インターネット津田おとり店・特集記事
狩野川の清浄化にご協力下さい
注意!|たみさん
鮎釣師・高村/思想編2010秋レインボークラブ釣り大会2010夏レインボークラブ釣り大会狩野川に潜ってみました2010年夏津田おとり店釣り大会&BBQ水晶山

「水晶山」

津田おとり店から松下の瀬に入ると、どうしても左岸から竿を出す機会が多くなる。そんな時、目に飛び込んでくるのが瀞を見下ろす様にそびえる「水晶山」だ。深い緑に覆われた、こんもりとした不思議な小山。秋深くなった落ち鮎シーズンには、紅葉も美しい。この水晶山には荒れてはいるが登山道があり、比較的簡単に頂きに登る事が出来る。頂上には展望台があり、気のせいか、下界と違った神聖な空気に満たされている様に感じられる。
水晶山の袂にある「狩野川水死者供養塔」とお地蔵様。私の知る限り、松下近辺で水死したという話は聞いた事はないが、昭和33年の狩野川台風の時など、多くの水死者が出たのであろう。
民家の庭先をかすめる登山道入り口。ここは舗装されているが、この先すぐに急な登り坂となり、頂上に至る。もう通う人もいないのか、かなり荒れ果てている状態ではある。
頂上にある「神武天皇遙拝所碑」。水晶山と神武天皇に、どのような関係があるのか、全くもって不明。ただインターネットで検索してみると、九州大分の津久見にも水晶山があり、そこには神武天皇が立ち寄った経緯がある様だ。
頂上の展望台。ここから大仁周辺や狩野川を望む事ができ、その眺望と爽快感は格別。しかし、その為にはこの展望台の横に掛かっている錆びた梯子を登って手すりのない展望台の屋根に乗る勇気が必要である。私が「ポイント解説」で使っている狩野川全景写真は、ここから撮影した物だ。

本ページではPCを使った自動データ処理を実現しています。 御社でも内容が自動的に変化するWEBページ等を使って情報発信してみませんか。 その他、ネットワーク業務システム構築も承ります。ご依頼はお気軽にメール下さい。 お打ち合わせは無料です。このページの管理は津守美弘が行っています。 インター津田おとり店は、携帯電話・スマートフォンからも同じアドレスでご利用頂けます。