インターネット津田おとり店・狩野川ニュース
狩野川の清浄化にご協力下さい
明後日くらいかな。(2003-11-26 17:30)

水は+15cmで、朝から澄んでいます。しかしかなりたんまり雨が降ったねぇ。最高で40cmくらいは上がったかな。


この雨でまたアユが下がって、ナメがほとんど見られなくなりました。三つ目の島の手前の浅場に多少、ナメが見られる。そこら辺のアユが降りてくると、また釣りができると思うんだけど…。明日はちょっと無理で、釣りができるのは明後日くらいになるでしょう。

今日は寒すぎた。(2003-11-24 17:30)

水は平水で水温が15度。今日はちょっと寒すぎました。


朝、川を見たらナメが減っていた。その後3時頃には、再びナメが増えたんだよねぇ。しかし如何せんナメが増えた時間がちょっと遅かったし、今日は寒かった。釣果は1本釣ったお客さんが一人で、後はオデコ。でも一本で良いから釣りたいというお客さんには、ちゃんと一つ掛かったよ(笑)。


私も今日は釣りをしなかった。何でも新提の方にナメが多数あると言う事なので、その魚が明日辺り降りてきそうなんだ。明日は、竿を出してみようと思っています。

川は生きてるね。(2003-11-23 17:30)

水は平水。水温が15度。


朝、川を見たらナメがほんの少々。午後2時頃に再度、川を見たら今度はナメがいっぱいだ。本線とガンガンはダメだけど、メモリ石から渡場近辺には良いナメが多数見られるよ。昨日は全くナメが無く、死んだような状態だったけど、今日はたくさんの魚が降りてきたらしい。毎日こんなに状態が変化すると、やっぱり川は生きてると実感するなぁ。


釣果は、加賀見さんが10時から午後3時まで釣って3本。魚が溜まりつつあるので、明日も天気が良ければ、かなり期待できそうです。

一気に魚が下ったようだ。(2003-11-21 17:15)

朝は笹濁り状態。夕方になって、ようやく澄んできた。水温は17度。水は+10cmです。


あんなにいたアユが、この雨で一気に下ってしまった。でお客さんは皆、オデコ。私がガンガンの際で一つ。こんな時は泥が乗っていないガンガンの際で、交通事故的にごまかして掛けるしかありませんでした。たくさんあったナメも、みんな消えちゃったよ。浅い所に、ほんの少しナメがあるだけだね。


また魚がここに溜まるまで、二・三日掛かるだろう。とにかく明日の状態を見たいです。

魚が溜まっているね。(2003-11-20 17:10)

今日は朝からずっと小雨。でも川の状態はほとんど変わらず、平水です。濁りもなく、水温は16度。


1時から3時半までの2時間半で、私が8本。釣った場所は渡り場だけど、ここが一番ナメが多い。晩秋になって「釣れる・釣れない」の波があり、昨日・今日は明らかに釣れるパターンだね。魚が溜まっているようです。この時期、2時間半で8本釣れれば御の字だ。


明日もこの調子は続くと思われます。天気が良くなれば、更に良いんだけどなぁ。天気予報では回復するみたいだね。期待しちゃうよ。

魚がたっぷり降りてきた。(2003-11-19 17:30)

今日はもの凄いナメが発生。魚が上から、たんまり降りてきたようだ。私が3時間ほど竿を出して9本。内訳はガンガンで5本。渡場で4本です。魚は20cmから22cmのアユが半分。上から降りてきたと思われる17cmから18cmのアユが半分。



水は平水で、水温が16度。トロには魚が溜まっていないようで、ダメだね。千歳橋辺りも、芳しくないし。ガンガンは足下のキワキワにナメがびっしりだった。さて秋はこのように魚の移動が激しいので、当たり外れがあるけど、明日はどうかなぁ〜。

ナメが減ってしまった。(2003-11-18 17:30)

急にナメが減ってしまった。それで釣果も渋くて、1本からオデコという状態です。私は1時間半やって3本。どうやら魚が下がってしまった様だな。


そして釣り方が、問題なんだよね。ちょっと変わった釣り方をしないと、釣れないんです。本当に浅い所を、岡から狙うと良い。でもこれが普通のお客さんには、なかなか難しい。そして同じ場所を狙い続けるより、こまめに動くことだ。


上から魚が降りてくるまで数日、こんな状態かも知れないね。とうとうシーズンの終わりで、そのカウントダウンに入ったという感じもあるなぁ。

今日は暖かくて、良かったよ。(2003-11-17 17:00)

今日は良く釣れたなぁ。私が午後から入って8本。場所は渡し場周辺で、岡から浅い所を狙いました。


水は+5cmで、水温が17度。浅い所に一杯、ハミ跡が見えるよ。深い所はダメだねぇ。浅ければ浅いほどハミ跡が多いけど、普通の人はそこで我慢できないだろうなぁ。岡から浅い所にオトリ入れ、泳がせながらじっと待てば掛かります。

出水はそれ程でもなかった。(2003-11-16 18:30)

今日は朝から強風だ。もの凄い風で、オトリ小屋廻りの小物がみんな飛んでいってしまったよ。川は朝、強い濁りがあったけど、午後の2時頃から澄んできた。私が2時から3時半くらいまで竿を出して4本。他のお客さんは、釣れませんでした。というものお客さんは朝から川に入っているので2時頃に川が澄んで、魚が掛かるようになった頃にはもうオトリがダメになっていたという訳。またこのような時は岡から釣らないとダメなんだけど、立ち込んでしまった事も原因の一つかな。


水は最大でも、15cmくらいしか出なかったよ。夕方になると、+8cmくらい。水温は19度。ナメも夕方、多く見られるようになったので、明日はかなり期待できそうです。ただ「松下に魚がどのくらい留まる。」か、という問題がある。その辺が当たり・外れなの部分なので、断言はできないけど…。状況としては明日はいい感じで、期待できると思います。

ナメが出て、まぁまぁだ。(2003-11-15 17:15)

今日は小野寺さんが6本。長崎さんが5本。桜井さんが4本。後、電車で見えた方がいて最後に話ができなかったけど大体、4本から5本だと思う。ちなみに私は、昼の1時からの3時間で6本でした。うちから大門橋や神島橋へ行ったお客さんも胃いたなぁ。でもあっちは瀬付きの鮎で真っ黒だよ。ここの鮎は、まだ若いけどね。


水温が16度で、水は+5cm。今日も晴れずに雨が降ったりしたけど、ナメが増えてきた。やっぱりナメが増えると、そこそこ釣れるようになるよね。そして今は魚の移動があるので、釣れたり釣れなかったりする。それでもまぁ、この時期だからこれくらい釣れれば御の字だと思います。

うーん、晴れなかった。(2003-11-14 17:40)

今日はピーカンかと期待していたのに、曇りだったよ。確かに晴れた瞬間もあったんだけどその都度、太陽の下に雲があってこの辺りは曇り。ついてないなぁ。水温は16度で、水位は+5cmくらいかな。


釣果は長崎さんが5本。角南さんが4本。私と橋本さんが、昼からちょっと竿を出して2本。水がもうちょっと落ち着けば、良いと思うんだけどね。本当はこの時期、渇水の方が良いのに水が多すぎるよ。


この前の雨で、かなりの魚が落ちたみたいだなぁ。今年はちょっと早めに終わっちゃいそうだ。千歳橋付近でも10月は良い話を聞いたけど、11月になって魚が止まらないそうだね。なのであの辺りも、11月は低調の様子。

魚に嫌われたかな。(2003-11-13 18:00)

今日はずっと曇って、寒い一日。水は+10cmくらいで、水温が15度。


今日は釣れなかったなぁ。私も竿を出したけど、3本しか釣れなかった。魚に嫌われちゃったかな(笑)。天気が悪いのもあるし、秋の魚は気まぐれだから。大体、今も雨が降っているし、日中も三回くらい合羽を着たくなるような雨が降りました。でも明日は天気のようなので、期待しています。

風強し。(2003-11-12 17:00)

今日は立川さんが午後1時頃から入って5本。私も立川さんと一緒に入って、同じく5本でした。しかし1時から3時の間は、風が強くって非常に釣りづらくなった。

水は+15cmくらいで、水温が17度。出水の後だし、太陽が出なかったので水温は低いですが、もうちょっとは遊べると思います。ハミ跡も夕方、かなり増えたしね。


ちなみに今、巷で取り沙汰されているコイヘルペスウイルスだけど、狩野川のニゴイがシンダという話は全く聞かない(笑)。あいつら、邪魔なのでいなくなって欲しいんだけど、元気みたいですよ。

寒いっ!(2003-11-11 17:00)

今日も朝からずっと雨でした。水位は+15cm。水温は16度。濁りは薄い笹濁りというか、潤んだ状態だね。


私が三時間釣って6本。一通り色々な場所にオトリを入れてみたけど、チャラしか釣れなかったなぁ。とにかく晴れて暖かくなってくれないと、ダメだね。


そう言えば今日釣った6本の鮎で5本、チラシの2段目に掛かったなぁ。昨日の鮎も12本中8本が、2段目の針だった。時々こういう事があるけど、ことさら追いが悪いと言うこと無いんだよなぁ。野鮎にはしっかり背掛かりでストンと掛かっているけど何故か、二段目の針ばかり。

ナメが増えたよ。(2003-11-10 17:20)

今日は朝からずっと小雨でした。水位は余り変わらない。2cmか3cmくらい上がったかな。水温は16.5度で澄んでいます。


私が昼から4時間ほど、渡場近辺を釣って12本。チャラなどの浅い所のナメが、また増えましたね。本流でも、手前の浅場にはナメが見られる。川の状態はいいけどお客さんが居ないので、今日は鵜が大挙して降りてきて鮎を駆っていたなぁ。人がいると奴ら、逃げちゃんだけどね。


アカは良く付いているので、天気が良くなればそこそこ釣れると思います。おてんと様待ちだね。

午前中は暖かかったけど、午後から風だ。(2003-11-09 17:30)

今日は午前中は暖かくて釣り日和だったんだけど、午後から風が出て一気に気温が下がった。それで午後から、ぱったりと掛からなくなってしまいました。釣果は井口さんが23cmを頭に17本(画像ギャラリー参照)。場所は分流のメモリ石周辺です。その他のお客さんは、大体4本から5本くらいでした。


ナメはチャラに多く見られるけど、本流には見えないね。本流はダメです。ガンガンもダメで、トロも同様だぁ。チャラのみが良い感じで、明日も当然、チャラ狙いになるだろうね。

-----------------

<Tsumori>プロパイダ障害が断続的に発生しているようで、ご迷惑をお掛けしています。週明けには、本格的な復旧が行われると思います。もうしばらくお待ち下さい。

今日もチャラが良いようです。(2003-11-08 17:30)

釣果は赤坂さんが8本。2時から入った松浦さんが5本。西田さんが6本。小野さんが5本、谷口さんが4本。今日は休みなのに、お客さんが少なかったなぁ。流石に水が出た後なので、致し方ないか。でもまぁ、何とか遊べる状態だと思いますよ。


水は+10cm、水温19度。上から魚が降りてきたようで、魚が小さくなっています。でも魚は若い。出水のせいか、瀬のアカは無くなってきた。でもチャラにはアカが残っています。必然的に、チャラの方が掛かりが良いですね。

-----------------

<Tsumori>プロパイダの障害で今朝の5時頃からお昼頃まで、インターネット津田オトリ店にアクセスできない状態が発生しておりました。既に回復しておりますが、ご迷惑をお掛けしたことをお詫び致します。

チャラが良くなった。(2003-11-07 17:30)

現在の水は+10cmで、水温が20度。澄んでいます。水が出たので石に砂が乗っちゃった。なので深場や瀬が釣れなくなって(ナメが消えた)、浅いチャラの調子がいいです。


私が午後1時から4時まで、渡場の浅い所を陸から釣って8本。角南さんがヤナギから島周りのチャラを釣って、同じく8本。水が出て魚が上流から落ちてきたらしく、私も角南さんも22cmクラスは1本で、後は15cmから20cmのオトリサイズとなっております。また魚のサイズダウンに伴って、より若い魚が掛かる感じです。


今日もまぁまぁだったし、明日も暖かいようなので釣れると思いますよ。

午後から釣りが出来ました。(2003-11-06 17:30)


今朝も雨で、川は真っ茶色。水は+25cmくらいはあったけど、昼頃に雨が上がった。午後2時頃、川を見ると大体30cmくらいの透明度。濃い笹濁り状態だね。釣りが出来そうだなぁと思ったので、2時半から4時まで竿を出してみました。釣果は4本。場所はメモリ石周辺です。



現在の水位は+15cmくらいで、更に澄んできたね。これなら明日は、通常に釣りが出来ると思います。しかしこの雨でまた上から魚が降りてきて、サイズがダウンしちゃったよ。今日も4本掛けた中、3本がオトリサイズの18cmから20cm。さて明日はどんな魚が釣れるかな。

本線が良好。(2003-11-05 17:30)

今日は長崎さんがトロで9本。私が本線の瀬を上から下まで3時間釣って7本。魚が動いて、トロにはまた魚が入ってきたね。小さい魚が上流から降りてきたので、釣果に小物が混ざります。


今日は天気がずっと悪かった。ずっと曇りで今、雨が降り出した所です。でも今日は、まぁまぁ釣れた方かな。本線がかなり良くなってきました。チャラは掛かる魚が小さいけど、本線では22cmから24cmの魚が出ますよ。ナメが多く見られ、ガンガン以外のアカ付きは良好。


秋は当たり外れが大きい季節で、かつ天気が大切。だけど今晩から、雨なのかな。うーん、なるべく晴れて欲しいですね。

瀬にアカが付き始めたっ!!(2003-11-04 17:30)

やっと瀬が釣れたよ。4時間で15本釣った人がいます。その他の人は3本から6本。瀬で15本も出たのは、やっと瀬にアカが付き始めたから。足下の小石が滑るようになってきた。至る所で大量のナメも見て取れるし、チャラはナメ過ぎてアカが無い程だね。でもガンガンは、まだまだです。


水が+5cm程出て、水はちょっと潤んだ感じ。この雨で魚が移動したらしい。トロには魚がいなくなったね。秋の釣り(終盤)は運に左右される部分が多いので、とりあえず色々な場所を釣ってみた方が良いと思います。

ナメ多数だけど、天気が悪過ぎた。(2003-11-03 17:30)

今日は朝からずっと雨です。3.5時間くらいトロを釣っていた鈴木さんが7本。私が渡り場で3時間釣って、同じく7本。


ヤナギや新提には、もの凄いナメが見られます。トロもナメ多数で良好。ただ今日は天気が悪いので、全体的には奮わなかったねぇ。しかし上手く釣れば3時間前後で7本と、かなり掛かる状態ではあると思います。天気が良ければ、なおよろしい。ガンガンや流心のアカは、相変わらず薄いよ。なので狙い目は流れの緩い所や、チャラだ。

人が多過ぎた。(2003-11-02 18:00)

今日は人が多すぎたね。ほとんど歩けず一人、竿一本分しか場所が確保出来ない状態でした。そのせいか、釣果は伸び悩んで、竿頭の人が8本。うちのお客さんでない人は、10本くらい釣っていたようです。



人が多いだけで、川の状態は悪くありません(余り変化がない)。トロは流れのあるシルバーシート辺りがよかったけど、ガンガンや瀬の流心にはアカがない状態です。で、やっぱり午前中の方が良いようだね。明日は今日ほど人が多くないと思うので、もうちょっとは釣り易くなるんじゃないかと思います。



ps 11/1の釣り大会&バーベキューは、恙無く終わりました。ありがとうございました。参加された方には、お礼を申し上げます。

足で釣る?(2003-10-30 17:45)

今日は滋賀県からみえた笠原さんが9本。あとは午後2時の時点で笠原さんが8本釣っていたけど、帰りにお話しできなかったので、最終的な釣果は不明です。大体、3本から5本くらいが平均かな。


水温は18.5度。チャラのナメが消え、ガンガンの際にナメが見られるようになったね。私がガンガンの際を釣ってみたら、1時間半で4本釣れました。今日のお客さんも午前中釣れて、午後ダメになったと言っていました。という訳で絶対的なポイントが無くなって全体的に掛かるようになったというか、足を使って色々なポイントを釣り歩いた方が数が出ると思います。また時間的な問題もあるので、同じ場所でも時間を変えると追ったりする。とにかくこまめに、色々なポイントにオトリを入れる事だね。

午後から風で難しい釣りに…(2003-10-29 17:30)

今日は午前中は良かったんだけど、午後からもの凄い風になって、釣りが難しくなった。だから午前中掛けていた人のみで、午後からはめっきり掛かりません。釣果は笠原さんが8本。後は早上がりしたお客さんが午前中に8本ぐらい釣っていたと思うけどその後、話せなかったので正確ではありません。


午後から吹いた強風のせいで上の二人はほとんど午前中に掛けた釣果なんだけど、ここ10日くらいを見てみると概して、午前中の方が掛かりが良いようです。水温は18度。今日は暖かかったので期待したんですが、強風で釣果はイマイチだったね。魚はまだ産卵前で、サビが目立ちません。今年は産卵が遅いのかなぁ。ただ11月に入ると、シーズンも段々終わりに近づいてきます。

やっぱり瀬がいい感じだ。(2003-10-28 17:30)

今日は朝からずっと雨でした。でも濁りは無く、水位も気持ち(約5cm)上がったくらい。


釣果は横須賀・天幸の米山さんがトロで10本、瀬で2本の計12本。私が昼から入って、鉄筋棒付近で7本。みんな卵を持った20cmから23cmの良い魚だったなぁ。この雨でも、このくらい掛かるんだから、瀬の調子が戻ってきたと考えて良いと思います。


小石が滑るようになったし、黒い石にハミ跡が多く見える。狩野川本来のアカが戻ってきた感じだね。ただガンガンの流心のアカは今ひとつで、手前の方が良いかも知れない。

瀬が面白くなった。(2003-10-27 17:45)

今日はガンガンも本流も、瀬が釣れるようになったね。それも石裏とかでなく、全体的に良かったです。釣果は望月さんが10本。小出さんが11本。その他に6本掛けた人が4人。


今まで全くダメだった瀬で釣れるようになったのは、やっぱり水が落ち着いて天気が良かったからかな。サイズも22cmから24cmが、一日釣っていれば必ず絡んでくるはず。水温は18度。お客さんはみんな魚を見て「まだ若い。」と言っているし当分、楽しめると思いますよー。

今日は渋かったなぁ。(2003-10-26 17:30)

今日は天気も良く、気温が上がり、水温も18度だったのに渋かったなぁ。アライさんの5本や瀬を釣った人の5本など、つ抜け無しだ。


大会があったし、日曜日なので人が多かったのも一つの原因だと思う。浅いチャラなどに立ち入って、荒らしちゃったんじゃないかな。そのせいか、今日はチャラより瀬の方が良かったよ。瀬で5本掛けた人が数人(何故か皆、同じ5本だった)。


小春日和で釣れると思ったんだけど、予想を外してしまいました。

天気悪く、寒かったねぇ。(2003-10-25 18:30)

今日の釣果は古座野さんが24cmを頭に17本。加藤さんがチャラ、室星さんがトロ、戸塚さんが瀬の流心で、各々7本づつ。戸塚さんは24.3cmを掛けています。


今日は天気が悪くて、寒かったねぇ。そのために水温が16度と、追いもイマイチ。天気が悪いせいか、今日はチャラなどの浅い所より、深い所で掛かりが多少良かった様です。流心で7本も釣れているけど、流心のアカはまだ余り付いていません。アカの状態は、余り変わらずだね。


明日は天気になるみたいだけど、秋はやっぱり小春日和がいい。暖かくなれば、釣れると思いますよー。

まだちょっと早いみたい。(2003-10-24 17:30)

水は+10cm、きれいに澄みまして、水温は18度です。


ポイントはヤナギ前が良いようです。春日部からみえた藤田さんが、ヤナギで12本。そして新提の方から降りてきたガマカツの竿とウェアで決めた人が、藤田さんの側でガンガン掛けていたなぁ。彼はうちのお客さんではないけれど、かなり上手い人だった。ゆうに20本以上は掛けていたと思うよ。上手く釣れば、それなりに釣れると言う事だね。


やっぱり水が50cmも出たので、かなりのアカが削られた。ヤナギ前以外は、まだちょっと早い感じだね。私も昼から入ったけど、本線では2本しか釣れなかった。という感じで、明日・明後日はまだチャラが有利と思われます。

午後から澄んできた。(2003-10-23 17:30)

今日は朝の内、濃い笹濁り。でも午後から澄始めて、夕方頃には濁りが無くなった。水温は18度で、水の高さは+10cmから+15cmくらい。


釣果は、豊田からみえた山本さんが10本。佐竹さんが13本。二人ともチャラを丹念に釣り歩いていました。ガンガンは、相変わらず掛かりませんねぇ。私がちょっと竿を出したけど瀬も、1本しか掛かりませんでした。そうそう、6本掛けたお客さんには24.2cmの魚が入っていたね。一日やっていれば大体、23cm・24cmが混じると思います。


朝から夕方までに10cm以上、水が下がった。水が動き過ぎだね。なのでもうちょっと時間が経ち、水が安定すればまだまだ掛かると思います。

三時頃から土砂降りだ。(2003-10-22 17:30)

今日は朝から雨。それでも2時半頃まで二人程、釣り人がいたんだけどねぇ。昼から三時頃まで、土砂降りになった。そして今は止んでいます。ちょっと降り過ぎだ。


川は今、真っ茶色に濁っていて+50cm。3時間ほどで一気に濁って増水したから、このまま雨が降らなければ、明日の朝には水位も下がっているだろうね。この前の雨が降ってから川のアカが正常に戻ってきたので、とりあえずはこの雨も良い雨だと私は考えています。明日は午後から、釣り可能だと思うよ。

釣る所を間違えないように。(2003-10-21 17:15)

今日は小出さんが7本。お客さんが少ないので昼から4時間、私が竿を出してみましたら23.5cmを頭に14本(画像ギャラリー参照)。


やっぱり昨日から川の様子というか、アカの付きが変わってきた。ハミ跡がはっきり見えて、石も黒ずんできたね。良い傾向だよ。皆さん、釣るポイントを間違えないようにして下さい。チャラでもちょっと流れがあって、よれているような所。本線の流心も、石裏などの流れがフワッとしているような所。ガンガンは昨日釣れたので今日もオトリを入れてみたけど、ダメだったなぁ。これらのポイントについては書くのが難しいので、お店で聞いてくれれば詳しく説明します。

アカが付きつつある…のかなぁ。(2003-10-20 17:30)

今日は赤坂さんが10本。望月さんが9本。昨日より今日の方が、ナメが多く見られます。これはアカ付きが順調に進んでいる、と言う事だと思いますねぇ。


水温は17度で天気はイマイチだったけど、私が3時半から4時半の1時間で4本も釣れたよ。こんなに掛かったのは、最近では珍しい。ポイントはチャラを狙うなら、少し流れのあるチャラの方が良いようです。本線も石裏の流れのフワッとした所、ガンガンでは石裏の白泡の立っている部分で掛かり始めていますよ。


今日は真っ暗になったこの時間でも、まだ一人お客さんが帰ってこないよ。まぁ、これでアカがちゃんと付いてくれば、まだまだ楽しめるからねぇ。

焦げ茶色のアカは無くなった。(2003-10-19 19:30)

今日は望月さんがトロで11本。井口さんが瀬からチャラ、トロまで釣り歩いて10本。


昨日も書いたけど、川ジケで見られた焦げ茶のアカが全て落ちた様子です。今後は狩野川本来の黒いアカが、付いてくるんじゃないかなぁ。でもそのお陰で、瀬や流心の石は真っ白。トロとチャラ以外は、余り掛かりませんでした。一方、浅い所や流れの弱い所にはアカが付いて、ハミ後が見えます。


水温は18度で、それ程低くないです。跳ねている魚も多いし今後、黒いアカが付いてくれば、また瀬釣りが楽しめるようになると思うんだけどねぇ。

今日も曇っちゃったね。(2003-10-18 18:30)

今日は晴れるかと思ったけど、午前中は晴れで、午後は雨になっちゃったよ。水は澄んで、高さが+10cmくらいかな。釣果は、長野県からみえた山田さんの12本(ヤナギ:チャラ)が竿頭。他の人は大体6本から7本と言った所です。


ここ数日の雨で川の状況が微妙に変わってきた。まず午後釣れずに、午前中掛かるようになった。まぁこれは午前中の方が天気が良い日が続いたからかも知れないけど、朝の7時から9時に良く掛かっています。家のお客さんは入るのが遅いので、その時間を逃しちゃう事が多いんだよね。数を釣りたい人は、早めに川に入ってください。


それから川ジケの後、焦げ茶色のケイ藻が付いていたんだけど、そのケイ藻が少なくなってきたよ。それで狩野川本来の黒いケイ藻が付き始めています。そのせいか今日、私がガンガンで二つ掛けました。瀬でもポツポツ掛かり始めた感じです。チャラは相変わらず良いけど、トロはダメだね。トロはやっぱり渇水時がイイポイントだから。


さて、明日こそ本当に晴れるそうだ。暖かくなって、よく掛かるといいなぁ。

曇りで寒い。(2003-10-17 17:30)

今日は曇りで寒かったよー。まぁ、竿が折れる程じゃないんだけど風が強くて、重りなんかは上手く使えない感じ。


そんな中、西田さんが22cmを頭に7本。もう一人、お名前を聞きそびれたお客さんも7本でした。私も2時間半で3本。私はタモを忘れちゃって、岡から釣っていた。その他には今日と昨日、瀬の落ち込みで船橋さんが良い魚を掛けていましたね。


明日は天気が良いようなので、期待できると思います。

29cmが出ました。(2003-10-16 17:30)

今日は29cm:200gが出ました(魚拓ですが、画像ギャラリーを参照して下さい)。西田さんが釣った物です。最近、細掛けのお客さんが多いので、このクラスの魚が掛かっても、みんな切られちゃっているんだよね。今日も1.2号のハリスが切られているし、勿体ないよね。ちなみに西田さんは、0.8号の水切りを使っています。


さて釣果は高橋さんが11本。佐竹さんが11本。島根さんが10本。佐竹さんは本線手前のキワキワ、その他の方はチャラでの釣果です。水はすっかり澄んで、水位は+12cmから+15cmくらい。今日も濁ると思ったけど綺麗に澄んだお陰で、三人がつ抜けできました。ガンガンとトロはダメだなぁ。水が出たので、トロのアカは飛んでいるようです。


そうそう、西田さんの29cmだけど、メスなのに卵を持っていない。それで200gと、少し軽いんだね。通常25cmクラスで卵を持っていると200gくらい。29cmクラスの卵有りでは250g〜270g、30cmクラスでは270gから300gとなります。また西田さんの魚は産卵した訳ではなく、魚体も若い。まだまだ釣りが出来そうですよ。

この頃、濁りが取れ難くなっている?(2003-10-15 17:30)

水は+20cmで、水温18度。朝は濃い笹濁り状態で、昼から笹濁りになってきた。最近、狩野川も濁りが取れ難くなってきたね。もしかしたら、明日も濁っているかも知れないよ。


さて釣果は、木村さんがトロで9本。奥山さんがヤナギ(チャラ)で6本。2時から入った人が4本。そんな感じです。

天候不順の割りにはまぁまぁだ。(2003-10-14 17:15)

今朝は澄んでいたけど、午後また雨が降って川も多少潤んだね。水は+5cmアップだ。米山さんがトロで、25.5cmを頭に10本。田中さんがチャラで6本。雨が降った割りには、釣れた感じだなぁ。だけど寒くて、3時半頃にはみんな上がって来ちゃった。


今日は私が川に入らなかったので、まだ何とも言えないんだけど澄み過ぎた川にこの雨で、多少は栄養分を含んだ水が流れ込んだはずだ。それでガンガンや流心にアカが付いてくれると良いんだけどねぇ。トロやチャラのアカは今まで通りです。雨の影響はありません。今日の釣果を見ての通り、静かに釣ればそこそこ釣れると思います。

久しぶりの雨だ。(2003-10-13 17:15)

昨日は濁りが強くてダメだったね。大体、4本から6本くらい。


今日は朝から午後2時くらいまでは、やはりまだ濁りが強かった。雨は2時半頃まで降っていたけどその後、天気になってくる。しかし風が強かったなぁ。それでも3時頃から濁りも取れて、笹濁り状態に…。そんな中、望月さんが11本。井口さんが9本。アライさんが25cmを頭に7本。


久しぶりの雨なので、濁りがなかなか取れないね。水は現在、+15cm。ホコリが石に乗ったので、ナメが目立つようになった。うーん、この雨が今後の釣りにどのような影響を与えるのか。私も明日まで様子を見ないと、何とも言えないなぁ。ただ今日も夕方から結構掛かっていたので、良くなるような気もします。とにかくまた明日、レポートします。

秋は晴天、でも今日は…(2003-10-11 18:15)

今日は寒くて曇り。なので追いが悪かったね。竿頭は古座野さんの6本。



アユ釣りに向いている天気と言えば、春(初夏)は晴天、真夏は曇りや小雨。そして秋も晴天なんだよね。明日からの3連休。天気が良くなるといいなぁ。

まぁまぁだなぁ。(2003-10-10 22:30)

遅れましたが、釣果の報告です。花園の加藤さん、山形香鮎会の小野さん、山本さんがそれぞれ10本。これらは三つ目の島周りからヤナギ、目盛り石までを釣ったものです。トロでは長崎さんが6本。


瀬の流心のアカは、やっぱり日に日に落ちて、石がきれいになっていくね。水も澄み過ぎの感があって、大仁橋から覗くと川底がきれいに見えるよ。という訳で瀬は掛からず、もっぱら瀬脇や本当に浅いチャラが良いようです。

16:45 まだ誰も、帰ってこない(2003-10-10 16:45)

今日は諸事情があって、ちょっと早めの時間にレポートします。水温は19度。午前中の釣果は大体、3本から4本くらい。しかし昼から3時まで強風が吹き荒れて、釣りにならずだった。しかし3時以降、風が止んで、そこで釣り再開。まだ13人のお客さんが、川から帰ってこないよ。通常ならこの時間くらいで、かなりの人が川を上がるんだけどね。まだ帰らない所を見ると、釣れているんじゃないかなぁ。


という訳で詳しい釣果は今夜、10時頃に再度、更新する予定です。

天気は良かったが、強風で釣り難い。(2003-10-09 18:00)

今日は天気は良くなったんだけど、強風だ。長い竿で釣っていると、強風であおられてオトリがすぐダメになっちゃうね。釣果は、名前を知らない人が午後から川に入って9本。その他には3本から5本くらい。固めの短い竿を使えば、強風の時でも何とか釣りになりますよ。


さて、チャラやトロにはアカが付いてまぁまぁだ。でもガンガンや瀬の流心のアカ付きが進まない。よく観察しているとアカが付くどころか、反対にアカが取れ、白石になっていくような気さえする。なんでアカが付かないのかなぁ。私の長い釣り経験の中でも、こんな事は初めてだ。数年前、10月頃に台風が来てアカが全部飛び、早々にシーズンが終わったような年があった。でも11月にはすっかりアカが戻って、バンバン釣れたんだ。今年みたいにガンガンや流心のアカ付きが、一向に進まないなんて事は無かったんだよねぇ。うーん、不思議だ。


水温は午後3時で19.5度。とりあえずチャラやトロにはハミもあって、静かに(チャラの場合)浅めを釣れば掛かります。

寒過ぎっ! でもまだ魚は若いよ。(2003-10-08 17:30)

今日は寒過ぎてダメだ。で、お客さんも少ないね。本日は5本釣った人が竿頭で、オデコの人もおりました。


もう「終わりかなー」なんてお客さんに聞かれたけど、魚はまだ十分若い。石にナメが見えるようになったので魚の存在も確認できたし、暖かくなりさえすれば大丈夫だ。今週末の三連休は暖かくなると言う予報なので、期待できると思います。秋はやっぱり晴れて暖かくならないとね。

アカが更に付きつつある。(2003-10-07 17:00)

今日は米山さんが、25cmを頭に17本。馬場さんが11本。谷津さんが13本。米山さんと馬場さんはトロ、谷津さんは分流のチャラでの釣果です。米山さんの魚は、画像ギャラリーにアップしました。


昨日よりも更にチャラやトロの石が黒くなって、ナメも多く確認されるようになった。やっぱりナメが出てくると、釣れるね。今日は水温18度で寒かったけど、そこそこ釣れたようです。チャラも水通しの良い所はダメで、流れの弱いポイントが狙い目。ガンガンも釣ってみたけど、まだ真っ白で全く掛からず。瀬も同様です。



水位は変わらずで、雨の影響はありません。寒いけど、やっぱりアカが付き始めるといい感じになってきた。今週末は気温も高くなるみたいなので、もっと調子が良くなると良いんだけどねぇ。

寒いけど、ナメが見える。(2003-10-06 17:30)

今日は午前中の10時半から、秋のシトシト雨で寒い。それでなかなか釣りもシンドイ感じ。釣果は、町田の田中さんと湘南ナンバーのお客さんがそれぞれ7本。


ようやく分流で、鮎のナメが見て取れるようになってきたね。ナメが見えると「鮎がいるなー。」って気がして、釣りにも力が入ります。相変わらずうんと浅いと頃がよく、朝と夕方に掛かり易い。川に入らず、丘からそっと浅瀬を釣ると良いと思いますよ。


水温は18度。水位は-5cmから-7cmで濁り無しです。

少しサビのある魚が釣れる。(2003-10-05 18:00)

今日は赤坂さんと早坂さんが8本。釣っていると分かるけど、やはりまだアカが薄い。うーん、今日はもっと釣れるかなー、と思ったけど残念だ。


本線はダメで、分流やチャラが良い。また朝と夕に掛かり易いようだ。それからちょっとサビの出た魚が掛かるようになったね。去年は10月10日くらいでも、サビのある魚は釣れなかった。それを考えると、今年は去年よりは早めに終わるのかなー。

朝・夕が良い。(2003-10-04 18:45)

今日は10時までと、夕方がよかった。夕方と言っても、お客さんが帰って静かになった頃で、もう薄暗い時間だ。日中は夕方の為に、釣りを休んで体力を温存した方が良いかも。


相変わらず瀬はダメだね。で、トロがぼちぼち。トロも夕方に良く掛かっていたなぁ。

本線がダメで、分流が良い。(2003-10-03 17:45)

今日は八王子からみえた石井さん(26才)がヤナギで、23cmを頭に11本。石井さんは秋川がホームグランドで、普段はあまり遠征をしないと言う。今回はインターネットを見て、初めて狩野川に挑戦した。しかし初めてで11本とは、大したモノだよ。釣り姿を見たけど、なかなか筋がよろしい感じなので、これからも頑張って欲しいです。ちなみに石井さんは今日泊まって、明日も狩野川に挑戦するらしい。その他には東京の神田さんがトロで7本。私が4時間で27cmを頭に7本。


しかし本線には、アカがなかなか付かないなぁ。アカが付くのではなく、逆にアカが減っている感じもある。ガンガンなんか石が真っ白で、ザラザラしています。これでは釣れないよー。一方手前の分流のアカは、まぁまぁだ。トロにも黒い石が見える。という訳で分流やチャラ、トロを釣った方が得策だ。水温もギリギリ20度までしか上がらないし、水が澄み過ぎているね。余りにも綺麗な水なので、アカの付きが遅れているような気もするなぁ。

この風の中、よく頑張った!(2003-10-02 17:45)

今日は風が強くて、釣りをするのが本当に大変だった。皆さん、この風の中、よく頑張りました。滋賀県の川瀬さんが8本。野原さんが7本。25.5cmの良型を釣ったのは、永岡さんでした。


いいポイントは、やっぱりヤナギ前だね。それも流心はダメで、良いのは両端。浅ければ浅い程、良いようです。トロは風が強くて、まともに釣りが出来ない状態でした。


水温は変わらず、水は平水。アカも日に日に、川の両端から付いて来ています。だから、流心はダメで両端が良いと言う事なんだよね。

手前の竿抜けを狙う!(2003-10-01 17:30)

まず昨日は米山さんが、25.5cmを頭にトロで8本。今日は勝治さんが、お昼から三時間で13本(ヤナギ)。そして奥山さんが7本。その他では2本から5本くらいだね。水温が一昨日22度、昨日21度と下がってきて、今日は20度だ。毎日1度づつ下がってきているね。



勝治さんに聞いたら、やっぱり「川ジケ」の後はアカが付き難くなるそうだ。まだ流心や瀬のアカは薄い。ガンガンなんて私が随分頑張ったけど、2本掛かっただけ。一方、チャラやトロがいい感じだね。特にトロは鮎が固まっている感じ。黒い鮎の固まりが見えるし、飛び跳ねている。これは落ち鮎の始まりだね。でもまだサビはないよ。ただ天然をおとりに使っていると、お腹が赤くなるようになったかな。


数を釣った人に聞くと、手前や足下が竿抜けになっていると言うことだ。みんな深い瀬や遠い場所に竿を入れたがるので、足下や手前が竿抜けになっている。人が竿を入れないような場所を釣ってみよう。

大分、回復してきたかな。(2003-09-29 18:15)

今日も天気で大分、アカが回復してきたような感じです。


私が3時間で11本。所沢の坂本さんは早上がりしたけど、トロで7本。私が使った感じではアカが付き始め、追いも良くなってきた印象です。ただ、もうちょっと様子を見たいな。明日も晴れらしいので、更に良くなる事を期待しちゃうね。

何故かアカが付かない。謎だっ!(2003-09-28 19:00)

今日は佐竹さんが、3時半の時点で8本。その他は山梨の佐藤さんと下田市の松浦さんが4本。極端に浅い所が良くて、深い所が全くダメ。だからガンガンなどに竿を出す人にはほとんど掛からず、丘からチャラに竿を出している人に掛かったりする。


水温が22度もあるし、天気も良い。なのに何故か、黒いアカが付かないんだよ。石は緑色でヌルヌルなのに、黒くならない。長い間、狩野川を見てきているけど、こんな現象は初めてです。お手上げ状態だぁ。


とにかく後数日、様子見だね。まだまだシーズンは残っているので、焦らず観察したいと思います。

あと二・三日かなぁ。(2003-09-27 19:00)

今日は晴天。水温も22度まで上がってきた。それで石がやっと、ヌルヌルしてきたね。毎年の傾向として秋が来て急に寒くなり、アカも無くなって釣れなくなる。そしてその後10日前後で鮎が秋の気候に慣れ、釣れるようになってくるんだよ。今日は急に寒くなって六日目だ。現在のアカの状態を考えても、あと二・三日(或いは四日?)くらいで、追いが戻ってくると思います。


今日の竿頭は、小林さんと岩井さんの8本。お客さんに聞いてみると、朝の9時まで掛かった人と、午後の1時から2時半頃までに掛かった人。この二つに大きく分かれるようだ。夕方は掛からない状態らしい。でもまぁ、鮎が気候になれてくれば、夕方になっても掛かりますよ。水の高さは+10cm。ガンガンにはまだオトリを入れ難い状態です。


で本流より分流の方が、幾分良いようだよ。今日の竿頭の小林さんと岩井さんは、分流での釣果です。しかし瀬は数が少ないんだけど、型が大きいね。今日もあまり狩野川に慣れていないお客さんが、かなり仕掛けを切らたようです。23cmや24cmは、当たり前になってきた感じだからねー。

日が出ると掛かる。(2003-09-26 19:00)

今日も朝から曇り。でも午後の2時から3時に掛けて、お日様が顔を出し、その瞬間だけ、鮎が一斉に釣れだした。やっぱり「秋は晴天」だね。


今日は私が12時から5時まで竿を出して、8本。でも2時から3時の晴れの間だけで、3時からの2時間はほとんど掛からなかったよ。他には5本、4本、2本、オデコのお客さんがいて、更に世田谷の中村さんが26.3cmを掛けた。中村さんは26.3cmを掛けたら、すっかり満足して早上がりで帰ってしまいました(笑)。


天気予報によると明日・明後日と、何とか晴天になるらしい。折角の週末だから、晴れて欲しいよなぁ。曇っているとかなり渋いので、天気になること祈っちゃうよ、全くっ!!

お日様が恋しいね。(2003-09-25 18:30)

まず昨日は、あきる野市の西野さんが9本。その他のお客さんはオデコから6本くらい。今日は朝から雨だ。昼から濁りが強くなって、濃い笹濁り状態。私が1時半から4時半で4本。水が出てから鮎が多少移動したのか、釣れる魚のサイズは18cmから23cm。小さいサイズの魚も混じるようになったね。全体的にアカが薄くて、渋い。だから残りアカを探して、移動する人の方が数を釣っている様です。


この所ずっと雨か曇りだし、風が強かったりして天候に恵まれないなぁ。お日様が恋しいよ。現在の水は+12cmくらいで、水温21度。これ以上雨が降らなければ明日は水も澄み、釣り可能です。


アカが回復するまで、そうさなー、三日から四日くらいだね。まぁ今後の天候次第だけど、今週末にはアカも回復すると思いますよ。

強風で釣りにならず。(2003-09-23 18:45)

今日は風が強すぎて、ダメだった。西田さん、佐竹さん、三島からみえたお客さんがそれぞれ6本。その他はオデコから3本くらいだ。


やっぱりまだアカが薄いね。これは増水でアカが飛んだのでは無いと思いますけど(カワジゲね)、結果的に追いが悪くなっている。そして出水の後は、魚のサイズも落ちる。それで釣れる魚がちょっと小さくなっています。アカが付くまで、あと二・三日欲しいなぁ。

今日のお客さん、5人。(2003-09-22 17:30)

今日、川に入ったお客さんは5人。二時半頃から川に入って、杉山さんが7本。その他の方は2本・1本・1本・オデコという内容でした。午前中は皆さん、アマゴを釣りに行っていたようです。

現在、川は+20cmで澄んでいます。例のカワジゲの影響もあって、全体的にアカは薄いね。だから今日みたいな曇りの日は、あまり追わない。もう既に秋になったので、晴天の方が追いが立つようになると思うよ。明日は今日よりは、良い釣りが出来ると思います。

--------------------------------------

■■■納竿バーベキューのお知らせ■■■

●2003ファイナル 友釣り競技&バーべキュー大会

●日時:平成15年11月1日(土)

●主催:津田おとり店

●競技エリア:狩野川本流全域

●競技時間:7:00〜14:00(帰着)

●競技方法:2匹の長寸

●参加費:3,000円(参加自由)

●賞品:多数

●アフターイベント

 バーベキューパーティ(特製かに汁つき)。お楽しみオークション???(出品自由)。その他いろいろ、その場のなりゆきで。

お誘い合わせの上、奮ってご参加下さい。尚、食材調達の都合上、参加される場合は、電話でのご予約をお願い致します。

+50cmで濁っている。(2003-09-21 12:00)

ずーっとシトシト雨状態だね。水は+50cmで、濁りアリ。台風も近づいている事だし、とりあえずは今日と明日は釣りにならないと思います。


アマゴ釣りに行ったお客さんもいて、そのお客さんによると山では増水していないらしい。どうも、この雨は里だけの雨らしいね。明日もレポートする予定です。

初めて聞いた「川ジケ」(2003-09-20 19:00)

私も子供の頃から60年、ずっと狩野川と暮らしてきたけど今日、お客さんから初めて聞いたことがあった。実はここで報告してないが、10日くらい前から急に川のアカが減少し、石がザラザラになりつつあった。「アカ腐れで、一雨欲しい」と書いていたものの、その腐れアカすらもなくなっちゃったんだよ。中部からいらしたお客さんによると、暑い日が続き、ずっと水温が下がらないとアカが腐り、更にアカそのものが無くなってしまう現象が発生するらしい。それを「川ジゲ」と言うんだってさ。要するに川の台風(台風などをシケという)だね。うーん、勉強になったよ。


さて今日は所沢の中谷さんが、22cmを頭に11本。釣った場所は、場所はチャラから瀬。中谷さんは6時半から7時半に3本。結局、午前中に8本、午後3本。下川さんも朝の8時までにトロで5本。という訳で、やっぱり朝の朝の早い時間の方が良いらしいです。


雨は4時頃から降り始めて現在、5cmくらい。ちょっと濃い笹濁り状態です。これ以上、雨が降らなければ、明日も特に問題は無いでしょう。逆にここ数日間続いていた高水温状態が解消され、川が良くなるかも知れない。ただ台風も近づいているので、天気予報とインターネット津田オトリ店のチェックをお忘れなく。

強風で難しい釣りに。(2003-09-19 18:30)

今日は風が強くて、非常に釣りにくかった。数人のお客さんは、あまりの風に大見川に避難した程だ。そんな中、永岡さんが1時半から4時半で25cmを2本、24cmを1本、22cmを1本の計4本(画像ギャラリー参照)。場所はシルバーシート前です。永岡さんは最後に更にもう一本掛けたんだけど、強風で竿をあおられ魚が浮いてしまいハリス切れ。逃げた魚は大きいというけど、私も側で見ていたが、本当に大きな魚だったよ。あれは27cmはあったね。



その他には私もメモリ石周辺で、21cmを頭に7本。大体、平均で6本から7本くらいかな。強風で釣りが難しかった割りには、まぁまぁだね。


---------------------------------------

<TSUMORI>ただ今出先で、画像をアップ出来ませんでした。すいません。あと数時間で帰宅しますので、その時にアップします。

9/19 20:45 画像をアップしました。

瀬わき狙いかな。(2003-09-18 19:00)

インターネットを見て初めていらした桜井さんと仁藤さんの釣果を、ギャラリーにアップしました。お二人は昼から入って、桜井さんが27cmを頭に5本。仁藤さんは25.3cmを頭に11本。どちらの大鮎も170gで、かなり太い。惚れ惚れするような魚だった。その他のお客さんは2本から6本くらいかな。数は釣れないけど、型が良いのでねぇ。長野からのお客さんも、「狩野川の鮎は(型が)揃ってて、良いねぇ。」と満足されていました。


ポイントは流心がダメで、瀬わきを狙った方が良いようです。ガンガンも流心でなく、手前狙いだね。今日は昼から夕方にかけて釣れたけど、うちのお客さんは朝が8時頃と遅いから…。6時から7時くらいに入れば、きっと朝も掛かると思いますよ。


トロには木下さんが入ったものの、根掛かりなどのトラブル続きで三つしか取れなかったようです。うーん、今日はトロに入った人が少なかったし、明日はトロが良いんじゃないかな。

ちょっと釣り易くなった。(2003-09-17 19:00)

今日は水温も下がって、釣っていても涼しく感じるね。釣り易いよ。釣果報告は、永岡さんが9本。木下さんが25.7cmを頭に8本(画像ギャラリー参照)。私がトロで24.5cmを頭に、全て20cmオーバーの魚ばかりで合計8本。


やっぱり朝夕が良いようです。

今日はまぁまぁだ。(2003-09-16 19:15)

今日は横須賀の中華飯店「天幸」の米山さんが、25cm・24cm・23cm・22cmを頭に合計10本。みんな20cmオーバーの魚ばかり…かな。写真をギャラリーにアップしましたので、見てください。「今日は長竿で思い切り楽しみましたよ。大物が掛かると竿が大きく曲がって、本当に楽しかった。」とは、少し酔っぱらった米山さん本人の談です。ちなみに米山さんはトロでの釣果。


その他には野原さんが11本で、これはヤナギで3時から2時間くらいの間に掛けたという事です。やっぱり夕方の入れ掛かりは、まだあるらしいねぇ。ただ今日は涼しかったので、夕方の入れ掛かりが復活したのかしたのかも知れない。


このままちょっと涼しい日が続くと、鮎の追いも活発になるかなぁ。掛かる魚の型が良いから、これ以上の高望みをしてはいけないのかも知れないけど、私としてはもうちょっと数が掛かるようになって欲しい所だね(笑)。

渇水と猛暑で水温上がり過ぎ?(2003-09-15 19:00)

ここの所の猛暑で、水温が上がり過ぎちゃったのかなぁ。夕方がめっきりダメになって朝方、釣れるようになった。お客さんの話では、朝10時までが勝負とか。夕方狙いのお客さんも見えるんだけど、みんな、あんまり奮わないんだよ。今日は佐竹さんが9本。加賀見さんが8本。加賀見さんの魚は、良い型だったなぁ。


ポイントだけど高水温のせいか、水深が少しでも深い場所の掛かりが良いようです。渇水でガンガンも驚くほど浅くなっちゃって、調子が悪いよ。一方、トロ(シルバーシート)は午前中、女性のお客さんが4本、午後に他のお客さんが4本で一日釣ったら、そこそこの釣果になるポイントとなっています。


はっきりとは断言できないけど余りの猛暑で、鮎も驚いているんじゃないかなぁ。なので気候が秋めいて涼しくなるか、一雨降った方が状況が良くなると私は予想しているんだけどね。

つけ糸は止めた方が良い。(2003-09-14 19:30)

今日は佐竹さんが、ガンガンを中心に釣って26cmを頭に14本。佐竹さんの釣果を写真に撮ったんですが、ピンぼけですいません。見難いけど、ギャラリーにアップしておきますね。その他は、6本から8本のお客さんが多数。大体日中3本くらい釣っていて、夕方の入れ掛かりで7.8本になりますので、3時頃に帰っちゃうと、寂しい釣果になっちゃうね。


ポイントはこれと言うポイントが無いようです。分流も良いし、本流もいい。ガンガンは渇水なので、何処でもオトリが入りますよ。何処でも釣れるし、何処でも釣れない状態なんだ。でも釣れる魚の型が良いので、それなりにお客さんは満足されているはず。ちなみに今日はトロが良くなかった。昨日はトロで10本も掛けた人がいて、良かったんだけどね。今日はトロに不慣れなお客さんが多かったのかも知れ無いなぁ。対岸では釣れていたようだし今日、釣れなかった分、明日は釣れそうな予感がする…。


今日も細仕掛けで切られる人が多かった。付け糸0.5号なんて、役に立たないから止めた方が良いよ。メタルとつまみは直結しろと、私は言っているんだどなぁ。大きな魚が釣れるチャンスを逃さない為にも、仕掛けには十分注意してください。

今シーズン最大の26cm(2003-09-12 18:30)

今日は武蔵村山の高橋さんが、今シーズン最大の26cmを釣りました。この魚は画像ギャラリーにアップしてありますので是非、ご覧下さい。他には同姓の高橋さんが10本。お年寄りのお客さん(元学校の先生)がトロで8本。西田さんが8本。大体平均で、4本から5本くらいかな。


今日は何故か流心が掛からず、足元で良く掛かったね。なので流心を狙った人は、余り奮わなかった。そしてやっぱり4時以降に掛かる確率が高い感じだ。うーん、毎日微妙にポイントが変わる。鮎釣りは難しいねぇ。状況としては、土用隠れの様な印象です。


風はなく、水は渇水。明日も大きく状況は変わらないと思うけど、トロが良いんじゃないかなぁ。今日、お年寄りの先生がかなり掛けていたし、渇水時はトロがよくなってくるからね。

渇水で瀬・トロが有利に(2003-09-11 17:30)

今日はまず高松さんが24cmを頭に6本。この釣果は午前中だけのものです。高松さんは大物を釣り上げ、すっかり満足して午後に帰られた。そして諸星さんが23cmを頭に10本。諸星さんは11本目をつり上げて「つ抜け」を達成したんだけど、最後の一匹を船に入れようとした瞬間、逃げられてしまった。あれは勿体なかったなぁ。その他は小島さんが8本でした。で今日の大物賞は船橋さんの25cmです。高松さんと船橋さん、諸星さんの魚は画像ギャラリーにアップしてありますので、ご覧下さい。


さて川は完全に渇水状態に入って、チャラなどの浅い所はアカが腐り始めた。それで追いが悪い。瀬の流心やガンガン、トロなどの水深の深い所が狙い目です。でも逆もまた真なりでチャラでも一瞬、入れ掛かりになるような瞬間はある。でもこの瞬間をモノにするのは、非常に難しいね。


うーん、この時間になっても、まだ帰ってこないお客さんが多い。とりあえずバカ釣れはしないけど型が揃っているので、お客さんには満足して頂いていると思います。

鮎が気候に慣れてきたかな。(2003-09-10 19:00)

今日は朝から昼まで入った平山さんが6本。昼過ぎから川に入った高村さんが、24cmを2本含んで合計6本。私も同じ時間に竿を出して8本。私が釣った魚も22cm・23cmと、型が揃っている。なかなかいい感じだったよ。


今日は釣果としてはあまり目立たないけど、日中もポツポツ掛かり、比較的良く釣れた印象だ。昨日も夕方の入れ掛かりがあまり目立たず、今日も同様だった。その変わり、日中もポツポツ掛かっていた。鮎もやっと、秋の気候に慣れて来たようです。

状況は余り変わらずです。(2003-09-09 19:00)

今日は野原さんが22cmを頭に21本。野原さんは10時半まで10本釣り、その後は夕方、ヤナギ前で入れ掛かり状態になったそうです(画像ギャラリー参照)。そして田中さんが11本。田中さんは手前の分流、メモリ石付近の釣果です。


今日は期待の夕方入れ掛かり時、野原さんだけはよかったけど、他のお客さんにはあまり掛からず、二・三匹で終わってしまったらしい。夕方にあまり掛からないと言うのも、珍しいなぁ。川の状態は、全体的に特に変わらず。何処でも掛かるけど、大釣りは出来ない状態です。あっ、ガンガンはちょっと、ダメになってきたね。高村さんが一生懸命ガンガンを攻めていたけど、8本で打ち止めになっています。

今日は3時から…(2003-09-08 18:00)

昨日は肌寒くて、イマイチだったなぁ。で今日は、まぁまぁだ。鈴木さんが11本。私が25cmを頭に、3時間半で8本(ガンガンで4匹、25cmを掛けたのは鉄筋棒付近)。野原さんと竹村さんも川に入っているけど、まだ帰ってきていません。今日も3時頃から掛かり始めていたようです。やっぱり夕方まで釣らないと、ダメだね。


水量が減ってガンガンも釣り易くなってきたと同時に、アカも付いてきた。それでまぁまぁ、掛かるようになって来ましたね。

夕方、ちょっと早く釣れ始めた。(2003-09-06 17:30)

今日は相模の小室さんがヤナギで10本。古座野さんが三つ目の島周りで、25cm・23cm・22cmと大型ばかりを頭に8本。赤坂さんも三つ目の島周りを釣って、24cmを頭に10本。杉山さんが、ヤナギや二つ目の島やチャラ周りを拾い釣りして11本。富永さんは2時半から3時間、夕方狙いで7本でした。なかなかイイ調子になってきたかな。


今日はガンガンや、瀬が釣れなかったなぁ。またいつも4時頃から釣れ始めるのに、今日は2時半頃から掛かり始めたよ。調子の出る時間が、ちょっと長くなった感じだね。水は平水です。今後は渇水傾向になるでしょう。

少なくとも5時までは釣るべし!(2003-09-05 18:00)

今日も25cm、150gが出ました。釣ったのは萩原さん。実は昨日、萩原さんのお父さんが松下に入り、絶対の自信を持っていたターボ何たらという細し掛けで、親子どんぶりを数回食らってしまったとの事。その雪辱戦と言う訳では無いけれど今日、萩原さんは水中糸が金属の0.25、ハリスは1.2号と1.5号を使って針は10号のチラシ。やっぱりこのくらいの仕掛けでないと、25cmクラスは取り込めませんね。ちなみに三河ナンバーのお客さんは、イカリを使っていたけど、最後は身切れしてしまったそうです。関西の針は小さいからねぇ


今日も、基本的には状況変わらず。4時半頃から、釣れ始めています。だから少なくとも夕方5時頃までは釣って欲しいね。早く帰ると、損しますよ。

彼岸花の咲く頃は…(2003-09-04 18:30)

昨日から突然、追いが鈍くなってきた。そして日中掛からず、皆様がお帰りなった後に掛かり始める傾向がある。その証拠に今日は津守氏が、5時半以降に24.8cmを頭に4本入れ掛かり(半日で合計6本)。花園の加藤さんが、5時から1時間で25.2cmを頭に4本。今日の竿頭は上野さんが、23cmを3本頭に9本でした。


彼岸花が咲く頃は、日中の追いが鈍り、夕方良く釣れるようになる。天気も昨日は37度なのに、今日は川に入っていると肌寒い位の陽気。その寒暖の差も、鮎の追いに影響していると思うよ。
----------------------------------

<TSUMORI>私の24.8cmと加藤さんの25.2cmは、明日中に画像ギャラリーにアップします。

状況は余り変わらず。(2003-09-02 19:00)

今日はトロで米山さんが12本。望月さんが13本。今日は釣れそうもないポイントで掛かって、一級ポイントが奮わなかった。それで思ったより、釣果が伸びなかったのかなぁ。


でも大体、何処でも釣れていますよー。ガンガンとトロはもうちょっと水が減ると釣り易くなるんだけど、まだ水が高いかな。まっ、両ポイントは渇水時に良くなるポイントだからね。

追いが立ってきました。(2003-09-01 18:00)

昨日の日曜日は桜井さんが、24.5cmを頭に12本。昨日はあまり狩野川に慣れていないお客さんが多かったのが、糸やハリスを切られるというトラブルが続出。


今日は米山さん18本、竹村さん18本、望月さんも18本。そして潮田さんが17本。潮田さんの一番大きな魚は23.3cmでした。潮田さん以外にも、23cmクラスは大体、誰にも掛かっています。


やっと川底の小砂利にまでアカが付いてきて、追いが立ってきましたよ。私の完全回復予想は月末だったけど、9月に入っちゃったな。ちょっと予想を外してしまった。とにかくチャラもトロもガンガンも、何処でも良いよ。特にガンガンは今日になって、水が落ちてオトリが入りやすくなったね。私が8本、入れ掛かりだったよ。明日、明後日とかなり期待できると思います(但し去年みたいに30本、40本とは掛かる訳ではないよー)。

解禁並の人出。(2003-08-30 18:00)

今日は解禁並の人出でした。なので川が混み過ぎて、ちょっと釣り辛かったし、釣果も伸び悩んだ傾向がある。そんな中、10本台を釣った人が6人か7人くらいいたよ。


明日も状況はあんまり変わらないと思う。やっぱり釣れているのは「ショッコから松下の境目」。要するに三つ目の島付近だった。ガンガンとシルバーシー(トロ)は、全くダメです。また水が高すぎるね。ガンガンなんか、オトリが全然入りません。


水の高さは現在、大体+20cmくらい。ここの所の連続した雨で、川底が掘れちゃったかのか、私が石に書いた水位やリアルタイム水位にも誤差が大きくなりました。リアルタイム水位については近々、変換値を見直そうと思っています。

0.3号では、全く通用しないよ!(2003-08-29 19:00)

今日の竿頭は、西沢さんの18本。その他は木下さんが10本くらいで、平均8本から7本といった所です。今日は10時頃から風が強く吹いて、なかなか厳しい釣りになりました。


ガンガンはやっぱりまだ早いけど、他の場所はほぼアカ付き良好。何処でもポチポチ、掛かっていますよ。


初めて狩野川に来たような人が、0.3号くらいの糸を使ってバンバン切られています。この前の来た津守氏も(常連の癖に)0.4号を使っていたので、叱り飛ばしたんだよね。今掛かる魚は、23cmが珍しくない。なので、十分太い糸を使ってください。

型が揃っています。(2003-08-26 17:30)

画像ギャラリーにアップしてありますが手前の分流、一番下で私が12本。大体3時間での釣果です。全ての魚が22cmから23cmと、なかなか良い型が揃い始めました。その他ではガンガンで高村さんが14本。ヤナギ前でも、大きいのを10本以上釣ったお客さんもいたなぁ(このお客さんは、詳しく聞く前に帰ってしまったので詳細不明)。



アカはガンガンで5分、鉄筋棒で6分、一番上流の三つ目の島周りは9分。昨日はこの島周りで、17本釣ったお客さんが竿頭でした(このお客さんは昨日のレポート後に、店に戻られたため、レポートが遅れました)。

明日か明後日には完全回復!!(2003-08-25 17:45)

ガンガン以外の松下の瀬は明日か明後日、かなり良い釣りが出来ると思います。大きい石にも黒いアカが付いています。


今日は私が3時間半で、22cmから23cmを6本。それ以下の小さいヤツが4本。風が強いのもあったけど、最後は1号ハリスが見事切られました。中には1.2号を切られたお客さんもいるよ。今後、ハリスは1.5号くらいがいいですよ。


明日よりは明後日の方が確実です。やっと本格的な釣りが出来そうだぁ〜。

チラホラ、アカが付いてきました。(2003-08-23 17:30)

水は+20cm。アカがどうにかこうにか、チラホラ付いてきた感じです。この分なら後三日か四日で、釣りになるかも知れないね。


今日は土曜日と言うこともあり、チャラ・トロ・瀬・新提など、ほとんどのポイントに人が入っていました。そして何処でも、一つか二つは掛かっていたようです。その中で一番釣れたのが、やっぱり新提だね。新提は、アカが一番早く付くんだよ。


実は昨日、東京の佐竹さんがシルバーシートで11本掛けています。でもこれは差し合いだよ。丁度、トロから瀬に鮎が差した瞬間にタイミングが合ったんだと思う。昨日は鮎の跳ねも、多く見られたんだ。その証拠に今日は、同じシルバーシートでも三つしか掛かりませんでした。さて、来週辺りから本格開始かな。でも天気が下り坂らしい。うーん、なるべく天気になって欲しいねぇ。

--------------------

このページがあるプロパイダがトラブっておりまして、ご迷惑をお掛けしております。もうしばらく、ご辛抱下さい。

ほとんど変わりません。(2003-08-21 17:00)

ヤナギやガンガン、トロや島周りのチャラなど、何処をみても真っ白でアカがないよ。状態に変化無しです。地下水が大分湧いているようで、-5cm/日位しか水が落ちないし、水温がとても低い。現在の水位は+30cmくらいかな。お日様も今日、初めて顔を出した感じなので、なかなか川の回復が進まないんだよぉ。


今後、天気が良い日が続いて4日から5日後の26日くらい。天気が渋れば、やっぱり月末の30日くらいにならないと、釣りは難しいだろうねぇ。非常に私も残念だけど…。

手も足も出ません。(2003-08-19 16:30)

現在の水は、+40cmくらいかな。とにかく川は真っ白で、手も足も出ませんよ。私は毎日、2時間ほど川を見ているけど、「良く掘れたなぁ。」とため息だ。水も冷たい。今日、対岸で一人竿を出している人がいたけど、早々に退散したよ。40cmも高いと対岸からではとても釣り難いし、とにかくアカがないからねぇ。


川が回復して釣りが出来る様になるには、最低でも一週間は掛かるでしょう。しかもこれはあくまで天気が良い場合であって、天候が優れなければ回復は月末にずれ込む。30日・31日の月末&週末は、釣りになると予想しています。


少しでも太陽が顔を出し、早く川が回復する事をホント、祈っちゃうよぉ。

いやぁー、凄い雨だった。(2003-08-17 16:30)

やっと雨が上がった。現在の水は+50cmくらいで、ちょっと濃い目の笹濁り状態です。


まだ川に入れない状態なのでよく分からないけど、今度の雨は長かったので、アカは完全に無くなっているだろうね。とりあえず普通の釣りが出来るようになるには、一週間から10日必要です。まぁ後2.3日経てば、もっとはっきり言えると思うけどね。


今回の雨は長かったけど、台風みたいな鉄砲水ではなかった。なので対応も、比較的スムース。通行止めや避難が、上手く行った感があります。この辺りでは、特に大きな被害はありません。来週からは夏が戻ってくるらしいので、それに期待していまぁーす。

どうにもならないね。(2003-08-15 17:00)

いやぁ、良く降ったねぇ。こりゃ、どうにもなりません。一時は3m50cmくらい水が出ました。今はかなり引いているけど、お店ではコンクリートの所まで水が来ましたよ。


今度はじわじわと降った普通の雨で出た水なので、すっかりアカが飛んでいると思われます。少なくとも明日・明後日と釣りにならないでしょうね。とにかく川が澄んでから状況を調べ、報告したいと思います。折角のお盆なのに、台風や大雨で散々だよぉ。

やっと回復したと思ったのに…(2003-08-14 16:30)

昨日は鉄筋棒下からガンガンくらいまでの流心にやっとアカが付き始め、良い魚が掛かるようになった。竿頭は高村さんの12本。型が良いので、仕掛けを切られるお客さんが多いです。折角の良型を取り込みたければ、細仕掛けは禁物だよ。


こんな感じでやっとアカが乗ってきたのに、また雨だ。今は朝から+20cmくらい増水している。平水からだと、そうさなぁ、+30cmくらいかな。「リアルタイム水位表示」よりは、かなり低い印象だね。里の雨はそこそこ降っているけど、山では余り降っていないのでしょう。増水の度合いも少ないし、濁りも思ったより少なく、現在は濃い笹濁り状態です。今日も昼まで、釣りが出来たんだよ。昼までで、5本くらい掛けたお客さんもいたんだから。


さてこれ以上雨が降らなければ、明日は釣りが出来ると思うけどなぁ…。天気予報では今晩辺りまた、強く降ると伝えているね。今晩の雨しだいなのでまた明日、レポートする予定です。

思ったより、川は荒れている。(2003-08-12 18:30)

昨日はやっぱりダメだったね。5本くらい掛けた人が最高だったよ。今日は石神さんが13本。本郷さんが10本で、全体では0本から13本となりました。数は掛からないけど皆さん、大きい鮎を掛け、そこそこ喜んでくれています。という訳で22cmから23cmがかなりの確率で混じるから、細仕掛けは禁物ですよ。折角の大鮎を逃したら、もったいない!


川は澄んでいて、+10cmくらいかな。思ったより台風の被害を受けているね。流心や手前の分流は、掘られちゃって真っ白だ。一番上の島周りのチャラにアカが残っていて今は、そこが良いかな。明日は二つ目の島周りにもアカが付き始めて、釣れると思います。ガンガンは青白くて、全くダメだね。

明日は釣り可能です。(2003-08-10 17:30)

今回のような台風だと、ザッと降ってすぐ天気になるので川の回復も早いね。昨日は2時頃に1m50cmくらい出た水も、今は平水から+20cm。笹濁り状態です。雨は大仁にあんまり降らずに、天城の方で降ったらしい。ここでは昨日も朝の10時頃まで、釣りが出来たんだよ。また大見川にもあまり降っていないようで、今日から釣りが可能のようです。


今日は私が2時間で7本。もう一人佐藤さんも川に入っていて、同じくらい釣っているはずだ。こんな感じなので、明日は釣りが可能です。でも釣果は保証できないけどね。

渇水でアカ腐れあり(2003-08-06 19:30)

今日は高村さんが竿頭で、23cmを含んで18本。彼は「追いもそこそこあって、面白かった。」と言っていたし、私も1時頃から4時の2時間弱で10本掛けたよ。でも今日はオデコの人も、ちょっといました。全体的な釣果は、0本から18本となっています。


川は渇水で、水通しの悪いところはアカ腐れが出ています。このような土用っぽい状態ではトロが良いはずなのに、何故かトロでは掛かっていないようです。そしてチャラやヤナギは日中、ダメだね。

一方、流心が相対的に良くなってきた感じ。ガンガンの真ん中でも、掛かり始めています。これは水が減って、オトリを入れ易くなった事もあると思うけど。

土用に入ったかな。(2003-08-04 20:00)

今日の竿頭は、野原さんの20本。大物賞としては吉岡さんが、24cmを掛けました。この24cmにはかなり振り回されて、取り込みに相当苦労したと言う話です(画像ギャラリー参照)。そして今日も多くのお客さんが、仕掛けを切られていますよー。大鮎を逃すと、勿体ない。なので細仕掛けは、止めた方が良いですよ。


それと夕方の4時半から6時過半の2時間で、杉山さんが11本。ここ数日、夕方にパタパタと掛かるという話を、お客さんから聞くようになりました。夕方に追うようになるのは、土用に入った特徴だ。梅雨が明けて、いきなり土用に入っちゃったかな。ポイントは大鮎を狙うなら流心、数を狙うなら水通しのいいチャラ瀬が良いですよ。

昨日はご苦労様でした。(2003-08-03 19:30)

昨日の釣り大会&BBQは、滞り無く開催できました。参加された皆様、お疲れさまでした。駐車場が満杯になったね。常連さんの顔も揃ったし、楽しいBBQでした。


さて、今日の釣果は野原さんの17本を頭に、下は5本くらい。今日はヤナギや、チャラが良かったようだ。しかしチャラなどの浅い所では、既にアカが腐っている部分もある。だからチャラと言っても、水通しの良いポイントが狙い目だね。


さて、本格的に暑くなってきました。これからどんな魚が釣れるのか、楽しみだぁ。

まぁまぁかな。(2003-08-01 17:30)

今日は暖かいのでこの時間(夕方5時半)では、お客さんが帰ってこないよ。大体の推定でレポートすると、高村さんが竿頭で15本くらいかな。全体では5本から15本という感じだと思います。


ガンガンも肩の辺りは釣れています。ガンガン中は、まだだねぇ。その他は鉄筋棒から上の瀬や、トロが良いようです。型が揃ってきて、上は23cmくらの魚が掛かります。細仕掛けではもちませんよー。

粒が揃ったよ。(2003-07-30 19:00)

今日は私が2時ちょっと前から3時間くらい釣って、15.6本釣れたかな。23cmクラスが三匹も掛かりました。分流で大人しく釣っていたんだけど、型が良いので楽しかったよ。


水が落ち着いてきたので、追いが戻ったね。でも今日も夕方突然雨が降ったり、今もまた降り出して、なかなか天気が安定しないなぁ。梅雨が明けて天気が続けば、流心から掛かり始めると思います。今年は型が良いので、楽しみです。


携帯のデジカメをアップグレードしてみました。今日の釣果をアップしてあるので、見てください。また今週末は釣り大会&バーベキューです。お誘い合わせの上、予約した上でご参加下さい。

まだ潤んでる?(2003-07-29 17:30)

うーん、まだスカッと晴れないねぇ。今日も明け方雨で、日中は曇り。夕方はまた雨が降った。今、雨は上がっているけどね。それでなのか、川が完全に澄まない。ちょっと潤みが残って、白っぽいんだよね。それで追いが悪いのかも知れないね。今までにこんな事は余りなかったので、ちょっと不思議な感じ…。あっ、水通しの悪い所のアカは、既に腐り気味となっています。


釣果は西田さんが12本。その他に24.5cmを頭に16本、型の良い魚ばかりを掛けたお客さんがいた。この二人以外は奮わず、5.6本といった所です。


スカッと晴れるのはいつなんだろう。待ち遠しいですねぇ。

梅雨明け?(2003-07-27 17:30)

昨日、東海地方は梅雨明けしたという事なんだけど、今日は薄日というか曇りというか、あんまり梅雨明けを実感できない天気です。おまけに昨日の最後に、ザッと雨が降って最後のお客さんが濡れて帰ってきた。そのせいか、今日の水は+10cmでちょっと白っぽいく、水が潤んでいるという感じです。


釣果は狭山の桜井さんが20本(これはヤナギで掛けたモノ)。鈴木さんが12本。山梨から来たお客さん達が、10本くらいかな(山梨軍団はまだ帰ってこないので、はっきりと分からず)。まぁ、ぼちぼちとは釣れてきたと思うなぁ。


とにかく梅雨が明けて、ちょっと渇水気味になった方が釣果は安定するだろうね。これからのお天気が楽しみだ。

また雨が降って、不調に…(2003-07-26 17:30)

せっかく昨日水が澄み、今日あたりからアカが付いてナメが出ようかと言うときに、また雨が降っちゃったね。という訳で、今朝は濁りが強かった。9時か10時頃からなんとか釣りが出来るかなーという感じになって、11時頃からポチポチ釣れ始めた。全体的な釣果は、3本から10本くらい。夕べの雨のお陰でまた、低調な釣果になってしまった。今もまだ薄い笹濁り状態と言えます。


夕べの濁りでまた石が泥を被ったので、今日は深い所のナメがほとんどない。辛うじてチャラでナメが見られる程度。これじゃ、あんまり釣れないやなぁ。困ったねぇ。明日は完全に水は澄むと思うけど、釣果予測は難しいなぁ。私の予想では明後日辺りは、かなり良いと思います。

お客さん一人だったけど…(2003-07-25 18:00)

今日は2時半から入ったお客さん一人だったけど、まぁまぁ釣れたみたいだ。2時半から6時までで、釣果は7本で18cmから22cm。ちび鮎がいないので、数は少ないけど楽しめるよ。


水はすっかり澄んで、+10cmくらいだ。明日は本格的に釣りが出来ると思いまぁ〜す。

最大で40cm水が出た。(2003-07-24 18:00)

一時は40cmくらい水が出たけど、今は30cmくらいかなぁ。どう考えても50cmは越えなかったと思うけど、リアルタイム水位では70cmくらいの値になっていたね。


今は黒っぽい笹濁り状態。今日は当然、釣りは出来ませんでしたが、明日はきっと釣り可能でしょう。

寒いっ、寒すぎる。(2003-07-23 18:30)

昨日は野原さんが13本。今日は加藤さんが17本。昨日も今日も、あんまり変わりがない。例によって今日の全体の釣果は、5本から17本と言った所かな。流心の方が掛かりが良いけど、全体的にあまり芳しくありません。


なんか寒いねぇ。水に手を入れて袖などが濡れると、震えちゃう。今日なんか気温が19度しかなかったよ。あんまり寒いとアカの付きがなかなか進まないし、水が冷たすぎて追いが悪くなる。第一こんなに寒いと、鮎釣りという気分じゃなくなるよね。お日様が本当に恋しい今日この頃だ。

ガンガンもやっと釣れ始めた。(2003-07-21 17:30)

今日は米山さんが21本で、竿頭だ。その他、釣れたお客さんは16本・16本・15本と言った所。皆さん大体、5本から21本くらい掛けています。去年に比べれば本数だけ見ると、あんまりパッとしない。でも魚が大きいので、満足度は高いかも。また細仕掛けでは切られるので、要注意です。


今日は雨も降らずに晴れたけど、東京の方ではかなり降ったみたいだね。ガンガンも釣れ始めたし、水が出なければしばらくは良い釣りが出来そうですよ。

良い天気で、アカが進んだ。(2003-07-20 17:30)

釣果は4本から16本と大体、昨日と同じくらい。今日は狩野川に慣れないお客さんが多かったけど、慣れた人ならもうちょっと掛けられたと思います。でも今日は天気が良かったので、アカの付きが一気に進んだよ。


一番上の島周辺は9分、鉄筋棒周辺では7分。ガンガンやトロでは5分と言った所かな。天気予報では明日は曇りらしいしので水が増えることもなく、かなり期待できそうです。

大きいのが釣れてます。(2003-07-19 18:00)

釣果は大体、4本から15本くらいだね。大きいのが掛かるので皆さん、満足されているようです。去年の軒並み40本とか、そんな頭があると今年の「15本」という数字は大した事が無い様に感じるけど、去年はちょっと釣れ過ぎの傾向があった。なのでこのくらいの釣果は、まぁまぁなんじゃないのかなぁ。


アカの付きは、三つ目の島付近が7分から8分。二つ目の島が5分から6分、一つ目が3分と言ったところ。ガンガン付近より、もうちょっと上の瀬が良い様だよ。流心で24cmから25cmくらいが掛かっています。


今日太陽が出れば、一気にアカが付いたと思うんだけど、残念ながらずっと曇りなんだよねぇ。それでアカが思うように付かない状態です。さて明日は、どうかな。でも何とか釣りが楽しめるくらいに回復して、良かったよ。

明日より明後日?(2003-07-18 22:30)

まず釣果の報告から。高村さんが15本。田中さんが同じく15本。その他にはA氏が12本、B氏が8本。大体釣果は、5本から15本くらいかな。釣果から見るとまだちょっと早い感じで、明日より明後日くらいが良くなりそうだよ。


でも釣れる魚が大きくなってきて、皆さん、10本以上釣ると満足してくれる。狙うポイントは浅場より、一見アカが薄くてハミ跡があまり見えない深場の方が、釣れる魚が大きいようだ。ハミ跡がよく見える所で掛かる魚は、まだ総じて細かいね。


アカの付きは5分。21日頃が、狙い目かも!。

まぁまぁかな。(2003-07-17 17:30)

ずっと曇りだったのに、今日はいきなり天気になった。こういう時には、えてして追いが渋くなっちゃう事があるんだよね。という訳で、ちょっと追いが悪かった。でも回復は、着実に進んでいます。水は+25cmくらいで、澄んでいます。



ガンガンや瀬の流心は、まだちょっとアカが薄いかな。中島の周りの流れの柔らかい流れには、そこそこアカが付いているよ。そうさなぁ、釣果は3本から15本くらいだね。流れが強いので、0.4くらいのつまみ糸を使っている人は仕掛けを切られて、釣果を減らしているみたいだ。



今度の連休辺りは、良くなりそうだよ。期待してください。

かなり回復してきました。(2003-07-16 17:15)

今日、ちょっと太陽が顔を出した。石も既に黄緑色になっているので、多少でも日が差すと回復が早まり、アカが一気に付くようになります。現在の水は+25cmくらいで、濁り無し。でも25cmというと手前の分流でも流心では腰の高さ以上の水位があり、まだまだ川を渡れない状態です。


お客さんは殆どいないので、私と下川氏とで瀬を独占。鉄筋棒付近の流れのど真ん中で、2時間から3時間に12本。分流下でも8本ほど釣れました。ガンガンには、オトリがまだ入らないね。


アカは3分から4分で明日、明後日と良くなっていくはずだよ。まぁ、明日はまだ早いかな。明後日頃が良いかも知れないね。

また雨が降ったね。(2003-07-14 17:00)

いやぁ〜、また雨が降ったねぇ。一時は1mくらいは水が出た感じ。今は+40cmといった所かな。そして濃い笹濁り状態です。


梅雨だから仕方ないけど、相変わらず釣りは難しいね。2.3日くらいは、釣りは無理でしょう。でもこれ以上雨が降らなければ、明日には竿は出せると思うし実際、お客さんがみえて川に入ると思います。


また、動きがあったら報告しますね。

うーん、ダメだね。(2003-07-13 15:00)

川は今も濃い笹濁り状態です。私も含めて4.5人入ったけど、やっぱりダメだったよ。



でも水自体は高くないので、澄みさえすればすぐ釣りが出来るようになるはずだ。石は黄緑色になっており、アカの状態も悪くないと思う。後は砂の状態かな。実は昨晩も水位がちょっと上がっていて、天城ではまた雨が降ったみたいだね。また今も、雨が降っているんだよー。


まっ、残念ですが少なくとも、あと二日くらいはダメだと思います。

土砂が流れ出している。(2003-07-12 19:00)

今朝も一時、土砂降りになった。天城の方は三日の豪雨の影響と相まって、酷い被害が出ているようです。山崩れやワサビ田の破壊などが相次ぎ、その土砂が大量に流れ出している状態。それで川の水はそう高くないのに、もう真っ茶色だ。当然、釣りは不可能です。


「砂が石に乗るので、水が欲しい。」とか言っても、上流がこの状態では水が出ればまた土砂が流れ出す。上流の山を整備しない限り、今年はもう、これ以上の水を望むのは止めた方が良いな。出来ればこのままの水をキープして、川の回復を待ちたい所です。


非常に残念だけれども、少なくとも1日から2日は、釣りにならないだろうね。ただ水が高くないので、アカは多分に残っていると思う。水が澄めば、一気に良好な釣りが再開できる可能性も残されている訳だ。その辺りの状態は、日を追ってレポートするつもりだよ。乞う、御期待。

明日は微妙。(2003-07-11 17:30)

昨日のレポート後、また雨が降って水位は60cmくらいになった。今は濃い笹濁り状態で、釣りは不可能だ。しかし今日は一日良い天気。暑かったよ。水が澄んでいれば、良い釣り日和になったはずなのに残念です。天城の方では、土砂崩れとかが発生したらしいよ。道は復旧したようですけど、そんな土砂がアカを落としていなければいいけど…。


丁度アカが付き始めた頃の増水で、明日は微妙だなぁ。このまま雨が降らなければ、竿は出せると思うけどねぇ。うーん、「一応、あんまり釣れないだろう。」と言っておこうか。明日は折角の週末なのに、釣れると言えないこの苦しさよ。


おっ、丁度今、パラパラと雨が降ってきた。しかし西の方には、太陽が出ている。おかしな天気だねぇ。果たして、明日はどうなるか…。

そこそこ回復してきました。(2003-07-10 17:15)

今日は2時頃までは釣りが出来たんだけど、急にバケツをひっくり返したような土砂降りになった。それでいきなり20cmの増水で川が濁り、ジ・エンドとなりました。釣果は1本から15本。


川もだいぶ回復し、アカが付き始めたよ。しかしガンガンとトロのアカ付きはイマイチで、まだ時期尚早だね。その他のポイントはまぁまぁです。今週末には、ガンガンにもアカが付くだろう。土日と、本格的な鮎釣りが楽しめそうですよ。但しこれは、「これ以上の雨が降らなければ」という条件付き。ちなみにこちらの雨は、既に上がっております。

「友釣りBBQ大会」のお知らせ(2003-07-08 17:30)

今日は雨が降ったり止んだりだけど、傘が必要ないくらいの雨で、特に川に影響はなかった。しかしこの所、日が差さないし、寒いしで釣果は芳しくありません。今日も1本から8本という釣果でした。


天気になれば2,3日で釣れるようになるのになぁ。まぁ梅雨だから仕方ない。とは言え、残りアカも多少あるし、例え曇りでもアカは少しずつではあるが付いていく。回復は遅れるけど、川は着実に回復に向かっています。

さて、話は変わって恒例の「友釣りBBQ大会」のお知らせです。皆さん、奮ってご参加下さい。
日時 :2003年8月2日(土曜日)

場所 :津田オトリ店

エリア:狩野川本流全域

時間 :7:00から14:00(但し、14:00には津田オトリ店必着)

判定 :鮎2匹の総寸

参加費:\3,000円(オトリ代別)

優勝 :豪華賞品予定?

※大会の後バーベキューとなります。不明な点はお電話で。

案の定、ダメでした。(2003-07-06 18:30)

今日は佐藤さんが2本。片山さんと西田さんは、「おでこ」でした。


だから「今日は釣れませんよっ」って言ったでしょ(笑)。実は今朝も7時頃まで雨で、その後も小雨が降ったり止んだり。濃い笹濁り状態で、水位も変わらず。日が差さなかったので、川の回復が進みませんでした。明日は水が澄むと思うけど、まだ釣りには向かないね。


晴天が二日くらい続くと、かなり良くなると思いますが、あんまり天気は良くないらしい…。

出水の後の差し返し(2003-07-05 17:30)

今日は流木などで河原の道がすっかり無くなってしまったので、その回復に川に入った。ゴミなどを片づけていたら、ガンガンを大量の鮎が差し返している。5秒程の間に10本から20本くらいの大きな黒い魚体が、ポンポンと白泡の激流を遡上するんだ。これは凄い光景だったよ。そうさなぁ、上手く説明できないけど、鮭の遡上見たいな感じだよ。それを見て我慢できなくなり、私は竿を取りに戻った。お客さんもいなかったので、4時間で49本釣っちゃいました(画像ギャラリー参照)。岡部さんも一旦は大見川に行ったんだけど、アカ腐れで釣れず。戻ってきて、午後から松下に入って18本。


今回の出水は天城山など、駿河湾に面した部分だけで、相模湾沿いにはあまり降っていないらしい。大見川なんかは増水もなく、普通に釣りが出来たそうだ。まっ、渇水でアカが腐っていたらしいけどね。狩野川の増水も鉄砲水で、川は思いの外、痛んでない。これなら回復は早そうだ。また明日も川の回復状態を寄せるつもりです。


あっ、そうそう。断っておくけど、今日たくさん釣れたからって、明日も釣れるとは限らないよ。経験的に言えば、明日は釣れないと思います。今日の大漁はあくまでも「出水の後の差し返し」だからね。でも明日も釣りは可能でしょう。頑張れば、多少は釣れる程度かな。

緊急レポート:夕べは嵐!(2003-07-04 11:00)

いやぁー、凄い雨と風と雷だったねぇ。深夜1時から2時は、本当に良く降った。でも3時頃には既に、小雨になっていたけど。とにかく家の駐車場は水没してしまいました。オトリ小屋も、床下浸水だよ。


一番水が出た頃は3m。今は1mくらいになっている。私の予想だけど、明日は濃い笹濁りというか、まだ濁流でしょう。明後日頃になると、水は薄い笹濁りから澄むくらいかな。
4日後になって何とか竿が出せる状態だけど、まず鮎は掛からない。5日後になると、白っ川状態なれど一日やれば、交通事故的に鮎が少し掛かるでしょう。と言うことで川の回復には、一週間から10日は欲しいなぁ。


「雨よ、降れっ!」と書いたら、本当にタンと雨が降っちゃったよ。でもこれで川の状態は良い方向に向かうと思われます。川の回復状態では、できる限りレポートしますね。

調子悪いです。(2003-07-03 19:00)

昨日は鈴木さんが17本。西田さんが14本。今日は午前中、追いが悪くて全くダメ。午後から稲葉さんが23本。萩原さんが18本。


うーん、川の状態は正直、あんまり良くありません。かなりの渇水状態で、土用隠れのような状態になっています。浅場で釣れずに、深いところに鮎が集まっている感じかな。しかしチャラチャラのような非常に浅い場所で、鮎が掛かる事もあるんだけどねぇ。


水が止まっている所はアカ腐れ、水の通りの良い所では青ノロが付いる。ガンガンなんか、石に糸が擦れると青ノロが付いてくるよ。うーん、ここは一雨欲しいねぇ。雨よ、降れっ!!

24.5cmが上がった。(2003-07-01 18:30)

今日は朝から小雨で追い悪し。皆さん、7本から8本と奮わずです。


でも横須賀の小車さんが24.5cmx2本と少し小さい型を含めて、合計8本を釣りました。全体的な釣果は少なかったものの、「松下の瀬」の醍醐味を味わって頂けたんじゃないかと思っています。

今日も竿頭は40本。(2003-06-30 18:45)

今日も天気が良くて、釣り日和だったね。釣果は、望月さんが40本(画像ギャラリーにアップ)。野原さんが23本。望月さんと野原さんは、ガンガンでの釣果です。高村さんが19本。一番釣れない人でも、5本程度は釣れました。


チャラはちょっと水が足りなくなった感じで、追いが悪い。また流心も悪くはないけど、数を釣りたいなら瀬脇など、普通なら立ち込むような足下を釣ると数が出るでしょう。でもみんな我慢できなくなって、流心を釣っちゃう。気持ちは分かるが、ここは逸る心をグッと押さえて、足下を釣ってみよう。

人多くも、調子良し。(2003-06-29 19:00)

昨日の土曜日は午前中雨で、午後から突風だ。竿を折ったお客さんもいて皆さん、早上がりでした。


今日の松下はかなりのお客さんで賑わったけど、多くのお客さんがまぁ満足して帰られたと思うなぁ。まず萩原さんがガンガンの一番下で44本。これが23cmが2本も混じって、惚れ惚れするような良い魚ばかり(画像をギャラリーにアップしておきます)。福田さんもガンガンで25本。小野さんは、ヤナギの前の中島際を釣って24本。井口さんは鉄筋棒側、一つ目の中島の葦の際で23本。


例によって釣れる場所と釣れない場所が、はっきり別れる状態だね。ガンガンのように水量の多い場所も良いし、中島の葦の下、本当に普通なら人が歩くような場所でも良く掛かっているよ。シルバーシートは午前と午後で入れ替わったから釣果には反映しなかったけど、同じ場所で30本以上は出ているはず。


天気が良く水温が高いので、今日は人出が多かったものの、そこそこの釣りを楽しんで頂けたと思います。

水が多少出たので、良くなってきた。(2003-06-27 18:30)

昨日は木下さんが24本。古川さんが20本。工藤さんが18本。良い天気だったので、まぁまぁだ。他のお客さんも、大体10本前後は釣れたはず。



さて今日は、田中さんが20本。米山さんが25本(22cmが頭)。古川さんが17本(21cmが頭)。木下さんが21本。本日、一番大きな魚はNさんの22cm。今日は曇りだったけど、そこそこ釣れた感じです。でも釣れる所と釣れない所の差が激しく、釣れないお客さんは一桁の人もいた。あと、流芯が比較的良くなってきた感じで、反対にチャラなどは、難しい釣りが要求されるようだ。じっくり落ち着いて巧くオトリを泳がせないと、チャラは掛からないよ。


6月も25日を過ぎたので、水温が上がってきたよ。今日は24度くらいはあったはず。水が多少出たのも、好転材料の一つだと思います。

午後から釣りが可能に…(2003-06-25 18:30)

今日は午前中雨で、川は強い笹濁り。ちょっと濁りが強すぎて釣りにならないため、お客さんも店で待機。でもお昼に雨が止み、太陽が顔を出した。濁りも薄れて、釣り可能な状態になりました。


釣果は工藤さんが14本。その他のお客さんが7本から8本。実は釣りが可能になったとは言え、まだ濁りは残っているし、風がかなり強く釣り難い状態。この悪条件の中では、まぁまぁの釣果だと思います。

水は+15cmくらいかな。まだちょっと水が足りない感はあるけど、これで魚は多少動くでしょう。実際今日は浅場で、良い魚が釣れました。今週末は、期待できると思います。

中途半端な水(2003-06-24 17:00)
昨日は小雨だったけど、ちょっと薄日が差した瞬間があって、そのときにパタパタっと掛かりました。米山さん23本、竹村さん19本、潮田さん17本。


今日は11時頃から、昨日より強い雨だ。川も笹濁りになってしまって、追いがとても悪い。田中さんが16本くらいで、他のお客さんは10本くらいかな。


水はこの雨で10cmほど上がったけど、水温は下がるし笹濁りだし、何とも中途半端だなぁ。1mくらい水が出ると良くなるのに…。今年は魚が少ないので、アカの腐りが早いんだよね。去年は渇水になっても、魚が多いのでアカが腐らなかった。という訳で、もうちょっと雨が降って欲しい今日この頃だ。

大入り満員でポイントがなくなった。(2003-06-22 19:30)
今日は人が多すぎて、入るポイントが無くなっちゃったよ。うちのお客さんはお行儀が良ろしいので、あんまり激しいポイント争奪戦に参加しないからねぇ。



ということで、今日の釣果は魚はそこそこ釣れたものの、人が多すぎて余り奮いませんでした。そんな中の大物賞は、石井さんの24cm・140gだ。そして佐藤さんが20本前後。全体としては、4本から15本というところです。



川はやっぱり渇水で、一雨欲しい感じだね。石に乗った砂のこともあるし、アカもちょっと腐り気味なんです。ここは水を増やして、魚を移動させたいなぁ。

良く釣れました。(2003-06-21 19:15)

今日は加藤さんが、ヤナギ前で38本。宇野さんが、三つ目の島の側のチャラで19本。大月からみえた杉本ご夫婦は、奥さんが21本でご主人が14本。これはシルバーシートでの釣果です。その他には佐藤さんがガンガンの一番下で、23cmを頭に17本。


天気がよいので、思った通りに程良く釣れました。良好な釣果の原因は良い天気の他に、6月も20日を過ぎたこともあるのかな。気になる点は、やっぱり渇水気味だと言うことだね。ちょっと石に砂が乗っている所もあるので、もうちょっと水が多い方が良いんだけどなぁ。

突風で釣り不能。(2003-06-20 18:45)

いやぁ〜、凄い風だね。これじゃ、釣りは不可能だよ。


今日は午前中は曇っていたけど、午後から晴れたのでその間だけ釣れました。私がシルバーシートで3時間頑張って15本。最初の1時間は、曇っていたので釣れず。でもその後晴れた2時間で、15本掛かりました。やっぱり「初夏は晴れ」なんです。大きさは20cmが4本混じっていた。


今日は午前中は川が潤んでいたので、天城の方では雨が降っていたんじゃないかな。この所ずっと天気が悪くて、梅雨らしい日和が続いているけど、実は川はちょっと渇水気味。もうちょっと水量があった方が、後期の状態は良くなるんだけどなぁ〜。


さて天気予報によると、明日は風も収まって日曜日まで晴れるらしい。「初夏の晴天」ということで、かなり期待できると思います。

太陽って有り難いねぇ。(2003-06-19 19:00)

昨日は一日中、小雨で最悪の一日だった。釣果はみんな、10本以下。今シーズンで釣果は、一番悪かったと思います。


今日はお昼から2時間程晴れて、久しぶりの晴天。太陽が顔を出してから30分程は釣れなかったけど、その後、急に鮎が掛かるようになりました。米山さんが22cmx2本/21cmx1本/18cmx4本で、その他のサイズを含めて合計17本。これはトロの真ん中で掛けたモノ。そして私がやっぱり17本。でも太陽がまた雲に隠れたら、途端に釣れなくなった。太陽が出ていた瞬間だけ、大いに釣れた感じ。


やっぱり太陽って、初夏の鮎釣りには本当に大切なんだってわかるね。お客さんも今日は、おてんと様の有り難みを実感したと思う。天気予報では今週末、天気が良いそうだ。私も期待しちゃうなぁ。

低水温と雨で奮わず…(2003-06-18 17:30)

昨日は一日中、霧雨だ。水温も19度で、追いが悪い。そんな中、鈴木さんが19本。保仁さんが同じく19本。


今日は状況がもっと悪い。一日中、小雨だよ。釣果は上原さんが15本で、他の方は一桁だった。とにかく寒くて、今日は釣りになりませんでした。まぁ、梅雨だから、しょうがないけどね。

天気悪くて、追いもイマイチ(2003-06-16 19:00)

うーん、昨日も今日も、天気が悪くて小雨。追いがイマイチだった。15日(日曜日)は26本/25本/23本とこんな所が竿頭だ。今日(16日)は鈴木さんが27本で、その他は15本から16本という感じです。


今日も傘が要るか要らないかというくらいの小雨だけど、カッパを着て釣ると暑い。ポイントは深場より、浅いところの方が良いようです。今日は高村さんが午前中に、ガンガンで13本だった。ガンガンもイマイチ奮いません。


とにかく晴れの天気が欲しいね。けど、この先も天気はずっと悪いらしい。こんな天気が続く限り、竿頭は20本から30本の間だと思います。

みんな笑顔だ。<釣果追加>(2003-06-14 17:45)

今日は久しぶりにお天とう様が顔を出したから、良く釣れたよー。この時間、多くのお客さんがまだ帰ってこないので、正確な釣果は分からないんだけどね。シルバーシートでは、午前中だけで20本と25本掛けたお客さんがいたな。


その他、今日はガンガンや瀬でも活気が戻った。鉄筋棒付近も良かったよ。特にガンガンでは大物連発で、松下のガンガンらしさが際立っていたようです。

---------------19:00---------------

釣果が分かりましたので、追加します。鈴木さんが40本。加藤さんが32本。田中さんが25本です。

雨っぽいので、こんなモノでしょう。(2003-06-13 19:00)

今日は朝早く小雨でその後、霧雨。一日中、お天さんはぐずっていました。なんか天城の山の方はそこそこ降ったらしくて、川は潤んでいます。


萩原さんが9時から夕方4まで釣って、18本。木下さんが14本。静岡新聞から得た情報によると、他の河川もあんまり釣れていないようです。だから18本釣れれば、まぁまぁじゃないかと思います。

午後晴れるも、イマイチ。(2003-06-12 19:00)

今日の水温は20度。今日の水温はまぁまぁなんだけど、昨日の低水温で鮎が深場に入ったみたいだね。追いが悪かったなぁ。その証拠に長岡さんの仕掛けに、13cmのアマゴが掛かっちゃったよ。そうそう津守氏が、19.5cmを頭に7本でした。


トロ場で釣ったお客さんが13本、同じくトロ場の木下さんが15本。上の瀬は、やっぱり調子が悪かったね。「初夏は晴天」というように、やっぱりもうちょっと天気が良くなって欲しいね。午後から晴れても、あんまり釣果に影響せずでした。

今日は津守がお届けします。(2003-06-11 18:00)

今日は津田さんに変わって私、津守がお届けします。


津田さんが4時間で23cmを頭に11本。下川さんが9本。その他の方は10本くらいの方がいたいたと思います。あっ、あと私が三時間半で2本です。


今日はちょっと寒かった。私が三時に水温を測ったら、18度しかありませんでした。うーん、本当に本流や流れの強い所は釣れませんねぇ。惚れ惚れするような流心に、オトリを入れたんですけど、私には一匹しか釣れませんでした。


津田さんの釣った23cmはしっかり写真を撮った後、私の今シーズン初めての釣行を記念して、私が塩焼きで頂きました。とても美味しかったです。この鮎の写真は、帰ったら画像ギャラリーにアップする予定です。

小雨後、晴れ。(2003-06-10 18:00)

今日は田中さんが36本。その他の人は、まぁまぁかな。田中さんの他には23cmと頭に21.5cmと掛けて、更にその他に10本程掛けたお客さんがいました。


今日は午前8時くらいまで小雨で午後から晴れたけど、風が強くて釣り難かったなぁ。お客さんも、4人程でした。

今日の釣果(2003-06-09 19:00)

今日は野原さんが42本。竹村さんが26本。潮田さんが23本。坂本さんが19本。M氏が21.5cmを頭に20本程度。


浅い所も釣れるようになったよ。数を釣るには浅場。大物は流心を狙おう。

今日もまぁまぁだった。(2003-06-08 18:30)

今日は杉山さんが24本。萩原さんが23本。増田さんが20本。井口さんが19本。杉山さんと増田さんは分流で、萩原さんと井口さんはガンガンの上下で掛けた釣果です。他にも分流では二人ほど、竿を出していたかな。


基本的に魚は、余り濃くありません。だから大量に入れ掛かったりする事は希。でも釣れる場所は同じ所が多く、じっくり粘っているとポツリポツリと鮎が掛かる。今しばらくは、釣れるところを見つけたらあまりポイントを動かず、ゆっくりとオトリを泳がせて欲しい。


水は大体、平水だね。かなり釣り易くなってきています。今年のガンガンは流れが変わっちゃって、かなりの水量に見える。でも思い切ってオトリを入れれば、それなりに入ると思いますよ。

釣れるようになってきたっ!(2003-06-07 18:00)

いやぁー、やっと釣れるようになってきたかな。


今日は依田さんが31本。これはまだ水が高く、瀬みたいになっているシルバーシートで釣ったモノです。依田さんの相棒の深沢さんは夕方、シルバーシートの下で入れ掛かって21本。その他では、板橋の桜井さんが18本といった所かな。大物は佐藤さんが22.5cm、橋本さんが21cmを掛けてきましたよ。佐藤さんは1.2号のハリスを切られたそうです。


やっと流心に活気が戻ってきた感じだね。まだ水が高いので、流れの強い所が多い。なので狙うポイントは多めです(反面、腕がないとオトリが入らないけど)。流心以外では分流、渡し場下の大石周りもイイね。ここには3人から4人くらいは入れるし、頑張れば5本から15本は釣れると思うよ。

水が落ち着き、大物も出始める!(2003-06-06 17:30)

思った通り水が出て、それが落ち着いたら大物が釣れるようになった。大きなハミ後があったのに小さいのばかりだったので、どうしたのかと思っていたけど…。


昨日は萩原さんが、なかなか型の良いのを含んで22本。これは鉄筋棒からガンガンの真ん中くらいまでで掛けた物。今日は宇野さんが15本。これもまぁまぁの型だった。そして今日は私が、3時間40分で13本。13本中、22cmから18cmの鮎が8本となりました。この8本は本当に惚れ惚れするような、美しい鮎だったよ。普通のお客さんでも一日頑張れば、5本から10本は良い型の鮎を持って帰ることが出来ると思います。ちなみに今日のお客さんは3人だけ…。


まぁ、まだ数は釣れないけど大物なら流心。小さくても数を釣りたいなら分流という事になるかなぁ。日によって釣果が変動して、まだまだ安定した釣果は望めないけど、とにかく大物が掛かるようにはなってきました。

群れが通り過ぎちゃった?(2003-06-04 17:00)

今日も寒いなー。雨だし。なかなか良い天気が続かないので、あまり川の改善がありません。今日は私が3時間やって6本。他のお客さんも大体、4・5本と言った所です。先の魚の群が通り過ぎて、ひっそりとしてしまった感じがします。


また魚が釣れないので、ポイントを絞り込むにはデータ不足。とりあえず言えることは、流心の魚の方が大きいと言う事実。ヤナギなどの分流では、魚が小さいね。ちなみに私の釣った6本の中に20cmの鮎がいるけど、これは鉄筋棒の下で釣った物です。


うーん、やっぱりあと2週間くらい経たないと、ダメかも知れないねぇ。

恵みの雨だった。(2003-06-02 17:00)

一昨日、水は1m。昨日は50cm、今日は大体25cmになりました。そして現在、濁り無しです。


水が出たので案の上、魚も出てきたよ。私が2時間やって34本。まぁ型は小さくて唐揚げサイズがメインだけど、お手頃オトリサイズも少々混じった。ガンガンなどの瀬には、昇る魚が跳ねています。この調子なら、期待が持てるよ。まだ型が小さいので魚が成長するのに2・3週間くらいは掛かる。けど、とにかく川は快方に向かっています。良かった良かった。


今日はお客さんが4人で、三島の米山さんが14本。アカは、そんなに落ちていません。1mくらいの水なら、アカは残りますからねぇ。先にも書い通り、まだ型は小さい。それでも十分、遊べます。


この雨は季節外れの台風だったらしいけど、ホント、恵みの雨だった。

状況、変わらずです。(2003-05-29 22:30)

相変わらず釣れない松下で、私は本当に居心地の悪い日々を送っています。


今日は世田谷の長岡さんが23cm・120gを頭に15本。長岡さん以外のお客さんは皆、一桁でした。しかし暖かい日が二日続いて、今日は水温が21度まで上がったよ。そのせいか長岡さんは流心で、多くの魚を掛けたようです。その他には長崎さんがトロで8本。これは流れの手前で釣ったという事でした。


うーん、良く無いねぇ。松下の釣果としては、非常に悪いです。でもこれは上流でも同じみたいだね。釣れるポイントはあっても一人分の小さなエリアで、なかなか多くの人が魚を掛けられる状況ではないらしい。上に行ったお客さんがまた、ここに帰って来ちゃうんだよね。まぁこの分じゃ、6月の20日から25日くらいまではパッとしないかなぁ。50cmから1mの雨が降れば、もうちょっと早く釣れるようになると思う。とにかく天候が続いて暖かい日が続くか、そこそこの水が出るまで、大きく状況が変わることは無いと思います。

釣れないというレポートをアップするのは、本当に辛いです。でもまぁ出来る限り頻繁に、情報を提供しようと思っていますので、また読みに来てくださいね。

針のむしろに座っている様でーす。(2003-05-27 20:00)

いやぁー、解禁からこんなに釣れないと、私は針のむしろに座っているようでホント、辛いです。



とにかく寒くて、話にならないね。今朝の水温は10度。10時半頃になって12度。所が昼になると11.5度。下がっちゃった。夕方も同様の11.5度でした。これはアマゴの世界の水温だよ。鮎の活性が上がるには少なくとも、18度くらいは欲しいからねぇ。


このような中、一番釣れたのは熊谷市は高橋さんの18本。全体的に細かいけど、この18本の中には20cmが一つ混じっていました。他の人は大体、一ケタ台止まりです。高橋さんはヤナギ上、二つ目の島の頭付近でよく掛けたそうだ。私もヤナギ上に見に入ったけど、確かに非常に良いナメが多かった。


しかし今年の鮎は、からっきし意気地がないね。上流でも瀬は釣れず、チャラや浅めの流れの緩い所で良く掛かっているそうだよ。これは松下でも同様で、瀬はそれでも解禁時には少し釣れたけど、今はあまり掛かりません。専らチャラやトロの手前。瀬でもあくまでも、緩い場所を中心に釣った方が良い。うーん、今回、私の予想は全く外れてしまったな。面目ないぃ〜。


何はともあれ天気が良くなって、もう少し水温が上がらないとダメだ。また追って、レポートします。

[解禁]松下としては、かなり不本意な結果でした。(2003-05-25 17:00)

うーん、私の見積もりも当たらなかった。だから鮎は難しいんだなぁ。と言うことで皆さん、今日は早上がり。松下としては例年になく、不本意な釣果となってしまいました。


高村さん30本、昼から入って手島さんが20本。その他のお客さんは10本台がほとんどだね。これは例年の半分の釣果です。原因としては、まず寒い事。水温は朝方、15度しかなかったから。そしてやっぱり工事の影響もあったんだろうなぁ。また風も強くて、釣りにくかったし…。


特に今年の解禁の奇妙な現象としては、瀬が釣れなかった事だね。本流でなく、柳前などの分流、要するにチャラの方が瀬より釣れた。そして何より、釣れた鮎が小さいんだよ。石に残ったナメは大きいのに、なんで釣れる魚は小さいんだろう。不思議だなぁ。うーん、今年はちょっとおかしいね。


とにかく一回水が出て、状況が変わった方が良いだろうね。私も明日は、竿を出してみます。状況はまた、このページで報告しますので…。

良くなってきたよぉー!!(2003-05-23 16:00)

水は-7cmから8cm。なかなか良い舐めが出てきたよ。私もずっと心配していたんだけど、この分じゃ良い解禁日(25日)を迎えられそうで良かったよ。ホッと胸を撫で下ろしました。


そうさなー、私の予想としては「解禁日は竿頭で40から50」という所じゃないかなぁ。今年はちび鮎が少ないので、去年みたいに一束釣りというわけに行かないと思う。でもちょっと数が減った分、個々の鮎が大きいよ。舐めも去年のようにちび鮎の細い舐めじゃなくて、貫禄のある太いのが多い。今さっき、下川さんが潜ってきたけど、鮎もたくさん見えたそうだ。で解禁日のポイントは、セオリー通り「流心」です。水通りのいい瀬を狙ってください。


今は田んぼからの入水で全川、少しに濁って潤んだ感じ。何処でも潤んでいるので、これは工事の影響じゃありません。という訳で、何とか順調な解禁日を迎えられそうです。皆さん、解禁日に会いましょう。元気な顔を見せてくださいね。

天気が悪すぎるなぁ。(2003-05-20 16:30)

この所、天気が悪すぎるねぇ。これじゃ、状況がよく分からないよ。けど新提辺りのコンクリートは真っ黒に舐めてあるし、流心の石も同様だ。なかなか、良いと思うよ。


最近は流れに手を付けていないので、上之郷の工事から受ける影響は、ほぼ無くなっています。それより更に上流の大見川や桂川の工事で、ちょっと濁ることはあるけどね。


という訳で悪天候が続き、状況がよく分かりません。明日からは晴れるみたいだね。なので23日頃に、解禁前情報をレポートする予定です。

試し釣りが行われました。(2003-05-16 17:00)

以下、組合総評です。


「小雨、笹濁り、気温17度、水温15度。条件が悪い割りには、釣果はまずまずと思われる。大物が21cm90gと揃っており、平均重量も昨年を上回り、解禁が期待できる。」


とまぁ、組合の試し釣り総評はこんな感じになっています。今日は工事による水の濁りは余り認められないけど、ここ三日の小雨で全川、笹濁り状態です。うーん、どうなんだろうねぇ。この雨で出た水は、20cmくらい。ずっと渇水状態が続いていて、そこに雨が降ったので、河川工事下流部に限らず、何処にも濁りが入ってしまったんだ。なので判定が難しいなぁ。


川を見てみるとちび鮎が少ないので、例年よりヘチのナメは減っている。でも流心には、良いナメがあるんだよね。なので「解禁は流心狙い」というセオリー通りで良いと思うよ。但し、今年はいつもより増して流心を狙うようにした方が良いだろう。とにかく、明日、明後日と川が落ち着いた頃を見計らって、本流で渓魚を狙って竿を出してみます。その結果を解禁前にまた、レポートしますね。

インターネット津田オトリ店、開店します。(2003-05-09 20:00)

さてさて狩野川は、この5/25日に解禁を迎えます。今年もインターネット津田オトリ店をよろしくお願い致します。


今年は最初にちょっと残念な情報からお伝えしなくてはなりません。実は現在、松下の瀬上流「牧の郷」付近で、災害復旧工事のために川半分を堰き止めて工事を施工しています。そのため、工事部より下流では連日、濁りが発生しているのです。基本的に河川工事は雨期には行わない事になっているですが、今回は堤防決壊の恐れがあり急遽、復旧工事が行われたものです。


この工事は5/11日に水路を変更する予定なので、まだその後の状況は予想がつきません。解禁までに水が出れば川は早々に正常化するかもしれませんし、水が少なければ解禁まで影響を残すかもしれません。要するにまだ何とも言えない状況なのです。工事による影響については水路変更後様子を見まして、16日頃に再度レポートする予定です。
-----------------------------------------------------

<Tsumori>

インターネット津田オトリ店の開店が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。今年は時間がなかなか取れませんで、この時期にまで開店がずれ込んでしまいました。という訳で、インターネット津田オトリ店のリニューアルも出来そうもありません。恒例の「シーズンを振り返って」も一応、津田さんからお話は聞いているのですが、文章にまとめる暇が無さそうです。こちらも大変、申し訳ありません。では、今年もインターネット津田オトリ店をよろしく願い致します。

Shimokawas'ROD(2003-04-10 21:00)
「4月10日渓流レポート」



サクラ開花後、一時の寒さでアマゴの活性が落ち、釣果が振るいませんでした。


しかしここの好天気と暖かさで、またアマゴが湧き出したようです。今日は中伊豆方面支流に入りました。本日の釣果は午前9時から12時半までで、17cm〜25cmを44匹。風が強くて難儀でしたが、食いが良く快調でした。


竿:テンカラ竿5m

道糸:0.15号

ハリ:6号

餌:ヒラタ


Shimokawas'ROD(2003-04-05 22:00)
「狩野川の水況」



昨夜から降り続いてる雨で、今日の昼過ぎには本流部で50cm高の増水となりましたが欲張れば、1mは出て欲しかったですね。でも明日からお天気になるみたいですし、気温が上昇してくれれば、鮎の遡上を大きく促すことでしょう。


今年も多くの天然遡上を期待しています。鮎の遡上が活発になれば、当然のことながら戻りアマゴ、サツキマスの昇りが期待できますね。そして支流部のアマゴも、活性があがるはずです。明日はまだ水量が多いので本流の大物は無理そうですが里川等、支流の数釣りは面白くなるのではと思っています。

Shimokawas'ROD(2003-04-04 21:00)
せっかく好調になった矢先にしっ…、シブイ!!



本流釣りでの渋りの要因

1)鮎の稚魚が放流されたばかりなので、本流アマゴは今放流され川に馴染めてない稚鮎に関心が向いてしまった 。

2)最近盛んになった工事の濁りで、下流は釣りにならない。


支流での渋りの要因

1)気温が急に3月に戻ったようになり、アマゴはまた隠れてしまった。

2)渇水で水位が安定し、上流部では清水が沸きアオノロ発生 。



とにかく最も不調になった原因は、急な気温低下でしょう。明日から好天気になり、気温上昇といきたいですけど、それは無理のようですね。明日の釣行は変更可能であれば、後日改めて釣行した方が良いかも知れませんよ。

Shimokawas'ROD(2003-04-02 19:00)
4月2日釣行レポート



今日は朝一番から小雨が降り出し、気温が急激に落ちてしまいました。周りはサクラの花が八分咲きなのに、気温は3月初めに戻ってしまったようです。釣りをする手はかじかみ、鼻はズルズル。とても寒かった。


今日は本流上流部の湯ヶ島地区に入りました。気温の急低下でアマゴの活性低下が心配される中にも、釣果は伸びました。午前10時までで18cm〜25cmを32匹でした。

竿:UL65−70

道糸:0.15号

ハリ:アマゴスーパーライト6号

餌:ヒラタ


Shimokawas'ROD(2003-04-01 20:00)
久々に渓流情報をお届け致します。



渓流の解禁以来3月中は寒い日が続いたせいか、渓魚の活性が悪く、思わしくない釣果に終始していました。ここに来てやっと暖かくなり、サクラも開花する気候。現在、狩野川流域のサクラは五分咲きです。お陰で水中にも春到来で、あちこちの支流・本流で釣果が出ています。津田さんのよく言う「狩野川にはアマゴはもういないと釣り人が言い、川に来なくなる頃から釣れだす」という感じでしょうか。


そんな訳で、やっと良いアマゴが釣れ始めました。現在、釣り人が少ないのでチャンスですよ。本流では戻りアマゴが鮎の一番遡上とともに現れ、尺前後の良型アマゴが2時間ほどで5匹も釣れたりしています。大見川水系では20cm〜28cmモノが半日で20匹、湯ヶ島方面の支流でも16cm〜24cmモノが半日で30匹代と良い釣果が出始めています。しかし狩野川全体では釣れ始めた所とまだ釣れない所、マチマチの状態です。ヒントは日照度の高い開けた地域であること…、でしょうか。

Shimokawas'ROD(2003-02-07 21:30)
報告が1日遅れてしまいました。今日は釣り博に行ってきましたが、昨日のレポートが遅れてますのでそちらから。


吉奈温泉街を抜ける吉奈川から入ってみました。ここも昨年より川原の葦が流れ、少し開けたようです。しかし大沢川、北又川程荒れてはいないようですね。川原の葦が少なくなった分だけ、釣りやすくなったのかなと思います。葦が少なくなると当然、アマゴは淵や堰堤下などの深みに隠れてしまうでしょう。解禁初期、良いポイント見つけたら座って、静かに粘るのも良いと思います。


吉奈川から山を越え、隣の持越川へ周ると急に春めいた気配を感じました。吉奈川は谷が深く、日当たりが良くありません。その点、持越川は開けていて日当たりが良いからですね。吉奈ではフキノトウは見つけれませんでしたが、持越では土手に沢山出てました。フキノトウが出てるくらいだから、渓のアマゴたちも春めいているものと思われます。また達磨山系の川程、荒れてないようです。そこから下って、猫越川へ回りました。ここは例年と変わらずの様に見えました。次回は湯ヶ島から本流へ下ってみようと思います。

Shimokawas'ROD(2003-02-05 19:30)
今日渓流を見に行ってきました。


まず修善寺温泉街を抜けて、桂川から北又川へ。ここで最初の目的の山菜、フキノトウを探してみました。有りました。今年は例年より1週間程早いのか、スーパーの袋1杯ほど採れました。今夜天ぷら佃煮にして。チョット一杯が楽しみです。


肝心の川の様子は、昨年の10月2日に出た大洪水で(本流4〜5m増)達磨山を水源とする大沢川、北又川、湯船川に大きな変化が出てるようです。これらの川はそれまで、比較的出水の少ない支流であり葦の密生していた川でしたが、今日見てびっくり。川原から水中にまで密生していた葦がほとんど流されてしまい、川床が露出しています。密生した葦で釣りにくく今まで保護されていたアマゴ達も、大半が下流へ流されてしまったと思います。大沢川では途中、最遡上できない魚道の無い堰堤が3箇所あります。北又川では途中2箇所、湯船川では途中3箇所も有って、今後数年が心配です。葦が無くなった事で、何処でも歩けるようになるでしょう。そして頻繁に竿が入れられ、残ったアマゴが釣り切られると5〜6年釣れない川になってしまいそうですね。


他の某支流も見ましたが、もうすで魚が平場へ出て、餌を追っています。ここは水温が高く、早い時期から川虫の繁殖が旺盛なので、錆は無く綺麗な魚体をしてると思います。明日は船原、吉奈、持越、長野、猫越を見に行ってきます。

本ページではPCを使った自動データ処理を実現しています。 御社でも内容が自動的に変化するWEBページ等を使って情報発信してみませんか。 その他、ネットワーク業務システム構築も承ります。ご依頼はお気軽にメール下さい。 お打ち合わせは無料です。このページの管理は津守美弘が行っています。 インター津田おとり店は、携帯電話・スマートフォンからも同じアドレスでご利用頂けます。