかなり高く見えるね。今年は川の整備が進んで、リアルタイム水位値(+6cm)がちょっと狂ったかな。もうちょっと様子を見て、補正しないとダメかも知れない。


で私も、試し釣りをしてみたよ。うーん、ハミ跡は確認できるものの、まだまだアカが薄いですねー。合格点のアカが付くまでこの天気で、あと三日は欲しいな。

今日はまぁまぁ。(2004-05-24 17:30)

今日は朝から気持ちの良い晴天だ。雨の後の晴天は、ちょっと追いが鈍くなるんだよね。それでも皆さん、まぁまぁ楽しく鮎を掛けていられるようです。


水戸の鮎組・中野さんが16本。落合さんと玉虫さんが仲良く、水晶淵で13本ずつ。水晶淵とはシルバーシートの下なんだけど今頃、トロで掛かるのはおかしいよねぇ。水が増えているので、淵が瀬になっているんだろうね。その他では、まだ上がってこないけど米山さんが3時半の段階で8本。平均、5本から6本と言う所かな。


私も1時間竿を出して、1本掛けた。実際に竿を出して実感したけど、先の増水の影響でアカがやっぱり薄目だわ。回復するには後2日から、4日は掛かると思うよ。太陽が今日みたいに照ってくれれば、早めの2日位で良くなる。とにかく晴天で暖かくなって欲しいなぁ。

解禁日釣果(2004-05-23 16:30)

結局、福田さんの釣果は20匹で、20.5cmという型が最大でした(画像ギャラリー参照)。その他は10本、8本、7本で90%の人は1本から5本という釣果。今日はとにかく寒くて、ダメだったね。その上水位も+20cmと多少川が荒れていたので、それも不調の原因だ。


結果的に本流の瀬は、全くダメだった。分流が良くて、その中でも大石周りが良く掛かったらしい。よってポイントが限られていたので、極一部の人しか魚を掛けられなかったと言う訳だ。うーん、とにかくも日が出て、うちょっと暖かくならないとダメっぽいなぁ。まっ、近々私も竿を出してみますので、詳しい報告をアップ出来ると思います。

とても寒い解禁日(2004-05-23 13:30)
いやぁ〜、今日は寒いねぇ。私なんか、服を三枚も重ね着しているよ。このように天候が悪いので、今日は例年の半分位しか人が来ていないようです。


水温は15度。「もうダメだ。」って、帰られた車が7台いくらいある中、10時頃までに福田さんが15本。そして18cmから19cmと釣れる魚が大きいので、ちょっと驚いています。本流、ようするに瀬を攻めたお客さんが軒並みダメ。分流、ようするに大石からヤナギ辺りが釣れているようだね。


とりあえず中間報告と言う事で、解禁第一報をお届けしました。夕方には最終的な釣果をレポートしようと思っています。

川は余り痛んでいない。(2004-05-22 10:00)
いよいよ明日、解禁です。現在、お店は解禁に向けて慌ただしく、準備中。


台風は思いの外、早く通り過ぎました。私も心配していたんだけど、川は思ったほど痛んでいませんね。現在の水は、20cmから25cm高。ほとんど濁りは取れて澄んでいます。注意してみると、微かに濁っていると気が付くかも知れないけどね。雨も降ったので、そりゃ多少はアカも飛んだだろうけど、石も黒くてまずまずだ。私もホッとしたよ。


さて、今日は実釣も出来ないので、ここでお伝えする情報はこれだけ。明日は皆さんに良い釣りをして頂けるように、私も頑張ります。では、お店でお待ちしていますね。明日は、解禁の状態をお伝えする予定です。

川は例年通り、普通です。(2004-05-20 15:30)

今日は朝から霧雨で、水は平水から4〜5cm高い位かな。ちょっと青っぽく、潤んでいます。濁ってはいません。


皆さん、台風が近づいてきているので解禁の状態が気になるようですが、現時点では台風次第としか言えないなぁ。私にも分からないよ。今後、どのくらいの雨が降るか。ポイントはその辺だけ。現在の川の状態は、例年通りだね。魚はいるけど、ちょっと小ぶり。ここ数年、狩野川の解禁はこんなもんで、今年も例年通りと言えそうです。


さて、後は台風の影響だけなので台風通過後の金曜日の夕方か、土曜日の昼頃にでもまた報告しようと思っています。

試し釣りの結果(2004-05-13 18:00)

うーん、試し釣りの結果は、以下の様に良くありませんでした。このデータは各場所で二人が1時間、試し釣りを行った合計釣果です。


先日の雨の後、ずっと曇っていたからねぇ。それでアカが足りなかった上に、日照不足と低水温がちょっと釣果の足を引っ張ったかな。松下の試し釣りについて1時間に7本であり、全体的に16cmから20cmの鮎が掛かっている。まぁまぁなんじゃないかな。私は大石周りが良いと思ったんだけど、瀬やシルバーシートの辺りを釣っていたのも問題だったと思うね。でもとにかくまた一雨降れば、それも大きく変わってくるはずです。


ちなみに松下には、小さな鮎もたんまりいるんだよ。鮎がまだ小さいので瀬に入れない感じだね。現在の水は-5cmで、ちょっと低いかな。今後、もうちょっと水が上がって、お天とうさんが照ればグングンよくなるでしょう。また近々、川にはいるのでレポートしますね。


嵯峨沢 21本

田沢橋 22本

宮田橋 8本

修善寺橋 4本

沖の原(松下) 7本

狩野川大橋 8本

上島橋 0本

せぎ下 0本

沼津大滝 2本

大見川合流 17本

大見川小川橋 28本


解禁前情報1(2004-05-03 13:00)

今日は小雨で、ちょっと肌寒いよ。なので長靴を履いてトロや大石周り、ヤナギを見てきた。


狩野川も寂しい雰囲気のする冬の川から、賑やかなイメージの初夏の川にすっかり変わったね。黒い石が多くなって、ハミ跡も中指の爪くらいのモノが多数あります。現在、水は平水だけと、田植えの水が入ったりするので時々、潤む感じかな。でも全く問題はありません。ただこの所、寒い日が続いて、天候がイマイチ。この前の大水で川はキレイになり、水位も上がったのでこれから解禁に向け、晴天の日が続いた方が鮎のためには良いと思うな。もっと晴れて欲しい。あっ、そうそう、大きい鮎も見えるので、解禁は期待できると思いまーす。


今日は浅めのポイントを見たけど、連休明け位には瀬や鉄筋棒辺りを見て、また報告する予定です。

ちょこっと大雨速報!(2004-04-27 20:40)
いやぁ〜、、凄い雨だねぇ。今ちょっと川を見たら暗くてはっきりとはしないんだけど、もの凄いうねりだったよ。


おっと、ご挨拶が遅れてしまいました。鮎解禁も来る5月23日(日)に迫り、開店準備中で忙しい店主:津田です。今年もよろしくお願いしますね。


さて4/15日位から、シルバーシートの辺りに良いナメが見られるようになってきました。しかしずっと渇水だったので心配していたんだけど、この雨でそれも解消したな。増水すれば鮎も登りやすくなるし、川の汚れも取れる。渇水時からは、1mほどの増水になったね。きっとこの雨が鮎には良い影響を与えると思います。ご期待下さい。


5月に入ったら週一程度で更新する予定でいたのですが、余りの大雨でちょっと早めの第一報となりました。尚、年券購入のお問い合わせが多くなっています。年券購入の方は、パスポートサイズの写真1枚と住所・氏名・生年月日・年齢を書いたメモ、\10,000円を当店まで郵送して下さい。お店にお越しの際に、年券をお渡しします。

本ページではPCを使った自動データ処理を実現しています。 御社でも内容が自動的に変化するWEBページ等を使って情報発信してみませんか。 その他、ネットワーク業務システム構築も承ります。ご依頼はお気軽にメール下さい。 お打ち合わせは無料です。このページの管理は津守美弘が行っています。 インター津田おとり店は、携帯電話・スマートフォンからも同じアドレスでご利用頂けます。