インターネット津田おとり店・特集記事
狩野川の清浄化にご協力下さい
注意!|たみさん
鮎釣師・高村/思想編2010秋レインボークラブ釣り大会2010夏レインボークラブ釣り大会狩野川に潜ってみました2010年夏津田おとり店釣り大会&BBQ水晶山
「狩野川に潜ってみました」

200年8月5日、狩野川に潜ってみました。梅雨が明けて猛暑が続いていた中でも、この日はかなりの暑さで、水温が急上昇。虎の子のオトリもすぐに弱ってしまい、ヘボな私には新しい当たりが遠のいています。また最近、防水デジカメを新調したので、その性能を確かめたく、釣りを中断して狩野川に潜ってみました。
これは前日につり上げたエラの横にあるハリで鮎を掛けるという「アユカケ」。非常に珍しい魚なので一旦、持って帰って写真を撮った後、川に放流しました。
鮎釣りの仕掛けに絡んで困らせる青ノロも潜ってみると、きれいな真っ青。お浸しにしたら、美味そう。今度、機会があったら食べてみようかと思いました。
さて実際に潜ってみると、透明度が低く、きれいには撮影できませんでしたが、鮎は至る所にウジャウジャいました。こんなに鮎があるのに何故、私には掛からないのか。やっぱり下手だから…。ちなみに撮影場所は、渡場周辺です。
こちらは縄張り鮎の映像。盛んに縄張りに侵入した鮎を追い払っています。こんな状態でオトリを入れれば、一発で掛かるんでしょうか。
今回、使用したデジタルカメラはこちら。使い易い操作性と、25mm広角レンズがgood。私はかっこいいオレンジ色をチョイスしました。水深は6mまでOKですが、そんなに潜る事は無いでしょう。

本ページではPCを使った自動データ処理を実現しています。 御社でも内容が自動的に変化するWEBページ等を使って情報発信してみませんか。 その他、ネットワーク業務システム構築も承ります。ご依頼はお気軽にメール下さい。 お打ち合わせは無料です。このページの管理は津守美弘が行っています。 インター津田おとり店は、携帯電話・スマートフォンからも同じアドレスでご利用頂けます。